2か月2017年02月16日 10:21

2か月


イリジウム衛星の打ち上げが、当初の4月中旬から6月中旬に延期されたんだそうだ。

(Next Falcon 9 Iridium launch date slips to mid-June, SpaceX backlog cited)
http://www.teslarati.com/next-falcon-9-iridium-launch-date-slips-mid-june-spacex-backlog-cited/

「Originally planned for a mid-April 2017 deployment, the launch date for the next set of Iridium NEXT satellites has now slipped to mid-June」

当初予定というのは、2016年9月1日の爆発事故の前にスケジュールされた話だから、5か月間の休止期間を挟んでの2か月遅れというのは、実質的には3か月前倒しのようなもんだ。

(SpaceX delays next Iridium launch two months)
http://spacenews.com/spacex-delays-next-iridium-launch-two-months/

「Iridium expects SpaceX to launch a fresh batch of Iridium satellites every two months starting with the mid-June launch.」

その後は、2か月に1回上げるという。

残りの65機のうち、60機は専用、5機は相乗りで上げる。

来年半ばには、衛星コンステレーションが完成するという(あくまで、予定ですが)。

まあ、バンデンバーグから上げることが出来るんだから、発射場的には問題はないわけで、後はスペースXのやる気次第だ(そういうことかあ?)。

まあ、どうでもいいんですが。

浮沈子が注目したのは、一向に衰えることのない打ち上げスケジュールを立てていることだな。

いや、むしろ、加速しているといってもいい。

2016年は、18回の打ち上げを目指して8回しか上げられなかった。

それでも、世界のロケットの中で、最多の打ち上げ回数だ(アリアンは7回)。

8か月で達成しているので、アベレージとしては月に1回ということになる。

今年は、倍増する計画だ(月に2機上げる)。

しかしなあ、もう2月も半ばを過ぎたのに、1機しか上がってないしな。

今後のスケジュールがどうなるか分からないが、拍車がかかるということになる。

ロケットの製造は間に合うんだろうか?。

まあ、再使用ロケットが使えるようになれば、1段目については、そっちを回せばいいことになる。

作るのは2段目とフェアリングだけ。

衛星側は、打ち上げの遅れを想定して、待期期間を見越して作るだろうから、待ち行列が出来ても、すぐさま問題になるようなことはない。

激安ファルコンは、人気だしな。

激安といえば、インドのロケットが、104機もの衛星を一度に打ち上げたというニュースが流れている。

(「104個の人工衛星」一気に打ち上げ成功 インドのPSLVロケットが新記録)
http://sorae.jp/10/2017_02_15_in.html

「今回打ち上げを行ったPSLV C37/Cartosat-2 Seriesミッションでは、714kgの人工衛星「Cartosat-2 Series」と、合計664gkになる103個の人工衛星が軌道に投入されます。」

「Cartosat-2 Seriesは太陽同期軌道に投入される地球観測衛星で、残りの小型人工衛星のうち96個はアメリカ、2つはインド、そしてイスラエルとカザフスタン、オランダ、スイス、アラブ首長国連邦から1つづつのもの。」(誤:「づつ」、正:「ずつ」)

まあ、どうでもいいんですが。

相乗りが103機だからな。

凄まじい話だ。

このロケットについては、既に記事にした。

(ロケットビジネス)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/01/12/8317811

「PSLVの一回あたりの打ち上げ費用は1,670万ドルである。」

20億円を切る価格で、ファルコン9も太刀打ちできない格安ロケットだ。

打ち上げ能力には限界があるが、ちっこい衛星を打ち上げるにはもってこいかも知れない。

今年末辺りから、ファルコン9は、最終バージョンであるブロック5を投入する予定だ。

1段目の回収をコンスタントに行う仕様だから、コスト的には激減するはず。

もちろん、価格はそれほど下がらないだろう。

儲けを出さなければ、商売はできないからな。

今後は、ファルコンヘビーをメインストリームにするかもしれない。

相乗りとかもできるしな。

3機の1段目を回収するんだから、コスパも高い。

スケジュール的にも、楽になるだろう。

そうなれば、打ち上げビジネスとして、文字通り軌道に乗ることになる。

いよいよ、火星ロケットに注力できる。

そんなもん、せんでええわな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック