猫のいる食堂で2016年10月09日 05:17

猫のいる食堂で


テーブルの下で猫が足を舐めている。

真夜中の食堂(サマーハウス)は、猫の天下だ。

今日は、一匹だけで大人しくしている。

時には、テーブルの上に乗っていたりする。

ああ、もちろん、朝にはスタッフがちゃんと拭いているので大丈夫だろう(たぶん)。

夜中に、新しいお客さんが到着している。

4階の住人は、夕べまでは2日ほど浮沈子だけだった。

静かな晩だ。

風もないが、蒸し暑さは感じられない。

足を蚊に刺されなければ、快適なんだがな。

粉コーヒーを淹れて、啜る。

浮沈子だけの時間、いや、浮沈子と猫だけの時間が過ぎていく。

南の島の片隅で、かけがえのない時を刻む。

漁港に止まっている船のエンジンの音が聞こえている。

その他の音は、殆どがかき消されて聞こえてこない。

人の話し声や、ラジオの音楽が遠くから聞こえてくる。

雨が降り出した。

突然の雨。

その雨音と、雨だれの音がエンジンの音をかき消していく。

涼しい風が吹き始めて、気持ちいい。

夜中でも、煌々と明かりがついている食堂。

夜明け前の時間を、たった一人(と一匹)で過ごす。

音の世界に耳を澄ませる。

昨日、CCRが使えずに、BCをお借りして急遽ファンダイブに切り替えた。

今回は、SMS50は持ってこなかった。

慣れておくためにSMS100を借りて潜ったが、明日、明後日もファンダイブなんだから、SMS50を借りればよかったな。

それはそうとして、久々の海洋でのオープンサーキットだった。

吐く息も轟音なら、吸う息も轟音だ。

こんなにうるさかったのかと、改めて思う。

まあ、吸ってるうちに慣れてくるけどな。

この音にかき消されて、水中の音はマスキングされる。

耳の良い方なら、その轟音の陰に隠れた小さな音が聞き取れるのかもしれないが、浮沈子のやや遠くなってきた耳には無理だ。

オープンサーキットの呼吸音以外は、文字通り沈黙の世界になる。

雨音が小さくなり、まるであぶり出しの絵のように、船のエンジンの音が聞こえてくる。

マスキングされていた音が見えてきたのだ。

CCRは、もちろん無音ではない。

呼吸回路を流れる吸排気の音、マウスピース周りの逆止弁の音、回路に侵入した水があれば、ゴボゴボという音も聞こえる(ちゃんと、メンテしましょう!)。

マスククリアすれば、泡も出る。

浮上の際や、PO2が1.3で6mでの停止の際にも、怒涛の如く侵入しいてくる酸素との戦いで、泡を吐きまくることになる。

しかし、概ね、潜降中や、一定の深度下では、ほぼ静かな環境で潜ることが出来る。

今回、逆にCCRからOCに切り替えたことで、その辺りがハッキリ分かってくる。

今まで聞こえていた音が、轟音でかき消されてしまった。

OCでのダイビングは、魚たちの世界とはかけ離れている。

少なくとも、音についてはそう断言できる。

もちろん、人間の耳では、音の大きさの違いは分かるが、どちらから聞こえてくる音かは分からない。

その豊穣たる音の世界を味わっていたのだということに、昨日、改めて気づかされた。

雨はやみ、屋根に残った水が滴る音しか聞こえてこない。

エンジンの音が、ハッキリと聞こえて、夜明け前の食堂は元の静けさを取り戻す。

泡の出ない潜水器で、水中生物を驚かすことはないと宣伝されているCCRだが、OCを咥えてみて、一番驚いているのはダイバー自身だ。

轟々たる吸排気音のかなたに消えてしまった世界は、暫くは戻ってこないな。

オーバーホールにどのくらい時間がかかるかは分からない。

クリスマスのシーズンになれば、当然、メンテナンスは滞ることになるとイントラはいっている。

本国送りだからな。

英国病だしな。

ECからも離脱するっちゅうしな。

まあいい。

4月までに戻ってこなければ、テックサイドマウントの講習を、加藤先生に教わればいいだけだ。

そのつもりでいれば、イラつくこともない。

もし、CCRを使いたくなれば、ポセイドンで石垣かグアムに行けばいい。

深度調整の精度が少しは上がったので、ジタバタせずに潜れるだろう。

ああ、ポセイドンも、メンテしなければならんな。

当分は、OCでプール練習だな。

プールだったら、他の音が聞こえようが聞こえまいが、あんま関係ないしな。

いつの間にか、猫がいなくなっている。

屋根がミシミシいっているので、そのあたりにいるのかもしれない。

食堂は浮沈子だけになった。

CCRがもたらす水中の音の世界に思いを馳せながら、陸上での音に耳を澄ます。

どこかでニワトリが鳴き出したようだ。

夜明けが近い。

部屋に戻って、もう一寝入りしよう・・・。

サイドマウント2日目2016年10月09日 23:56

サイドマウント2日目


ダイビングが終わり、CCRをばらして洗浄し、アンテロープに運ぶ。

コンビニで買ったツナ缶とウインナーの缶詰を食べ、ココナッツジュースを飲んで爆睡。

夜10時まで、昼寝(?)する。

疲れる。

オープンサーキットは、身体がだるくなる。

ジジイにとっては、CCRとの決定的な違いだな。

夜の食堂で書いているが、外は雨になっていた。

昼間は、倒れる様な暑さだったが、涼しい晩になった。

今日も沈船。

あまつと忠洋丸。

あまつには水上のブイはないんだが、船尾に「水中ブイ」というのが打ってある。

今日は、水深5m程のところにあった。

もちろん、深度は潮汐によって異なる。

そこにガイドさんがマーカーブイのリールを結んで、それを視標にしてエントリーする。

左の耳が抜けにくく、2本とも苦労した。

2本目は忠洋丸。

エキジットの際に、カエルアンコウがいて、みんなでそれを撮っていた。

忠洋に行く前に、先日訪れた三座水上偵察機の確認に行く。

都留さんが、フィンとマスクで撮影していた。

他は、誰も潜らず。

今回の忠洋は、結果的に、今回のダイビングの最後の沈船となった。

明日は、沈船ボートは出ず、身体を休めるために、最終日はDD前で潜ることにした。

今更、ブルーコーナーでもあるまい?。

別に、それが悪いとか言っているわけではない。

初めて行った時は、いけすの中で泳いでいるような魚影の濃さにアットーされ、同時に激流でヘロヘロになった。

かんどーした。

その後、計3回行ったが、まあ、それで十分かな。

もちろん、行くたびに違う顔を見せてくれて、飽きさせないポイントではある。

激流がなければ、もっといいんだがな。

流れがないと、魚が出ない。

湾内の沈船は、澱んでいて、透視度を求める向きにはおススメではない。

沈船の中で、浮沈子が巻き上げた堆積物の後は、視界はゼロだ。

明日は、せっかくだから、フィンワークでも教わろうかな。

しかしな、この雨だしな。

DD前は、絶好の講習日和になるに違いない。

やれやれ。

CCRで12日潜り、OCで2日潜ったが、手間を別にすれば、CCRの方がはるかに快適だ。

もちろんダイビングにもよるし、一概に優劣は着けられないが、浮沈子は迷うことなくCCRを選ぶ。

シングルタンクのサイドマウントの気安さは、確かにあって、吸排気の轟音も慣れればどうということはない。

狭いところにも入れるしな(別に入りたくて入っているわけじゃないんですが)。

身体を縦にしないと通れないドアの隙間から中に入り、階段を通って、Uターンして出てくる。

浮沈子は、ペネトレーション出来ないので、そこまでだ。

今日は、設えを変えて、セカンドをクリップで止めるようにした。

オクトパスをネックリングに着けていたのだが、長さが長く、塩梅が良くない。

長い分を、左側の肩のDリングに付けることで解消できた。

快適。

ポケットパンツをはいて、その中にカメラを入れて潜る。

出して撮ることはない。

コンフィギュレーションを試しているだけだ。

カエルアンコウは撮っておけばよかったかもしれない。

まあいい。

忠洋は、近いし、いつでも来れるからな。

必死で潜った14日間だったが、明日はのんびりと締めのダイビングをしよう。

ボートの出航時間にあおられることもなく、いつでも好きな時に、好きなだけ潜れる。

SMS100では、肩に3ポンドのウエイトを左右1個ずつ付け、ウエイトベルトに2ポンド玉を3つ付けた状態で何とか潜れる。

もう2ポンド増やしてもいい。

今日は、2本とも残圧は70だったが、安全停止の最中は、浮きまくっていた。

2本目なんて、5分も安全停止させられて、大変だった。

バンジーが変なところに掛かってしまい、外すのに苦労したしな。

でも、オープンサーキットも楽しい。

吸えば浮くし、吐けば沈むというのは、CCRに慣れた浮沈子には、新鮮な体験だ。

浮力調整は、遥かに楽だ。

誰か、そういうCCRを作ってくれないかな。

まあ、どうでもいいんですが。

ウエイトベルトをずらして、軽くなるアルミタンクの浮力を相殺しようとしたが、6ポンドではカウンターウエイトとしては不足だった。

やっぱ、2ポンド玉4つ付けないとダメか。

明日はそれも試してみよう。

CCRでもOCでも、やることは沢山ある。

ダイビングに終わりはない。

サイドマウントに飽きたら、バックマウントもあるしな。

その本数が、一番少ないかもしれない。

狭いところに入らずに、そのまま潜って上がってくるだけなら、バックマウントが一番効率がいい。

最近は、ウエイトをBCのポケットに入れるタイプが流行りのようだから、ウエットスーツだけでボートからエントリーし、水面で着せてくれると有難いんだがな。

エキジットは、もちろん水面で脱いで、ボートスタッフに引き上げてもらう。

こっちは、世界で一番重い自分の体重を、ラダーで持ち上げるという重労働するわけだからな。

そのうち、それも引き上げてくれると、嬉しかったりする。

介護ダイビングだ。

殿様ダイビングの、遥か先を行く、未来のダイビングだな。

浮沈子の未来かあ?。

まあ、そうかもしれない。

そんなにしてまでダイビングしたいのか。

もちろん、自分で出来ることは自分でやった方が楽しいということもあるが、ダイビング自体が器材を使って遊ぶレジャーだから、そして、それは水中で使うものだから、水中か水面で着けるというのは逆に当然のような気がするんだがな。

浮沈子から見ると、水面で着るというのが標準になってもいいように思うがな。

でもな、バックマウントの水面脱着は、苦手だったしな。

着せてくれるのがいい。

・・・。

甘ったれんじゃねえ!。

しかし、今後の高齢化の中で、いつまでもダイビングを楽しんでもらうためには、それが最大のサービスだと思うんだがな。

明日のDD前は、そういうショボイ話はない。

岸壁の階段からのエントリーだ。

階段の上り下りはある。

数段だからな。

最終日だしな。

そのくらいはがんばろう。

世の中にありそうでないものが、軽いCCRとレクリエーショナルレベルで吸える純酸素だ。

まあ、陸上で吸えばいいともいうが。

CCRを水面で脱ぎ着するのが、一番楽ちんなんだがな。