コアなスタンプ2017年08月17日 08:00

コアなスタンプ
コアなスタンプ


夏休みの風物といえば、風鈴、朝顔、スタンプラリーと決まっている(そうなのかあ?)。

早期退職してぶらぶらしている浮沈子は、毎日が夏休みだ(まあ、夏だけですが)。

昨日、日本航空のハンガーを見学に行った記念に、展示コーナーにあったスタンプを、中綴じのパンフレットのページにべたべたと押す。

お土産とか、一切買わず、記念品は入場パスのストラップと、このスタンプ押したパンフだけ(出口で「AR体験!とびだす絵本」つーのも、貰いましたが)。

画像では分かりにくいが、左上の緑のスタンプに描かれているのは、ボーイング787。

(ボーイング787-8)
https://www.jal.co.jp/aircraft/conf/787.html

実物をよく見ると、主翼先端の形状、エンジン後部の波型の切り欠き(シェブロンノズル)が判別できる。

左下のオレンジ色のスタンプは、エンブラエル170。

(エンブラエル170 EMBRAER170(E70))
https://www.jal.co.jp/aircraft/conf/e70.html

翼端のウイングレット、少ない客席の窓が特徴。

真ん中の青いスタンプは、ボーイング737(そう書いてあるしな)。

(ボーイング737-800(738/73H))
https://www.jal.co.jp/aircraft/conf/737.html

ウイングレットが付いているので、ダッシュ800だと分かる。

右の2つは不明だが、767か777ということにしておこう(窓が多い、ウイングレットなし)。

(ボーイング767-300(767))
https://www.jal.co.jp/aircraft/conf/767.html

(ボーイング777-200(777/772))
https://www.jal.co.jp/aircraft/conf/772.html

767と777は、複数のバリエーションがあるが、てきとーに選んだ。

工場見学のご案内をしていただいた江端さんによれば、777は、あと2、3年で売却してしまうそうだ。

後継にはA350が導入される予定とのこと。

(だからJALはエアバスに乗り替えた)
http://toyokeizai.net/articles/-/21145

「JALが発注した31機の内訳は、「A350―900」が18機、「A350―1000」が13機。25機のオプションについては、今後の事業環境や需要を見極めたうえで行使の有無、機種を決める。」

「当社の要望にA350が一番マッチした。具体的に言うと、安全性、品質、サポートなどを含めた経済性、既存機の更新時期。その4点を判断基準として考えた結果だ」

日本航空の選定には、業界に衝撃が走ったようだ。

まあ、B社については、その分、ANAが埋め合わせるんだろう。

そういうことになってる(たぶん)。

利用者としては、優れたサービスを提供してもらえれば、どっちでもいいんだがな。

787(ANA便)は、バッテリートラブルなどでケチを付けたが、石垣行った時の乗り心地は抜群だった。

静かな機内、快適な空調、滑らかな加速・・・。

次世代の航空機の面目躍如だ。

逆に、ANAは、A380の導入に踏み切っている。

(ANA(全日空) 国際線でA380機を導入 ~ANA、ホノルル線へA380導入)
http://travel-west.net/travelinfo/ana-a380-honolulu/

「2019年春からANA(全日空)がA380機を購入し、
国際線のホノルル線に導入する予定」

導入時期が被るな。

日本の空に、国内航空会社のエアバス機が舞うわけだ。

しかし、A380を羽田で見ることはない。

後方乱気流などの理由で、現在、どの航空会社もA380で羽田には入っていない。

今後は分からないが、当分は成田まで行かなければならないだろう。

浮沈子は、A380に乗るために、バンコク行くのに成田から乗ったしな。

まあ、どうでもいいんですが。

日本航空がA350導入したら、見学記念スタンプにも、登場するかもしれないな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック