お籠りの冬2018年01月14日 00:52

お籠りの冬
お籠りの冬


寒中なれば、寒いのは当たり前だが、毎朝零下の気温を記録し、日中も10度に届かず、左足の脛の傷は癒えず、うだうだと引きこもり状態の冬の日々が流れていく。

やや風邪気味とはいえ、寝込むほどではなく、早朝に起きてネットを徘徊、書くことがあればブログに上げ、なければ、前日の記事を修正、追加など。

二度寝して、昼過ぎには食事に出かけ、帰ってからはまた昼寝。

夕食、夜食の間には、再び寝込む。

寝過ぎじゃね?。

この時期は、妙な夢を見ることが多い。

昔住んでいたところとか、出かけた場所がデフォルメされて出てくる。

怪しげな夢の後は、起きて暫く経ってからも、妙な感じは抜けない。

そう、あれは、夢だったのかしらん?。

浮沈子が好きな話に、胡蝶の夢というのがあって、このブログでも何度か書いた記憶がある。

(さらば現実19)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/05/12/8088530

「浮沈子が、VRに注目している最大の理由であり、このシリーズのタイトルにもしている「さらば現実」というのは、最早、その区別が付け難くなり、夢の世界に生きる人々が出てくるのではないかという問題意識だ。」

(胡蝶の夢)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%A1%E8%9D%B6%E3%81%AE%E5%A4%A2

「夢の中で胡蝶(蝶のこと)としてひらひらと飛んでいた所、目が覚めたが、はたして自分は蝶になった夢をみていたのか、それとも今の自分は蝶が見ている夢なのか、という説話である。」

最近は、何かこの話を地で行っている感じがするな。

昨夜などは、夢の中でバイオリンを弾いていたんだが、弓の毛が切れて、弾くのに邪魔になって取り除こうとするんだが、フワフワしてなかなか捕まえられずにイラついたりするのだ。

とても現実とは思えず(まあ、夢ですから)、不思議な感覚になったのを覚えている。

時には、夢の中で、ああ、これは夢なんだと自覚することさえある。

大海原を大きな船に乗って渡っていく夢もよく見る。

これがまた、木造船という感じで、なかなかユニークな夢見だ。

前世は、きっと船乗りだったのかもしれない。

そのくせ、現世では船酔いするんだがな。

そして、目覚めてはパソコンに向かってマウスをグリグリしたり、こうしてキーボードを叩いたりして過ごしている。

ネットの向こうには、膨大な情報が溢れていて、検索エンジンで探すと、求めるものが得られることが多い。

しかし、それは、ひょっとすると、選別され、意図的に送られてくる夢のようなもので、現実はそれとは別のところで進行していたりするのかもしれない。

夢も、ネット上の仮想空間も、脳にとっては等価のビジョンでしかない。

聞いた話だが、脳が受け取る信号の大部分は、内臓からの情報らしい。

ひょっとしたら、目覚めている時に見聞きしているのは、ほんの僅かの情報で、寝ている時に見ている夢の方が、豊かな時間を過ごしているのかもしれない。

インセプションという映画があった。

(インセプション)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

「クリストファー・ノーランが構想期間約20年ほどの歳月をかけた作品」

もう、それだけでもクラクラするが、作品を見ると余計ワケワカになる。

「夢を安定させる強力な鎮静薬を調合するユスフ」

映画の中では、まるでアヘン窟のような、ベッドと鎮静薬を投与するチューブが張り巡らされた部屋が出てくる。

廃人のように、ただただ寝込んでいる人々。

(シーン9:調合師ユスフ~夢と現実~)
http://inception.eigakaisetsu.com/trace09.html

「彼らは眠りに来ているのではない。目覚めに来ているんだ」

「彼らにとっては夢こそ現実なんだよ」

脳は、寝ている間も休むことなく情報を処理し続ける。

忘れるべきことを忘れ、覚えているべきことを定着させ、リセットし、覚醒している時に自らを守り、必要な時に攻撃できるように準備しているのだ(そうなのかあ?)。

まあいい。

現代版の胡蝶の夢であるインセプションは、他人の夢の世界に入り込み、情報を盗んだり、仮想の意識を植え付けたりするという荒唐無稽なストーリーだが、夢の中で夢を見るという魅力的な展開が、構造的に設定されている。

短い実時間の夢でも、長い体験が出来るという現実の経験から発想し、夢の中の夢は、さらに短い時間で長時間を過ごすことが出来、夢の中の夢の、さらに深い階層での夢になればなるほど、永遠のように長い時間を過ごすことになる・・・。

深い階層での夢ほど不安定になり、薬の力を借りて、安定した睡眠を必要とする、という凝った設定なわけだ。

映画の詳細は、引用したページに詳しいが、ここでは深入りしない(第1階層止まり?)。

夢と現実という話からは少し外れるかもしれないが、クオリアという概念(?)も関係してくるかもしれない。

そう、質感とか、現実感とかいうやつだな。

昨夜の夢でいうと、バイオリンの弓の毛が切れて、漂っているのを捕まえようとするときの、あのもどかしさを伴ったリアルな感じ・・・。

(クオリア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2

「心的生活のうち、内観によって知られうる現象的側面のこと、とりわけそれを構成する個々の質、感覚のことをいう」

ワケワカ・・・。

ウィキを読んでも、なかなかぴんと来ないんだが、以前にも、似たような話を書いたことがある。

(スピナー)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/11/24/8259346

乗り物の話から、意識とその乗り物である肉体の話へ。

「複雑系の中で、唯一、偶然獲得された意識が、今、クオリアを伴って、自意識として存在しているわけで、それを模倣したり、コピーしたり、移植したりすることはできないのではないのか。」

アバターの話も出てくる。

エイワの木のもとで、意識を転送するという、荒唐無稽な設定だったがな。

そもそも、クオリアを伴って、CTみたいなやつの中に入って、アバターを操縦するというのも荒唐無稽な話だが、VRで全周カメラ付きのドローン飛ばしたりすれば、似たような経験は出来るかもしれない。

まあ、どうでもいいんですが。

冬は引きこもりの季節・・・。

お出かけして、外部からの刺激がバンバン入って、その処理に明け暮れることもない。

週末だと、大きな事件でもなければ、ニュースの更新もまばらだ。

半分冬眠状態の中で、普段考えることがない意識のハードプロブレムとか、クオリアとか、脳移植とか、そういった浮世離れした話を思い返してみるのもいいかも知れない。

個体酸素センサーの仕組み2018年01月14日 02:26

個体酸素センサーの仕組み
個体酸素センサーの仕組み


「ダイビングの聖杯」とまで言ってのけた、ポセイドンのソリッドオキシジェンセンサー。

その仕組みを図解したページを見つけた。

(Poseidon Fixes Closed Circuit Rebreather Diving Weakest Link)
https://www.deeperblue.com/poseidon-fixes-closed-circuit-rebreather-diving-weakest-link/

「“The diving community has waited for many years for a sensor like this and the solid state sensor is considered as one of the “holy grails” of diving. The fact that the sensor is factory calibrated and absolute gives the diver advantages that previously weren’t available in terms of rapid and reliable readings of the breathing gas.”」("ダイビングコミュニティは、このようなセンサーのために何年も待っていたし、固体センサーはダイビングの"聖杯 "の一つと考えられている。センサが工場で較正され、絶対的であるという事実は、呼吸ガスの迅速で信頼性の高い測定値では利用できなかったダイバーの利点をもたらします。":自動翻訳のまま:以下同じ)

仕組みについては、図のキャプションに、ちょこっとだけ書かれている。

「Principle: red light excited sensor dye shows luminescence in the near infrared (NIR), which decreases with increasing oxygen levels.」(原理:赤色光励起センサー色素は、近赤外(NIR)での発光を示し、酸素レベルの増加とともに減少します。)

この記事には、ちょっと気になる記述もある。

「Most experienced CCR divers consider the current crop of oxygen sensors as the weakest link in the oxygen control system.」(最も経験豊富なCCRダイバーは、現在の酸素センサの作物を酸素制御システムの中で最も弱いリンクとみなしています。)

そのために冗長化や、動的キャリブレーションしたり、機種によっては、温度による特性を考慮したりして、運用面でカバーしてきている。

実際のダイビングに当たっては、センサーだけではなく、様々なトラブルに対応するためのバックアップを携行し、その運用についてのトレーニングも行う。

センサーが、事実上、メンテナンスフリーになったからといって、CCRの運用が根本的に変わるわけではない。

消耗品的には、プレパッキングされたソフノダイブの単価の高さもあるしな・・・。

が、まあ、ちっとは気楽になることは確かだ。

多数決方式のCCRで、ディリュエントでキャリブレーションしたりして、生きてるセンサーはどれだろうとか、考えなくてもいいしな(ポセイドンは、勝手にやっちゃいますけど)。

まあいい。

リチャードパイルのコメントも書いてある。

「“This is the most exciting development in rebreather technology I’ve seen in years! I think it represents a real game-changer. The thought of never needing to replace or calibrate an oxygen sensor ever again is simply mind-blowing.”」(これは私が数年前に見たリブリーザー技術の中で最もエキサイティングな開発です!私はそれが本当のゲームチェンジャーだと思う。酸素センサーを交換したり較正したりする必要がないという考えは、まさに心を吹かれています。)

えーと、mind-blowingの訳が気になるが、まあ、刺激的なとか、夢のようなとか、そんな感じか。

もう、2年前の記事だからな。

ポセイドンからは、メインのセンサーで使えるようになったというリリースは、まだ出ていないようだ。

信号の仕様の違いもあるしな(未確認)。

このセンサーについては、以前にも記事にしている。

(個体酸素センサー)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/11/05/8721222

今回の図の中のセンサーダイというところで反射したダイオードの光(近赤外線)が、酸素が多くなると暗くなるというところがミソだな。

図を見ると、なんか、こう、衝撃とかに弱そうなデバイスの作りだが、ちゃんと樹脂で固めるとかして、耐衝撃性とか防滴性とかに配慮してもらいたいもんだな。

コネクターが、平ピン式(4ピン?)みたいに見えるのも気になる。

接点の腐食が心配だ(メッキしろよお!)。

これで、聖杯とか言われてもな・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

早くメインで使えるようにならないかなあ・・・。

スウェーデン語?2018年01月14日 15:16

スウェーデン語?
スウェーデン語?


検索したら出てきた動画。

(Poseidon solid state sensor - Swedish Dive fair 2017)
https://www.youtube.com/watch?v=S4nri8tKrP4

「2017/03/20 に公開:
Poseidon has created a rebreather oxygen sensor that outperforms galvanic sensors in lifetime and accuracy.」(ポセイドンは寿命と精度においてガルバニセンサーより優れたリブリーザー酸素センサーを開発しました)

注目したのは、防滴については配慮されているということと、JJやAPユニット(APDのCCR?)に対しても、追加のセンサーとしての適用を考慮している点だ(CEの手続き中?)。

C-PODという、CAN(ネットワークバスの仕様)に接続するセンサーホルダーの他社製品への接続用試作品(?)も出てくる。

残念ながら、コネクターは、従来品(3ピン)と同様、平ピン仕様だ(4ピン)。

ポセイドン用のC-PODでは、新旧どちらか一方と接続できるように、コネクターは両方ついている(画像参照)。

英語の字幕だと、たぶん、原語(スウェーデン語?)に忠実に翻訳しているんだろう。

まあいい。

英語の字幕見ながら、大体の意味が分かればいいのだ(日本語字幕にすると、かえって分かり辛い)。

前にも書いたかもしれないが、市場として規模が大きいのは、工業分野や医療分野だろうな。

特に、医療分野は要求水準は高いが、利益率も高いので美味しいところだろう。

たまたま、CCRの酸素センサーとして最初に商品化されたに過ぎない。

ポセイドンの株とか、買えないかな(うーん、先立つものが)・・・。

<以下、ビデオの字幕の筆起こし(テキトーです)>

We are here at the swedish dive fair 2017 and we are visiting Poseidons stand

Do you have anything new interesting this year?

Hi, my name is Richad Swartling and I will show you our new system with the M28 dive computer connected to a solid state oxygen sensor.

The computer we just started to sell and the sensor will be on the market in about one month.

For the system to work we have the M28 dive computer and something that we call a "c-pod" that basically is a holder for the sensor, with a digital interface.

And finally the sensor has basically the shape of a traditional galvanic sensor on the market today but is completely digital and electronic.

The advantage with this is that the sensor dose not need calibration, it is factory calibrated during manufacturing and it will always give 100% accurate readings during its lifetime.

And the lifetime is about the same as a divers lifetime, about 30-40 years, we are not sure.

but it is long compared to the galvanic sensors that lasts anything between 2 weeks and 1.5 years as best.

This product is quite unique right?

Yes, there is no other working solid state sensor on the market today that we know of we have a huge interest from both the dive industry and other markets.

Oxygen sensors are used in all kind of application around the world.

Can we have some details of how it works, what is the difference to a galvanic sensor?

A galvanic sensor is basically, as soon as you manufacture it, it starts to die.

It delivers a current in millivolts on the back and you read the current that is equal to a partial oxygen pressure of the gas that is passed on in front of the sensor.

This works completely different, if you look at the area where the gas passes we have a hydrophobic membrane and behind that we have our "magic" layer that changes its light reflecting characteristics depending on the oxygen partial of the gas so we basically shoots a laser beam that is reflected down to a sensor, and the amount is dependent on the partial pressure of in the gas.

This makes it completely insensitive to moisture, there have been other solid state sensors where tests has been conducted, but there has been problems with moist and heat in the loop.

but here we don't send the laser beam through the gas so it doesn't matter, we can completely fill this with water and it will start reading the PO2 within the water and as soon as you start removing it.

and have a small area of gas it will start reading the partial pressure from there instead.

So it is not at all sensitive to moist?

No, not at all.

We have been testing the sensor now for two years and found no failed reading at all.

Can you add this to a standard Poeidon rebreather or is an extra module needed?

No, as the system is today you need the entire system that is this "c-pod", the sensor and the computer.

It is a completely electronic product, it delivery an encrypted signal that goes down to this small circuit board down here where it then gets translated to our can-bus system then it goes by cable to computer that gives the reading on the screen.

We could try to blow on to this cell later just to show how much faster it responds then a galvanic sensor changes in partial pressure that is.

How will the possibilities be to later put this into other machines?

That you can do now as we start to deliver this next month, as I said the "c-pod" I needed and what sits next to it is basically plumbery, here is an adapter for JJ and here is one for an AP unit.

so all that you need is this connection that fits the rebreather you are using and then you are able to read the gas from the attached, it will not however control gas injection.

so this has to be done manually in a situation where you want to trust the solid state sensor.

One of our goals is that other manufacturers will integrate this system in their rebreathers but it is long process as you will have to re-certify the unit, for CE-certification.

and of course it will be a integration project as we will need to learn how to open other solenoids.

Our own, Se7en, will get this solution sometime this autumn/winter as we will modify the unit so that you can choose if you want a solid state or galvanic sensors.

So you will be able to have several of the solid state sensors in your machine?

We have a two sensor solution in our machine as we always have.

You will be able to put two solid state sensors in it, two galvanic, or one of each.

There is a safety aspect in having two different systems so I think if your intentions are deep dives.

you would probably choose to have one galvanic and one solid state sensor mounted in the module and then maybe a third, solid state, sensor to a redundant computer system.

like this one?

Yes exactly like this.

Very interesting, thank you very much.

しかしなあ、「se7en」とかは仕方ないが、「rebreather」がスペルチェックで引っかかるのは、憮然とするしかないな・・・。

撃沈!?2018年01月14日 17:06

撃沈!?
撃沈!?


大変な事態に発展しそうだ!。

(中国沖で衝突・火災のタンカーで新たに爆発、日本のEEZ内に漂流)
http://www.afpbb.com/articles/-/3158391

「中国沖で貨物船と衝突し、炎上している石油タンカーで新たに爆発が発生し、救助活動が難航している」

「軽質原油13万6000トンを積んだイラン企業所有でパナマ船籍のタンカー「サンチ(Sanchi)」(全長274メートル)は6日、中国・上海の東160カイリの沖合で香港船籍のばら積み貨物船「CFクリスタル(CF Crystal)」と衝突し、炎上した。」

「このタンカーは上海の港から約155マイル(250キロ)離れた事故現場から日本の海域に向かって流されており、現在は沖縄本島から約135マイル(217キロ)の位置にある」

もう、2日も前だからな。

今ごろは、さらに日本に近づいているに違いない。

「日本が中国に支援を申し出たところ、中国側からこの事故は自国で対処すると返答があったという。」

「中国の交通運輸省は11日、悪天候と原油の炎上による有毒ガスによって救助活動が難航していると発表した。」

さっさと消せよ!。

領海侵犯なんてしてる場合じゃないだろう?(接続水域だっけ?)。

さて、タンカー炎上で、消火活動が捗らないと言えば、思い出すのはこれだな。

(第十雄洋丸事件)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E5%8D%81%E9%9B%84%E6%B4%8B%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

「1974年(昭和49年)11月9日に起こったLPGタンカー衝突炎上事故である」

「衝突によって発生したタンカーの火災を当時最新鋭の消防船を投入しても鎮火できなかったため、海上自衛隊の護衛艦が砲撃と雷撃でタンカーを撃沈処分した。」

今回燃えてるのは、軽質原油13万6000トンだからな。

「第十雄洋丸」の時は、合計57000トンのプロパン、ブタン及びナフサを積載とあるので、2倍以上だ。

我が国の領海に達し、沿岸に重大な危機を招く恐れということになれば、自衛隊の出番があるかもしれない。

「護衛艦部隊は11月26日に現場に到着、翌27日の13時45分に5インチ砲による第1回射撃(計36発を発射)を開始し、約2時間後に第2回射撃を実施(計36発を発射)し、積荷のプロパンやナフサを炎上させた。」

「11月28日の午前にP-2Jの編隊が127mmロケット弾12発(9発命中)と対潜爆弾16発(9発命中)を投下」

「午後、本命の「SS-569 なるしお」が魚雷4本を発射した」(命中は2本)

「しかし沈没には至らず」

何やってんだよ!?。

「護衛艦部隊からの艦砲射撃が行われる(発射弾数は公表されず)。18時47分、20日間炎上し続けた「第十雄洋丸」は犬吠埼灯台の東南東約520kmの海域に沈没」

やれやれ・・・。

11月28日だからな。

18時47分といえば、もう夜だぜ。

今回は、こういう無様を晒すことがないように、ばっちり仕留めてもらいたいもんだな。

イランには申し訳ないが(バングラディシュの船員も2人安否不明)、恨むなら中国を恨んでくれ(衝突した貨物船は香港船籍だしな)。

誤解のないように書いておくが、浮沈子は消火が行われ、行方不明者が救助されることを第一に願っている。

事は、人命に関わる。

だが、我が国沿岸の人命も守られなければならない。

「12人から成る同国(イラン)の精鋭救助隊が上海に到着しており、サンチに乗船できる条件が整うのを待っている状況」

沖縄方面の海況は分からないが、天候は申し分ない。

衝突から、一週間以上も経つんだからな。

なんとかして欲しいもんだ・・・。

(画像の衝突位置と13日現在の位置は、およその位置です。)

(上海沖から漂流中のタンカーが爆発、沈没 32人が不明:追加)
https://www.asahi.com/articles/ASL1G64JXL1GUHBI00T.html?iref=comtop_photo

「14日正午(日本時間午後1時)ごろ爆発、沈没した。」

あっちゃーっ、なんてこった・・・。

「イラン人30人、バングラデシュ人2人の乗組員全員が行方不明だったことから中国政府は救助活動を続けていたが、継続は厳しい状況になった。」

ちょっと、もう、ムリな感じだな・・・。

春の準備2018年01月14日 23:51

春の準備


正月明けから、寒い日々が続いている。

1日くらい暖かい日があったが、もう忘れてしまった。

今日は愚弟を伴って、疎開先へとポルシェの交換に行く。

03ボクスターを疎開させ、83タルガを手元に引き取る。

往きは愚弟の運転、還りは浮沈子が運転した。

屋根は閉めっぱなし。

二人とも風邪気味だから仕方ないかも。

11月後半から、緊張の連続だったが、一段落したので、緊急出動用のボクスターを下げ、道楽用のタルガを手元に。

帰りの運転が、楽しくて仕方ない。

やっぱ、このクルマは手放せないな・・・。

よーく暖気してから乗り出す。

古い機械を動かす時の鉄則だ。

人間に一番近いポルシェ・・・。

まあ、それを言ったら、キャブレター仕様のヤツとかになるんだろうが、浮沈子は、Kジェトロでいい。

35年前のクルマが、気持ちよく走る。

走るだけで楽しい!。

天気は快晴、気温は低いが、爽やかな感じだ。

ボクスターだって、悪いクルマじゃない。

乗って安心、走って楽ちん。

21世紀のクルマだからな。

水冷エンジンで、オートマで、ABSも、パワステも、エアコンも付いている。

タルガは、何にも付いていない。

空冷エンジンで、マニュアルで、ABSも、パワステも、エアコンもない。

それでも、乗って楽しく、走って嬉しい。

楽ちんではないかもしれないが、いろいろ工夫しながら走るのが苦にならない。

据え切りとかできないハンドルも、少し動かしてやれば、それ程力は必要ないし、慣れないと苦労するクラッチも、アイドリングで繋いでやることさえできるようになれば、緩い坂道ならサイドブレーキを使わないで発進できる(急坂とかは、ちゃんとサイド引いてます)。

ギア鳴りさせないで、スムーズに入れたり、回転を合わせて変速ショックを押さえてシフトダウンしたり。

楽しい!!。

踏めば、それなりに加速し、スピードが乗ればさらに楽しいが、下道をふつーに流れに乗って走らせていても、何の苦痛もない。

今日は、道が空いていたしな。

中途半端な時間に出かけて、中途半端な時間に帰る。

これに限るな・・・。

次に、いつ乗ることになるか分からないので、とりあえず、バッテリーのキルスイッチを回しておく。

落ち込んだときとか、何か気分が晴れない時に、静かに転がしてやるだけでいいのだ。

機械のためにも、その方がいい。

鉄と、ガラスと、ゴムと樹脂とで出来た機械。

AIもなければ、自動運転もない。

人間が動かしてやることを大前提した機械だ。

手足の延長であり、目と耳と肌と匂いで感じるクルマ。

暖かくなったら、屋根開けて走ってやっからな・・・。