OSとは何か?2012年03月01日 21:01

OSとは何か?
OSとは何か?


オペレーティングシステム又は基本ソフトという。

(オペレーティングシステム)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

まあ、こんなもんかな(と、偉そうに言ってみる)。

ここでは、ハードウェアの抽象化、I/Oの管理、リソース(資源)の管理といった目的が書かれているが、中でも本質的な要素はハードウェアの抽象化である。

様々なデバイスからなるコンピューターという複合機械を動かすのに、抽象化という概念は欠かせない。さもなければ、個別の製品毎の果てしないプログラミングの作業が続くことになる。

つまり、世の中にはウインドウズパソコンとマックがあるだけだ(この際、リナックスとかは無視!)、と言ってしまってもいいのだ。

プログラマーは、この2つのコンピューターで動くアプリケーションを作って売っていけばいいことになる。開発コストが安く済むわけで、非常によろしい。

もちろん、一時期のアップルも含めて、ハードウェアの性能競争は起こるから、高性能なコンピューターを安く買うことができるというメリットを、ユーザーも享受できるわけだ(OSが、まともならね!)。

マッキントッシュのユーザーだったこともあるが、大部分はウインドウズを使っていた。3.1の英語版から始まって、ウインドウズ7まで使っている。OS/2とかリナックスもいじっていたが、常用するところまではいかなかった。

いろいろアプリを入れていくと、だんだん不安定になっていくのは、今でも同じだけれど、そこそこ使えるな、と思えるようになってきたのはXPあたりからか。

そのウインドウズが次期バージョンのコンシューマー・プレビューをリリースした。

(Windows 8 Consumer Previewを公開)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20120301_515712.html

人柱が続出するわけだな。最近は、こうして「無料で」人柱をつくるようになってきたらしいが、初めの頃はバグだらけのOSを、金を取って買わせていた、とんでもない会社だった。クレームに耐えられなくなると、次のバージョンを再びバグだらけのまま出荷して買わせては、大儲けしてきた。そうしてエンドユーザー向けの殆どの市場を席巻し、事実上のスタンダードOSになった。

優秀な技術は、会社ごと買収し、自社での開発はほとんどない。過去の遺産に縛られているので、大胆な改革もできない。新たなファイルシステムを導入すると言い出してから10年経ってもNTFSのままであるのが、その何よりの証拠である。

ウインドウズ8にしても、マルチデスクトップのUIとしてメトロを被せただけに見える。いったい、これのどこが95以来のバージョンアップになるのだか・・・。

ただ、ウインドウズフォンの操作性は、快適で良かった。とてもマイクロソフトが作ったとは思えないほどの出来である(一応、褒めているつもり)。タッチパネル用OSのインターフェースとしては最高だ。アイフォーン危うしである。

柳の下のドジョウを狙ったのではないか。

ここいらで安上がりに、パッと見の変わったOSを投入して一儲けしようとしているだけではないのか。

ARMチップでも動作可能とされる8だが、そのコードはまだリリースされていない。

タブレットとして出てきたときには、アンドロイドの最強の敵になるといわれている8だけに、目が離せないのだが、次期アンドロイド(ジェリービーンズ)がこいつとデュアルブートになるという噂もあり、気が気ではない。

(ダウンロードページ:おまけ)
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/download

イースター・エッグ2012年03月01日 22:57

イースター・エッグ
イースター・エッグ


ここでは、コンピュータープログラムの中に隠された、お遊びコンテンツのこと。

(イースター・エッグ (コンピュータ))
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B0_(%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF

本来の意味はこちら。

(イースター・エッグ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B0

このところ、アンドロイドを中心とした記事に食傷気味のところに、「またか」とうんざりしている方にも、癒やし系のネタを、と見つけてきた(偶然です)。

(Androidのイースター・エッグ)
http://blog.fenrir-inc.com/jp/2012/02/android-easter-egg.html

で、ICSでやってみたら、画面の「空飛ぶドロイド君」が登場した。

アホな私は、レグザフォンでもやってみたのだが2.2.2では出てこない。あー疲れた。

こんなのは、当然アップル機器にはあるだろう、と思って調べてみる。

(iPhon(iPodtouch)の裏技だと書いてあるページ)
http://pub.ne.jp/tomo_tg/?entry_id=3581143

実際にやってみると、確かにビミョーに傾いている。これは、どうやらグーグルのイースター・エッグらしい。当然、アンドロイドでも同じ現象が確認できる。

自分でやってみて、無意味にユルくなるのがわかる。一生懸命やってはいけない。それが、イースター・エッグというものだ。

「スティーブ・ジョブズの魂」2012年03月02日 00:10

「スティーブ・ジョブズの魂」
「スティーブ・ジョブズの魂」


もう、10年以上も前、秋葉原の外れにある中古パソコン屋の店先に、20万円で置かれていた「NeXTcube」に、おそらく店主の直筆で書かれた手書きの紙が貼り付けられていた。

「スティーブ・ジョブズの魂」と・・・。

一緒にいた弟と後から爆笑したが、今振り返ると実に的を射た表現だったと感心する。

アップルを追われたジョブズが、理想のマシンを求めて開発したコンピューターだ。そこで動いていた「NeXTStep」というオペレーティングシステムは、今、アップルの製品群で動いている。

本物のクリエイターだった彼が残したのは、今日、5千億ドルの時価総額を超えたアップルという会社ではなく、ユーザーフレンドリーだがユーザーに媚びない優れた製品群であったといえる。

コンピューターとはこうあるべきだと、明確で揺るぎないメッセージを発信し続けた。その最も顕著な形がNeXTcubeであったと私は思う。ジョブズ自身が、NeXTを「宝石」に例えたことがあった。ピュアで美しいもの、それ自身に価値を秘めたもの、永遠に輝きを失わないもの。

今日、アップルの製品群を買い求めるユーザーの殆どは、NeXTのことなんか知りもしないに違いない。

しかし、彼らはジョブズの作り出した宝石のかけらを、間違いなく手にしているのだ。

新型ボクスター発表前夜2012年03月02日 20:27

新型ボクスター発表前夜
新型ボクスター発表前夜


なんとも、まどろっこしい表現だ。

3月6日から始まるジュネーブショーでワールドプレミアとなる、と書いてあるのはこのページ。

(【ジュネーブモーターショー12】ポルシェ ボクスター 新型を初公開)
http://response.jp/article/2012/03/02/170775.html

すでに、インターネット上では動画や解説が公開されていて、情報は行き渡っているのだが、何といっても「実車」があると、迫力が違う。3次元の実物を見て、手で触れて、出来ればコックピットに腰掛けてみる。

百聞は一見に如かず。

まあ、私がジュネーブまで行かなくても、そのうち都内某所のポルシェセンターで試乗出来るからいいや・・・。

今度のボクスターには期待するところが大きい。

特に、軽量化にこだわったボディーワークと、ダウンサイジングされたエンジンである。ポルシェのチューニングの妙を味わってみたいのだ。

自分のボクスターは、たまの首都高(爆走)クルージング以外は最近とんと鞭をくれていない。下道をボウボウいわせて走るほど若くはないし、そんな気にもなれない。

遠出をするには、まだ早いような気もする。

春の日差しに誘われて、走り出したい気持ちはやまやまなのだが、体がついていかない。

箱根ターンパイク(TOYO TIRES ターンパイク)の回数券が泣いてるぜ。

待てど暮らせど2012年03月02日 21:31

待てど暮らせど
待てど暮らせど


「ポセイドン」といえば、「アドベンチャー」と反応してしまうあなたは、きっといい人です。

じゃあ、ディスカバリー・マークⅥと反応してしまう私は、何なんでしょうか?。

ダイビング器材のメーカーであるポセイドン社が、販売している(はず)のクローズド・サーキット・リブリーザー(CCR)である。

この器材に注目したのは、もう3年以上も前になる。

テクニカルダイバー御用達だった、フル・クローズド・サーキットタイプのリブリーザーを、なんと、水深40メートルまでの無減圧潜水というレクリエーショナルダイビング限定で使用するという、コペルニクス的展開を果たし、ダイビング史上に燦然と輝く期待の星・・・になるはずだった。

既に過去型?。

だって、全然情報が入ってこないんだもん!(ブーッ)。

情報もさることながら、現物も入ってこない。一体、どうなってしまったのか。

元々、「市場規模」という表現がおこがましいほど、売れていない日本では、余程の物好きか、金余りか、暇人か、変人、奇人、道楽者しか興味を示さない商品ではある。

暇と金はないが、物好きで、変人、奇人、道楽者である私は、この機種に惚れ込んでいたのだ。

操作が簡単で、運用が楽で、低価格で、何より「軽い」。

メタボなオヤジの味方、私のために作ってくれたようなCCRである。ちょうどインスピの練習を始めようというその時に、この機種が発表された。よっぽどインスピをキャンセルしようと思ったが、この手の器材は、実績がモノを言うので手を出さなかった。

結果は、大正解で、未だに正式に日本には入ってきていない。どうなってしまったのか。

一時期、ブルークエストで扱うような話もあったと噂に聞くが、結局何の音沙汰もないまま月日だけが過ぎていった。

初期ロットの性能が安定しなかったという話も聞く。

もう、4年目になる。そろそろ、モノになってもいいころだ。

コンセプトは悪くないし、その設計思想は優れている。プロダクトとしても、パッと見はいい。堅牢そうだし、扱いやすそうだ。

既にインスピに慣れてしまった今となっては、私自身が2台目の器材として購入することは有り得ないが、クロスオーバーの講習くらいは受けてみてもいいと思っている。特にカセットポンのソフノライムの使い心地には非常に興味がある。

ポセイドンよ!、頑張ってくれ!。

(ポセイドンのページ)
http://www.poseidon.com/products/rebreathers/mkvi