台風5号消える2017年08月09日 05:55

台風5号消える


台風5号は、午前3時に温帯低気圧になった。

やれやれ・・・。

19日には届かず、18.75日で消えたことになる。

歴代3位の長寿台風となった。

その原因は、日本付近のこの夏の気圧配置にある。

高気圧帯が北の方に出来て、台風の北上を阻み、同時に偏西風が弱く、北側にあるために台風の動きが遅くなって長寿化したわけだ。

屋久島の辺りで方向を転換してからは、まあ、速度は遅いがふつーの経路を通った感じだ。

太平洋側の影響は限定的だった。

発生から20日近く、ずっと注視し続けてきたが、消えてしまうとなぜか寂しい。

どーせなら、記録更新してもらいたかったような気もするが、自然現象だからな。

そう思惑通りにはいかない。

各地で甚大な被害が発生しており、台風の持つパワーを思い知らされることになった。

地面にへばりついて生きていかなければならない人間にとって、この星の気象というのは避けて通ることが出来ない事象だ。

地下に潜るか、宇宙に上がるかするしかない。

今回は、ISSからの観測も行われた。

今現在、新たな台風の発生はなく日本周辺は低気圧帯になっている。

東京地方は、昨日の昼頃に、988hPaくらいまで気圧が下がった。

今でも993hPa程度だ。

この時期、珍しいのではないか。

何か、異常な感じがする。

台風5号は、その象徴のような感じだ。

しかしなあ、まあ、木星の大赤斑に比べれば、大したことはない。

何百年も続くことはないのだ。

地球の異常気象など、物の数ではないだろう。

安定した穏やかな気候が、この星に多様な生命を育んだ。

生ぬるい時代に繁栄した人類にとっては、ちょっとの変動も堪える。

今日は、今年一番の猛暑になると言われている。

人間の体温を上回る気温になる。

勘弁してくれ・・・。

ソフノダイブ注文2017年08月09日 15:13

ソフノダイブ注文
ソフノダイブ注文


小笠原用のソフノダイブを注文する。

5箱(1箱2本入りなので、10本)。

インスピが動かないときのことを考えて、全部ポセイドンでも対応できる体制を取る。

逆もあるしな。

インスピ用のソフノライムは、神田で入手可能だ。

20kg一缶あれば十分だろう。

着々と進む準備。

酸素とディリュエント以外は、タンクも含めて全て持ち込む。

ベイルアウト用のタンクは用意してくれるようだ。

考えてみれば、もう、来月の話になっている。

タイから帰ってきたら、速攻で荷物を送らなければならない。

くそ暑い中、今日は電車でフィットネスに行った。

最高気温は12時過ぎに37.1度を記録したという。

べらぼーめ・・・。

午後2時の気温は、少し下がって(!)35.2度だそうだ。

表にいると、頭がボーっとしてくる(まあ、いつものことですが・・・)。

水泳教室では、バタフライのキックを徹底的に練習する。

第一キックと第二キックは、形は同じだがタイミングと体勢が違うと教わる。

大塚センセのお手本では、第二キックは、相当遅いタイミングで打っている。

上半身が浮上体勢になって、足が下に下がった時に打つ。

手が付くと、そのタイミングで浮上できるわけだな。

浮くためのキック。

関節の自由度がない初心者向け(つまり、ジジババ向け)の教え方になる。

第二キックのタイミングと、手の回し方のタイミングをシンクロさせないと、空中を腕がブン回ることはない。

今日は、まだ、手は付かなかったが、意識はさせられていた。

来週は、いよいよ手が付くことになる(たぶん)。

蝶は、華麗にはばたくことができるのか、芋虫のまま、水中をはいずり回るだけになるのか。

今日の感じだと、第二キックの後、完全に頭が出るところまで行ったから、腕で搔いていれば、肩が水面に出ることは間違いない。

そこから腕が回るかどうか。

左肩の痛みが、今年の春先から続いていて、寝返りを打つたびに目が覚めている。

平泳ぎならそうでもないが、クロールは用心しながら掻いている。

バタフライの手は、両手で同時にクロールしてるようなもんだからな。

鍵穴のような形を水中に描かなければならない。

陸上でやろうとすると、肩がゴリゴリと音を立てる(実際に音はしませんが)。

まあいい。

それは、来週の話だ。

涼しいレストランで、暑さを避けながら書いている。

天井に反射して、離れた席の話し声がハッキリ聞こえる。

高らかな笑い声、にぎやかな会話・・・。

素敵な時間を過ごしているに違いない。

そろそろ部屋に戻って昼寝でもしようか。

水泳教室の後、少し泳いだ。

平泳ぎとクロールだけ。

ゆっくり、確認するように泳ぐ。

ババ達は、浮沈子の水着が変わったことは気にも留めなかったようだ(ホッ)。

今日は、生徒さんは8人。

人数が多いから、少しは楽が出来るかと思ったが、全員やる気満々で、消費カロリーはいつもと同じだ(水泳教室用の活動量計を着けている)。

450kcal。

脈拍だけ見てるからな。

たぶん、テキトーだ。

普段の水泳で、どのくらい消費しているかは分からないが、たぶん同じくらいかもしれない。

少なくとも、倍は消費したいんだがな。

体重は、1kg戻ってしまった。

水分補給をこまめにしていたから、その程度の誤差は出る。

運動で減る分など、僅かなものだ。

今朝はハムエッグ朝食。

割引券とセットメニューで、410円で暖かいドリンクバーも付ける。

しかしなあ、ハムエッグに味付け海苔とみそ汁というのはなあ・・・。

ご飯だし・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

食後にカフェモカ啜りながら、今日の英気を養った。

バタフライか。

夏の泳ぎだな。

まだ、芋虫のままだけどな・・・。

使わないという使い方2017年08月09日 22:07

使わないという使い方
使わないという使い方


原子核分裂のエネルギーを解き放ち、人類の幸福のために使うことについては、浮沈子は反対ではない。

その技術が未熟であるとか、兵器として使えるからという話は、その次の話だし、どんな技術にしても、最後はそれを使う人間に委ねられる。

まあ、そのうち、AIが決めることになるかもしれないけどな。

そのAIに決定を委ねるのも人間だ。

72年前、広島に落とされた原爆は、人類が兵器として人類に対して初めて使用した。

その3日後、長崎に落とされた原爆は、人類が兵器として人類に対して最後に使用した(今のところ)。

僅か3日の間に、2度の使用。

それから72年間。

まるで、そんなことなどなかったかのように、時間が過ぎていこうとしている。

その惨状は、様々なメディアによって伝えられているが、実際の様子はなかなか伝わらないに違いない。

世界で初めて核兵器を開発し、実際に使用した米国は、現在でも先制使用を否定していない。

ロシアは、つい最近も、核兵器の使用を大統領が許可している。

隣の国では、いつでも使うぞと威勢がいい。

72年間、一度も使われることなく、使用しないという使い方しかされていない兵器。

そのアットーテキな破壊力、生命に対する非人道的な苦痛を長期間に渡って与える特性から、使用することを躊躇う程の威力を有する。

我が国は、その核兵器の威力を頼って、国土を防衛している。

そんな無茶な論理が、堂々とまかり通っている。

核兵器の破壊力、非人道性を世界中に知らしめるということは、その兵器による抑止力を高めることに繋がる。

国際社会で、法的に使用を禁止しようという動きが生まれるほど、それは功を奏した。

ちょっと、効き過ぎたかもしれない。

使える兵器を使わないからこそ、効果があるわけで、使えない兵器にしてしまったら何の役にも立たない。

米国は、今でも、核兵器を積んで世界中のどこでも使用することが出来る戦力を維持している。

ロシアも、おそらく同じだろう。

それ以外の核兵器保有国は、限定された攻撃力しか持っていない。

軍事評論家といわれる人々は、例えば北朝鮮に対して核使用はないという前提で考えているようだが、それはどうかな。

通常兵力だけで、消耗戦を行うことの方が考えづらいような気がする。

戦争になれば、使わないという選択肢はない。

グアムのアンダーセンには、B-2爆撃機用のハンガーが備えられている。

通常配備されているのは、核兵器搭載能力がないB-1だが、B-2を送り込むことは可能だ。

また、常駐しているミズーリ州の基地から、無着陸で送り込むことも可能とされている。

長崎が、最後の被爆地であるのは、風前の灯火かもしれない。

もちろん、そういう事態になる前に、何らかの手が打たれてしかるべきだろう。

戦争など、金輪際御免被りたいし、米国が核攻撃に及ぶという事態は、それ以前に何らかのアクションが起こされていると想定するのが自然だ。

今現在、米国は、実際の戦争を想定した動きにはなっていないし、周辺諸国にも、その危機感は乏しい。

核兵器は、今のところ、使わないという使い方しかされていない。

永遠にそうあって欲しい。

その中で、何等かの道を見出して、核兵器を廃絶することが出来れば、なおいい。

そんなもんを使わなくても、戦争なんて他にいくらでも手段はある。

戦争しろといってるわけじゃない。

ドンパチせずに、落としどころを見出せるのが一番だ。

そういう解決方法は、双方に満足を与えない。

それは仕方ない。

我が国に向かって、何十発ものミサイルをぶっ放している国だって、戦争など望んではいないだろう。

やったら最後だってことくらい、分かっているはずだ。

核弾頭を小型化して、ICBMに詰め込んで打ち上げることが出来たとして、高高度核爆発でインフラを破壊して相手国を壊滅させることは可能だ。

様々な電子データが消え去り、経済は破綻、インフラも再建には時間と金を要する。

戦時モラトリアムを適用しても、国際社会の協力がなければ再建は不可能かもしれない。

その程度の攻撃は、想定の範囲内だ。

物騒な話になった。

核戦争がいつ起こってもおかしくない時代になった。

冷戦後の核の拡散が、我が国の近所に緊張をもたらしている。

それは、使いわないことを前提にした核兵器ではなく、使われることを想定した兵器という形をとる。

米国のB61-11も、使うことを想定した実戦兵器だ。

それは、いつでも使用できる状態で実戦配備されている。

それは、北朝鮮がICBMで核弾頭を飛ばすことより確かだ。

架空の話じゃない。

そういう時代になって、そういう状況の中で、72年目の長崎を迎えている。

長崎が、人類最後の被爆地として記憶され続けることを願わずにはいられない。

その願いが砕かれる日は、やっぱ来てしまうんだろうか?。

来年か、再来年か、それとも100年後か。

そんな日が来ないようにするためにも、その記憶を留め続けなければならないんだろう。

忘れていいことと、忘れてはいけないこと、忘れたくても忘れられないこと。

思いだけが巡って、記憶は遠く微かになっていく。

72年間、核兵器を使わずに済んだというのは、人類の知恵かもしれない。

或いは、単なる偶然か。

人類は、何度も核兵器を使用する寸前までいってるしな。

朝鮮戦争の時も、ベトナム戦争の時も、キューバ危機の時にも、一触即発の状況があった。

さっきも書いたが、ウクライナ紛争の際にも、核兵器の使用が想定された。

最近は少し落ち着いているけど、中東でイスラエルが使用すれば、原発反対とかいう寝言は言ってられなくなるしな。

インドやパキスタンも危ない。

客観的に見れば、北朝鮮よりも、これらの国々の方が使いそうな気がする。

使いそうもないのは、英国、フランス、そして中国。

まあ、中国は、この先どうなるか分からないけどな。

先制不使用宣言は、とっくに取り下げたようだしな(異論多し)。

まあ、どうでもいいんですが。

だらだら書いたが、結局、核兵器なんて使用しないで、鉄砲とか大砲でドンパチやるのがちょうどいいかも知れない。

それだって、やらずに済むのが一番いい。

AIが、双方の国力を冷静に判断して、公平なジャッジを下すようになれば、戦争なんてなくなるんじゃないのかあ?。

まあ、中国は、AIを再教育するかもしれないしな。

中国共産党を批判するなど、もってのほか!。

平和が一番だな。

我が国は、戦後72年間、なんとかドンパチせずに済んできた。

間接的には、いろいろあったけど、少なくとも自ら進んで当事者にはならずに来た。

国家としての体裁とか、そういうことじゃなくって、国民の幸福を第一に考えてもらいたいもんだ。

その意味でも、核兵器への依存というのは、大きな問題だろう。

自ら保有することなく、その威力を借りて平和を維持するというのも、何かずるい気がする。

ずるくてもいいけど、それに依存せずに平和が維持できれば何よりだ。

その方策を見出す知恵を働かせて、使わないという使い方を変えていくことが出来れば、なおいい。

剃刀の刃の上を渡るような感じだが、どっちに傾くかはビミョーだ。

永遠に続けられる政策ではないだろう。

希望的観測は別にして、浮沈子は、100年後まで長崎が最後の被爆地になる確率は、かなり低いと見ているんだがな・・・。