カムリ試乗2017年08月21日 23:17

カムリ試乗


トヨタのセダンで、FFで、デカくて、日本ではハイブリッドしか売らなくて、330万円からのお車。

いろいろ記事を読むと、なかなかの出来栄えだとあるから、近所のディーラーに電話して、試乗させてもらった。

どうも、電動アシストママチャリで行ったのがいけなかったのか、予定時間の30分以上も前に着いてしまったのがまずかったのか。

昼飯の後だったので、飲み物を断ったのがいけなかったのかも。

どーせ、試乗だけしかしないって、顔に書いてあった(ホントですかあ?)のが、最大の敗因だな。

営業さんは、元整備士の方で、浮沈子好みの話題を延々と話してくれる。

いつになったら、試乗できるのかと思っていたら、店長さんがやってきて挨拶した。

そろそろ、試乗に行けという合図だったのかも。

うーん、トヨタのディーラーって、何となく日本企業の典型みたいなところがあるのかもな。

あ、うんの呼吸というか、マニュアルに書いてない会社の掟というか・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

で、無事に試乗車に乗り込んで、今日こそはワイパー動かさないぞと固い決心!(いみねー・・・)。

クリープやブレーキの感じは、殆ど違和感なく、新型プリウスと同じような感じだ。

(新型カムリのウソみたいな燃費と静けさ。これは大化けするかも)
https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20170724-20103287-carview/

この記事のライターは、本気で感動しているが、浮沈子は可もなく不可もない、ふつーのセダンだと感じた。

実燃費を聞いてみると、17から18kmだという。

まあ、そんなもんだな。

30kmなんて、走るわけない。

20kmいったら、大喜びというところか。

だいたい、クルマがデカい。

全長5m弱、幅は1840mmで、クラウンよりデカい。

クラウンはFRだから比較にならないけど、街乗り、チョイノリ程度なら、ほとんど変わらないだろう。

ちなみに、極秘情報として、マークXは、開発が止まっているそうだ。

(トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止し、中型セダンを新型カムリに集約する理由)
http://autoc-one.jp/toyota/mark_x/special-3321948/

「トヨタがマークXとSAI(サイ)の生産を打ち切り、日本国内での中型セダンは今夏発売予定の新型カムリに集約。」

そういう意味では、我が国における高級セダンのヒエラルキーに変化が起こったことになる。

いつかはクラウンが頂点で、その下のマークXが消え、カムリが登場。

まあ、クラウンは、既に頂点じゃないけどな。

しかし、長く乗るならFFよりもFRという話も出た。

10万キロやそこいらでは分からないが、20万、30万乗ると、フロント荷重が大きいFFは、各所にヘタリが出てくるという。

んなこたぁ、500E乗ってんだから、先刻承知なんだが、国産車のディーラーとしては、気になるんだろう。

4気筒のエンジン音がどうのこうのといっていたが、こういうクルマに、そういう価値観を求める方が間違っている。

4気筒+モーターで、必要十分な加速を得られる。

FFだろうが、何だろうが、それでいいではないか。

例によって、浮沈子は買わない。

生涯、FFに乗ることはないだろう。

さんざん乗ったしな。

ダイハツミラ、パルサー、プリウス、ミニカ、などなど。

普段使いできるふつーのセダンが欲しいなら、お薦めかも知れない。

その代わり、ライバルも多いだろうな。

トランクは、後席の背もたれを倒して長尺物も積めるが、段差が出来る。

そう、後席の下にバッテリーを積んでいるからな。

そういう、セダンらしからぬ使い方をする方が間違っている。

人間と、その荷物を積んで、のんびり楽ちんに移動するためのクルマだからな。

営業所に戻ってきて、ちょっとびみょーなやり取りがあって、結局、見積もりも取らずに帰ってきた。

帰り道の途中にトヨタのお店があったので、CH-Rをついでに試乗させてもらった。

飛び込みで、免許証見せるだけで乗せてくれるというのが嬉しい。

最初見た時に2ドアだと思って、前席を倒そうとしたら、営業さん(おねえさん)が、後ろのドアを開けてくれた。

ハズカシ・・・。

まあいい。

そういうことも、たまにはあるさ。

乗った感じは、さっきのカムリと同じ。

クルマが小さいのと、視界がいいので、乗り易い。

ほぼ、同じコースを試乗して、根っこは同じクルマだと分かった。

このクルマ、ハイブリッドだけじゃなくて、4WDのダウンサイジングターボがある。

雪国対策なんだろうが、遊びグルマとしても面白そうだな。

もちろん、8割がハイブリッドだそうだ。

可もなく不可もなし。

トヨタのクルマは、8割の顧客に評価されればそれでいい。

浮沈子のような、残り2割は、よそへ行ってくれというクルマ作りだ。

カムリは、受け入れられるんだろうか?。

マークXの代わりになるんだろうか。

デカいしな。

クラウンよりデカいFFセダン。

昔、ウインダムというのがあったな。

(トヨタ・ウィンダム)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0

「トヨタ自動車が1991年から2006年にかけて販売した前輪駆動(FF)の中型高級車」

結局、カムリと同じコンセプトのクルマだな。

クルマなんて、ふつーに走しりゃいいじゃん!?。

クルマの価値は、幅と長さだという向きには、ぴったりだ。

最近流行りの安全装備も、ほぼテンコ盛り(一部、メーカーオプション)だしな。

せっかくカタログをもらってきたんだが、結局見ることはないだろう。

いいクルマだということは分かったが、それ以上でもそれ以下でもない。

時代を画するクルマではないし、そんなクルマを誰も求めてはいない。

トヨタは、売れるクルマを作る。

それだけでいい。

浮沈子は、自分が乗りたい車を乗る。

それだけでいいのだ・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック