読書の春2015年04月10日 07:04

読書の春


スーパーカー誕生(重版)を買ってきた。

(スーパーカー誕生(重版))
https://daikanyama-ec.tsite.jp/tsutaya/248/7439/

沢村慎太郎の著書であり、820ページ(本文740ページ、索引・年表・参考文献53ページ、あとがき他27ページ)に渡る大著である。

うーん、何ともいえない重さだな(重さかよ!)。

スーパーカー世代とは、ちょっと距離がある浮沈子は、余りのめり込んではいなかったが、逆に、カッコと性能に憧れていた世代の方が今読むと面白いのかもしれない。

ああ、そういうことだったのか、と。

忽然と現われた「スーパーカー」という代物が、まるで、手品の種明かしのように、実は当時の社会や自動車産業の思惑の中で、半ば必然的に生まれ、消えていったということが判る。

「半ば」と断るのは、そこに技術者や作り手の情熱が溢れているからである。

単に、一発当てて金儲けしたいとか、マーケティングや企業イメージ作りのためのツールとしてではなく、この技術を生かしたクルマを作りたいとか、自分の名前を冠したクルマを世に出したいとかいう、まあ、自己実現的、個人的欲求の発露としての存在でもあったわけだ。

スーパーカーの故郷ともいえるモデナが、なぜそれらを生み出すことが出来たかという背景も記されている。

この辺りは、もう少し掘り下げて欲しかったな。

まだ、途中までしか読んでいないが、スーパーカーを切り口にして、当時の自動車業界の一端を知ることも出来る。

スーパーカーが、レーシングカーにウインカー付けただけのクルマではないことも判る。

高性能車としてだけではなく、それを買うことが出来る顧客が乗る高級車としての「性能」も満たさなければならない。

ただ、尖ったクルマ(性能もカッコも)を作ればいいというものではなかったわけだ。

オイルショックや環境問題、ヨーロッパと北米を股に掛けたコラボレーション、作り手や技術者の栄光と挫折(まあ、挫折の方が多いんですが)。

著者自身がいうように、歴史の縦糸と横糸を織り交ぜて描く壮大な物語である。

大著ではあるが、おそらくもっと書きたかったに違いない・・・。

浮沈子は、前半では、シトロエンSMに興味を持った。

(シトロエン・SM)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%BBSM

「SMはDSのボディ構造をベースとして2ドアボディを架装し、当時シトロエンと提携関係にあったマセラティ製のV型6気筒DOHCエンジンを搭載した前輪駆動の高性能クーペである。」

「この車は量産高性能クーペという側面よりも、当時は不可能とされていた「前輪駆動で200km/hを超える」車を目指した実験車としての要素が強い。」

「油圧系のホースが取り巻く独特なエンジン周りの整備には、経験豊富な熟練メカニックの卓越した手腕と知恵、そしてオーナーの情熱が不可欠である。」

オーナーの情熱=出費ということだな(浮沈子は、良く分かります!)。

マセラティ・メラクとの関係もあるが、スーパーカーを作り上げるという意味で、当時のシトロエンの若き技術者たちの情熱が感じられるクルマだ(ちょうど、世代交代の時期に当っていたという)。

(マセラティ・メラク)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%82%AF

「マセラティ・ボーラの弟分的存在として、ボーラをベースに当時のマセラティの親会社、シトロエンと共同開発された。」

「メーターパネルはシトロエン・SMから流用され、エンジンはマセラティからシトロエン・SMに供給されていた」

(マセラティ・ボーラ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%A9

「マセラティは1968年、当時親会社であったシトロエンからの提案を受け、ランボルギーニ・ミウラに端を発したスーパーカーの条件とも言える『ミッドシップ・2シーター・スーパーカー』というコンセプトを踏襲し、プロトタイプティーポ117(Tipo117 、後のボーラ)を制作。」

「1971年のジュネーヴ・モーターショーでボーラとして発表、マセラティ初のミッドシップ2シーターとなる。」

まあ、関連するクルマを引用していくと、沢村氏の本に登場するクルマを全部書かなければならなくなるかもしれない。

それ程に、当時、スーパーカーを世に出すために尽力した人と技術の繋がりは深い。

レーシングカーをロードカーにするということとは、全く異なるアプローチだったということを知っただけでも、浮沈子には価値がある。

また、エンジンをリアミッドに積むという構成が、どれ程市販のロードカーにとって困難を極めることであるかを知った。

今(というより、史上)、最も売れているMR車といえばポルシェのボクスター/ケイマンだろうが、少し見方が変わったな。

また、ホンダのS660(えすろくろくまる)の存在意義というのも改めて考えてみる必要がありそうだ。

読書の春。

読了後、また書く。

クロスアイ2015年04月10日 22:54

クロスアイ


疎開先に所用があって、下道を往復2時間余り転がす。

500Eに履かせたGR-XI(クロスアイと読ませたいらしい)の音を聞きながら走る。

(REGNO GR-XIは、レグノ ジーアール クロスアイって読みます!!)
http://minkara.carview.co.jp/userid/2160915/blog/35114314/

そう、わざわざ窓を開けて!。

225/55R16 95Vとショボイタイヤだが、500Eの純正ホイールなので仕方ない。

一時18インチを履かせて、ブレーキもバージョンアップしようかとも考えていたが、これでいいや・・・(軟弱!)。

左後輪のブレーキパッドが当っているらしく、低速で擦る音がする。

いつか、調整してもらおう。

舗装の状態によって、タイヤの音が変わる。

高音域の気になる音ではないが、それなりに音はしている。

状態のいい舗装でも、音自体が無くなるわけではなく、不快な成分をカットしている感じだ。

500Eは、法定速度で下道を流している分には、基本的に静かなサルーンである。

そのゆるゆる回るエンジンの音が聞こえる。

ロードノイズのうち、タイヤによる音が低減されているので、その他の様々な音が聞こえてくる。

後ろを走るトラックのエンジン音、道端で工事している人の話し声・・・。

静けさというのは、相対的なもので、大きな音だから聞こえるというわけではないらしい。

人間の耳が選択して、聞こえる音を選んでいるんだそうだ。

タイヤの音を聞こうとしているのに、その他の音が良く聞こえてくる。

暫く走って、納得して窓を閉めると、少し篭るような低音が聞こえてくる。

それが気にならないわけではないが、タイヤの発する音であることは確かだ(止まると消えます)。

絶対的な音量が小さいだけに、余計気になるのかもしれない。

困ったもんだ。

先代のGR-XTで問題になったサイドウォールの弱さについては、全く感じられない。

比較したわけではないが、その点で不満はない。

切ったら切っただけ、素直に曲がる。

タイヤがグニャリと腰砕けになるようなことはない。

もちろん、スポーツタイヤのように、1ミリ単位で路面を捉えるようなリニアさを期待してはいけない。

昔300Eで履いたピレリ(銘柄は忘れました)は、音はそれなりにしてたが、その辺りのヒリヒリするような感覚は秀逸だったな。

まあ、そういうクルマじゃないんで。

疎開先では、放逐された03ボクスターに少しだけ乗ってやる。

もちろん、オープン!。

少し寒かったな。

サイドウインドウを上げて、シートヒーターと暖房をガンガンに利かせて走った。

こういうクルマは、タイヤが路面を掴んでいる音が必要だ。

それはノイズではなく、効果音(?)である。

演出としてのロードノイズが欲しい!。

無音ではつまらん・・・。

(【ブリヂストン レグノ】初の女性リーダー、レグノ開発「社内の期待度高かった」)
http://response.jp/article/2015/04/06/248430.html

「このレグノは、今のトレッドパターンに決まるまで、ふたつの軸のパターンがあって、並行して開発していたんですね。ひとつは、新しい考えを取り入れた斬新なパターンで、“これが世の中に出たら、みんなビックリするだろうな”って思ってました。ただ、技術的なハードルが高くて、中間評価の段階で、“こちらは時期尚早”とボツになってしまいました。」

なんか、妙な期待を抱いてしまうな。

タイヤなんて、走れれば何でもいいやなどと、罰当たりなことを日頃から考えている浮沈子は、たまにはこういう記事を読んで足元に思いを馳せなければなるまい。

最近は、エコだとかいって、転がり抵抗を低減するパツンパツンのタイヤが流行っているようだが、その辺は適当にして、静けさ、乗り心地、操縦性などの性能に注力してもらいたいな。

残念ながら、500Eが次に履くタイヤはレグノではない。

このタイヤは、せいぜい1年くらいしか履かないだろう。

暫くの付き合いということになる。

ピレリか、それともミシュランか。

はたまた、コンチネンタルか。

履き替えたばかりなのに、もう次に履くタイヤのことを考えてしまう。

レグノが悪いわけでは、もちろん、ない。

静かで、乗り心地良く、運転しやすい。

何が不足なんだあ?。

別にそういうことじゃなくって、いろいろ履いてみたいだけ。

乗り味がどう変わるか。

レグノと比べてどうなのか。

500Eのタイヤとして、どうよ?。

レグノは、もちろん、合格だろう。

高速でブッ飛ばしたわけじゃないから、その辺は不明だが、必要にして十分だ。

耳を澄ませて、足音を聞きながら、走る。

そんなことは滅多にない。

今日は、そんなドライブだった。