妄想CCR2016年10月03日 06:00

妄想CCR


部屋に戻って、寝ころびながら打つ。

ちょっと技術が要るが、不可能ではない。

夕方、うつらうつらしながら、夢を見た。

サンクタムに出てきた減圧停止用のバルーンのようなステージにいる。

ドライな環境は嬉しいんだが、CCRのレギュレーターを口から離すことは出来ない。

マスクも着けたままだな。

まるでプレブリージングしているように、じっとして減圧停止する。

映画とか観ながら暇つぶしできるといいな。

しかし、決して声を出してはいけないと、仙人から言われている。

映画では、馬になった両親が、鞭で打たれている。

「お前さえ良ければ、私たちはどんな目にあってもいいんだよ。」

「お母さん!。」

目が覚めたが、もちろん、仙人などはいない。

アンテロープの屋根裏部屋の傾いた天井があるだけだ・・・。

ろくでも無い夢だな。

どっから杜子春になっちまったんだあ?。

まあ、どうでもいいんですが。

潜水ベルの内部が、実際にどうなっているのかは知らないが、大量の呼吸ガスを送り込んで換気するか、CCRのように酸素を足して二酸化炭素を除去しなければならない。

長時間の空気減圧は効率が悪いので、最終減圧では純酸素になるんだろう。

時々、エアブレイクも必要だ。

そうであれば、CCRのマウスピースを咥えている必要はない。

ちなみに、CCRでは、マウスピースを咥えたままでも、ある程度の会話は可能だ。

杜子春は、仙人が掛けた術から醒め、人生で何が最も大切かを知ることになるが、浮沈子は、どうしたらCCRで浅いところでホバリングが出来るかを考えているだけだ。

全く進歩がない。

一番単純なのは、ボートから潜降索を降ろしてもらって、それに掴まることだな。

実際、減圧バーというのがあるそうだ。

まあ、ボートがいなかったらどーするとか、いろいろあって、中性浮力で減圧停止するトレーニングが必要なのかもしれないし、フロートが上げられなかった時のことも考えておかなければならないしな。

スキルとしての必要性というよりは、トレーニングの一環としての意味合いの方が大きいんだろう。

それが、最大のストレスになり、サンクタムと杜子春が合体した夢になった。

やれやれ・・・。

イントラは、限りないスキルを要求する。

イザというときに、それが命を守るからだ。

また、ストレス耐性を向上させることが、パニックに陥らないための一つの方法だと考えている。

減圧ダイビングは、ある意味、作業ダイビングよりも過酷な環境で潜る。

高圧酸素療法が実施できない環境で潜ってるわけだしな。

作業ダイビングは、一定の確率で減圧症が発生することを許容しており、その対策も含めた潜水計画を立てる。

レジャーダイビングも、基本は同じだが、テクニカルダイビングは、そのリスクを受け入れる所から始まる。

ヤクザな遊びなのだ。

まともなダイバーのやることじゃない。

ヘンタイ、オタク、変人、奇人の類だ。

そんなリスクを侵さなくても、いくらでも楽しいダイビングは出来る。

変な夢見なくていいしな。

どれだけスキルを磨いても、事故で死んだり、重い後遺症が残る可能性をゼロにすることはできない。

リスクを減らすために、身体を鍛えたり、普段から健康的な生活を心がけたり、適切な器材を選択しても、ゼロにすることは不可能である。

浮沈子は、ここではダイビングのスキルを教わっているが、それ以外にもテクニカルダイバーとして、やるべきことは山のようにある。

それをやるかどうかは、本人の問題だ。

大酒浴びてたらふく食い、煙草を吹かしてコーヒーをがぶ飲みして潜ることもできる。

酒とたばこは止められたが、過食とコーヒーは続いている。

本人の問題だから、それでいいというわけにはいかない。

それが原因で死屍累々になれば、指導団体として、商売が成り立たなくなる。

さりとて、個人の生活にどれ程関与するかということになれば、限界があろう。

難しいところだ。

だから、リスクを理解させて、指導団体としての役割を終える。

教えて、理解して、そこから先はダイバー個人の問題と突き放す。

そうしなければ、商売として成り立たないのだ。

スキルだけでは解決できない、様々な問題・・・。

年齢というのもあるしな。

いやな話になってきたな。

いつまで潜っていられるのか、いつになったらテクニカルダイバーになれるのか。

2本の曲線が交わる年齢が近づいてきている。

いや、永遠に、交わることはなかったりして!。

まあ、それはそれで仕方ない。

静かにCCRを降ろすだけだ。

重いしな。

そっと置こう。

しかし、その前にやるべきことは多い。

今は、ろくでもないことを考えずに、目の前にあることに集中すべき時だ。

夢から醒めたら、さっさと忘れてしまうのがいいだろうな。

ダイバーと死2016年10月03日 07:57

ダイバーと死


生きている限り、いつかは受け入れなければならない死。

なるべくなら、日常的には遠ざけておきたい究極のイベントだな。

ランドツアーの時に、葬式の車列に紛れ込んでしまい、道草を食ってしまったが、そんなことでもなければ考えることは少ない。

しかし、ダイビングを行う以上、それが死の危険を伴う遊びであることを考えれば、考えないわけにはいかない。

昨日も、亡くなったダイバーの話が出た。

そういう話題は、なるべく表に出したくないだろうし、特に、お客さんには聞かせたくない話のはずなのだが、浮沈子は、そんな目では見られていないんだろう。

これまでにも、死亡に繋がるダイビング事故のことは何度か耳にしたことがある。

セブでも、ロタでも、亡くなった方はいた。

モアルボアルでも聞いた(ちょうど、行っている時)。

ダイバーである限り、綺麗、楽しい、面白いだけの世界でないことは、覚悟しなければならない。

その自覚がなければ、ダイビングなどという死の危険が伴う遊びなんか、するべきではないのだ。

だから、そうならないために、器材のメンテをしたり、スキルを磨いたり、保守的なダイビングを心がけたりする。

体調管理、生活態度、無茶をしない、ルールを守る。

それだって、水中世界を覗き見る楽しみは、十分に味わえる。

我々は、水中世界の生き物ではないのだ。

そこは、元々、死の世界なのである。

CCRであれ、オープンサーキットであれ、あらゆる潜水器は陸上の呼吸を水中に持ち込んでいるに過ぎない。

水中で息が出来ているわけではないのだ。

環境圧潜水ということであれば、深度に応じた圧力が掛かっていて、体内には、陸上とは異なるガス吸収がされていく。

そのこと自体が、重大な事故や、死に繋がるリスクを孕んでいる。

ダイビングを他人に強制すれば暴行罪、それで傷害を負わせれば傷害罪、死に至らしめれば殺人罪だ。

どんなダイビングも、強制することは出来ない。

自らの意思で、自らの責任において潜る。

ダイビングツアーを主催するショップやサービスに、故意や重大な過失がない限り、その結果についてはダイバー自身が負わなければならない。

それがいやなら、ダイビングなど行うべきではない。

陸上にだって、空の上だって、楽しいことはたくさんあるのだ。

水泳だって、危ないしな。

プールで、ライフジャケット着けて、仰向けに浮かんでいるくらいがちょうどいいかも。

浮沈子は、大井町のフィットネスで泳ぐときは、基本的にビート板を持って泳いでいる。

何かあれば、背の立つ水深であっても、浮力体があるほうがいい。

単に、水泳が下手くそなだけだけどな。

まあいい。

ダイビングに、死はつきものだ。

しかし、人間は、それでも潜ることを止めない。

日常を離れ、浮遊感を味わい、水中でなければ見ることが出来ないものを見るために、今日も潜る。

神が与えたもうた陸棲の身体に、潜水器という人が作りしものを纏い、死の危険を賭して潜る。

今朝は、アンテロープの飼い犬(?)であるUMI(♀)とPOTATO(♂)が放し飼いになっている。

浮沈子が犬が嫌いという話は伝えてあるので、スタッフも気を使っているが、たまには放してやらなければならないんだろう。

UMIは、良く吠えていたが、今回は大人しいな。

体調でも悪いんだろうか?。

ポテトは、相変わらず大人しい。

吠えているところを見たことがない。

カヨさんがいなくなって、ちょっと寂しい気がする。

他の日本人スタッフには、まだ馴染めないのだ。

浮沈子は、こう見えて人見知りである。

このアンテロープでの生活は、浮沈子的には実に快適で、ストレスがない。

穏やかで、アットホームな温かい時間の流れを味わう。

死の危険を感じることのない、人間の棲む陸上の世界だ。

もちろん、人間はいつか死ぬ。

そして、概ね、陸上で天寿を全うして死ぬ。

ダイバーの死は、一部の酔狂な人間の死に過ぎない。

それは、ある意味で、自ら選び取った死である。

もちろん、誰も、水中で死にたいと思ってダイバーになる者などいない。

しかし、人生の時間の一部を水中ですごすことを選んだ以上、そして、その世界が人間にとって死の世界である以上、それは常に傍らにある。

さて、そろそろ、死神とバディを組んで、潜りに行くとするか・・・。

CCR(8日目)2016年10月03日 16:01

CCR(8日目)


DD前の特訓。

本日のお題は、足を止めろ。

トリムの微調整が続く。

2本目は肩のウエイトを左右3ポンドずつにして、概ね6mでのトリムを完成させる。

15mでは裏返しだ。

シーガルの浮力が無くなるので、トリムが崩れる。

BCの空気の溜め方を調整しなければならない。

左右のバランスは、くそ重いマンタのリールを付け替えて調整した。

これは、今後の課題だな。

明日は、沈船。

イントラによれば、今までで最も安定したダイビングだったとのこと。

その気にさせておいて、明日のダイビングで、また、狭いところに連れ込もうという魂胆は見えている・・・。

2時には片付けも終わったので、少しトレーニングについて話す。

トライミックスレベルのダイビングが、如何にリスキーであるか、そのためのスキルが、どれ程重要であるか。

こりゃあ、お墨付きを頂くのは、並大抵ではないと覚悟を決める。

止まれて、ボーっとしているだけが能ではない。

次々と起こる(かもしれない)トラブルの連鎖、それも、一番起こって欲しくないところで思いっきり起こる。

それに、平然と対応して、かつ、安全にダイビングを続け、必要な減圧をキッチリ行い、余裕をもって浮上する。

それを、いつ、いかなる状況においても、確実に実行する。

器材のトラブルだけではない。

海況の変化、身体の変化など、トラブルの種は山のようにある。

深度が深くなるということは、それらの要因をより多く抱え、ダイビング時間の長期化、それに付随するトラブルの増加も出てくる。

それに加えて、オペレーションは複雑化し、それに伴うミスの可能性が増える。

一つのミスが、次のミスを誘発し、短いサイクルの中で止まらなくなる。

トラブルの連鎖だ・・・。

そして、最も危険なパニックという陥穽に嵌る。

どれだけトレーニングし、どれだけスキルを身に着け、どれだけ装備を充実させていても、パニックになればそれらを活用することは出来ない。

最も行ってはならない行為に走ることになる。

浮上だ。

目に見えない天井を破って、浮上してしまう。

何千回潜っても、パニックは起こる。

そのストレスを、そもそも誘発しないためのトレーニング、仮に、ストレスが高じても、相当程度冷静に対応できるストレス耐性。

それら全てを身に着けて、初めてヘリウムが吸える・・・。

OK。

そのために必要なトレーニングを続け、そのためのスキルを身に着け、ストレス下でパニクらない耐性を養おう。

と、その舌の根も乾かないうちに、今夜の食事会の打ち合わせになった。

ちっと、気分転換も必要だしな。

加藤先生も同行できるというので、新規店舗の開拓(浮沈子にとって)に乗り出すことにする。

オープンサーキットのホバリングでは、足を止めるためのキーワードは、完璧なトリムだった。

CCRでも、それは同じだ。

ウエイトの位置、バランス、そして、BCのエアの溜まり具合の調節。

もちろん、完璧な静止にはなっていない。

10cm位の上下は出ている。

その振動の振幅を小さくし、周期を長くするしかない。

そのためのトレーニングはこれからだ。

浮力変化を感じてから対応したのでは、CCRでは完全に手遅れだ。

先の先を読んで、必要最小限の修正を掛け続けなければならない。

1.3でも、6mでは何とかなった。

0.7なら、3mでも大丈夫。

まあ、これは、某伊豆のスイミングプールでも出来ていたしな。

2本目に浮上したら、ちょうどダイビングボートが岸壁に着岸するところだった。

やっば!。

挟まれて、お陀仏になったら、絶対化けて出てやる。

まあ、どうでもいいんですが。

階段の下の踊り場に、必死に滑り込んだ。

間一髪だな。

こういうトラブルは、想定の範囲内だ。

そのために、イントラはマーカーブイを打ち上げて引っ張っている。

エキジットするときには、イントラが先に上がって、浮沈子のベイルアウトタンクを受け取る手はずになっているので、ボートはダイバーが全員上がったと勘違いした様だ。

やれやれ・・・。

こういう時には、ど派手のオレンジ色のシーガルのウエットスーツが役に立つわけだな。

水面近くにいれば、下手なマーカーブイよりも目立つ。

というわけで、6mでのトリムは、ほぼ制した(ホントかあ?)。

水底でのトリムの調整については、明日朝のBCの調整と、2ポンドのウエイトベルトでの調整に期待しよう。

コーブ2016年10月03日 22:24

コーブ


ロイヤルリゾートの隣に出来た、コーブというホテルの1階にあるレストランで、イントラと加藤先生と会食。

あまりシリアスな話はせずに、とりとめもない雑談を楽しむ。

味は悪くないし、値段もリーズナブルだが、ビータよりはランクが落ちるな。

が、テンダーロインステーキの味は、パームベイより美味しい。

惜しむらくは、食後に頼んだエスプレッソで、これだけはパームベイが美味しい。

最終日には、フィッシャーマンに行く予定でいる。

CCRの話もした。

このブログに寄せられたコメントを紹介して、浅い深度での減圧停止の方法についてイントラに聞いてみた。

やはり、酸素毒性との絡みで一長一短があり、方法は人それぞれだろうが、教える立場としての基本は、PO2のコントロールはCCRに任せて、人間は浮力調整に専念すべきというコンサバな回答。

まあ、そういうと思ったがな。

ただ、いろいろな方法を試してみるというのはいいことだともいわれた。

テクニカルダイビングに、絶対の正解はない。

あるのは、絶対の間違いだけだ。

幸い、6mでのトリムに目途が付いて、減圧停止のシミュレーションも何とかなりそうなので、とりあえず、今回はスタンダードな方法でがんばってみる。

いやはや、誰が読んでいるか分からないので、迂闊なことは書けないな。

コメントいただいた方には、この場をお借りしてお礼申し上げる。

応援していただけるというのは、実に嬉しい。

励みになるしな。

イントラに隠れて、ちっと酸素足してみっかあ?。

まあいい。

潜降時に、ローセットポジションからハイセットポジションに切り替える際には、直前に軽くマニュアルインフレーターから酸素を送り込んでおくということは、たまにやっていた。

最近は、それさえも面倒くさがって、鼻からの排気だけで済ませている。

潜降速度や、目標深度にもよるが、それで特に問題がなければ、わざわざ手間掛けたりはしない。

セブでトレーニングしていた時には、よくエラーを吐いていたんだが、ソフトウェアのバージョンが変わったからか、最近はポジションの切り替えでは、エラーは出なくなったということもある。

早いとこ、自動中性浮力制御装置が出来るといいんだがな。

その場合だって、トリムは自分で取らなければならないだろう。

そして、人の作りしものは全て、いつか壊れる運命にあり、そういう時でも安全にダイビングを行うための修練では、そんなもんを使わずに中性浮力を取る練習に明け暮れるわけだから、結局は同じことだ。

CCRに上手いやり方はない。

地道な練習を積み重ねて、スタンダードなスキルを身に付けるしかないんだろう。

その上で、自分独自の方法を追求するとのは構わない。

明らかに誤った方法でない限りは、何でもアリだからな。

浮沈子は、潜降の時以外では、オートディリュエントバルブを閉じてしまっている。

一つは、予期せぬディリュエントの流入を避けて、ミニマムボリュームの維持と、酸素の節約を図るためであり、もう一つはヘリウム混合ガスの運用に対応するためである。

ADVの操作に慣れていれば、オンボードのガスを使っているうちは、同じことだろうし、マニュアルインフレーションボタンを押す手間がない分、楽ちんなわけだが、敢えて、そのようにはしていない。

ポセイドンは、ADVを作動させないわけにはいかんだろうしな。

ヘリウム混合ガスを使うときには、慎重に呼吸しなければならんな。

まあいい。

浮上の際に、ローセットに切り替えてからは、逆にADVを開けている。

もう、減圧停止は終わっているわけだし、ここから浮上までの間に溜め込む窒素なんて、高が知れている。

別に、開けなくてもいいんだろうが、ここからケチケチしてもしょうがないのと、深度調整に失敗して墜落した時の用心ということもある。

この辺りも、人によって、運用が異なるところだろう。

浮沈子のやり方が最適かどうかは分からない。

ただ、そうやって運用しているというだけに過ぎない。

今後、その運用が変わるかもしれない。

誰だったか覚えていないけど、ダイビングには、正しいやり方、間違ったやり方、俺のやり方というのがあると聞いたことがある。

まあ、殆どのダイバーは、俺のやり方で潜ってるんだろうな。

それが、明らかな誤りでない限り、問題になることはない。

しかし、認定を与える際には、正しいやり方が出来なければダメということになる。

減圧停止で、マニュアルインフレーションボタンから酸素入れてコントロールして、イントラが認定するかどうかはビミョーなところだ。

さて、明日はボートダイビングの予定だが、乗り合いになることはない。

浮沈子貸切になるか、ボートが出ないかのどちらかだそうだ。

出るとしたら、デイドリームのスタッフが、また何人か同乗することになるんだろう。

お店では、沈船ダイビングに力を入れていて、多くのスタッフに経験を積ませようとしているようだ。

浮沈子は、図らずも、その方針に協力していることになる。

DEMAショーにも出店して、ワールドワイドで周知を図ろうとしている。

世界中から沈船を見にやってくるお客さんが増えるといいな。

そうなると、ボート貸し切りとか出来なくなるだろうな。

お客一人に、スタッフ5人とかいう超贅沢なダイビングは望めなくなる。

まあ、イントラ以外は、浮沈子には目もくれずに潜ってるだけだがな。

寝ころびながら打ち込んだので、テキトーな記事になった。

食堂に行って、アップしてから寝るとしよう・・・。