1本足りないタコ星人2017年05月19日 07:09

1本足りないタコ星人
1本足りないタコ星人


今日、封切りになるというSF映画。

(映画『メッセージ』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督にインタビュー:「何らかの地球外生命体はいると思う」)
http://www.gizmodo.jp/2017/05/message-denis-villeneuve-interview.html

原作があるんだそうだが、読んではいない。

(あなたの人生の物語)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E

「ルイーズ・バンクス博士は人類とのファーストコンタクトを開始した放射相称の肉体を持つエイリアンとのコミュニケーションを取るために軍から協力を求められる。物語を通して彼女の娘の思い出が語られる。」

いろいろネットで調べると、ただのSF映画ではないことが分かる。

邦題のメッセージというのも、臭いタイトルだな。

コンタクトという映画があって、浮沈子は昔映画館で観たんだが、余りのつまらなさにがっかりした。

たぶん、今回もそういうことになるんだろう。

きっと観に行く。

手堅い俳優を選んでいる。

アカデミー賞クラスがゴロゴロいる。

演技で落胆することはなさそうだ。

CGで描かれた「ばかうけ」も、なかなかの迫力のようだ。

冒頭の引用記事の中で、監督が洒落たことを言っている。

「監督は宇宙人、地球外生命体は現実に存在するとお考えでしょうか?」

(中略)

「「いるかもしれない」という可能性こそが美しくありませんか?」

宇宙人どころか、地球外生命の存在を認めない浮沈子にも、ちょっと響く言葉だ。

そういう感性なら許してもいい。

その美しい可能性を映像を通して語る。

まあ、それを使って語りたいことが、限りある人生の目的だったりするというオチ(!)なんだろう。

日本では受けない映画だ。

SF使った浪花節(?)。

米国人は好きだからな、こういうの。

逐次実行型のプログラミング言語を勉強している最中の浮沈子にとって、物語の中に出てくる宇宙人の言語は魅力的に映る。

書く順番を間違えると実行できないなんて、とても高級言語とは言えない。

自然言語だって、倒置とかするじゃん!?。

そこんとこ、良きに計らってくれなくっちゃ・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

身体的特徴が思考に影響を与えるというのは、ありそうな話だ。

この映画に出てくるタコ星人は、何喰って生きてるんだろうな。

んでもって、どこから排泄してるのか・・・。

まあいい。

あっちの方は、どうやるのか(子供は、分かんなくていいです!:やっぱ、交接腕とかあんのかな・・・)。

浮沈子的には、映画の主人公の人生の物語よりも、タコ星人の人生(つーのかあ?)の方が気になるんだがな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック