電気ブレーキ2013年07月01日 01:39

電気ブレーキ
電気ブレーキ


もう、殆んど電車に近くなってきた自動車も、とうとう、ここまで来た。

(アコード、市販四輪車で世界初採用のフル電動ブレーキ、その実力は)
http://response.jp/article/2013/06/29/201145.html

「新型『アコードハイブリッド』には市販四輪車としては初となるフル電動ブレーキシステムが採用された。」とある。

「「ペダル・フィール・シミュレーター」と「タンデム・モーター・シリンダー」は機構的には切り離されているのだが、構造的には1つの油圧ラインでつながっていて、ペダルストロークセンサーの不具合などがあった場合には油圧ブレーキとして作動するようになっている。」

アタマが悪いのか、「機構的には切り離されている」「ペダル・フィール・シミュレーター」と「タンデム・モーター・シリンダー」が、構造的につながっているという意味がまったく理解できない。

油圧ブレーキとのハイブリッドなんだろうか?。

フル電動ブレーキというのは、ガセなのか?。

(電動サーボブレーキシステム:ホンダの開発チームの記事)
http://www.honda.co.jp/tech-story/engineer/engineer-talk/esbs/

「ブレーキペダルを踏む力を電気信号に変え、それを基にブレーキに取り付けたモーターを直接動かしてクルマを止める。つまり、"電動ブレーキ"ということですね。」

「当時の上司から、『電気がなければ止まれないじゃないか! バッテリーがあがったらどうするんだ? 電気がないと止まれないようでは開発は継続できない』といわれましたよ。バッテリーを3個載せるから大丈夫だと言い張りましたが、ダメでしたね(笑)」

「じゃあ、つながっていればいいんだろうってことで、電気がなくなったときにバックアップする油圧システムを併設しました。」

「『これならやろう!』という話になりました」

「ペダル操作部には、ペダルを踏む力を電気信号に変えるセンサーに加えて、マスターシリンダーを搭載。ふだんは、ブレーキ動作部に油圧を伝えず、代わりに、コンピューターがモーターをコントロールしてブレーキへの油圧をつくり出します。これなら、制御の自由度は大きく向上しますね。そして、いざというときには、マスターシリンダーの油圧がブレーキ動作部に伝わるのでクルマが止まるというわけですか。」

「回生ブレーキと油圧ブレーキとでは応答が全然違うんです。そのブレンドをドライバーにわからないようにするには、ペダル操作部とブレーキ動作部が独立する電動サーボブレーキが好都合でした。」

「あたりまえですが、回生ブレーキをたくさん使うと電動サーボブレーキ自体は止まり際にしか働かないです。よく動くように一生懸命つくったのに、ふだんはほとんど動いていないんです(笑)」

「踏んだら気持ちいい、もう一度踏みたい、というブレーキ。『あのブレーキがあるからHonda車に乗りたい』といわせてみたい(笑) 」

まあ、03ボクスターは、電動ブレーキでなくても、踏みたくなるブレーキですが!。

しかし、文章で書かれても、いま一つ、よくわからない。

通常は、油圧部分とペダルの動作は物理的に切り離されていて、電気信号だけがモーターに伝わる。

モーターは、油圧を作り出し、通常のブレーキキャリパーが作動して、ディスクを挟む。

電機部分が壊れると、ペダルと油圧機構が直結して、通常のブレーキとして働く。

こんな感じなんだろうか。

通常時:ペダル→電気信号→モーター→油圧→キャリパー

故障時:ペダル→油圧→キャリパー

この機構のポイントは、2つ。

その1:ブレーキの特性を電気仕掛けでいじれること(回生ブレーキの不自然さの改善含む)。

その2:最終的にキャリパーを作動させるのが油圧なので、電気系の故障のときに、油圧機構でバイパスすることにより、バックアップ経路を確保できる。

(停止までの流れ:通常時の回生ブレーキと電動サーボブレーキの作動)
http://www.honda.co.jp/tech/auto/esbs/topic3/

このアニメの中の「アクチュエーター」というのが、「タンデム・モーター・シリンダー」という機構らしい。

こうして、回生ブレーキの効率アップというオマケも付いて(というか、会社的にはこっちの方がメイン?)、日の目を見ることができた電動サーボブレーキだが、これって、油圧ブレーキの制御部を電動化した過ぎない。

開発チームが当初導入しようとしていたのは、ピュアな「電気ブレーキ」であったわけだ。

製品化されたのは、妥協の産物・・・?。

こんな記事もある。

(電動ブレーキ:曙ブレーキのページ)
http://www.akebono-brake.com/product_technology/technology/next_generation/index.html

「電動ブレーキは、ディスクブレーキパッドの押しつけ機構を電動化したブレーキシステムで、ブレーキペダルを踏むと電気信号が発生して、キャリパー部分のモーターが作動し、車輪にブレーキがかかる仕組みです。」

「油圧配管やABSなどの油圧装置が不要で大幅な軽量化ができます。さらに、メンテナンスなどで廃液処理されるブレーキフルードが不要で、環境負荷軽減にも貢献」

「電動ブレーキには、パーキングブレーキを電動で作動するタイプもあります。パーキング専用ブレーキが不要になることで車両全体の軽量化に貢献できる上、スイッチやアクセルによるパーキングブレーキの操作が可能」

信頼性が高ければ、電気オンリーの方がシンプルである。

(電動ブレーキユニットの開発:NTNの記事:画像はこのユニット)
http://www.ntn.co.jp/japan/products/tech/review/pdf/NTN_TR75_P053.pdf

ピュアな電気ブレーキについて、実用化される目処がたっているとはいえないようだ。

試験段階なんだろうか。

しかし、メリットがどれだけあるにしても、車両を停止させるためのデバイスなので、安全性の確保が最優先である。

利き味の追求とともに、安全性や耐久性・保守性の向上に注力してもらいたい。

(電動型制御ブレーキ)
http://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/edib.html

日産が導入している「電動制御ブレーキ」というのは、ペダル直結の倍力装置を電動化して制御しようとするもので、基本は油圧ブレーキである。

初代プリウスのオーナーでもあった浮沈子に言わせれば、あのカックンブレーキのフィールは許し難い!。

試乗したLS600hのブレーキは、しごくマトモだったので、トヨタも改善はしているのだろう。

完全電気ブレーキの導入が、いつになるのか。

ちょっと、注目の技術である。

メガネ対時計2013年07月01日 23:44

メガネ対時計
メガネ対時計


グーグル・グラスの登場は、ある意味でインパクトがあった。

ウェアラブル端末の、一つの究極と思われたからだ。

ハンズフリーで、何時でもネットにアクセスできる。

(Google Glass)
http://ja.wikipedia.org/wiki/Google_Glass

昔、WYSIWYGという言葉が流行った。

(WYSIWYG)
http://ja.wikipedia.org/wiki/WYSIWYG

「What You See Is What You Get(見たままが得られる)の頭文字をとったものであり、「is」を外したWYSWYG(ウィズウィグ)と呼ばれることもある。」

「ディスプレイに現れるものと処理内容(特に印刷結果)が一致するように表現する技術。」という、味も素っ気もない解説。

浮沈子は、ポストスクリプトプリンターのことだとばっかり思っていた。

「見たままが得られる」というのは、まあ、比喩的な表現だが、グーグル・グラスは、カメラと連動させて、見たままを動画データとして取り込んだり、バーチャルな情報と重ね合わせて、リアルな情報を補正することも出来る。

「イノセンス」という、押井守監督のアニメ映画がある。

衒学趣味というか、うるさいくらいに古今東西の名セリフが出てくるのだが、主人公の一人、バトーの目にはコンピュータが内蔵されており、ストーリーの冒頭近くで、殺人事件の現場のシーンにおいて、見たものにネットから抽出した情報を重ね合わせて表示するという、ちょっと凝った映像が出てくる。

「ゴクウ」というアニメビデオもあり、こっちは片目だけだが、世界中のコンピューターを操ることが出来るという、フィクションならではの機能がある。

この辺りになると、まさしく、「見たままが得られる」ということになりそうだ。

視覚と連動したインターフェースは、人間が80パーセントの情報を視覚から得ていることもあり、非常に分かりやすく、強力な機能を付与できる。

逆に、オブジェクトが抽象化されにくいことが欠点となるかもしれない。

(How It Feels [through Glass]:動画出ます)
http://www.youtube.com/watch?v=v1uyQZNg2vE

この中で、クラゲの解説が画面に出てくるのだが、位置情報と連動させると、この水族館にいるこのクラゲの解説が出てくる可能性がある。

クラゲ一般なのか、特定の種類のクラゲなのか、ホントに特定された1匹のクラゲなのか(クラゲの人相(?)を、映像から識別できるようになるのかもしれないし・・・)。

まあいい。

今日、こんな記事が出た。

(アップル、日本で「iWatch」の商標登録を申請)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96008920130701

日本だけではなく、各国で商標の登録申請を行っているらしい。

「コンピュータや周辺機器のほか、メガネ、腕時計などといった製品向けの商標として出願している。」とある。

あれ?、時計じゃないの?。

「watch」には、注視するという意味もあるので、メガネ型のデバイスに付けてもおかしくはない。

でも、まあ、時計だろうな。

(この中に正解はあるのだろうか?デザイナーの考える、「iWatch」のコンセプトデザイン6つ)
http://gori.me/apple/27137

どれも、大したこたぁないような気がするんだが。

カッコなんかどうでもいいから、流星号が呼べたり、30秒間時間が止められたりする機能が付いていた方がいい(ムムッ、タイムストッパーだな!)。

今や、ケータイやスマホを持ち歩く若者は、時計などという「余計な物」は身に着けないのかも知れない。

それらに代わるアイテムで、身につけるものといったら・・・。

やっぱ、コレでしょう!?。

(ULTRA SEVEN - linha do tempo - TRANSFORMATION:動画出ます!)
http://www.youtube.com/watch?v=w0pnz_Evxuw

(ウルトラアイの研究室)
http://members.jcom.home.ne.jp/usaq/ui.htm

マニアの間では、「Uアイ」といわれているのかあ?(どこかの政党の元代表が掲げた、ムズムズするようなスローガンではない!)。

「アイ・ウォッチの、正体見たり、ウルトラ・アイ!」

んなわきゃ、ないだろうが!。

しかし、このアイテムは、変身願望をくすぐるオトナのアイテムとしても存在感がある。

(This Masquerade : Carpenters)
http://www.youtube.com/watch?v=N30s8EGEx6s

(第10回 カーペンターズ This Masquerade:歌詞と訳)
http://barcarolle2009.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/this-masquerade.html

まあ、偽りの時間を過ごすオトナの悲哀だな。

カレン・カーペンターって、ホント、いい声だよなあ!。

んなこたぁ、どーだっていい!。

Uアイはともかく、「iWatch」がブレスレット型の端末であるという線は固い。

今年中に発表、遅くとも来年には手に入れられるだろう。

(iWatch 発売日と予約日のリーク情報 - NAVER まとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2136171648889285001

さて、どんなコンセプトで出てくるのだろうか。

(米Apple、「iWatch」のようなウェアラブルデバイスに関する特許を申請)
http://taisy0.com/2013/02/21/14348.html

なんか、大したことないような気もするんだが。

また、アップルの株価が下がりそうな予感がする。

(iWatch - A Future Concept:いきなり、こりゃ無理だろう?)
http://www.youtube.com/watch?v=u5OV_BJreTA