ワンドライブで幸せになる2017年04月15日 02:37

ワンドライブで幸せになる
ワンドライブで幸せになる


vimの設定ファイルをコピペして、家で使っているメインのノートパソコン(ゲイトウエイ)に適用した。

「.vimrc
(以下、中身)
set number
set backspace=start,eol,indent
set whichwrap=b,s,[,],,~
set mouse=a
set laststatus=2
set statusline=%F%r%h%=
set incsearch
set wildmenu wildmode=list:full
syntax on
highlight Normal ctermbg=black ctermfg=grey
highlight StatusLine term=none cterm=none ctermfg=black ctermbg=grey
highlight CursorLine term=none cterm=none ctermfg=none ctermbg=darkgray」

実際はちょっと違うんだがな。

順番とか、テキトーだしな(動かなくなることあるかも)。

(設定ファイルを作って自分の好みに改造 (3/3))
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1107/21/news115_3.html

まあいい。

そんでもって、これをケイアンの8インチタブレットに適用するのに、コピペすることにした。

32ギガのマイクロSDカードにコピペして転送してもいいんだが、せっかくのウインドウズ環境なので、ワンドライブを使ってみる。

ネットワーク上の怪しげなストレージだ(しかも、M社の・・・)。

が、まあ、設定ファイルだしな。

軽いし。

で、転送して、ダウンロードして、おしまい。

vifmで弄って、ホームディレクトリにリネームして収まる。

ファイルの情報が変わってしまっているので、うまく機能するかどうか心配だったが、一応動いた。

新しいファイルを作って、中身をコピペするのが正しい。

さすがに、ウインドウズからは怖くて弄れないしな。

メモ帳で内容の変更をして保存したら、改行コードにゴミが付いた。

ファイルシステムが違うんだから仕方ない。

(改行コード)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%B9%E8%A1%8C%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

「・キャリッジリターン(英: carriage return、CR、復帰)
・ラインフィード(英: line feed、LF、狭義の改行)」

「これらの用語はタイプライターが由来である。」

「「キャリッジリターン」とは、紙を固定して移動する装置(キャリッジ)を元の位置に戻す(リターン、つまり紙の左端に印字装置が来る)ことである。」

「「ラインフィード」とは紙を必要な行(ライン)だけ上に送る(フィード、つまり下の行に印字装置が来る)ことである。」

メモ帳で訂正してBUWに読み込んだら、「^M」というのが、行末に付いてしまった。

設定ファイルだから、解釈できない時は無視されるんだろうが、たまたま異なる設定を読み込んだりしたら大事だ。

で、早速、新たなファイルを作って元のファイルを消す。

ホッとしたな。

パーミッションが全部アリになっていたことも確認した。

作業の効率化との兼ね合いだが、標準出力とか標準入力を使って、ウインドウズのデータをバッシュオンウブンツオンウインドウズ(BUW)側に取り込めればいいだけだ。

クリエイターズアップデイトでは、その辺りに対応しているウインドウズのアプリケーションは、使い物になるかもしれない。

文字コードの問題とかあるしな(改行も違う)。

(標準ストリーム)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%99%E6%BA%96%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0

途中まで読んで飽きた。

(標準入力、標準出力とは何か?)
http://www.creatology.jp/unix/outin.html

実践的でわかりやすい。

ウインドウズのコマンドプロンプトでも、思い出しながら打ってみた。

さて、BUWとウインドウズとのデータやファイルのやり取りをどうするか。

文字コードやファイルの属性をどうやって解決するかだな。

クリエイターズアップデイトでは、クリアな解決方法は提示されていない。

ウインドウズから、BUWのファイルを弄るなというお達しがあるだけだ。

ウブンツのバイナリプログラムが動くのも結構だが、データの問題も何とかしてもらいたいもんだな。

二枚目2017年04月15日 20:03

二枚目


8インチのケイアンウインドウズタブレットに、BUWを入れてウキウキになったので、もう一枚(タブレットの数え方としては妥当か)買ってしまった。

秋葉原で、14999円(税別)。

ついでに、32GBのサンディスクのマイクロSDも(1400円:税別)。

さらに、1台壊れて、もう1台は愚弟に貸している折り畳みキーボードも(4000円:税別)。

締めて、2万円を超える散財。

さらに、東映で、500円(税込)の小型のショルダーバッグも!。

これで、本体と折り畳みキーボードを、かっこよく持ち運べる。

キーボードは、敢えてタッチパッドのない方にした。

キーアサインの問題もあったし、タブレットには、基本的にはタッチパッドは不要だ。

いざとなれば、タッチマウスポインタが使えるしな。

中身はパソコン以外の何物でもないウインドウズタブレットには、欠かせないアプリケーションだ。

もちろん、老眼鏡も必要なんだがな。

この秘密兵器がないと、8インチでは何もできない。

24インチのモニター見てても、最近は老眼鏡が欲しくなる。

3分の1(面積9分の1)では、歯が立たない。

秋葉原から戻って、早速通電し、各種設定は後からやることにして、とりあえず更新プログラムのダウンロード中。

前に買った1枚と、同じ環境を作って、予備機として使うことにする。

7インチはどーする?。

BUW入らないしな。

Cドライブが16Gしかないしな。

今回のレッドストーン2(クリエイターズアップデイト)が出来るかどうかも怪しい。

文鎮にしてしまうのも惜しいので(税抜き7999円)、マルチメディアプレイヤーとして、余生を送っていただこう。

実際、この大きさで文字を読むのは、苦痛以外の何物でもない。

動画とかなら、別に、それ程細かいところまで見ることが出来なくても問題はない。

ああ、字幕とか困るよなあ・・・。

まあいい。

メインメモリ1GBで、ウインドウズ10を動かすのは、結構しんどいんだろうが、浮沈子の使い方なら問題はない。

この端末のメジャーバージョンアップが出来なくなる頃には、元は取っているだろう。

動画の鑑賞、ポッドキャストの聴取、時々ブラウザーで拡大・・・。

一つには、電池の持ちが良くないということがあって、バッテリーパックと一緒に持ち歩かないと不安ということがある。

そうすると、重量的に8インチと変わらない。

むしろ重いくらいだ。

(TEC テック モバイルバッテリー 10000mAh TMB-4K 超薄型9mm軽量 TMBPAD10K-BK ブラック iPhone 携帯 充電 アンドロイド)
http://akibaoo.co.jp/c/item/4533239029581/

「厚さ9mm、重量223g」

(KVI-70B)
http://www.keian.co.jp/products/kvi-70b/

「重量 約271g」

約とか書いてある割に、妙に詳しい。

(KBM85-B)
http://www.keian.co.jp/products/kbm85-b/

「重量 約327g」

というわけで、327<223+271(=494)ということになる。

ちなみに、キーボードはこれ。

(Bluetooth接続 3つ折りワイヤレスキーボード)
https://www.donya.jp/item/27326.html

「重量 185g」

こうしてみると、合計しても東芝の初代リブレットより軽い(327+185=512)

(リブレット)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

「1996年発売の初代モデルLibretto 20は当時世界最小・最軽量のWindows 95搭載PCとして登場。」

(東芝「Libretto 20」(リブレット)発売)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/960417/

「「Libretto 20」の売りは、小型(ほとんどVHSテープサイズ)、軽量(850g)で、Windows 95がプレインストールされておりきちんと動くということにある。」

東証二部落ち確実といわれる現状を考えると、隔世の感があるな。

当時最先端のウインドウズ95が動く。

日本人じゃなきゃ、考え着かない商品であるな。

その昔には、こんなのもあった。

(Palm Top PC 110)
https://ja.wikipedia.org/wiki/Palm_Top_PC_110

「1995年9月に日本IBMから発売された超小型パーソナルコンピュータ。」

「小さいながらも完全なPC/AT互換機である。ジュラルミン製のボディは、A6ファイルサイズで、バッテリー込みの重量はわずか630g」

ほほう、ウルトラマンPCより軽いのか。

「本機は、日本IBMの大和研究所と、IBMとリコーの共同出資会社であるライオスシステムで共同開発された」

もちろん、浮沈子も持っている。

どこかに埋もれているはずだ。

ケイアンのミニタブレットPCも、元を辿ればこの辺りに行きつく。

SSDの普及、狭額縁の画面、リチウムイオンバッテリー、SDメモリーの大容量化で、低廉な価格(10分の1程度)で当時を遥かに凌ぐ性能を発揮している。

20年以上前の話だ。

世界は大きく変わり、浮沈子は歳をとった。

CPUは驚異的な速さで計算し、巨大なメモリー空間を自在に使えるようになった。

人間の方が衰えていくのに逆比例して、外部デバイスはその能力を加速度的に拡大していく。

8インチの更新プログラムのダウンロードは、まだ26パーセントだ。

肥大化したOSは、益々資源を食いつくしていくんだろう。

その先に何があるのか。

もう、コンピューターの普及を妨げるものは何もない。

高密度実装されたデバイスたちが織り成すテクノの絨毯に乗って、人間は何処へ行くのか。

まあ、8インチの絨毯2枚じゃあ、ちょっと物足りないけどな。