スピード692015年07月30日 21:06

スピード69
スピード69


(Ebola Situation Report - 29 July 2015)
http://apps.who.int/ebola/current-situation/ebola-situation-report-29-july-2015

更新を1週間サボった。

夏バテなので、仕方ない(あんま、関係ないんじゃね?)。

リベリアの再感染は、一応収まったような感じだな。

(エボラ新規患者数が最少に、過去1年で 一部感染再拡大の恐れも)
http://www.afpbb.com/articles/-/3055934

「西アフリカで大流行を起こしたエボラ出血熱の1週間当たりの新規患者数が、過去1年あまりで最少になったと発表した。」

「その一方で、シエラレオネでは深刻な感染が再発する恐れがあると述べ、依然として予断を許さない状況にあることを明らかにしている。」

散発する感染を抑えきれない情況に、イラついている。

(あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む)
https://www.shigureden.or.jp/about/database_03.html?id=3

画像のグラフは、今回の感染の様子を俯瞰するのにちょうどいい。

これから先も、ロングテイルが続くだろう。

半年とか、1年とか、そのくらいのスパンで見たほうがいいのかもしれない。

「垂れ下がった山鳥の尾羽のような長い長いこの秋の夜を、離ればなれで寝るという山鳥の夫婦のように、私もたった一人で寂しく寝ることになるのかなあ。」

柿本人麻呂ではないが、長い長い尻尾に悩まされることになる。

だが、感染者が減少していることは好ましい傾向だ。

ギニアでは、この1週間に4人となっている。

このまま、終息に持ち込めればいいんだがな。

新規発生者が、コナクリ周辺に限られてきている。

感染ルートを特定しやすくなっているのかも知れない。

しかし、コナクリは曲者だな。

都市部での感染は、一筋縄ではいかない。

シエラレオネも、その辺を懸念しているんだろう。

最後の詰めの段階にきているが、ウナギのようにするりと手から抜けていってしまうかもしれない。

ウナギもシーズンだしな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック