問題のすり替え2017年06月23日 09:15

問題のすり替え


それは、つまり、こういうことだ。

地球外生命が存在する可能性がある星がある。

あんな条件や、こんな条件が整っている。

地球にも、同じような条件の場所があって、そこには生命が存在する。

だからきっと、遠い星にも生命はいるに違いない・・・。

ちょっと待ってくれ!。

地球上にある、その環境で生命が誕生して、以来40億年間、ずーっと進化を遂げてそこにいるなら、分からないではないが、そういうのってあり得る話とは思えないしな。

また、そういう環境に材料入れてグツグツ煮立てて生命が合成できたという話もない。

いやいや、宇宙は生命に溢れていて、遠い星の生命も、さらに遠い宇宙から漂ってきた生命が定着して繁栄しているに違いないとか。

地球の生命だって、最近では、地球上で誕生したのではないという話まである。

もう、じゃあ、そもそもの初めの生命は、どこでどうやって出来たのかという話になる。

そりゃ分からん・・・。

話にならんじゃないの!。

今のところ、常識的には、生命は地球でだけ生まれ、宇宙には他の生命はいないというのがまともな答えだ(浮沈子は、そう信じている)。

科学者の一部には、そうじゃないという人もいるかも知れないが、地球外生命の存在を確認したという話は聞いていない。

だからといって、全くいないという証明は不可能で、可能性としてはいるということにしておくのが無難だ。

地球外生命の存在を証明するのは簡単だ。

どこかから流れ着いてくるやつを捕まえて、ほれ、これがそうだと示せばいい。

ややっこしいのは、地球上から宇宙空間に舞い上がってしまうやつを、どう区別するかだが、似たようなのが地球上にいるわけだから、時間を掛ければわかる道理だ。

もう一つは、宇宙の中(地球を含む)で、普遍的に生命が誕生するプロセスを示して、必要十分条件を満たす星を特定すればいい(少なくとも、地球は有力な候補だ)。

必ずしも、人工的に生命を誕生させられなくてもいいが、それが出来なければ、その必要十分条件の正当性を示すことは困難だろう。

ド素人に納得させることは難しい。

インスタントラーメンとお湯があれば、宇宙のどこでもラーメンが食えるというような、シンプルな証明がいいな。

重力がないと汁が飛び散るとか、圧力掛かっていないと、お湯が低温で沸騰するとか、そういう次元の低い話は、この際無視する。

冒頭に掲げた、環境と材料があれば生命が自動的に生まれることを前提としたような話は、浮沈子には到底受け入れられない。

水と材料と熱があれば生命が出来るというなら、インスタントラーメン並みの話だが、それが証明されたわけではない。

熱水鉱床周辺の化学合成細菌をベースにした生態系が発見されてから、どうも地球外生命が気軽に存在するという風潮が広まったようで、嘆かわしい。

そもそも、熱水鉱床が生命の起源という話が確定したかどうかも分からない。

1匹でも、地球外からの生命が発見されれば、浮沈子の懸念は吹き飛び、もろ手を挙げて降参するしかない。

また、生命発生のプロセス(条件含め)が解明されて、実際にそのプロセスに従って合成された人工生命が、増殖と進化を始めれば、まあ、それはそれで、宇宙のどこでも、条件が整えば生命が発生しうるという話にはなる。

ちょこっと似た環境があったからといって、生命が存在する可能性があるなどと、軽々しく言って欲しくないな。

その環境で生き延びるであろう地球上の生命がいることと、その環境に、実際に生命がいることとの間には、無限の隔たりがある(ここ、重要です)。

そこをすり替えてしまっては、詐欺・ペテン師の類と同じだ。

([ScienceNews2015]地球外生命の可能性!? 土星の衛星・エンセラダスの海(2015年7月22日配信))
https://www.youtube.com/watch?v=LWSyoniAX-I

「欧米と日本による国際共同研究によって土星の衛星「エンセラダス」に生命を育みうる環境があることが分かり、世界の注目を集めています。」

エンケラドゥスは、液体の海を内部に持ち、水、有機物という材料があり、それを反応させる熱源も持っているということが分かってきた。

土星だからな、ちっと遠いということはある。

将来、サンプルリターンも試みられるかもしれない。

そのほかにも、エウロパとかも有力視されている。

しかし、結局、何も見つからず、太陽系の中で地球だけが実際に生命を育んだという結論になる可能性は高い。

人類が行っている地球外生命探査は、人類がこの宇宙の中で孤独な存在であることを確認し続ける作業にほかならない。

むろん、それで困ることは何もない。

地球外生命がいないという証明が不可能である限り、探査をやめてしまうという理由もないからな。

食いっぱぐれることはない。

可能性は常にある。

地球外生命を発見できれば、人類の知識は、重大な修正を迫られることになるだろう。

当分の間、その心配はないし、浮沈子は、それは有り得ないと思っている。

化学進化で生命誕生の全プロセスを解明するか、まごうことなき地球外生命体を発見するか。

宇宙は不思議に溢れているからな。

生命の誕生だって、異次元の世界の話かもしれないしな。

暗黒物質や暗黒エネルギーが作用しないと、始まらなかったりするかもしれないしな。

我々の知識は、宇宙のごく一部の領域に限られている。

その謙虚さは、常に必要だ。

その意味では、何が起こってもおかしくはない。

水と有機物と熱という限られた条件で、遺伝子とタンパク質をベースにした生命のモデルを探すというのは、ひょっとしたら重箱の隅をつついているようなものかもしれない。

人類が地球外生命体を探すという行為は、単なる捕食行動に過ぎず、従属栄養生物の本能で動いているだけなのかもな。

しょぼい話だ。

宇宙には、高エネルギーの放射線が飛び交っているから、こいつを餌にすることが出来れば、何不自由なく生存することが出来るかもしれず、異次元を操って時空を超えることが出来れば、宇宙のどこへも瞬時に移動することが出来る。

SFのネタが尽きることはない。

有難いことに、そういうヘンタイ宇宙生命は、まだ認識されていない。

そんなもんに自由に飛び回られたら、地球外宇宙生命の探査という、業界維持のモチベーションも消し飛んでしまうような気がするんだがな・・・。

しんかい120002017年06月23日 10:58

しんかい12000
しんかい12000


浮沈子は知らなかったんだが、しんかい12000というのが企画されているらしい。

(しんかい12000)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%8B%E3%81%8412000

「水深1万2000mまで潜航可能な次世代船の構想が進められている」

「海洋研究開発機構は2020年代後半の完成を目指している」

「耐圧殻は、厚さ5-10センチの強化ガラス製耐圧球と、チタン合金製の耐圧球を1個ずつ採用。前部の耐圧球をガラス製にすることで、視界を広げる」

「後部の耐圧球には、ベッドやトイレを有する休憩室を確保し、最長2日間の潜航が可能になるほか、ここにも観測窓を設ける」

「従来は操縦者2人・研究者1人の計3人のみだった搭乗者を、6人乗りでうち4人が研究者にすると言う案がある」

うーん、だんだん豪華絢爛になっていく感じだな。

(地球最後の秘境・深海はどんな世界? - 超深海をめざす「しんかい12000」)
http://news.mynavi.jp/series/shinkai12000/001/

「水深6000m以下の「超深海」は、光が届かず水圧1000気圧を超える過酷な世界。」

6000mが、なんでいきなり1000気圧になるかというのは、思いっきり突っ込みたくなるんだが、そこは本質ではない。

マイナビにそこまで期待するのは酷というものだ(そうなのかあ?)。

圧力がとても高くなるということの、比喩的表現と理解すべきだろう。

まあいい。

「長年培われてきた日本の技術を次の世代にどう渡せるか。技術屋としての使命があります。」

浮沈子は、別に技術の継承が途切れてしまっても構わないと思っているが、そうではないという考え方を否定するつもりはない。

ブラウン管というのを用いた画像表示装置が地球上から絶滅したり、磁気テープを巻き取った媒体使って音声などを録音再生する技術は途切れてしまうだろうが、一向に問題はないだろう。

深海に、有人探査艇を送り込めなくなったって、無人探査艇があるから、差し支えないというのは健全な考え方だと思うんだがな。

「研究者がマリアナ海溝の泥を採取して調べたところ、水深6000mの泥よりも1万mの泥のほうが酸素の消費量が多い。水深1万mに我々の知らない生命圏が広がっているということです。」

そこに(底に?)、有人探査艇を送り込む必要があるというところも、納得がいく説明はない。

単に、技術的挑戦と、研究者の「僕も行きたい」欲求を満足させるための豪華客船(?)というだけの話じゃないのかあ?。

「写真ではなく、現場に人間が行くことで、それまでの知見に加えて五感とインスピレーションによって発見をすることはままある。その場に研究者を運ぶことが大事なのです。」

第六感を働かせるために、現場に研究者を送り込む必要があるという説明に、浮沈子は到底納得できないんだがな。

「ガンダム」型:有人潜水調査船
「鉄人28号」型:無人探査機(ROV)
「鉄腕アトム」型:自律型無人探査機(AUV)

まあ、どうでもいいんですが。

詳細は記事を読んでもらいたい。

浮沈子が抱いた感想は、やはり無人機先行ということになるだろうということだ。

鉄腕アトム型だな。

人間を乗せなくてもいいわけだから、その分をバッテリーや観測器材に充てることが出来る。

観測時間の自由度も増すわけだ。

全周カメラを配置して、研究対象の選定もAIが行う。

解析もその場で行い、意味のある成果を持ち帰るということだな。

「今ある技術でやったら10年先にはもう古びてしまいます。」

センター長の言う通りだろう。

人間を乗せて深海に潜るという構想は、既に過去のものだ。

どんな技術にも絶対はない。

今までは、運が良かったと思うべきだな。

超深海という用語も初めて知った。

(深海)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E6%B5%B7

「海の垂直区分:
表層(epipelagic):200mまで
中深層(mesopelagic):1000mまで
漸深層(bathypelagic):4000mまで
深海層(abyssopelagic):?
超深海層(hadal zone / hadopelagic)?」

本文には、異なる区分も出てくる。

「中深層 200 - 1,000 m
漸深層 1,000 - 3,000 m
上部漸深層 1,000 - 1,500 m
下部漸深層 1,500 - 3,000 m
深海層 3,000 - 6,000 m
超深海層 6,000 m 以深」

まあ、とてつもなく深いところという話だ。

月面には20人くらいが降り立っているが、1万メートルに達した人類は、それよりも少ない。

そこに到達すること自体が、冒険だしな。

話の中にも出てくるように、圧力的にキビシー環境であることは間違いない。

寒いし、暗いし、ダイビングには不向きだ(環境圧では、とても潜れません)。

しんかい12000が実現したら、とてつもない発見が行われるかも知れない。

逆に、何も出ないかも・・・。

浮沈子が見るに、技術的チャレンジの方が健全な動機のような気がするな。

なぜ深く潜るのか。

昔、フィリピンのピザ屋で、イントラに聞いたことを思い出す。

「行けちゃうから。」

究極の名答だな・・・。

浮力体2017年06月23日 12:36

浮力体


市川の國富のプールで潜った話は既に書いた。

昨日潜り終わってから、水面で器材を脱ぐ練習をする。

なにしろ、ふつーのBCって、慣れてないんで・・・。

何事も練習が肝心だな。

メタリコン8リッターでは、残圧60といえどもBCに相当入れないと水面では沈む。

つーことは、2kgのウエイトを付けている浮沈子の身体は、水面では浮いていることになる。

水深が深いところでは、BCに給気しているので、あるいは身体が沈み、BC・タンク系で浮かせているのかもしれない。

とにかく、淡水の水面では、浮こうとする身体を上から押さえつけて沈めていたということになる。

海水のアルミタンクでどうなるかは分からないな。

ウエイト8ポンドでは、BC脱いだら沈みそうだしな(浮いてたりして!)。

ロタでは、サイドマウントで潜っていたので、BCは水中では脱がない。

タオ島では、初めての体験をすることになる。

沈む器材に浮く身体という関係は、インスピでも同じだった。

重い器材に上から押さえつけられて潜る。

久々に、その感覚を確認した。

もちろん、インスピだって、水深が深くなればBCに給気してプラス浮力になっているんだろう。

純正のスチールタンクでしか潜っていないので、アルミにしてどうかというのは分からない。

アルミタンクの耐圧検査が終わったら、ちょっと試してみようか。

さっき書いたしんかい12000の引用記事の中にも、浮力体の話が出てくる。

(3 実現に向けて始動! 最大の課題は「ガラス球」)
http://news.mynavi.jp/series/shinkai12000/003/

「―浮力材を積んで浮かせるという6Kのシステムの考え方は変わりませんか?」

「磯崎:基本的に同じです。ただガラスは軽いので、浮力材が少なくてすみます。浮力材が少なくてすめば全体がコンパクトになりますね。」

この浮力材というのは、微小ガラス球を樹脂で固めたもので、ハイテク技術の塊だ。

(「しんかい6500 」用浮力 材の開発 について:追加)
http://www.godac.jamstec.go.jp/catalog/data/doc_catalog/media/shiken23_05.pdf

深度によって浮力が変わることはない。

しんかいなどの探査艇はバラストを積んでいて、それを投棄して浮上する。

ウエイト捨ててきちゃうわけだな。

1000m位までの浅い(!)深度の探査艇は、違う仕掛けかも知れない。

浮沈子の記憶が確かならば、バラストの投棄は、電源オフで行うようになっているはずだ。

つまり、何かの不具合があって、電力が失われた場合は、自動的におもりを捨てて浮上することになる。

ダイバーも、緊急時にウエイトを投棄する練習をするんだが、こっちは環境圧だからな。

そのまま吹き上げられれば、ひとたまりもない。

浮力のコントロールは、ウエイトとのセットで考えなければならない。

そこに、深度による変化と、動的制御が加わる。

消費されたガスの分、軽くなるというのもあるしな。

探査艇のようなのは、循環型の呼吸システムを積んでいると思われる。

つまり、リブリーザーの呼吸回路の中にいるようなもんだ。

二酸化炭素を除去するためのソーダライムも積んでいるんだろう(未確認)。

記事の中では、酸素タンクを外部に出すような設計を模索しているようだが、人数が増えて長時間の潜水では、循環させているとはいえ、純粋な消費量もバカにはならないだろう。

周りには溶存酸素や、水素と結合した酸素(つまり、水)はたくさんあるんだがな。

それらを利用するには、現状では莫大なエネルギーが必要だ。

未来の潜水艇は、その辺りも何とかするに違いない。

まあ、どうでもいいんですが。

水中に浮かび続けるためには、浮力の調節が欠かせない。

それは、浮力体の構造にもよるが、深度によって変わっていく。

その他にも、考慮すべき事柄があり、トータルの重量とバランスも重要だ。

潜水艇では、おそらくグラム単位で管理しているだろう。

トリムの調整とか、どーしてるんだろうか?。

いつか、調べてみなくてはいけないな・・・。

よく見れば2017年06月23日 22:37

よく見れば
よく見れば


ファルコン9の2度目の再使用打ち上げが近づいている(これを書いている時点で、あと5時間くらい)。

再使用に気を取られて、打ち上げられる衛星のことについては、あまり気にしていなかった。

(BulgariaSat-1)
https://en.wikipedia.org/wiki/BulgariaSat-1

「BulgariaSat-1は、ブルガリア軌道上の地上静止衛星の歴史の中で初めてのものであり、バルカンと他のヨーロッパ地域に直接サービス(DTH)テレビサービスとデータ通信サービスを提供するように設計されている。」(自動翻訳のまま)

まあ、ふつーの通信・放送衛星ということになる。

この衛星をブルガリアが上げるということ自体は、特記に値するかもしれない。

(ブルガリア:経済)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%A2#.E7.B5.8C.E6.B8.88

「2010年のブルガリアのGDPは約448億ドルであり、日本の青森県とほぼ同じ経済規模である」

青森県が通信衛星上げたら、大ニュースでしょう!?(青森県の関係者の方、他意はありませんのでご容赦を・・・)。

我が国との貿易は、輸入・輸出とも100億円程度で、あまり深い関係はない。

が、よく見れば、浮沈子の目の前には、ブルガリアの文字が印刷されたアイテムが置いてある。

(明治ブルガリアヨーグルトLB81低糖180g)
http://catalog-p.meiji.co.jp/products/dairies/yogurt/020201/49720471.html

まあ、どうでもいいんですが。

さっき買ってきて、食べ終わる頃に気づいた。

(BulgariaSat-1 Mission)
http://www.spacex.com/sites/spacex/files/bulgariasat1presskit.pdf

よく見れば、ミッションパッチの背景の色遣いは、ブルガリアの国旗になっている。

ほほう・・・。

まあ、初めての打ち上げということで、星は1つだがな。

四葉のクローバー、ドローン船、打ち上げ場所であるフロリダ州が強調されたデザインだ。

なけなしの金をはたいて、もう、思いっきり背伸びをして静止衛星上げるんだからな(そうなのかあ?)。

ファルコン9には、是非とも成功してもらいたい。

衛星自体は、米国製だ。

「BulgariaSat-1 is a geostationary communications satellite built by SSL in Palo Alto, Calif.」

浮沈子は知らなかったんだが、2014年には黒海沿岸のソゾポルというところでリブリーザーショーが開催されている。

(Bulgaria Rebreather Show)
https://www.facebook.com/events/582096548532186/?acontext=%7B%22source%22%3A3%2C%22source_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22action_history%22%3A%22%5B%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22newsfeed%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22feed_story%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A%5B%5D%7D%5D%22%2C%22has_source%22%3Atrue%7D&source=3&source_newsfeed_story_type=regular&action_history=%5B%7B%22surface%22%3A%22newsfeed%22%2C%22mechanism%22%3A%22feed_story%22%2C%22extra_data%22%3A%5B%5D%7D%5D&has_source=1

「(EN) From 26 to 28 June 2014 we organize Rebreather demonstrations : Pathfinder, Megalodon, JJ CCR, Inspiration, Explorer, TRITON MCCR.Everybody can try diving with his chosen brand under the guidance of the instructor Aldo Ferrucci ! Please confirm your participation in advance, within three days of demonstrations we can dive about 20 divers.」(2014年6月26日から28日まで、パスファインダー、メガロドン、JJ CCR、インスピレーション、エクスプローラー、TRITON MCCRのリブリーザーデモを行います。インストラクターアルド・フェルッチの指導のもと、選ばれたブランドでダイビングを試みることができます。 デモンストレーションの3日以内に約20名のダイバーをダイビングすることができます。:自動翻訳のまま)

まあ、知らなくて当然か。

ブルガリアに、こんなダイブサイトがあるとは知らなかったな。

機会があったら(たぶん、ないと思うけど)、潜ってみても面白いかも・・・。