emacsなど2017年04月12日 01:07

emacsなど
emacsなど


なんとかインストールを終わらせて、立ち上げてみた。

前に1度だけ弄ったことがあって、やはりワケワカだったイーマックス。

(Emacsの基本操作)
http://www.rsch.tuis.ac.jp/~ohmi/literacy/emacs/index.html

「UNIXで標準的に使われているエディタEmacsの簡単な使い方を紹介する.」

強いお言葉に勇気づけられ、たぶん、30分持たないだろうと半ばあきらめつつ、ちょっとチャレンジしてみた。

そう、日本語打ってみた。

(Emacsでの日本語入力)
http://www.rsch.tuis.ac.jp/~ohmi/literacy/emacs/emacs-jpn.html

ベータ版のウブンツオンウインドウズで、半角ベースの入力制御の中、なんとか画像の表示を叩き出す。

解説では、Wnnを使ってるようだ(未確認)。

表示が崩れて見づらかったりするので、他のエディタ(vimやnano)で確認しながらの入力となった。

やれやれ・・・。

そう、まだ、クリエイターズアップデート適用前だからな。

この辺も、新しい環境では、改善されているのかもしれない。

いやあ、疲れるな。

エディタ(のインストールと機動、で、すぐシャットダウン)で楽しんでいたら、夜も更けてしまったな・・・。

やっぱvimかな2017年04月12日 22:01

やっぱvimかな


巨大なイーマックスを導入するか、nanoかvimを使うか。

まあ、常識的に考えれば、vimだろうな。

何か1つということならば、迷うことはない。

しかし、とっつきの悪さでは有名だからな。

(いまさら聞けないVim(1))
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1008/17/news097.html

もう、殆ど、浮沈子のための連載と言ってもいいくらいのレベルだ。

ウブンツのロケールを変更(日本語→英語)しようと調べていて、ついでに見つけた。

(Windows 10のBash on Windowsのロケールを英語モードに切り替える)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1610/14/news033.html

再インストールに備えて、消し方も確認する。

(Windows 10のBash on Ubuntu on Windows環境を初期化/再インストールする)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1610/05/news033.html

これで、いつクリエーターズアップデートを食らっても、バッシュオンウブンツオンウインドウズ(BUW)を再セットアップ出来るぞ!。

ついでに、アプトゲットする度に、エラーメッセージが出るのも解消した。

(Windows 10のBash on Windowsで、apt-getを使ってパッケージをインストールする)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1608/24/news038.html

「●[事前準備]sudoで名前解決エラーが出ないように、ホスト名を設定する」

「Column「/etc/hostsファイルを編集する」」

ここに、リンク「いまさら聞けないVim」があって、vimの使い方に再挑戦だ(生涯で12回目?)。

とりあえず、第4回くらいまで行った。

バッシュ(BUW)の設定を弄るくらいなら、これで十分だが、せっかくなので最後まで付き合ってみよう。

BUWでは、マウスによる操作が出来ないので(やり方が違うのかも)、基本的なキーボードによる操作になる。

この連載自体が、そういう環境に対応できるように書かれているので、BUW上のvim操作として、適切な内容になっているのは有り難い。

1 インストール、そしてはじめの一歩
2 はじめてのテキスト編集
3 カーソルの移動とテキスト編集
4 タイルウィンドウとタブ
5 ビジュアルモードでテキストを選択し加工する
6 設定ファイルを作って自分の好みに改造
7 キーボードマクロで繰り返し作業を楽に
8 Vimをプログラム開発環境にしてしまおう
9 ヘッダファイルなどをVimのキー操作一発で探す
10 iOSで使えるVimが登場! その姿に迫る
11 サーバ上でVimを使用することを考えた設定

目次だけ並べてみたが、なかなか骨がありそうだな(年寄りが、新しいことに取り組むのは、大変なのです)。

「ノーマルモード」「挿入モード」「コマンドラインモード」の違いが、やっと分かってきた。

ノーマルモードじゃなければ、アブノーマル・・・、というわけではないようだ。

ははあ、それで「挿入モード」なのか(子供は、分かんなくていいです!)。

初期の頃のラインエディタの流れを、脈々と受け継ぐ化石のようなエディタだが、機能は強化されて、最強のエディタになっているらしい(イーマックスと二分する)。

最近は、もっと使いやすい(つーか、ふつーに使える)エディタの方が人気なんだろう。

nanoも、特殊なコマンド入力方法を別にすれば、直感的で分かりやすい。

でもな、せっかく、BUWを弄り始めたんだから、これを機会にvi系のエディタに親しんでおくこともいいかも知れない。

イーマックスは、いずれ、使ってみるつもりなんだが、同時に2つやってると、頭がこんがらかるからな。

それでなくても、リナックスのコマンドを使わなければならないので、それだけでも十分混乱している。

コンソールでリナックス操作しながら、エスケープキー叩いている自分に気づくわけだな。

やれやれ・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

次は第5回で、サインはvのビジュアルモードで快適な範囲選択を行う(つもり)。

ちょっと食事休憩を入れて、気分転換するかな。

しかしなあ、食後にやると、睡魔との戦いになるからなあ・・・。