出店2017年04月06日 08:21

出店


ちらちらと話には出ていたような気がするが、ハッキリと形になって出てきた月軌道上の宇宙ステーション。

(ボーイング、月や火星の探査基地や探査船「Deep Space Gateway/Transport」コンセプトを発表)
http://sorae.jp/030201/2017_04_05_boeing.html

「月の近くに居住区「Deep Space Gateway」を運搬」

「探査船「Deep Space Transport」が接続」

つまりだ、ISSの出店を月に出すということだな。

さらに、ここから火星探査を行い、ゆくゆくは、火星軌道上にも出店を出すかもしれない。

無人だろうけどな。

月軌道=月周回軌道ではない(たぶん)。

今のところ、地球ー月のL2が想定されているようだが、そういう風に明確には書かれていない。

(NASA’s human spaceflight plans come into focus with announcement of Deep Space Gateway)
http://www.spaceflightinsider.com/organizations/nasa/nasa-human-spaceflight-plans-focus-announcement-deep-space-gateway/

「This extra capacity will be used to ferry components of the Deep Space Gateway to lunar vicinity」

月近傍とされている。

まあ、あれだな、使い道のないSLSを正当化するためのアプリケーションだな。

20世紀のオブジェであるISSに対抗するためには、やっぱ、21世紀的オブジェを求めるわけだ。

月なら、そこに到達することは可能だし、チャレンジとして滞在するとしても、短期間で、しかも、調整が効く(ここ、重要です)。

火星は、往って還って来るのに、最低でも2年間かかるわけで、調整が効かない。

月近傍で時間稼ぎして、ついでに金も稼ごうという、B社の思惑が見え隠れする。

S社は、そんなまどろっこしいことはしないで、いきなり火星に突入するだろう。

月の出店が繁盛するのか、それとも、撤収を余儀なくされるのかは、S社の動向にかかっている。

地球近傍であれ、月近傍であれ、宇宙ステーションの維持には、莫大な金がかかる。

それを、宇宙ホテルの売り上げだけで賄えるんだろうか?。

結局、税金(国家予算)を当てにして、その需要にぶら下がるしかない。

それを当てにして、時間を掛けて取り組むNASAと、まどろっこしいことはやらずに、一気に火星を目指すスペースX。

火星移住用の宇宙船の開発は始まったばかりだし、今後の推移を見守るしかないが、回り道した方がいいかどうかは分からない。

月の資源を調達できれば、ロジスティクスとしては火星探査に有利だということは証明されている。

しかし、そのためのインフラを構築したりするのには、何年もかかることになるだろう。

そんなことをするより、火星の資源を当てにして、一気に行ってしまう方が有利という判断もある。

これは、競争なのだ。

火星への有人飛行、火星着陸を、どちらが先に行うことが出来るのか。

そして、その頃になっても、我が国では有人宇宙飛行は自前では出来ないだろう。

中国やロシアの独自宇宙ステーションが地球周回軌道を回り、各国が火星探査機を打ち上げる中、官需の軍事衛星を打ち上げるしか、生き残る道はない。

浮沈子は、別にそれでもいいと思うんだがな。

そこに特化して、使い捨てロケットを磨いていくというのも一つの道だ。

何でも自前でやらなければならないということはない。

21世紀の宇宙開発は、官需対民需という新たな対立軸を生み出した。

航空機がそうなったように、ロケットや衛星も、明確に分かれていくだろう。

基礎となる技術は共通でも、求めるところは異なる。

月近傍の開発が、本当になされるのかどうか、SLSに未来があるのかどうかは、これからの問題だ。

一発のロケット飛ばしておしまいというのとは異なる。

宇宙ステーションを維持するためには、人員の交替や物資の補給を頻繁に行わなければならない。

月に、そういう価値があるのかどうかを、も少し、真剣に考えてもいいような気がするんだがな。

サンダル記念日2017年04月06日 09:18

サンダル記念日


今朝、今年になって、初めてサンダルを履いた。

ああ、もちろん、ロタでは履いてたけどな。

暖かくなって、近所のお出かけには、ちょっとつっかけていくのに便利だ。

(B社 サンダル)
http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/H25_apa/ja/B-2.html

「平均気温が15℃を上回る頃から販売数の伸びが大きくなる。」

2009年には、ちょうど4月6日辺りから平均気温が15度を超え、販売数の伸びが顕著になっている。

しかしなあ、2010年は、売り上げの増加と平均気温が15度を超えた時期との間に、1週間程度のずれが見られるしな。

いい加減な分析であることは明らかだな。

まあいい。

(サンダルの日へ向けて…)
http://ameblo.jp/robenailspa/entry-12261769603.html

「そんな今日この頃、robeでは1日も早くサンダルの日が来るようにFOOTサンプルを続々作成中です!」

足先を露出するサンダル履きは、ネイルサロンを活性化させるというわけだ。

別に、服の裏地に凝るように、パンプス履いて足の爪ギンギン似してもいいんだがな。

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日(俵万智)

浮沈子にとっては、今年は4月6日がサンダル記念日となった。

ちなみに、サンダルの日というのはないようだ(8月3日は、「ビーチ」サンダルの日ですが:8をBに見立てて、B3(ビーサンかあ?))。

強行2017年04月06日 23:02

強行


筋肉痛を押して、午後から神田を経由して赤羽まで行った。

テキトーに泳いで、1時間くらいで大井町のスキューバプロショップにも顔を出す。

IE当日のバックアップは必要ないとのことだが、どーしよー?。

浮沈子は、とても心強かったので、プライベートでも貢献したいと思ってるんだがな。

ちょっと右足の人差し指を痛めてしまって(原因不明:歩き過ぎ?)、今週末の最終トレーニングにも行けない。

人数的には足りているようなので、そっちはいいんだがな。

まあいい。

今回は、十分なお手伝いが出来なかった。

で、赤羽のプールだが、ガード下にあって、時々上を通る電車の音がする以外は、プール自体もデカいし、2つあるし、ジャグジーも屋内、屋外にあるという、大宮と同じ感じの設えだ。

25mプールは、ガキンコが占領状態で、泳げるのは1コースだけ。

15mプールも、2レーンは歩行用で、2レーン潰して1つにした初級者用のコースでバタフライの練習などをした。

腕は回さないで、ドルフィンキックと平泳ぎの手での呼吸(通称ドルヒラ)で泳ぐ。

ジャグジーをフルコースで堪能したり、結構楽しんだ。

明日は、戸田公園に潜入を予定しているが、時間は未定だ。

足の指の様子によっては、見送るかもしれない。

自転車と水泳に支障はない。

電車の利用なので問題はないが、ホームを歩いたりするのはシンドイ。

ゆっくりと、右足を引きずりながら歩く。

足を庇って歩くと、それが原因の筋肉痛になる。

やれやれ・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

強行したのが裏目に出た感じだが、泳ぐこと自体は楽しい。

神田は、1本差しのサイドマウント用に組んだセカンドステージのメンテナンス。

出来上がったというメールを受け取って、取りに行っただけ。

次の予定は、今のところ立てていない。

タイのタオに行かないかという話が出て、参加は可能と答えておいた(大井町にて)。

行ったことないしな。

自分だけでは、絶対に行かないだろう。

(タオ島・サムイ島)
http://www.divenavi.com/tao/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=tao&gclid=Cj0KEQjwzpfHBRC1iIaL78Ol-eIBEiQAdZPVKuUxcH1cAgh8FUO2IfbWaN4iUAt4XruUJUSzpupkovgaAjGB8P8HAQ

「タオは、マレー半島とインドシナ半島に囲まれた「シャム湾」に面しており、潮の干満が1日に1回しかありません。 そのため、タオ島の海はとても穏やかで、ドリフトダイブのポイントはなく、初心者からベテランの方までお楽しみ頂けます。 穏やかなわりに、ジンベエザメを代表する大物が出現、バラクーダやギンガメの群れもタオ島でみられます。」

「タオ島の街ってどんなんだろう?と想像できない方も多いのでは? タオには大きく分けてサイリー地区とメイハート地区の2つの街があります。 実はタオ島は意外と栄えており、こじんまりながらもおしゃれなオープンカフェやバー、レストランやスパ、おかまバーまでもがあります。 欧米人のゲストが多いため、飲食店もタイ料理だけでなく洋食や中華もあるのが嬉しい。 治安も良く、女性1人でも出歩けます。」

ピピ島みたいな感じなんだろうな。

一度行ってみてもいいかも知れない。

まだ先の話だが、予定が入るのは嬉しい。

他力本願で潜るのも練習のうちだ。

その前に、どこかで潜っておきたいな。

半額2017年04月06日 23:28

半額


ファルコン9の再使用ブースターの成功の後、ショットウェルが講演したんだそうだ。

それにまつわる記事が出ている。

(スペースX、再利用ロケットでコスト半分以下に削減 「ファルコン9」打ち上げで)
http://sorae.jp/10/2017_04_06_spacex.html

「コストを半分以上に削減」

日本語としていかがなものか(お前に言われたくない・・・)。

「再利用ロケットの整備にかかったコストはロケット第1段を新造するのに比べて半分以下に収まった」

ちゃんと書いてあるからいいか。

(SpaceXのロケット再打ち上げは「従来の半分以下のコスト」で実施されたと社長が公表)
http://gigazine.net/news/20170406-spacex-spent-less-than-half/

「マスク氏は2017年3月30日の記者会見で、SpaceXはこれまでに再利用可能ロケットの開発に10億ドル(約1100億円)の費用を投じてきたことを明らかに」

それっぽっちの投資で、再使用技術を手に入れたんなら安いもんだろう。

市場を牛耳る実力と、価格決定権を手に入れ、半分以下になったコストに対して、10パーセント引きの値段を付けてきたわけだからな。

少なくとも、40パーセントの儲けを手に出来るわけだ。

今後、さらに打ち上げ回数を増やすことが出来れば、利益率は高まることになる。

「開発にかかった費用を回収するためには、顧客に提案する費用の値下げ幅が実際の削減分と同じになることはありえない」

もちろん、開発費用を回収した後も、急に下がるようなことはない。

ファルコンヘビーや火星ロケットの費用を捻出しなければならないからな。

ライバルよりも、ちょっとだけ低い価格を付けるだけでいいのだ。

それで、十分商売になる。

打上げの回数を増やせば増やすほど、打ち出の小づちのように、金が転がり込んでくるというわけだ。

ジェフベゾス、頑張れ!。

ライバルなき独占を許すな。

それでも、宇宙へのアクセスコストは、劇的には下がらないだろうな。

その筋書きは見えてきたような気がする。

1000回再使用して100分の1だからな。

実際には、そんなには下がらないということだ。

他社との競争にさらされたとしても、いいとこ10分の1くらいだろう。

それでも、100回くらいの再使用が必要になる。

10億円で5トン級の衛星を静止軌道に上げられたとして、年間100回の打ち上げ需要なんてない。

せいぜい、20回くらいだ。

その半分を取れたとしても10回。

つまり、静止軌道だけ考える限り、100回の再使用を達成するのに10年掛かる。

それじゃあ商売にはならないのだ。

低軌道衛星を上げれば、1万機上げるのに最低でも300回とかかかるだろうから、年間100回は達成可能だろう。

衛星寿命を考えれば、3年間で回していかなければならないからな。

打ち上げコストの下限は、いいとこ10分の1だろう。

それで、十分としなければならない。

宇宙へのアクセスコストが、1000分の1から10000分の1にならない限り、本当の意味でのパラダイム転換は起こらない。

垂直打上げ式ロケットの再使用の限界だ。

理論的には100分の1で、実際は10分の1。

値付けは、また、別の話になる。

まあいい。

勝ち誇ったスペースXの鼻をへし折るのは、簡単ではないだろうが、誰かがそれをやらなければならないだろう。

再使用なしでそれを実現することは、最早不可能になった。

もっと、効率の良い回収方法や、短期間での回し、需要の開拓など、課題は山積している。

どっかで、実現してもらわんとな。

初めはこういわれるに違いない。

『そんなの絶対に無理だ』

成功の端緒を掴めば、少し変わって来る。

『可能だけど、やる価値はない』

そう、みんな、今のぬくぬくとした状況が好きだからな。

しかし、成功が続き、それが上手い方法だということになれば、話は変わって来る。

『良い考えだとずっと思っていた』

記事の中で、ショットウェルが引用している通りだ。

その間の誹謗中傷、嘲笑、もろもろに晒され、悪人呼ばわりされ、それでも諦めることなく初心貫徹できた者だけが、勝利の美酒に酔うことを許される。

話半分だからといって、その偉業を貶めることは出来ない。

しかし、宇宙を拓くためには、もう一段の工夫が必要だ。

火中の栗を拾う蛮勇が求められている。

生きているうちは、やっぱ無理だろうな・・・。