再使用ロケット再考2017年05月29日 01:25

再使用ロケット再考
 

ちょっと気になる話があって、頭を抱えている。

(Aerojet Rocketdyne Selected As Main Propulsion Provider for Boeing and DARPA Experimental Spaceplane)
https://globenewswire.com/news-release/2017/05/24/995805/0/en/Aerojet-Rocketdyne-Selected-As-Main-Propulsion-Provider-for-Boeing-and-DARPA-Experimental-Spaceplane.html

B社が、ダルパの命を受けて、しょうもない打ち上げロケットの開発に乗り出した話はすでに書いた。

(二匹目のドジョウ)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/cat/universe/

ブースターに翼を付けて、ロケットエンジンで打ち上げ、回収の際に、ひらひらと舞い降りるという計算なんだが、打ち上げ重量や空気抵抗を差し引いて、ブースターの回収が経済的に行えるかどうかが問題だな。

浮沈子は、それは無理だと思っている。

ロケットダインが作ろうとしているのは、数十回しか再使用できないスペースシャトルのエンジンを基にしている。

(JAXA/ISASの「再使用観測ロケット」開発計画 - 航空機のように飛ばせるロケットを目指して)
http://news.mynavi.jp/articles/2015/06/25/reusablerocket/

「スペース・シャトルのロケット・エンジンの設計寿命は55回とされている。」

そもそも、ダルパが要求しているのは、高頻度の打ち上げに対応できることであって、経済性とかではない。

10日に10回打ち上げることが条件だからな。

11回目は、新品のエンジンで差し支えない。

なんなら、エンジンをワンタッチで付け替えられるようにしておくだけでも、要求仕様を満たすことは出来るだろう。

再使用するに当たっては、全バラして、部品レベルでチェックすることになる・・・。

コスト度外視の、軍事用衛星打ち上げシステムならではの発想だ。

使い捨ての小型衛星専用ロケットでも開発して、10本(ロケットの数え方って、単位は何なんだあ?)纏めて打ち上げた方がいいような気がするんだがな。

スペースXの場合、経済性を前面に出している。

つーか、それしかない。

再使用こそが、経済性を追求する必要最低条件だと見切っている。

XS-1は、要素技術とか、運用関係は民間移転を考えているようだが、それ自体でコスト削減など微塵も考えていないだろう。

適時打上げのみ。

それは、既にペガサスロケットが何十年も前に成し遂げている。

(ペガサス (ロケット))
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%82%B9_(%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88)

「発射は高度12kmの成層圏において行われるため、天候によって発射が制限されないという利点がある。」

XS-1には、残念ながらその利点はない。

適時打上げについては、むしろ後退している。

「空中発射ロケットは低コストな運用を可能とするシステムであるが、母機の年間維持費が固定費となるため、年間打ち上げ機数が減少すれば打ち上げ費用は増大する。」

つまり、ペガサスで打ち上げ可能な衛星の需要なんてないのだ。

最近10年間では、たった6回しか打ち上げ実績がない。

10日で10回なんて、絵に描いた餅に過ぎない。

湯水のように金を使える、軍事関係の開発プロジェクトならではの発想だな。

しかも、コスト削減は二の次になっている。

スペースシャトルを開発した、B社と、そのエンジンを開発したロケットダイン社が、二匹目のドジョウを狙っているのが、手に取るようにわかるな。

そして、同じ墓穴を掘るのだ・・・。

高頻度の打ち上げが需要を喚起するのは、十分にコストが下がって、その結果、市場のすそ野が広がるからに他ならない。

高コスト体質のまま、打ち上げ頻度が上がることは有り得ないのだ。

皆無ではない。

低軌道に、小型高性能の衛星を多数配置して、数千機の衛星コンステレーションを展開して、インターネットのバックボーンを作ろうという話がある。

10日で10回では、とても間に合わないがな。

しかし、それこそ、低コストが求められる話だ。

有事の際の臨時の偵察衛星の需要くらいしか見込めない。

それと同じ仕掛けで商売できるほど、打ち上げロケット業界は甘くない。

高頻度かどうかは別にして、適時打上げについては後退している。

要するに、再使用ロケットと有翼ブースターという目新しい仕掛けを試してみたいだけの話だ。

スペースシャトルの夢よ、もう一度。

(Dream Chaser spacecraft passes 3rd integration review milestone)
http://www.spaceflightinsider.com/organizations/sierra-nevada/dream-chaser-spacecraft-passes-3rd-integration-review-milestone/

ドリームチェイサーは、ISSへの貨物輸送で、1度は干されてしまったが、リベンジを試みている。

ここにも、有翼宇宙機(ブースターとは異なる)の夢を捨てきれない面々がいるのだ。

カプセル型の宇宙船が、パラシュートやスーパードラコで帰還するという、見慣れた(見飽きた?)光景ではなく、航空機のように、滑空して降りてくる方が絵になるからな(そうなのかあ?)。

まあいい。

XS-1では、どーせ、2段目の回収は行われない。

コスト削減が目的じゃないしな。

まして、フェアリングの回収をや。

金に糸目は付けない。

世界の平和が掛かっている時に、そんなケチ臭い話をしてどーする?。

いや、それとも、偵察衛星で明らかになった目標に、2段目を再突入させて重量兵器として破壊するつもりなのかもしれない。

それなら、節約になるしな。

無駄にはならない。

しかし・・・。

そんなの、軍事機密だから、公になることはないだろう。

なるとしても、50年以上先の話だ。

そんなには、付き合っていられない。

このブログで紹介することも出来ない(生きてねーよ・・・)。

まあ、どうでもいいんですが。

再使用型ロケットの話は、これからもたびたび登場するに違いない。

そのどれもが、ロクでもない話に違いない。

ファルコン9の後を追っているのは、ブルーオリジンだけだ。

しかし、あっちも、2段目の回収は想定されていない。

宇宙への扉が、庶民に開かれるのは、まだまだ先の話になるだろうな・・・。

心身を鍛錬するとは2017年05月28日 22:30

心身を鍛錬するとは
 

昨年の減量から、みごとにリバウンドした浮沈子。

ちょっと反省して、フィットネスに通いだす今日この頃。

思い出したように、一時的に運動量を増やしたりしても、基本的な代謝は上がらないし、そもそも減量するのに運動するとかしないとかは、経験的にあまり影響はない。

何の制限も加えなければ、動いた分を食ってしまって、元の木阿弥になる。

運動して燃焼した分は、きっちり食わずに落とす。

動かざる者、食うべからず!。

普段の10倍運動したとしても、10倍食ったら同じことだ。

今日は、がんばって、サボらずに大井町まで自転車を漕ぐ。

ここを、歩いて通うようにすれば、効果はかなり目に見える形で出てくることは確認済みだ。

片道、5km。

1時間ちょっとで歩き切る。

信号待ちとかもあるしな。

そして、30分の筋トレとクロストレーナー。

1000mの水泳。

これを、欠かさず続けて、カロリー制限を続ければ、どこかで必ず逆転する。

今日は、400m位しか泳がなかった。

何か気が乗らないというか、泳ぎたくないというか。

そういう時でも、根性出して続けることが鍛錬なのかもしれない。

やりたくない時はやらず、やりたい時にやりたいだけ運動するというのは、鍛錬ではない。

気紛れとか、気休めとか・・・。

食いたい時に、食いたいものを食いたいだけ食うというのも、鍛錬とは程遠いな。

規則正しい生活、控えめの食事、適度な運動の継続、そして、心を平静に保つこと。

最後のが、一番難しいな。

南アの事故の原因が、ダイバーの原疾患によるものだったということを聞いても、そのトリガーはともかく、日頃からの健康管理に努めることくらいしか、浮沈子の場合教訓とすることが出来ない。

出来ることしかできないが、出来ることはやろう。

で、サボろうと思っていたフィットネスに、午後の遅い時間から出かけたわけだ。

まずは、形から。

サボらずに、継続する。

爆食を控え、刺激物を控え、糖質を控えて健康に配慮した食事を頂く。

つまりは、ダイビング以前の話から、振出しに戻ってやり直そうというわけだ。

明日は、久々に、歩いて行ってみようかな。

あまり無理すると、またまた、長期にサボることになりかねないしな。

しかし、とにかく始めなければ、何事も始まらない。

どこまで続くか、やってみなければ分からないのだ。

そういう、ささやかなチャレンジを克服し、継続してトレーニングを繰り返していく中で、心の平安も生まれる。

失われたものは、取り返すことは出来ない。

新しいものを見つけていくしかない。

内臓脂肪は、しっかり取り返したが、そんなもんはいらないんだがな・・・。

ヒューマン・マシンシステム2017年05月28日 15:43

ヒューマン・マシンシステム


ダイビング、特にリブリーザーのようなややっこしい器材を使うダイビングの場合は、器材とそれを操作するダイバーが一体となったヒューマン・マシンシステムが十全に機能している必要がある。

現状、クルマの運転とかも同じだろうが、こっちの方は時間の問題だな。

AIの進歩は著しく、とうとう人間は囲碁の世界でも機械の前に完全に敗れ去った。

(囲碁AI、人間圧倒し「引退」 医療・エネに応用へ)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFG27H7B_X20C17A5EA2000/

「高度化するAIを適切に管理する仕組みの重要性は今後、一段と高まりそうだ。」

もちろん、その管理は別のAIが行う。

人間には、管理対象のAIが出した結論が正しいかどうかは、判断できないからな。

じゃあ、管理用のAIは、正しい判定を下せるのかどうか。

それをチェックするのも、また別のAIだったりする・・・。

まあいい。

アルファ碁は引退だそうだが、ベータ碁とかガンマ碁とかが出てくるに違いない(そうなのかあ?)。

未来の予測とかも、AIが行うようになり、人間はその宣託に従って行動するようになるのだ。

有難いことに(?)、リブリーザーは、そういう上等な仕掛けとは程遠い。

呼吸回路を循環させる動力を、人間の肺の換気能力に頼っているというローテクな機械だ(パワーアシストなし)。

ソレノイドバルブの開閉を行うタイミングを、酸素センサーからの情報に頼って行っているだけの、チンケな仕掛けに過ぎない。

そのチンケな仕掛けで、水深100mオーバーの世界に行ってしまうという人間の方が100倍偉い(そういうことかあ?)。

それに、CCRは、換気動力とトータルのマネジメントを頼っている人間様のことは知らんぷりだ。

浮沈子の知る限り、心拍数を管理したり、酸素の消費量から水中の運動量をチェックして、ダイバーの身体能力を反映させるシステムは存在しない。

ガリレオソルくらいか?。

(GALILEO SOL)
http://www.scubapro.com/ja-JP/JPN/instruments/computers/products/galileo-sol.aspx

「Galileoは芸術とも表現されるコンピュータ。」

そこまで言うかあ?。

まあ、どうでもいいんですが。

「Galileoは心拍数測定を運動量計算へと統合させた最初のダイビングコンピュータです。」

そんなもんは、気の利いた活動量計ならみんなやっているけどな。

水中でというのは、確かにユニークだが、それだって、ダイコンに表示させる以外のことはしない。

CPRしたり、電流流してAEDみたいなことはしないのだ(水中で出来るかどうかは分かりません)。

現状、水中のダイバーの管理は、ダイバー自身が行わなければならない。

それが鉄則だし、それ以外の方法はない。

潜る前に、いろいろやるべきことはあっても、潜っちまったら他の手立てはないのだ。

アルファ碁が100倍優秀になっても、手も足も出ない・・・。

(南アフリカの潜水事故についてのご報告)
https://www.facebook.com/TeamFossils/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

事故後の英文のステートメントの邦訳も出ている。

IANTDジャパンによれば、事故はダイバーの心臓発作が原因であると判明したということだ。

水中では、どうしようもないだろう。

心臓発作の引き金になったのが何かは分からない。

おそらく、それを特定することは出来ないに違いない。

ご遺体は荼毘に付され、無言の帰国をすることになる。

「アルファ碁は完璧すぎた。苦しくてたまらなかった」

人間を追い詰めることは出来ても、水中で救うことは出来ない。

ダイビングは、当分の間、人間が機械の面倒を見る時代が続くだろう。

そして、人間自身の面倒も見なければならない。

そういうものだと思って、心身を鍛錬するしかない。

今日も、フィットネスサボっちゃうけどな・・・。

500Eチェック2017年05月28日 01:58

500Eチェック
 

3日ほど、夜中に500Eを転がしている。

先日、墓参りのために、年に1度もやらない洗車をしたところ、ディストリビューターの不調をきたし、エンジンにばらつきが出てしまった。

30分ほど走らせたら症状は消えたが、その後、雨上がりに同じ症状が2度出た。

今日は、雨は降らず、それで出るかどうかの確認で走る。

もちろん、症状は出ない。

うーん、納得・・・。

ディストリビューターの結露は、対策品で解消することが分かっている。

これが、いつ出るかという予測が立たないところが困るんだがな。

なんと、雨の日に出たことは一度もないのだ。

うーん、納得いかない・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

深夜のドライブは、浮沈子の趣味の一つだ。

窓という窓を全開にして、もちろん、サンルーフも開け放って、漆黒の闇を切り裂いて走る。

500Eというクルマの、生の音を聞く。

300Eを乗っていた時にも感じたんだが、ベンツの乗用車って、決して静かなクルマじゃない。

エンジンとか、足回りの音を、徹底的に遮音して、室内の静けさを演出しているだけだ。

まあ、それでいいんですが。

夜中に、窓全開にして、クルマの立てるありとあらゆる音に耳を澄ませながら走ることを想定して作られたクルマじゃない。

エアコン利かせて、窓閉め切って、高速道路を200kmでブッ飛ばすのが正しい使い方だ。

もちろん、我が国では、正しい使い方の半分くらいしかできないけどな(そういうことかあ?)。

で、アクセル全開じゃなくって、窓全開にして、ゆるゆると回るV8エンジンの呼吸音とか、タイヤが路面を捉える音とか、風切り音とかに耳を澄ませながら走らせる。

夜は、音がよく聞こえるような気がする。

そして、振動とかにも敏感になる。

ハンドルに伝わって来る振動や、シートを通して感じる振動とか。

視覚からの情報が制限される分、その他の感覚が研ぎ澄まされているのを自覚する。

それだけなのかどうか。

窓を閉めれば、音も遮断された分、振動には、さらに敏感になれるかもしれないしな。

ともあれ、良く動く足の良さを実感する。

街道を流している分には、十分な動きをしてくれる。

今時のタイヤ(レグノ履いてますが)は、何でも履きこなしてしまうだろう。

いい足だと感じる。

エンジンも、今日はぐずらずによく回っている。

踏めば踏んだだけのトルクを生み出し、ぐいぐいと1.7トンの車体を加速してくれる。

穏やかなアクセルワークに徹すれば、それなりの加速。

ペタンと踏むと、とんでもない中間加速を披露することになる。

大人気ない・・・。

雨が降らず、今夜の湿度80パーセント程度では、デスビの結露と思われるエンジンの不等着火による振動は、全くなかった。

駐車場に戻ってから、サンルーフや全開にした窓を閉める。

エンジンの音が遮断され、排気音も消える(これも、結構勇ましい)。

アイドリングの振動だけが、かすかに感じられて、合計5リットルの燃焼室に、たっぷりとガソリンが送られているのが分かる(アイドリング燃費、最悪です・・・)。

大丈夫、燃焼のばらつきはない・・・。

エンジンを切ると、本当の静寂が訪れて、さっきまでの静寂が、かりそめのものであったことを思い知る。

締めきっていても、実はそれほど静かなクルマではない。

もう、25年も前のクルマだしな。

今風の、アイドリングストップなどという裏ワザはない。

現代のベンツの乗用車に乗れば、やはり現世利益ではそっちの方が上回るのは当然だ。

チャライ仕掛けは、テンコ盛りで付いているしな。

最新のベンツが最良のベンツであることは間違いなかろう。

便利で使いやすく、同じ仕事を少ないガソリンでこなす。

それは、絶対の正義だからな。

太刀打ちできない。

乗り味とか、剛性感とか、振動の特性とか、満足感、安心感とか言うワケワカの指標では、クルマは売れない。

データで示し、オーナーの財布で証明するしかない。

このクルマが、21世紀の道路を走っていること自体が一つの奇跡だ。

クラシックカーとかじゃなく、実用的に不満のないふつーのクルマとして。

データで示すことも、ガソリンスタンドにおいて、財布で証明することも出来ないけどな。

クルマを降りて、ちらっと振り返る。

20世紀の奇跡の一つが、ここにある。

金属とゴムとガラスと樹脂とで出来た、機械の王国の奇跡だ。

絶妙な乗り味と剛性感と人肌にあった振動特性を持ち、オーナーに至上の満足感と安心感を与える奇跡だ。

たまに、デスビの結露でエンジンがブルってしまうことがあったとして、それが何だというのか?。

うーん、やっぱ、対策品に替えようかなあ・・・。

結局サボり2017年05月27日 22:23

結局サボり
 

体調戻らず、午前中にフィットネスに行くという予定は、あえなく没。

午後、神田のお店に行く。

03ボクスターで秋葉原に行って、愚弟と昼飯を食い、別れて徒歩で神田へ。

南アの事故については、具体的な情報に乏しく、関係者の帰国待ち。

起こってしまったことを、元に戻すことは出来ないし、残された者ができることは、そこから教訓を得て、次につなげていくことだけなのだが、それがいつでもできるわけではない。

今回は、公表されたプロジェクトの中で起こった事故だし、死亡事故という重大な結果になったことから、何らかの教訓を得ることが出来れば有難い。

リブリーザー使用中ということもあるしな。

フィリピンでトレーニングを行い、それ相応の準備も整え、万全の態勢で行ったということのようだったが、詳細は分からない。

うーん、益々、CCRの普及に時間がかかることになりそうだな。

それが原因かどうかは別にしてもだ。

シーラカンスがうらめしい・・・。

いや、シーラカンスのせいでないことだけは確かだ。

今回の事故で、暫く時間が空くと思われるが、是非、プロジェクトを再開して、その生態に迫ってもらいたいものだ。

人間側の事情など、シーラカンスの知ったことではない(そんなことは、知ーらかんす・・・)。

まあ、どうでもいいんですが。

数億年の時を経て、なお、生き残っている理由が何となく実感できる。

アンタッチャブル、触れてはいけないことなのかもしれない。

しかし、そういわれればなおのこと、迫ってみたいと思うのも人情だ。

(ダイバーは自由なのか)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/05/07/8084930

去年の記事だが、今読んでも余り違和感はない。

記事中に、シーラカンスの映像へのリンクがあるが、まだ切れてはいないようだ(本日時点)。

ダイバーの器材構成を見ると、ベイルアウトについては、殆ど考慮されていないことが分かる。

そのリスクも、受け入れているということになる。

何かが故障すれば、生還することは困難だ(故障の程度にもよります)。

サポート体制にもよるが、かなりリスキーなダイビングをしているように見える。

環境とかが分からないので、一概には言えない。

深いことだけは確かだ。

知ーらかんす(シーラカンス)は、そういうところで生き延びてきた。

最近の記事では、メガマウスとかも話題になっている。

(熊野灘で発見のメガマウス 海に放される)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170526/k10010996451000.html

「メガマウスは、太平洋やインド洋などの深い海に生息する大きな口が特徴の巨大なサメ」

「生きたまま保護されるのは珍しく、4日前の今月22日には千葉県の定置網にかかっているのが見つかり保護されましたが、翌日に死にました。」

深海には、我々の知らない生物が、まだまだいくらでもいそうだな。

そんな深い海の中には、テクニカルダイバーといえども行くことは出来ない。

せいぜい、100mとか、200m。

世界記録でも300m前後がせいぜいだ。

飽和潜水とかなら、もっと深くまで行くことが出来るかもしれないが、そういう深度に環境圧で潜るというのは、最近では流行らないだろう。

硬性潜水服か、潜水艇を使うことになる。

リブリーザーとかで、長時間の減圧を水中で行うようなダイビングは、ヘンタイまたは超ヘンタイの世界の話だ(狭いとこ、暗いとこに行きたがる別のタイプもいますけど)。

それでも、水中世界を知りたい、この目で実際に見たいという人間の欲望が続く限り、深海に挑戦するダイバーが消えてなくなることはないだろう。

我が国でどうなるかは知らない。

今回の事故の影響は、かなり大きいに違いない。

浮沈子は、テクニカルダイビングについてはひよっこだからな。

そんな、狭い国での業界のことまで心配している余裕はない。

そもそも、テクニカルダイビングを続けるかどうかで悩んでいるくらいで、自分の問題としては、正直言って捉え切れていない。

直接の影響は、殆どない。

今日、神田のお店でいろいろ話し込んだが、遠い雲の上の話だ(深い海の底ともいう)。

浮沈子が理解できるのは、水深3mのプールの中の話だけ(CCRにとっては、ある意味、地獄の一丁目)。

まあいい。

周りの状況に振り回されずに、自分の目標を見据えて、しっかりとトレーニングを継続するしかない。

って、フィットネスさぼっといて、よく言うよ・・・。

(USHUAIA NATURE - MOZAMBIQUE:追加:動画出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=tlxYk0nIjfE

全編フランス語で、何言ってるか全く分からないが、映像見ている限り、CCRがらみでやってることはほぼ分かる動画だ。