自転車のカギ2017年07月23日 00:40

自転車のカギ


自転車のカギを落とした。

いろいろ探してみて、見つからず、そういえばガソリンを入れたな(もちろん、クルマに)と思って、行きつけのスタンドに戻ってみたら、しっかりと落とし物になっていて、保管されていた。

嬉しい。

素直に嬉しい。

落とした原因は、バッグに付けていたカラビナが壊れてしまったから。

形あるものは、いつか壊れる。

新しいものと取り替えて、今度はロック付きのタイプにした。

また壊れるかもしれないが、もちろん、予備のキーは確保してある。

浮沈子の手元から消えていった、数々のアイテムのうちで、戻ってきたことがあるのはわずかだ。

物には、あまりこだわりがないのだけれど、それでも失えば悲しい思いをする。

手元で壊れてしまったものは、なるべく直すようにするが、それでも直らなければ捨てるしかない。

捨てきれずに、ガラクタとして手元に置いてあるものもある。

思い出の詰まったアイテムの数々・・・。

それも、いつか思い出と共に処分することになる。

もう少し、手元に置いておきたい。

それは、人生の一部だし、失ってしまった時間の記憶だ。

この世界とのつながりを保つ、ガラクタたち。

共に時間を過ごした相棒たち。

物に価値があるわけではないと分かっている。

それと共に過ごした時間、人生の一部にかけがえのない価値がある。

そのシンボルとしてのアイテムだから、手放すことが出来ない。

プライスレス・・・。

まあいい。

失ったものは、戻らない。

それが、半世紀以上生きてきた結論だ。

そう思えば、悲しみは少し癒える。

そして、懲りもせず、新しいものを求め続ける。

それも、そういうものだと、諦めるしかない。

自転車のカギは出てきた。

そして、新しいカラビナを買って、古い物は捨てた。

それだけのことだが、そこには本質的な何かが潜んでいるような気がする。

小さな自転車のカギに、きちんと落とし物のタグを付けて管理していたガソリンスタンドにも感心した。

もう、20年近く通っている。

プライスレスだな(もちろん、ガソリン代は払ってますが)。

一日が、パッと明るくなったような気がした。

こんな日が、続くといいな・・・。

CCRの季節2017年07月22日 01:14

CCRの季節


このブログでは、時々何の脈絡もなく、CCR絡みのネタが出てくることがある。

浮沈子が、ダイビングで使っている器材だが、我が国では多くても200人、常時使っている人は数十人(十数人?)と推測されるマニアックな潜水器だ。

通常のダイビングでは、オープンサーキットといって、タンクの中の圧縮空気や酸素を幾分濃いめにしたエンリッチドエアナイトロックスという混合ガスを吸う。

吸ったガスは、水中に吐き出す。

吐き出したガスは、人間が使った分の酸素は減り、二酸化炭素が増えているわけだ。

水中では、酸素は貴重だからな。

まだ使えるのに、吐き出すというのはもったいない。

そこで、自分の吐き出した呼気を、循環させて、減った分の酸素を足し、増えた分の二酸化炭素を取り除いてやればいい。

理屈はそうなる。

細かいところは全部飛ばして、泡の出ない潜水器といわれる仕掛けが出来上がる。

これがCCRだ。

よく似た仕掛けに、SCRとかもある。

CCRにも、いくつか種類があって、作られた時代や目的によって使い分けられている。

吸って吐いているだけのオープンサーキットと異なり、電気仕掛けを伴う機種が多い関係で、操作はややっこしい。

いや、正確には、ややっこしいことにならないように、電気仕掛けで管理する必要がある。

通常のレクリエーショナルレベルの環境で潜る分には、適応する器材を選択して、それなりの練習を積めば使えるようになる。

使えたからといって、認定された範囲を超えて運用すれば、ヤバイことになる。

限界は厳守しなければならない。

器材の限界ではなく、トレーニングによって与えられた運用限界だ。

その方が常に低いレベルだ。

器材の限界は、例えば水深100mオーバーとか、そういうことになる。

ふつーのダイバーは、そんな深度には潜らないし、そのための訓練も受けていない。

ガスや器材について、特別の教育を受ける必要がある。

CCRも同じだ。

通常のダイビングにおいても、かなり面倒な手順を踏む必要がある。

しかも、ここだけの話だが、よく壊れる・・・。

壊れるというのは、正確な表現ではないな。

正常に作動しなくなる。

常にメンテナンスし、日常点検し、使用時にもチェックする。

昔の自動車のように。

クルマの周りを一周して、異常が無いか、タイヤの空気圧は大丈夫か、ひび割れしてないか、下回りを覗いてオイルの漏れがないか見たり、ハンドルを回してガタがないかを確認したり・・・。

今時は、全て車載のコンピューターが行う。

冷却水やウォッシャー液のレベルもチェックし、異常があれば警告する。

何でもやってくれるCCRもある。

ポセイドンセブンは、かなりオートマチックだ。

それでも、人間が確認しなければならないことはある。

そして、ようやく使える。

それでも、具合が悪くなることはあるのだ。

水中で。

最も壊れて欲しくない時に壊れる。

で、当然、そういう時の対応も練習して、何かあっても無事に浮上できるようにする。

CCRを運用する時の細かい話は、全部省略して、なぜ、こんな面倒くさい代物を使って潜るかという話だ。

潜水時間が長いとか、湿った暖かいガスを吸えるとか、泡が出ないから静かでいいとか、仕掛けがややっこしいのが好きとか・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

別に、CCRでなくても、ふつーのダイビングは可能だし、深く潜るにしても、世界記録はオープンサーキットだし、洞窟潜水とかでは、あまり流行っていないようだし、要するに、適材適所という話になるんだろう。

浮沈子は、せいぜい水深30m位までで、流れがなく(弱く)、明るく暖かい海で、残圧とかを(あまり)気にしないで、半日くらい(約3時間)潜っていられるので使っている。

乗り合いのボートでも、ガイドさんによるのかもしれないが、ユニークなスケジュールで潜ることが出来る。

先に飛び込んで、その他大勢が来ない深場(30m位)に行って、徐々に浅く上がってきて、その他大勢がいなくなったころにメインのポイントを独占し、その他大勢が安全停止を終わって船に上がったころに、そのままゆっくり浮上して船に戻る。

次のポイントでは、その他大勢が水面休息時間でボート上にいる時に先に潜降して、誰もいない水中を独占する。

みんなが船に戻って上がったころに、最後に浮上する。

浮沈子は、1日2本しか潜らないけど、それで3本潜ってもいい。

呼吸回路を循環する自分の息の音が聞こえ、いままで泡の音に隠れていた、水中の豊かな音の世界に耳を澄ませる。

まあ、大部分が船のスクリュー音だったりするんだがな。

それでも、イワシの群れが向きを変える時の音、クロスズメダイの威嚇音などが聞こえてくる。

水中は、饒舌で豊かな音の世界だ。

沈黙の世界ではない。

ボーっと泳いでいるだけでも、未知の体験をすることがある。

魚が、こっちの存在を無視して目の前を通り過ぎたり、トルネードに巻かれたり、流木か何かと間違えて、身体の陰でいつまでも泳いでいたり、コバンザメに纏わりつかれたり・・・。

ブラックチップシャークが、突進してきたりしたこともあるからな。

泡吐いてないので、他の魚と間違えたのかもしれない。

そういう癒し系のダイビングが向かないダイバーには、あまりメリットはないかもしれない。

ガチでテクニカルダイビングをやりたい方は、また別の話だ。

浮沈子は、オープンサーキットのテック40やって、ビビってしまって足踏みしている。

CCRで60mまで行きたいから、いろいろトレーニングを重ねているが、なかなか難しい。

すんなりと行ける方もいるだろう。

向き不向きもあるかもしれないし、この器材を使うメリットを生かせるダイビングと、そうでないダイビングもある。

費用の問題は、趣味の世界である以上、避けて通ることは出来ない。

ハッキリ言って、高い。

浮沈子は、CCR使って潜る方が多かったが、最近はオープンサーキットの方が増えている。

暇はあっても金はない・・・。

それでも、機会を作って、なるべくスキル維持程度には潜ろうと思う。

もう少し、基礎的なスキルを身に付けないと、先に進めない気がする。

苦手や不安を残していては、リスクを取ることは出来ない。

自分自身がリスクになる。

イントラに言われた、ダイビングの基礎が出来ていないというのは、確かにその通りだからな。

中性浮力、トリム、フィンワーク。

その上に、いろいろなスキルを乗せていく。

何をやっていても、基本を崩さずに出来なければ、足踏みするだけだ。

何度やっても変わらない。

同じところでジタバタするだけになる。

基礎から積み上げなければだめで、そこを飛ばして、途中から何かをやるわけにはいかない・・・。

まあいい。

ダイビングは、浮沈子にとっては遊びだ。

楽しくなければ意味がない。

ダイビングを楽しむ手段として、CCRを選んでいるに過ぎない。

そりゃあ、サイドマウントで2本差ししていけば、大概のところではCCRと似たようなプロファイルで潜ることは出来るだろう。

遥かに手軽に、安価に、ダイビングを楽しむことも出来る。

似たような・・・。

何かが違うような・・・。

それでも、CCRで潜りたいのだ。

地球の酸素分圧では足りない脳細胞が、そう言っている。

CCRの季節は、もう少し続きそうだな・・・。

全国的に暑い日2017年07月21日 22:31

全国的に暑い日


(37度超の猛烈な暑さに 22日も猛暑続く見込み)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170721/k10011068301000.html

「21日はほぼ全国的に高気圧に覆われて強い日ざしが照りつけ、気温が上がりました。」

東京地方は、午後1時半に33.7度だから、大したことはない。

ちょうどその時間は、フィットネスからの帰りで、ふらふらしながら、自転車を漕いでいたっけ。

熱中症一歩手前だな。

「全国の気象庁の観測点の4分の1にあたる241か所でことし最も高い気温を観測しました。」

夏だからな、暑いのは当たり前だ(暑いから夏という)。

しかし、暑けりゃいいってもんでもない。

「22日も西日本と東日本の広い範囲で晴れて厳しい暑さが続く見込み」

「こまめに水分を取り、適切に冷房を使用するなど熱中症に十分注意するよう呼びかけています。」

フィットネスの最中の水分補給には、気を付けている。

ジムの中やプールサイドは、結構暑い。

飲料水は飲めるようになっているので、2口3口ずつ、こまめに給水するように心がけている。

特に、クロストレーナーに乗る前には、必ず給水する。

ペットボトルを手元に置いておくのが最良だが、煩わしいのと、10分しか乗らないので給水機で十分だ。

筋トレの最中にも汗をかくので、気付いたら早めに給水する。

大量に飲むと、お腹がびっくりするので、がぶ飲みはしない。

体液のバランスを失わないような工夫も必要だ。

バランス飲料を活用する方法もあるし、錠剤タイプでミネラルなどを補うことも可能だ。

浮沈子は、水だけ。

ポカリスエットを飲むこともある。

夏場の運動は、基本的にリスクを伴う。

過剰な運動や、急激な運動は避ける。

今日も、1200m泳いだ。

もっと泳ぎたかったが、打ち止めにする。

ジムの筋トレも、むやみに重くしたり、回数を増やしたりはしない。

控えめにして、継続することが大切だと知っているから。

点検に出していたタンクを受け取る。

夕方、引き取ってきた500Eで出かけた。

無理はしない。

忙しい1日だったが、明日も神田に行かなければならない。

待つのが祭りとは言いながら、その準備にてんてこ舞いだ。

暑い夏、忙しい夏、動き回り、活動する夏。

浮沈子が、待ち望んでいた季節。

待ちきれない時は、南の島に行ってまで堪能する夏。

今は、ドアを開けるだけでいい。

今、そこにある夏を、思い切り味わう。

味、濃過ぎますが・・・。

触媒2017年07月21日 22:02

触媒
触媒


500Eの異音の原因(の一つ?)が分かった。

触媒がぶっ壊れているんだという。

その破片が振動でカラカラと音を立てているんだそうだ。

発進時にギギギッという音もするので、その原因とは思えないけどな。

とりあえず、動かす分には問題ないが、排気が詰まって発熱すると、クルマが燃えるかもしれないと脅かされる。

実際、そういう事例を伝聞ではあるが、聞いたことがあるそうだ。

で、祈るような気持ちで、いったん引き取って、成田までブッ飛ばすことにした。

グアムから帰ってきたら、その足で再入庫することに。

(500E E500 純正マフラーSPORT触媒入換加工)
http://car.webplus.ne.jp/Parts_detail.asp?Id=8504&S_Id=267

「作業には1~2weekほど車両のお預かりが必要です。」

やむを得ない。

「音量についてはアイドル時はほぼ変わらず、抜けが良い分、高回転時は気持ち上がります。」

うーん、まあ、やむを得ないか・・・。

300E時代に、マフラーの根元を腐らせて、首都高で脱落して、すげーヤンキー音させながらヤナセまで運転したときのことを思い出した。

ズボボボボ、ボボン・・・。

「GT-Rなどで使う100φサイズ」

さて、どんな結果になることやら・・・。

画像の触媒を見ていると、今日買ってきたポセイドン用のソフノダイブに似ているような気もする。

(SofnoDive 797)
http://www.divebuddy.com/photo/25956/sofnodive-797/

2個一組だしな。

どっちかというと、見た目のイメージとしては、エクステンドエアーのスクラバーカートリッジの方が近い。

(Large-Bore ExtendAir Scrubber Cartridge - Case of 4)
http://store.addhelium.com/Large-Bore-ExtendAir-Scrubber-Cartridge--Case-of-4_p_3151.html

まあ、どうでもいいんですが。

まあ、考えてみれば、CCRの呼吸回路の中で化学反応を起こし、二酸化炭素を除去しているわけだから、物理的構造が似ているのは当たり前かもしれない。

反応する表面積を大きくするには、粒粒にして細かくするのがよろしい。

気体が通過する隙間も必要だ。

気体を制御する(物理的にも、化学的にも)コアな技術だな。

排気されたガスを、そのままエンジンに吸い込むような内燃機関は実用化されていない。

自動車版CCRか・・・。

永遠に実現されない仕掛けかもな。

そうりゅう型潜水艦には、液体酸素を携行するタイプのスターリングエンジンが採用されたらしい。

(そうりゅう型潜水艦)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9D%E3%81%86%E3%82%8A%E3%82%85%E3%81%86%E5%9E%8B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6

「本型ではスターリング発電機による非大気依存推進(AIP)システムが導入されている。」

「ただしスターリングAIPシステムは出力が低い低速機(4~5ノット程度)であるため、高速力を発揮する際には、従来通りのディーゼル・エレクトリック方式が用いられる。」

まあな、潜水艦は仕方ないよな。

周りに気体の酸素ないしな。

理想的なのは、やっぱ原子力ということになる。

そのうち、CCRやベンツにも搭載されるかも知れない(わけねーよ!)。

そうしたら、有り余るエネルギーで、二酸化炭素とかは分解して気体の酸素に変換し、炭素は高温高圧で固めてダイヤモンドにするわけだな。

放射性廃棄物はどーする?。

うーん、海の中に捨てるか、大気中にばらまくしかないかもな・・・。

怪しい雲行き2017年07月20日 22:54

怪しい雲行き
怪しい雲行き


北朝鮮が、またICBMを発射しそうだとか、核実験をしようとしているとか、そういう話ではない(そういう話もあるようですが)。

(海面水温・海流1か月予報)
http://www.data.jma.go.jp/kaiyou/data/db/kaikyo/ocean/forecast/month.html

このURLだと、新しい情報だけが表示されてしまうようだ。

内容の一部を抜粋する。

「(7月21日から8月20日までの北西太平洋の海面水温と海流の見通し):

1.海面水温

・日本の東、四国・東海沖、沖縄の東の海面水温は、平年より高いか、かなり高いでしょう。

・日本海、東シナ海、沖縄の南の海面水温は、平年よりかなり高いでしょう。

・オホーツク海、カムチャツカの東、日本のはるか東から日付変更線付近、南鳥島近海から日付変更線付近、南シナ海、フィリピンの東、マリアナ諸島近海、ミンダナオ島の東からニューギニア島の北の海面水温は、平年より高いでしょう。」

で、何が起こっているかというと、日本の近くで台風が発生しようとしているということだ。

(台風はどうやって発生するの?)
http://www.jma-net.go.jp/nara/knowledge/saijiki2/14typhoon.htm

「1 熱帯などの海域では、太陽の強い日射により海水温が高くなっています。この暖かい海域に接した大気は、気温が上昇すると同時に海面から多量の水蒸気の補給を受け、大気の状態が次第に不安定になります」

「2 太平洋高気圧におおわれた海域の大部分では安定成層となっており、下層が不安定でも強い上昇流は生じません。しかし太平洋高気圧から吹き出す北東貿易風と赤道越えの南東貿易風などが集まる低緯度の熱帯収束帯付近の所々では、下層の不安定な空気が収束し(集まり)、強い上昇流を生じます」

「3 多量の水蒸気を含んだ下層の空気はこの上昇流によって上空に運ばれ凝結し、多数の積乱雲などが発生します。これらの雲は集まって、雲のかたまり(クラウド・クラスター)を形成する場合があります。」

「4 この雲のかたまりができる時に出る多量の凝結熱が上空を暖めて気圧を下げ、熱帯低気圧が形成される場合があります」

「5 この低気圧の中心に向かって周囲の高温多湿の下層大気が反時計回りに吹き込み、上昇流となって、多数の積乱雲などを生成します。さらに4と5のサイクルが繰り返される場合は、熱帯低気圧が明瞭となり雲も組織化され、台風が発生するのです。」

ずいぶん丁寧に書いてあるな。

もちっと、簡単に書いてみよう。

1 高い海水温→気温の上昇+水蒸気の補給=不安定な下層空気ができる。
2 不安定な下層空気→高気圧周辺に風の力で集まる→強い上昇流を生じる。
3 下層空気が上空に運ばれる→水蒸気が凝結し、多数の積乱雲などが発生→雲のかたまりを形成
4 凝結熱が上空を暖めて気圧を下げる→熱帯低気圧の形成
5 周囲の高温多湿の下層大気が中心に向かって吹き込む→(4に戻る)→4と5が繰り返されて、風速がおよそ17.2mを超えると台風の出来上がり。

うーん、まだ長いな。

(スタート)高い海水温
→大量の水蒸気を含んだ暖かい空気
→高気圧周辺に集まり上昇
→水蒸気の凝結で積乱雲が発生し、かたまりを作る
→凝結熱が上空を暖めて気圧を下げる
→熱帯低気圧の形成
→周囲の高温多湿の下層大気が中心に向かって吹き込む
→台風に発達(ゴール)

まだ、ピンとこないが、だいぶ見通しが良くなった感じだ。

渦を巻くのは、地球の自転によるコリオリの力が働くからだという。

いずれにしても、暖かい湿った空気(なんか、CCRの宣伝文句みたいだな)が、物理の法則で上昇し、上空で凝結するというところがミソだ。

ふつーは、ここで雲が出来て、雨になって降っておしまいなんだが、周りからどんどん原料(暖かい湿った空気)が供給されるわけで、気圧の差を動力とする巨大な積乱雲の集合が出来てくる。

どのくらい巨大かというと、半径が800km以上に及ぶことがある(超巨大台風)。

山が大きいとか、そういうレベルではない。

ちなみに、世界最高峰エベレストをはじめとする7000m級以上の山々が連なるヒマラヤ山脈の延長は2400kmだが、こんな台風もある。

(台風の強さ歴代ランキング 史上最大の記録は●ヘクトパスカル!:強風域が大きい台風(直径))
http://iroiro-kininaru.com/archives/2595.html#i-7

「平成9年台風13号 強風域直径2,400km」

直径がヒマラヤと同じかよ!?。

「「強風域」とは、毎秒15m以上の風のことです。」

そりゃ、「強風」だろ?、などと突っ込んではいけない(もちろん、領域のことです)。

吹いてる風の強さも半端ない。

最大瞬間風速100mを超えるものもある。

(平成25年台風第30号)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%9025%E5%B9%B4%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC30%E5%8F%B7

「最大風速87.5メートル、最大瞬間風速105メートルとしている」

べらぼうな大きさと強さだ。

そういう大気の構造を生む力の源は、太陽のエネルギーと地球の自転なんだが、地球の自転はとりあえず置いておくとして、太陽エネルギーに温められている海水温は、そのいい指標になる。

台風の出来方でも、高い海水温というのが、そもそもの始まりだしな。

浮沈子が、こんな記事を書き始めたのは、3日先の予想天気図に怪しげな台風の画像を見つけたからだ。

この台風(たぶん、平成29年台風5号)は、ゆっくりと高気圧の縁を回りながら西進している。

位置は北緯30度東経150度辺りになる。

こんなところに出来るかよ的な場所だな。

南鳥島の北だ。

べらぼうだな(最近、このフレーズが気に入っている)。

まあ、どうでもいいんですが。

このまま、どんどん本州付近に近づいてくると困る。

早いとこ、ジェット気流に捕まって、北東方向に放っぽり出されるのを期待するしかない。

「日本の東、四国・東海沖、沖縄の東の海面水温は、平年より高いか、かなり高いでしょう」(再掲)

今年の台風は、ロクでもないところで発生する可能性が高いということだ。

ちなみに、周辺の海水温は29度から30度(平年より2度高い)。

台風を発達させる原料である「周囲の高温多湿の下層大気」も、たっぷりあることだしな。

この台風の進路や発達情報には要注意だ。