ポルシェな形2013年11月03日 00:57

ポルシェな形
ポルシェな形


画像は、今日、都内某ポルシェセンターで撮影したもの。

浮沈子が座った席から、眺めた風景。

結論からいうと、フロントのデザインは、共通している。

手前から、ボクスター、911、パナメーラ(左に写っているのはケイマン)。

これぞ、ポルシェ、という、先の尖ったカエルヅラを並べているわけだな。

ポルシェであることのアイデンティティを、ここぞとばかりに見せ付けている。

こうしてみると、鼻先にエンジンを搭載するパナメーラが、若干フロントのスラント具合がよろしくないことが分かる。

ボクスターにしても、911にしても、そのあたりの融通は利くのだ。

フロントフェンダーは、ストラットタワーの高さを確保するために、一定のでっぱりが必要となるので、フロントトランクのフードを低くして、精悍なデザインとしている。

このあたりも、パナメーラは、明確なメリハリを出しづらい。

5メートルを超える全長を使って、なんとか辻褄を合わせている。

911の50年記念モデルの記事がある。

(エクステリア:フロント、サイドビュー参照)
http://www.porsche.com/microsite/911-50/japan.aspx?ws=1

「フロント
フェリー・ポルシェがフィンと呼んだフェンダーがフロントの輪郭を強調します。 だから歴代911モデルのドライバーは、車内にいるときですら、エクステリアのシェイプを大いに楽しむことができたのです。そして911のデザインにおいて基本的に重要な役割を果たしてきたもの、 それは丸型ヘッドライトです。このヘッドライトが、911を911たらしめてきたと言っても過言ではありません。」

リアエンジンのメリットを、最大に生かしたフロントビュー。

太腿(ふともも)といわれた、両サイドのフェンダーの盛り上がりを、「エクステリアのシェイプを大いに楽しむ」という抑制された表現で強調している。

996の時に、手痛いしっぺ返しを食らった涙目ヘッドライトのことなど、すっかり忘れてしまった丸型ヘッドライトの記述は、まるで、歴代911がずっと丸型を継承してきたかのような表現である。

まあいい。

P社にも表現の自由はある。

売れてなんぼの商売である。

文化事業をやっているわけじゃあない。

しかし、ナローは、スッキリしたいいデザインだな。

ビッグバンパーモデルになると、なんか重ったるくなってしまう。

特に、浮沈子の83タルガは、ブットイBピラーや、角型電動サイドミラーの影響で、ずっしり感が強い。

いろいろ便利になるのはいいのだが、シンプルな造詣の良さは、わずかなディテイルの変化で崩されてしまう。

「サイドビュー
すっきりしたルーフラインは、リアへとダイナミックに下降していきます。ポルシェのデザイナーの間で「フライライン」と呼ばれるこのルーフラインも、911に特徴的なデザイン要素です。これは、サイドウィンドウの形状にも影響を与えています。911 50thアニバーサリーエディションのウィンドウエッジは、アルマイト処理されたアルミニウム製で、初期の911を思い出させます。ニュー911 GT3でお馴染みの特別なディテール、 スポーツデザインのドアミラーも取り入れられています。」

後席の居住性(ヘッドクリアランス)を犠牲にして成り立つ、カッコ優先のデザインの言い訳としては、いささか弱い表現である。

実は、クーペよりもタルガトップの方が、後席の居住性はいいのだそうだ。

まあ、83タルガの後席に乗る気にはならないが。

しかし、こうして見ると、リアのクォーターウインドウの造詣などは、そのままガラスが嵌るんじゃないかと思う程、よく似ている。

この、50年前の911のデザインモチーフを、半世紀たっても引きずり続けているということは、驚くべきことである。

しかも、全モデルが、右に習えで、カイエンも、マカンも、パナメーラも、もちろんボクスター・カイエンも、同じデザインを採っている。

浮沈子は、今日、コーヒーをいただきながら、ふと、フロントが重なり合う3台のポルシェをみて、このメーカーの拘りの凄さを思い知った。

もちろん、先の996のヘッドライトの話ではないが、914、924、928、944、968といった、異なるアプローチが試みられ、消えていったことは承知している。

シュツットガルトでは、既に次のモデル、992のデザインが、深く静かにスタートしているだろう。

(シュトゥットガルト)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%88

「ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル - 哲学者
ロバート・ボッシュ - 発明家
ゴットリープ・ダイムラー - 技術者
ローランド・エメリッヒ - 映画監督
フリードリヒ・フォン・シラー - 詩人・歴史学者・劇作家・思想家」

浅学菲才な浮沈子が知る、ご当地出身の有名人である。

ポルシェ車のような高付加価値商品の生産は、いってみれば、博打のようなものである。

機能的な価値だけでは、その価格は付けられない。

ニッサンGTーRが、いくら逆立ちしても、ポルシェの築き上げたブランドを覆すことは出来ない。

あと、100年経っても難しいかもしれない。

ニッサンが、マーチからフーガまで、フロントデザインを統一するなんてことは、有り得ない話だ。

また、50年間、同一のデザインモチーフを継続することも、現実的な話ではない。

節操のない日本企業が、そんなヘンタイなことをやるわけがない。

いや、世界のどんな自動車メーカーでも、そんなことは不可能だ。

誰もがそう思い、それを疑わないところが、既に、ポルシェマジックに目が眩んでいる証なのだ。

浮沈子が見るところ、ポルシェもフルラインアップを揃えた、普通の自動車メーカーになりたがっているようだ。

フォルクスワーゲン・アウディグループの高級スポーツカー部門を担う、戦略的な製品展開を推進してくるのだろう。

来年のルマンが、実に楽しみである。

予定調和で、ポルシェがワンツーフィニッシュなんかしたら、絶対に八百長(というか、出来レースというか)に決まっている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック