とりあえず、水泳教室2017年08月30日 18:34

とりあえず、水泳教室


朝、7時前に羽田にランディング。

なかなか出てこない預託荷物にイライラしながら待つこと30分。

8時過ぎに大井町行きのバスに乗ることが出来た。

9時前には、いつもの吉野家の席に座り、今日はアイスドリンクバー(税込み150円)だけで1時間以上粘った。

帰りの飛行機の中で、映画「ライフ」を途中まで見たが、指をへし折られる直前のところで、やめてしまった。

その代わり、ローガンを見る。

Xメンシリーズのサイドストーリーというか、後日譚のようなやつだな。

ガキども(失礼!、お子様方)が出てくる映画は苦手なんだが、父親と娘という有り勝ちなパターンで、意外にも、結構楽しめた。

が、相変わらず、スプラッター映画だな・・・。

まあいい。

10時半からは、水泳教室。

バタフライの両手回しに挑戦。

今回のバラフライの前にも、2回くらい挑戦していて、肩が水面から出ない状態で没(文字通り?)になっていたが、今日は、一かきだけだが、水面に出た。

伏し浮き
→第一キック
→スカーリングプル
→プッシュプル=第二キック
→リカバリー
→第一キック
→立ち上がり

このパターンを繰り返して、腕の掻きと第二キックのタイミング、リカバリー後の腕の伸びと第一キックの関係を探る。

どーも、あれだな、何というか、呼吸をすることが目的化していて、身体は水面に出るんだが、前に進んでいないと注意を受ける。

第二キックは、浮くためのもんじゃあない。

えっ?、そう言ってなかったっけえ?。

アイクスクリームを舐めるように頭を動かすとか、自分の足が見えるまで、頭を突っ込むとか。

うねりの動作を引き出すコツと、キックとの関連が、実は良く分かっていない。

タイミングのズレだけじゃなくて、蹴り方とか、蹴った後の足のカタチが大事な感じがする。

第一キックの方は、相変わらず、沈むためのキックにしかなっていない。

膝を少し曲げて、どーんと水面を叩いて、盛大に水柱を上げる(得意です!)。

その反動で、頭を突っ込んで蹴った後の足を見る。

そして、アイスクリームを舐めながら、手の先が水面から10cmくらいのところで手を掻き始めて、プッシュプルと同時に、第二キックをかませる。

手は、一応、リカバリーされているんだが、その後をどう続ければいいのか分からなくなって、伏し浮きになってしまい、もう一度、ドーンから始めるしかないのだ。

進まない。

潜り過ぎる。

身体が立ってしまう(第二キックの時に、足が水底に触れている!)。

奥が深いバタフライは、来月も続く。

一応、クロールをやることになっているんだが、クロールをやりつつ、バタフライもやる。

まあ、3回だからな。

タオ島ツアーから帰ってきた当日に、バタフライの練習は辛いものがあるが、水泳教室(初級)は楽しい。

今のクラスは、やる気だけは満々で(何が足りないんだかは、秘密)、全員が張り切っている。

ウォーミングアップで、平泳ぎが苦手の生徒さんが何人かいて、その時はちょっとテンションが下がるが、バタ足や背泳ぎになると、ムキになって漕ぎまくる。

教わっていて上達が感じられるのは、やっぱ、バタフライでしょう!。

1回ずつだけとはいえ、とりあえず、両手回しして呼吸するというところまでは出来た。

来月こそ、25mノンストップで宙を舞って見せよう(無理しない方が、いいんじゃないのかあ?)。

きっと、タイ式マッサージ(450バーツもする、本格的な痛いヤツ)をやった成果かもしれない。

そのタオ島ツアーについては、稿を改めて書く。

しかし、何だな、明日は完全休養しないと持たないな・・・。