499台のLFA2012年12月18日 01:15

499台のLFA
499台のLFA


トヨタが作ったスーパーカーである。

(レクサス、2シータースポーツ LFA 500台の生産を完了)
http://response.jp/article/2012/12/17/187211.html

すごいクルマだ。

(レクサス・LFA)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%BBLFA

トヨタが作っても、3750万円のお値段である。

中古車はさらに値が張る。

(レクサス LFAの自動車カタログ・価格比較)
http://kakaku.com/item/K0000065024/

スペックだけ見れば、大したクルマではない。560馬力(570馬力のスペシャルもある)、V10エンジン、トランスアクスル、カーボンモノコックなど、珍しくもない。

加速性能も、0-100kmが3秒位だそうだが、GT-Rの方が早いだろう。ニュルは、さすがにLFAの方が速い。7分14秒台である。GT-Rは、7分19秒くらい。

ま、GT-Rは価格も3分の1から4分の1だし、ビンボー人のスーパーカー(スミマセン!)だし、V6だし、トランスアクスルだけど、カーボンモノコックじゃないし、比較の対象じゃあない。

ワタクシのスポーツカー評価基準であるS度によれば、車高122cmは、フェラーリとボクスターの中間ぐらい(フェラーリとほぼ同じ)ということになる。

(フェラーリの形:S度の怪説?あり)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2012/10/15/6603408

このクルマの凄いところは、500台でキッパリと止めてしまうところだ。きっと、作れば作るほど赤字になるようなクルマなんだろう。二度と作られることのない、世界でたった500台の自動車。

おそらく、カーボン技術を開発するためのテストベッドだったのかもしれないし、レクサスのブランド価値を高めるなどの戦略商品だったのかもしれない。

もはや、過去形である。

音はいい。

(LFAのページで音が聴けます)
http://www.lexus-lfa.com/

9000回転まで引っ張れる4.8リットルのエンジンは、他のクルマに積まれることはないだろう。

空前にして絶後、21世紀にトヨタが作った本物のスポーツカーだ。

はっきりいって、カッコは悪い。

GT-Rも好きじゃないが、LFAもダサイ。去年の東京モーターショーで実車を見たが(画像参照:ワタクシの撮影)、オーラが出ていない(なんじゃ、そりゃ?)。

特に、リアのラジエーターがみっともない。いろいろ、理由はあるのだろうが、ダサイ物はダサイ。

歴史に残る名車なのか?。少なくともトヨタの自動車博物館には、1台は間違いなく残るだろう。

あとの499台は、どうなるのか。

床の間(ガレージ?)の飾りになるのか、サーキットでクラッシュするのか、アウトバーンで300キロオーバーでぶっ飛ぶのか、それとも・・・。

ワタクシは、このクルマは名車たりえないと(勝手に)確信する。好き嫌いではなく、時代を表象する記号性がないからだ。その意味では、正しくトヨタ車である。

素晴らしい工業製品である。間違いなく、超一級の機械である。官能性能にも溢れている。

しかし、このクルマに、21世紀を見ることはない。

これは、遅れてきた20世紀の価値観のクルマだ(カーボンボディのスーパーカーは、20世紀末にマクラーレンF1が登場している)。

だから、もう、二度と作られることはないと断言できる。

威張っているわけではない。

むしろ、悲しい・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック