GNURoot Debian見参!2017年04月21日 00:46

GNURoot Debian見参!
GNURoot Debian見参!


新しいことに興味を持ってのめり込んでも、大体1週間で飽きてしまって、また、他のことに興味が移る・・・。

デビアンノールートのコンソールの日本語化に一段落(つーか、途中で挫折?)したところで、仮想ルート環境のもう一つの雄であるGNURootにチャレンジしてみた。

浮沈子の目標は、リナックスをお勉強する快適なコンソール環境なので、日本語化とかはあまり深くハマらないようにする。

ハマっても、わかんないしな。

フォントの事とか、日本語入力メソッドの事とか、まったく関心がない。

読めりゃいいじゃん!?。

まあいい。

浮沈子が、プログラム関係で日本語使うのは、マニュアルやヘルプ読む時だけだからな。

お仕事にしているプロの方は、そうはいかない。

日本語環境の実装に泣かされるわけだ。

で、なんでグヌールートデビアンを入れる気になったかといえば、どうやら、CUI環境で使えそうだというメリット(!)があるらしいという記事を見つけたから。

(Guide: Installing and Running a GNU/Linux Environment on Any Android Device)
https://www.xda-developers.com/guide-installing-and-running-a-gnulinux-environment-on-any-android-device/

英語の記事なんだが、比較的新しいのと、画面付きで分かりやすいというのもある。

パッケージは、コンソールベースのパッケージと、Xウインドウのパッケージが分かれていて、なかなか浮沈子にぴったりの感じがする。

コンソールだけ入れて、飽きたらまた、Xウインドウ入れて遊ぼう・・・。

で、さっそく導入してみる。

(GNURoot Debian)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gnuroot.debian&hl=ja

ストアには、GNURootだけというのもあって、どっちか迷ったけど。

記事には、デビアン付きのがインストールされていたので、こっちにした。

理由はそれだけだから、あまり深く考えてはいない。

同じデストリビューションを、1台のタブレットに2つも入れてどーする?(バージョンは、同じ8.7)。

まだ、良く調べていないんだが、記事を読む限りは、デビアンノールートと同じようなことをやっているようだ。

(Debian noroot 環境の動作原理について)
http://qiita.com/z80oolong/items/4ef119a6af79a9276a0d

書いてあることの1パーセントも理解できていないので、参考になるかどうかわからないが、出てくる画像が一緒なのでリンクしてみた(そんなことでいーのかあ?)。

インストールし始めて、細かい文字でファイルを展開しているのが分かるが、このコンソールは、アンドロイド側のコンソールなんだろう。

文字の色や、サイズなどを細かく設定できる。

十分じゃね?。

デフォルトでは、黒地に白文字だったが、緑文字にしてフォントもデカくした。

このくらいじゃないとな・・・。

画像の通り、エディタなんて薬にしたくてもない。

edすら、入っていない(まあ、X入れるまでのつなぎだからな)。

スポンサーのクレジットを出したかったので、画面にはないが、もちろん、vimやemacsなんて、あるわけがない。

画面のイメージをキャプチャする方法も分かった。

(画面をキャプチャする方法<REGZA Tablet AT500>)
https://dynabook.com/assistpc/tab/faq/pcdata/720038.htm

今のところ、SDカード経由だが、そのうち何とかしたいな(せめてメール添付とか)。

操作も軽快だし、コンソールの日本語化とか考えなければ、これの方がいいかも知れない。

必要なものは、アプトゲットでいくらでも取れる。

ちょっと、日本語の情報が少ない気がするが、スマホに導入している記事も上がっている。

(AndroidでLinux!root化不要でAndroid上にGNU/Linux環境を構築する方法)
http://ottan.xyz/android-linux-noroot-gui-5690/

デビアンノールートは、ワンアクションでGUI環境がインストールされ、使用者は選択の余地なくxfce4を使うことになるが、グヌールートデビアンでは、デスクトップ環境(LXDEなど)を選択できるところがいいのかも知れない。

(デスクトップ環境)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E7%92%B0%E5%A2%83

2アクションになるのは、その辺を考慮したんだろう。

巷に溢れるシェルを纏って、オリジナルっぽく装うのも洒落ている。

浮沈子は、当分コンソール生活だな。

まあ、いろいろ入れて楽しんでみよう。

それと、そろそろ、シェルスクリプトの勉強を始めなくっちゃな。

生涯、5度目くらいになるかもしれない。

挫折の連続だからな。

まあ、道楽だから、どうでもいいんですが。

しかしなあ、edが入っていないというのは初めて見たな・・・。

LXDE見参!2017年04月21日 14:10

LXDE見参!
LXDE見参!


ったく、1日持たないで飽きてしまったので、LXDEを入れてGUI環境を立ち上げてみた。

延々とダウンロードが続いて、ようやくコマンドプロンプトが戻ってきたときには、昼近くになってしまった。

恐る恐るXServer XSDLを起動させ、クライアント側のコマンドを打つ・・・。

export DISPLAY=:0 PULSE_SERVER=tcp:127.0.0.1:4712

startlxde &

これが、待てど暮らせど、返ってこない。

ここは、気長に待つしかない。

ようやく立ち上がった画面は、しばらく反応が遅い。

じっくりと、プログラムが走るのを待つ。

そろそろいいかと、かねて入れておいたMLTermを起動させると、けっこうちゃんと動く。

ほほう・・・。

しかし、立ち上げに相当時間がかかることを考えれば、GUIで弄るというのは実際問題としては有り得ないな。

夕べから風邪をひいて、体調がすぐれない中のXサーバーの導入というのは、殆ど地獄だ。

ちょっと有り難いページを見つけたので、今後の参考にリンクしておく。

(Androidアプリ「GNURoot Debian」のGUIでの日本語入力表示方法。)
http://ameblo.jp/oitome/entry-12084203630.html

「apt-get install task-japanese
export LANG=ja_JP.UTF-8」

「Android側で端末エミュレータが起動しているので、その画面の
「New 'X' desktop is localhost:○○」」

「VNC Viewerの設定で「ADDRESS」に先ほどの「localhost:○○」
「Password」に「gnuroot」
で「Connect」する。」

何言ってんだかさっぱりだな(ついていけません)。

まあいい。

もう一度立ち上げようと、何回か繰り返しているが、Xウインドウは始まらない。

ったく・・・。

まあ、実用性(?)を考えたら、デビアンノールートが流行るだろうな。

環境によるのかもしれない。

おっと、やっと来たか(浮沈子の環境では10分くらい)。

で、端末エミュレーターを見ても、そんなメッセージはない。

VNC Viewerも浮沈子の端末には対応していないようだ。

まあ、GUI画面を拝めたんだから、良しとしよう。

LXDEのダウンロードと設定を待っている間に、少しシェルスクリプトの勉強も始める。

この世界も、奥が深そうだしな。

ハマらないように、さらっと楽しもう。

(初心者向けシェルスクリプトの基本コマンドの紹介)
http://qiita.com/zayarwinttun/items/0dae4cb66d8f4bd2a337

とにかく、実行して終わるというのは分かった(ふつー、そうです)。

環境設定しては、それで満足して(力尽きて?)、使うことをせずに終わってしまうという、いつものパターンになってきたようだ。

まずいな・・・。

Zenity参上!2017年04月21日 17:46

Zenity参上!
Zenity参上!


LXDEを入れたレグザタブレットは、まんまパソコンである。

タッチパッド付きのキーボードがないと、とてもじゃないが使い物にならない。

まだ、デスクトップの解像度とか弄ってないし、カスタマイズはこれからだが、シェルスクリプトのお勉強を飽きずに行うためには、何か仕掛けが必要だ。

で、この間から目を付けていたZenityという怪しげなソフトを入れる。

もともとグノームのプロジェクトだし、gtk+系のソフトだから、この環境でもきっと動くに違いない・・・。

案の定、インストールしたての環境で、ばっちり動いた。

カレンダーとか、スペリング間違いながら(!)、コマンド単独で表示してみる。

ちゃあんと、コマンドラインに入力される。

この値を変数にぶち込んでやれば、幸せになれる・・・。

(Zenity)
https://ja.wikipedia.org/wiki/Zenity

「ダイアログをコマンドラインやシェルスクリプトから呼び出して表示するためのプログラム」

(シェルスクリプトでGUIのウインドウを表示させる)
https://sites.google.com/site/linuxnomemo/command-shell/zenity

「シェルスクリプトからGUIのダイアログウインドウを表示させて値をシェルスクリプトへ渡したい場合はzenityコマンドである程度の事が出来ます。」

この仕掛けを使って、シェルスクリプトを書けば、対話的に入力を促して、楽しいプログラムになるに違いない。

まあ、ちょっと鬱陶しいけどな。

テキストベースなら、read文でいいものを・・・。

入力値の制御とかが出来るのかどうかは分からない。

データベースでは、個々が命ともいう。

変なデータ食わせられたら一巻の終わりだしな。

まあ、たぶん、そこまでの機能はないのかもしれない。

(Zenity マニュアル)
https://help.gnome.org/users/zenity/stable/index.html.ja

やっぱ、ここが分かりやすいかな。

別に、目くじら立ててスクリプト書くわけじゃなし、生涯で5度目のシェルスクリプトを楽しむには、何かチャラい仕掛けが必要だ。

Zenityって、何か怪しげだしな(銭てぃ?)・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

動作も安定しているし、なんと、デビアンノールートでも使える。

しかも、--entryオプションでは、キーバインドで日本語入力さえできる。

やっぱ、GUI環境なら、日本語入力メソッドの導入に成功したデビアンノールートの方がいいかもな。

CUI環境の軽さと、英語環境で構わなければ、今のところグヌールートデビアンのコンソールの方がいい感じだ。

2つもあると、正直迷うな・・・。

コンピューターリテラシー2017年04月21日 21:34

コンピューターリテラシー
コンピューターリテラシー


最近は、もう、そんなことは言わないんだろうか?。

デジタルデバイドなんていうのもあった。

(コンピュータリテラシー)
http://www.weblio.jp/content/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC

「コンピュータの基礎的な動作原理、機能に対する理解から、キーボードやマウスなどの機器の扱い方、文字入力などの基本的な操作方法、ソフトウェアを用いてデータや情報を演算処理させる方法までが含まれる。」

(デジタルデバイド)
http://e-words.jp/w/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%89.html

「何らかの理由により情報技術の恩恵を受けられない人々は社会から阻害され、より困難な状況に追い込まれてしまう。」

しかしなあ、世の中は、日進月歩だからなあ。

キーボードやマウスなんて、使ってるのはごく一部の人間だけで、ジジババの大部分は固定電話かガラケーで、良くてスマホでラインだしな。

情報を演算させるのは、エンドユーザーじゃない。

ちなみに、浮沈子はパソコンが好きで道楽にしているが、散財の種にこそなれ、何か社会的にメリットがあるわけではない。

むしろ、スマホやSNSを使いこなせず、ブログやメールといった、いささか過去のメディアに頼っている。

情報が入るのが遅いな。

最近になって、ようやくメッセンジャーというのを使い始め、パソコンの前にいる時だけ、受け取れるようになった。

基本的に、スマホは持ち歩かない。

固定電話として、家に置いている(!)。

メールのチェックは、日に一度はするが、忘れることもあるしな。

リナックスのアプトゲットの方は、ほぼ毎日やってるけどな。

だから、コンピューターリテラシーとか、デジタルデバイドとか言うのは、業界や、業界周辺が作り出した虚構なのだ。

フリック入力だけ出来れば、卒論は書けるしな・・・。

まあいい。

コンピューターは道具だから、上手に使えば役に立つ。

だけど、手紙とか、そういうレトロな通信手段が廃れたわけではない。

年賀状の印刷にパソコンを使うという、なんかこう、時代錯誤というか、我が国らしい文化もある。

あけおめメールとかに写真添付すればいいじゃん!?。

それじゃあ心がこもっていないというが、苦労しているのは、相手に合った内容を考えることじゃなくって、年賀状作成ソフトの使い方や、プリンターの設定だったりする(!)。

まあ、どうでもいいんですが。

ハッキリ言えば、道具を使って何をするのかというところが問題で、メル友と繋がりたいのか、ビッグデータをクラウドでグリグリしたいのかを同列に扱うのはいかがなものかということだ。

大体、世の中、偉くなればなるほど、低次のデータ処理から離れていく。

情報を集約して、解析して、戦略を立て、戦術に落とし、実行部隊を指揮し、失敗は切り捨て、成功に限りなく投資し続ける上で、最も重要なのは人間だ。

技術の進歩は、低次の情報の処理には有効だが、高次の判断には向かない。

少なくとも、今までは。

イノベーションを捉えたり、シンギュラリティを予想するには、既存の手法じゃダメだったわけだ。

浮沈子の目の前にあるレグザタブレットは東芝製だが、米国における原子炉建設に足を取られて大変なことになっている。

東芝といえば、世界初の日本語ワープロを作った会社だ(まあ、日本語だからな。他の国では作らんだろう)。

(JW-10)
https://ja.wikipedia.org/wiki/JW-10

「日本の東芝が発表し、翌年2月に出荷開始した世界初の日本語ワードプロセッサである」

川崎にあった東芝の博物館で、浮沈子も拝んできた。

(ツアー)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2014/10/29/7477312

「しかし、日本語ワープロの原点であるJW-10の実物を間近に見ることができたのは良かった(画像参照)。 」

もう、3年近くも前になる。

「JW-10が発表された9月26日は「ワープロの日」として制定されている」

ホントかよ・・・。

まあいい。

つまり、あれだな、コンピューターリテラシーがいくらあったって、肝心なところで踏み間違えればおしまいということだ。

そうならないためのスキルというのは、人間としての判断や、振る舞い方を磨くしかない。

成功ばかりではない世渡りの中で、切磋琢磨し、騙しや脅し、蒸かしや虚構に塗れながら、的確な判断を積み重ねていくしかないのだ。

その上で、年賀状印刷出来たり、ラインが出来ればそれに越したことはない。

その程度の話だろう。

ましてや、アンドロタブレットに、デビアン入れてゼニティするなどというのは、論外中の論外だ。

Xサーバーのスクリーンの設定を変えながら打ち込んでいるこのブログも、世渡りには何の足しにもならない。

インターネットで情報を集め、アプトゲットで手に入れたプログラムを使って、いくらコンピューターリテラシーを発揮しても、デジタルデバイドは解消されない。

メールを読み、電話を掛け、インターネットに繋がったパソコンのキーボードとマウスを如何に操ろうとも、その先には何もない。

AIに真っ先に取って代わられるのは、そういう中途半端なスキルの人々だろう。

もともとコンピューターなどとは無縁に生きてきた世界中の人々が、一斉に不幸になるわけじゃあないのだ。

そんなもんに頼らずに、逞しく生きることが大切だ。

人様との生の繋がりを大切にして、大胆に、かつ、誠実に生きることだ。

道具を使う人間が問われている。

人間リテラシーが重要だな。

そうでないと、アナログデバイドになる。

いくらキーボードが速く打てても、マウスのクリックが乱打できても、コンピューターは救ってはくれない。

まあ、最近は、AI美少女とかが救ってくれるようだがな。

(俺たちの未来がやってきたぜ! 「恋人に近い会話能力を持つ美少女キャラ」のAIアプリ登場)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/20/news115.html

「「古瀬あい」は美少女ロボットで、3日間しか記憶が持たないという、ちょっぴり切ない設定。」

3日も持つのか!。

「4日目以降も機能を維持するには、クラウド利用料がかかります。」

浮世の沙汰も金次第、か・・・。