東京モーターショー(その66)カエル面2013年11月26日 18:43

東京モーターショー(その66)カエル面
東京モーターショー(その66)カエル面


画像の手前から、

・パナメーラターボSエグゼクティブ
・金髪のおねえさん(カメラ小僧のお目当て!)
・911の50周年アニバーサリーエディション
・911GT3カップ

3台とも、見事なカエル面である(おねえさんは、別!)。

よく見ると、ライトの角度が、微妙に違っているのが分かる。

奥の2台は同じくらいだが、パナメーラは、明らかに寝ている。

少々上目使いなカエルである(もちろん、適正照射範囲に調整してます)。

しかし、黒い隈取のデザインがうまくて、同じような印象を与えている。

パナメーラのボンネットについているキャラクターラインは、911にはない。

フロントにV8ツインターボを押し込まなければならない関係で、ボンネットの高さは、明らかにパナメーラが高く、また、その長さも長い。

(ポルシェな形)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2013/11/03/7035598

この写真では、ライトの角度までは良く分からなかったが、今回の画像では、その点が明らかになっている。

浮沈子が拘るのには、訳がある。

911に詳しい方なら、良くご存知の通り、カエルの目玉は、モデル毎に寝てきており、そのうちペッタンコになる可能性があるのだ。

実際、ポルシェは、924、928、944、968では、そのようにデザインした。

(ポルシェ・924:リトラクタブルで、目玉なし)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BB924

(ポルシェ・928:埋没した目玉)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BB928

(ポルシェ・944:リトラクタブルで、目玉なし)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BB944

(ポルシェ・968:埋没した目玉)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BB968

こんなのもある。

(ポルシェ・914)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BB914

(ポルシェ 930ターボ フラットノーズ)
http://enthu-kinki.com/enthucar/porsche/20130402porsche/

(ポルシェ・935:無敵のレーシングモデル)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BB935

でもって、人気が出なかった、996初期型。

(ポルシェ・996:涙目とか、腎臓型などと呼ばれた)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BB996

なんか、ポルシェであって、ポルシェでない。

記号としてのカエル面には、丸く飛び出した目玉が必要なのだ。

(空冷ポルシェの歴史)
http://www.prestige-tokyo.jp/air-cooled2.html

901、930、964までは、概ね同じだが、993になると、968のデザインの影響を受けて、フェンダーの形も変わり、カエル面も寝てくる。

ポルシェとて、商売だから、売れる車を作りたいし、それには記号性も必要だから、カエル面を継承するしかないが、デザイナーだって、フェラーリみたいにカッコイイ車を作りたいに決まっているのだ。

(フェラーリ:現行車種)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA#.E7.8F.BE.E8.A1.8C.E8.BB.8A.E7.A8.AE

カリフォルニア、458イタリア、F12ベルリネッタ、FF、ラ フェラーリのどれをとっても、誰が見ても、絶対に991よりはカッコイイのである(浮沈子の主観だけではないと、信じるしかないが)。

そして、次期モデルでは、また少し、目玉が寝てくるのだろう。

ポルシェの進化の歴史に、新たな1ページが加わる時、アウディのデザイナーが暗躍し、大口開けた吊り目のモデルが出てくるかもしれないのだ。

うーん、それって、ポルディとか、アウシェ、とか言うんだろうか。

この画像のように、モーターショーでカエル面を並べて撮れるのも、今のうちかもしれないと思うと、何ともいえない寂寥感が漂う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック