110光年の音楽2016年12月11日 10:53

110光年の音楽
110光年の音楽


地球外生命のヨタ記事を書いて、少々落ち込む。

なんだかんだ言ったって、人類は、宇宙で孤独なのだと自らに言い聞かせるような記事なんて、書いていて気分がいいはずがない。

晴れた日の清々しい朝に相応しい音楽でも聞こうかと、ユーチューブを漁っていたら、懐かしい曲を見つけた。

(Handel - Largo (from 'Xerxes') Opera:動画(?)出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=uMlxM69ZJFA

ヘンデルの作品で、オペラの中の小品のようだ。

(ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB

「ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。バロック期を代表する重要な作曲家の一人。」

日本ではよく知られた曲が、実はヘンデルの曲だったという話は、ごろごろしている。

(ヘンデル:調子の良い鍛冶屋:動画(?)出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=_pVXpf8y6JA

ウィキにもあるけど、表彰状やメダルの授与に流れるこの曲も有名。

(ヘンデル:オラトリオ《マカベウスのユダ》第3幕 『見よ、勇者は帰る』:動画(?)出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=7e06JEupzvA

もちろん、この曲も・・・。

(私を泣かせて下さい / 本田美奈子. (Lascia ch'io Pianga / Minako Honda.):追加:動画出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=Iwe7y_WPQX0

しかし、まあ、何といってもヘンデルといえば、時の国王ジョージ2世が、初演の時に立ち上がってしまったという、この曲でしょう!?。

(HALLELUJAH - Aleluya - Haendel:動画出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=KnQGs24U1e8

(メサイア (ヘンデル))
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A2_(%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB)

「現在では、史実ではないと考えられている」

なんだ・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

引用したユーチューブの演奏は、ちっとアップテンポな感じで、ウィキの中の演奏の方が、浮沈子のフィーリングには合ってるんだがな。

まあいい。

で、冒頭のラルゴとしても知られるオンブラマイフだが、ウイスキーのコマーシャルとして流れて有名になったということだ(ホントかあ?)。

(スーパーニッカCM キャスリーン・バトル:動画出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=sAE8dAqAiZE

(キャスリーン・バトル)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB

「力強い声ではないものの、魔笛のパミーナやドン・ジョヴァンニのツェルリーナ、ニーベルングの指環の小鳥役のような、清純可憐な女性像に特に適した声である。」

「気難しく仕事相手にしにくいことでも有名で、声のイメージを覆すような数々の武勇伝を残している。」

まあ、生身の人間だからな。

いろいろあるんだろう。

ところで、浮沈子が、ブログに書こうと思ったきっかけは、この記述があったから。

(オンブラ・マイ・フ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%95

「この曲は「世界で初めて電波に乗せて放送された音楽」でもある。1906年12月24日、レジナルド・フェッセンデンによって行われた初めてのラジオ実験放送でレコード演奏された。」

110年前のクリスマスイブに、電波は宇宙に放たれたわけだ。

今、そのメロディーは、110光年彼方の星々に流れている(りょうけん座α星辺り)。

もしも、その微かな信号をとらえることが出来るものがいるとすれば、きっときっと、美しい地球の木陰のイメージが浮かぶことだろう(やつらの星にプラタナス(platano)の木があるかどうか・・・)。

「日本語訳(原詩はイタリア語だそうです):
こんな木陰は
今まで決してなかった
緑の木陰
親しく、そして愛らしい、
よりやさしい木陰は」

(キャスリーン・バトル(Kathleen Battle) - オンブラ・マイ・フ(Ombra mai fù):動画出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=5rBEcokvsF0

日曜日の朝、日差し溢れる清々しい朝の光の中で聞く彼女の歌声は格別だな・・・。

(Lucia Popp - Ombra mai fu:追加:こちらもオススメ:動画(?)出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=qZ6udPPsMss

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック