bash on windows2017年04月11日 01:35

bash on windows


体調が優れず、フィットネスをさぼる日が続く(3日目)。

今日こそは、行こうと思ってたんだがな。

まあいい。

体調が悪いときは、食って寝てるに限る。

で、夜になって起き出して、ネットを徘徊していたら、ウインドウズ10にウブンツが入っている(つーか、入れれば入る?)ということが分かって、早速入れてみた。

(Bash on Ubuntu on Windowsをインストールしてみよう!)
http://qiita.com/Aruneko/items/c79810b0b015bebf30bb

とりあえず、インストールして、2回ほど再起動して、動かしてみる。

そういえば、最近リナックスのコマンド打ってないしな。

ls,cd,pwd,mv,rm,exitとか・・・。

(2時間でマスター!Linux/Unixコマンドの使い方超入門)
http://www.sejuku.net/blog/2643

環境の作り方は飛ばして、「Linux基礎コマンド」から読む。

mkdir,cat,cpとかも確認する。

mntから辿って、デスクトップ上のファイルを弄る。

間違えて消してしまっても、責任は取れない。

リナックスは強力なコマンドなので、有無を言わさず消去する。

-rオプションなんか付けら、ディレクトリごと、ごっそり消される。

色々弄って楽しんだ後に、やっぱ、ネイティブなリナックス(つーか、bash)がいいなと確信する。

コピペ出来ないしな。

それでも、コマンドラインで打っていると、自分がやっていることに確信が持てる。

何をやっているかが分からないと、何もできない。

その、つよーい絆を感じる。

コンピューターを使うということの本来の意味は、まず、コマンドを打つということだ。

そこから、全てが始まる。

行きつく先が、AIの僕として生きることになるとしてもだ。

浮沈子のパソコン体験は、MS-DOSから始まる。

いや、その前から、8ビットパソコンを弄ってたけどな。

(FP-1000)
https://ja.wikipedia.org/wiki/FP-1000

カラー版は、1100の方だったような気がする。

「ビデオRAM 16Kバイト(FP-1000)/48Kバイト(FP-1100)」

メインメモリーが、64kバイトという、今では信じられないほどのチープさだ。

それから、40年が経った。

手のひらには、当時のスパコンが乗っていて、値段はFP-1100の10分の1以下だ。

今、100億円する宇宙ロケットが、40年先には100万円くらいになっていると考えたって、おかしくはないだろう(そうかあ?)。

リナックスのコマンドを打ちながら、当時を思い出す。

パソコンが普及しだして、今ではタブレットPCになった。

そうだ、タブレットにウブンツを入れてみよう(7インチの方には入りませんでした:32ビット版のため)。

手持無沙汰な時に、おもむろにタブレットを開いて、怪しげなコマンドを打つ・・・。

どうやって?。

ソフトキーで打っても、気分乗らないよなあ・・・。

無人探査ならいいのか2017年04月11日 13:24

無人探査ならいいのか


火星の衛星に探査機飛ばして、ゴミ拾ってくるという計画があるらしい。

(JAXAの火星衛星サンプルリーターン「MMX」がHP公開 2020年代前半打ち上げ)
http://sorae.jp/030201/2017_04_10_mmx.html

「打ち上げられた探査機は火星衛星「フォボス」「ダイモス」の観測、ならびにフォボスからのサンプル採取」

「サンプルを地球に持ち帰る計画」

火星は因縁の深い惑星だからな。

(のぞみ (探査機))
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%81%9E%E3%81%BF_(%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E6%A9%9F)

「1998年(平成10年)7月4日午前3時26分(日本時間)に、M-Vロケット3号機により打ち上げ」

「火星へ約1,000 kmまで接近したものの、最終的には火星周回軌道への投入を断念した。」

ハッキリ言って、大失敗!。

「実際の原因は、ISASにも分からないのが現状」

近くて手頃な惑星とはいえ、今回は火星本体でないところがミソだな。

「MMXの目的は火星衛星を観測し、それをとおして火星衛星の起源や進化、さらには太陽系の惑星形成についても研究」

生命の存在とか、おくびにも出さないところが潔い。

正直だ。

生命探査を口実に予算を獲得しようとするアコギな手は使わない。

科学者は、そんなことには本当は興味はないのだ(そおかあ?)。

太陽系がどうやって出来たかとか、惑星の水は何処から来たのかとか、一般人にはどーでもいーことばっか知りたがる。

まあ、フォボスに生命がいるかも知れないと宣伝するわけにはいかないからな。

浮沈子は、サンプルリターンというのが研究にとってベストな手法かどうかについては、議論の余地があるような気がする。

ブツを手元に持ってきて、あーでもないこーでもないと弄りたがる気持ちは分からないでもない。

高度な分析とかは、やっぱ、地球でないとできないだろうしな。

その必要性があるかどうかは、厳密に見極めなければならないんだろうが、宇宙探査の一つの方法ではある。

探査機にお任せの研究と、うまく組み合わせて使えば有効だろう。

どーしても、持ち帰らないと分からないことに特化して、それ専用の探査機を飛ばすということもあるかもしれない。

採集専用宇宙ロボットだな。

将来的には、戻って来るのは月軌道上の無人ステーションまでで、そこで再突入カプセルに移されて地球に配達される。

最後のところは、ちょっときびしーからな。

ものによっては、月軌道で分析するなんて話にもなるかもしれない。

ああ、そこは有人でもいい(甘いな)。

NASAとかは、そういうことがやりたいらしいからな。

浮沈子は、無人探査機については、比較的好意的に見ている。

きびしー宇宙環境に人間を晒すことなく、地球近傍の探検を行うことが出来る。

地球外生命とか、ワケワカのことを言いださなければ、人類の知見を広げるためにも有効な手段だと考える。

太陽系の探査は始まったばかりだ。

20世紀から通り過ぎるだけの探査を行い、21世紀には、惑星の周りを周回するところまできた(土星まで)。

タイタンには、着陸までしている。

そういう探査を推し進めていく方が、火星移住なんてアホな話より、余程人類のためになると思うんだがな。

ダイモスとフォボスの探査には、賛成の1票を投じておこう。

国際協力というトッピングも、少々まぶしている。

(火星衛星サンプルリターンミッションの検討に関する
フランス国立宇宙研究センター(CNES)との実施取決めの締結、
及び署名式の実施について)
http://www.jaxa.jp/press/2017/04/20170410_cnes_j.html

お互い、金ないしな・・・。

カエルの子はカエル2017年04月11日 17:03

カエルの子はカエル


(蛙の子は蛙)
http://kotowaza-allguide.com/ka/kaerunokowakaeru.html

「子供の頃はおたまじゃくしで親とは似ても似つかない姿だが、おたまじゃくしも成長すれば親と同じようにカエルになることから。」

(カエル)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB

「幼生は四肢がなく、ひれのついた尾をもつ。成体とは違う姿をしていて、俗に「オタマジャクシ(お玉杓子)」と呼ばれる(食器のお玉杓子に似た形状から)。」

「なお、ごくわずかであるが、オタマジャクシの段階を経ず、そのままカエルの姿に成長する種類もいる」

(オタマジャクシを産むカエル、インドネシアで世界初の発見)
http://www.afpbb.com/articles/-/3035518

「アフリカに生息し、体内受精を行う一部の種のカエルは、オタマジャクシの段階を経ない子ガエルを産むことが知られている。」

タイトルとは、異なる種についての記述だ(うーん、紛らわしいな)。

「カリフォルニア大バークレー校の声明によると、他にも「卵を背中にある袋に入れて運ぶものや、オタマジャクシを鳴嚢(めいのう、鳴き袋)や口の中で育てるもの、背中のくぼみにオタマジャクシを入れて運ぶもの」などがいる。また、すでに絶滅したものの、雌が自らの受精卵をのみ込み、胃の中で育てて口から子ガエルを産むことで知られていたカエルも2種存在したという。」

さて、ヘンタイなカエル(メタモルフォーゼするという意味では、立派な変態だが)の例は、結構あるということが分かったところで、この記事を読んでみる。

(新種のカエルを発見、オタマジャクシにならず)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/040700074/

「メスは植物や落ち葉など、湿った場所であればどこにでも卵を産みます。そこから生まれる子供は、完全なカエルの形をしているのです」

「つまり、オタマジャクシの段階を完全に飛ばしてしまうのだ。」

正に、カエルの子はカエルだ(意味、違うんじゃね?)。

通常のカエルと異なり、変態(メタモルフォーゼ)しないヘンタイなカエルということになる(あー、ややっこしー)。

まあいい。

「このカエルの生息場所が限られていること、しかも特殊な環境に適応した種であるということは、まさに「二重の不運」なのだという。」

人のことは言えない。

人類だって、この地球という特殊な環境に適応した種であることは間違いない。

生息場所も限られている。

「このニュースの良い点は、そこに新種のカエルがいるのがわかったことです。それによって、何か手を打つことができるようになります」

ナショジオ的な、きれいな纏め方だな。

エクアドルのカエルも大切だが、我々がこの地球上で生き永らえていくことも重要だ。

宇宙に出たからと言って、簡単に宇宙人になることは出来ないのだ。

カエルの子がカエルであるように、ヒトの子もまた、ヒトである(人でなしというのもいるけどな)。

まあ、どうでもいいんですが。

カエルがオタマジャクシを経ずに、直接発生するというのは、特殊な環境に適応できたからということになる。

人類が、宇宙に進出すれば、それなりの適応が求められる。

将来、無重力や低重力環境で生まれる子供たちは、それなりに環境に適応して生きるようになるんだろう。

ああ、その前に、無重力で、いろいろしなくっちゃならんけどな(子供は、分かんなくていいです!)。

(SOYUZ MS-02 TRIO RETURNS TO EARTH)
http://www.spaceflightinsider.com/missions/iss/soyuz-ms-02-trio-returns-to-earth/

写真を見ても分かる通り、6か月近く(173日)のISS滞在の後、地球に帰還した彼らは、立っていることも出来ない。

動画を見ると、何人かに抱えられてソファに運ばれて横たえられている。

骨はボロボロになり、筋肉は削げ落ちて地球の環境では使い物にならない(あっちが、使い物になるかどうかは別ですが:子供は、・・・)。

どうも、着地後にパラシュートの切り離しが遅れて、少しの間地上を引きずり回されたらしい。

宇宙飛行士も楽じゃない。

特殊な環境に適応するには、まだまだ時間がかかりそうだな・・・。

vimなど2017年04月11日 20:33

vimなど


シンクパッド10にウブンツを入れてみる。

快適な環境だ。

これはこれで楽しい。

ファイルを呼び出したり、表示したりするのに待たされるということがない(導入も速かったな)。

ブンツのファイルをウインドウズ側から弄ってはならないというルールがあるらしいので、テキストファイルをエディタで作成する方法を試みる。

(Bash on WindowsでWindows側からUbuntu側のファイルをいじると壊れることがあるので注意)
https://www.kaitoy.xyz/2016/11/19/bow-do-not-change-linux-files-from-windows/

「原因は上記ブログに詳しいが、簡単に言うと、Windows側のプロセスがUbuntu側のファイルを作ったり編集したりする際、パーミッションなどのメタデータを適切に設定しないため、Ubuntu側でファイルが壊れたと判断されてしまうから。」

「因みに、Ubuntu側からWindows側のファイルをいじるのは問題ないらしい。」

(Do not change Linux files using Windows apps and tools:元記事)
https://blogs.msdn.microsoft.com/commandline/2016/11/17/do-not-change-linux-files-using-windows-apps-and-tools/

「Please help us share this guidance far and wide – tweet, post and blog, linking back to this post!!」

というわけで、浮沈子も貢献したわけだな(このヨタブログを読んでいただいている方の中で、ウブンツをウインドウズで弄っている方が、何人いらっしゃるか・・・)。

まあいい。

で、せっかくだから、UNIX系OSの定番エディターであるVI系に、生涯何度目かのチャレンジを試みる(少なくとも、10回は玉砕している)。

変態中の変態操作法(まあ、矢印キーとかないキーボードでも使えるというメリットはあるけどな)。

(Vimをメモ帳程度に使うために覚えておくべきコマンド)
http://qiita.com/honeniq/items/201156650310c4968c3a

「最悪、iかaを押して挿入モードに入ってしまえば、カーソルキーで移動できるしバックスペースで削除もできるので、とりあえずの編集はできてしまいます。本当に急いでいるときはこれも有り。」

浮沈子は、これで決まりだ。

無駄な抵抗はしない。

弄っているうちに、ブルートゥースキーボードの電源が落ちて、本日のチャレンジは終了。

まだ、日本語を入力することが出来ないので、テキトーに英字や数字を打っては、編集の練習を繰り返す。

ちなみに、viとvimの違いを解説しているページもある。

(linuxのコマンド操作[vi]と[vim]の違い)
http://life-blog.link/os/linux/vi-vim

「現在ではほとんど「vi」は使われていません。そしてlinuxで「vi」コマンドを使ったとしても、知らず知らずのうちに「vim」が起動されます。」

実際、ウブンツオンウインドウズでも、viで起動するのはvimだ。

vimのヘルプ(英語版)も出るし(コマンドモードで[:heip]、慣れが全てということだな。

(help - Vim日本語ドキュメント)
http://vim-jp.org/vimdoc-ja/

バージョンは多少異なるが、概ねおんなじだろう(テキトーです)。

無駄な抵抗は止めて、このチュートリアル「01.3 チュートリアル」を読むのが正しい。

いささか疲れたので、今日はここまで。

nanoなど2017年04月11日 23:17

nanoなど


生涯11回目(?)のvi系エディタ(-)であるvimのチュートリアルに、30分持たずに飽きてしまった浮沈子。

そんなあなた(一緒にするな!)にぴったりのエディタを見つけた。

その名も、nano!

(誰も興味が無いnanoの基礎の基礎 - nanoはpicoの千倍なの! -)
http://techblog.kayac.com/nano-tutorial.html

「・vimのようなモードなどはありません。起動後すぐに編集が可能です。
・emacsのような複雑なコマンドはありません。ctrlキーもしくはmetaキーによる単純な組み合わせのコマンドしかありません。
・コマンド(一部)はデフォルトで画面下部に表示されていて、操作に困る事はありません。」

まあ、どうやってコマンドを反映させるかが分からないので、起動した後で終了方法をネットで探した。

もちろん、ウブンツオンウインドウズにも標準で入っている。

(nano (テキストエディタ))
https://ja.wikipedia.org/wiki/Nano_(%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BF)

「nanoはviと異なり、起動すれば即キーボードより文字入力が可能であり、直感的な操作が可能である。」

しばらくvimを弄った後にnanoを動かすと、何となく後ろめたいくらいに自然だ(コマンド入力を除く)。

(テキストエディタ"nano"について)
http://www.obenri.com/_nano/index.html

「"vi"等の高機能なエディタへ乗り換えるまでの「つなぎ」」

うーん、やっぱ、使いづらいな。

浮沈子の環境では、マウスによるコピペが出来ない。

削除して、書き加えるという操作だけだ(連続してペーストすると、コピーになる!)。

まあ、それでもいいんですが。

直感的に使えることは間違いないが、使えることが少な過ぎるというのもな・・・。

ワードラップの禁止については、始めの引用記事にも書いてあったが、-wオプションを付けたエイリアスを作って対応するのがいいとある。

ああ、めんどくさい・・・。

というわけで、結局nanoは、触っただけでおしまい。

ちょっとした修正をすることが出来る便利なビュワーとして使うのが正解だな。

正しく使えば便利な代物だろう。

元々が、メールを打つためのエディタだからな。

「nanoは、改変再配布に制限のあったと解釈されたpico(メーラーpineに付属するテキストエディタ)をひな型として開発された」

ちなみに、ウブンツでpicoと入力すると、nanoが立ち上がる。

viとvimのような関係になっているようだ。

さて、ここまで来たらemacsを触らなければ始まらないだろう?。

標準ではパッケージが入っていなかったので、200メガバイトに及ぶ巨大パッケージ群をダウンロードしてインストールに及んだ(山のような不要ファイルも一緒に)。

続きは、別稿で・・・。