さもなくば「無」2015年04月09日 21:17

さもなくば「無」


ロケットを打ち上げるのに掛かる日数というのは、何がネックになっているんだろうか。

(スペースXのドラゴン補給船6号機、4月14日に打ち上げ)
http://response.jp/article/2015/04/07/248498.html

「4月14日午前5時33分頃(日本時間)ケープカナベラル空軍基地40番射点から打ち上げられる」

(SpaceX CRS-6)
http://spacexstats.com/mission.php?launch=22

「Counting down to 13 Apr 2015 20:33:00 UTC.」

まあ、これはいいんだが、次の打ち上げ予定というのが10日後である。

(TurkmenÄlem 52E)
http://spacexstats.com/mission.php?launch=23

「Counting down to 24 Apr 2015 UTC.」

時刻未定だが、ずれても1日だろう。

この衛星は、3月に打ち上げるはずが、ロケットの不具合で繰り延べになった。

その日程が、詰まっている。

ISSへの補給機を打ち上げた後も、ドッキングするまでは2日くらい掛かるし、その後も対応が必要になるかもしれない。

さらに、補給機打ち上げの際には、第1段ロケットの回収も試みる。

「Will attempt a barge landing on ASDS.」

(Autonomous spaceport drone ship)
http://en.wikipedia.org/wiki/Autonomous_spaceport_drone_ship

今回も、洋上のハシケに降ろすようだな。

まあ、こっちはどの道、別動隊がやってるんだろうが、打ち上げに使用するロケットの組み立てとかは、時間が掛かるんじゃないのかあ?。

(打上げまでの流れ)
http://h2a.mhi.co.jp/service/line/

「出荷前審査会を終えると、打上げ約1.5ヶ月前に発射場に向けて出荷します。」

三菱の場合は、1か月ほど掛けて組み立てや点検を行い、カウントダウンに入るわけだ。

ファルコン9は、過去に2週間という記録がある。

(ファルコン9:打上げ記録:13号機参照)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B39#.E6.89.93.E4.B8.8A.E3.81.92.E8.A8.98.E9.8C.B2

「9月20日の打ち上げ予定を悪天候により1日延期。前回の打上げからわずか14日の準備期間で打ち上げを実施。」

今回、10日の準備期間で上がれば、記録更新ということになる。

(イプシロンロケット:組立の簡素化)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88#.E7.B5.84.E7.AB.8B.E3.81.AE.E7.B0.A1.E7.B4.A0.E5.8C.96

「射場作業日数(第1段射座据付から打ち上げ翌日まで):7日」

おおっ!、1週間じゃん!!。

勝ったね!(ただし、イプシロンの2機目が上がる気配はないけどな)。

まあ、どうでもいいんですが。

射場での組み立ての一部を、工場で行うということらしい。

「一体に組み立てた状態で射場に搬入することで、射場作業を簡素化する。同様に、第2段以上もできるだけ工場で組み立てて搬入する。」

ファルコン9も、この辺りを簡素化して、打ち上げ準備日数を減らしているのかもしれないな。

もっとも、予定通りに上がることはめったにないので、実際の打ち上げについては、話は別だ。

この記事は、昨日ここまで書いていたんだが、今日になってニュースが出ている。

(欧州ロケット:「アリアン6」1号機、20年に打ち上げ)
http://mainichi.jp/select/news/20150410k0000m040039000c.html

(次期国産ロケット、史上最大に…コストは半減)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150409-OYT1T50055.html

(衛星打ち上げ 欧州企業が日本でアピール)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150409/k10010043101000.html

ここで話題になっているは、アリアン6と次期国産主力ロケット(H3と略す)、そして我らがファルコン9(非国民・・・)。

(アリアン6)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B36

「軌道投入能力:
・静止移行軌道:5 - 10.5 t」

(H-IIIロケット)
http://ja.wikipedia.org/wiki/H-III%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

「軌道投入能力:
静止移行軌道:2,100 - 6,500 kg」

(ファルコン9)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B39

「軌道投入能力:
静止移行軌道 4,540 kg(v1.0)、4,850 kg(v1.1)」

これだけを見ると、ファルコン9は大したことないが、他の2つは開発中だし、スペースXは、今年中にもファルコンヘビーを打ち上げる予定だ。

(ファルコンヘビー)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%93%E3%83%BC

「積載量:
ペイロード(GTO):19,000 kg」

破格ですな。

話にならない。

値段次第だが、アリアン6もH3も50億円くらいを目指しているんだろうが、重量当りのコストに換算したら、おそらく勝負にならないだろう。

静止衛星の超寿命化で、打ち上げ重量があがってきているというが、電気推進の衛星が普及してくれば、むしろ軽くなるんじゃないのか?。

アリアン6も、H3も、無駄な能力に開発費を掛けようとしている可能性がある。

また、ファルコン9とファルコンヘビーの打ち上げ能力には大差があって、この間を埋めるロケットの計画はない。

だが、そうなんだろうか?。

スペースXは、ロケットを回収して再使用することを目指している。

ファルコンヘビーのブースターの燃料を減らして、そんなもんはいくらでも調整できるんじゃないのかあ?。

まあいい。

どのみち、アリアン6とかH3が出来上がるには、最低でもあと5年が掛かるわけで、その間に、ファルコン9の改良が行われないことを祈るしかないな。

この手の話には、遅れがつきものなので、格差はもっと広がるかもしれない。

また、当然、ロシアや中国の次期主力ロケットや、大穴のインド、さらに大穴のイランや北朝鮮(!)も含めて、衛星ビジネスに参入すると思われる国は枚挙に暇がない(いずれも、打ち上げ実績あり)。

本家の米国だって、スペースXだけが民間企業というわけではない。

(ブルー・オリジン社、「BE-3」エンジン試験を完了 今年中にもロケット打ち上げか)
http://www.sorae.jp/030707/5487.html

「ブルー・オリジン社は米国時間4月7日、サブオービタル機「ニュー・シェパード」に装備されるロケットエンジン「BE-3」の受領試験を完了したと発表した。」

「同社によれば、将来的にはBE-3を、他のロケットの上段エンジンとしても使用したいという。」

NASAの資金に頼らずに、自前でロケット開発を行う企業もあるのだ。

爆発炎上したオービタル社や、老舗のボーイングなど、ロケットを打ち上げたい会社はゴロゴロある。

今後のことはわからないが、需要が減ることはないだろうし、競争は益々激化するだろう。

ファルコンの再使用ロケットが実現すれば、少なくとも衛星打ち上げ市場には、大激震が走ることになる。

100分の1とかのコストで打ち上げられたら、勝負にならない。

ファルコンか、さもなくば無だな。