春の準備2018年01月14日 23:51

春の準備


正月明けから、寒い日々が続いている。

1日くらい暖かい日があったが、もう忘れてしまった。

今日は愚弟を伴って、疎開先へとポルシェの交換に行く。

03ボクスターを疎開させ、83タルガを手元に引き取る。

往きは愚弟の運転、還りは浮沈子が運転した。

屋根は閉めっぱなし。

二人とも風邪気味だから仕方ないかも。

11月後半から、緊張の連続だったが、一段落したので、緊急出動用のボクスターを下げ、道楽用のタルガを手元に。

帰りの運転が、楽しくて仕方ない。

やっぱ、このクルマは手放せないな・・・。

よーく暖気してから乗り出す。

古い機械を動かす時の鉄則だ。

人間に一番近いポルシェ・・・。

まあ、それを言ったら、キャブレター仕様のヤツとかになるんだろうが、浮沈子は、Kジェトロでいい。

35年前のクルマが、気持ちよく走る。

走るだけで楽しい!。

天気は快晴、気温は低いが、爽やかな感じだ。

ボクスターだって、悪いクルマじゃない。

乗って安心、走って楽ちん。

21世紀のクルマだからな。

水冷エンジンで、オートマで、ABSも、パワステも、エアコンも付いている。

タルガは、何にも付いていない。

空冷エンジンで、マニュアルで、ABSも、パワステも、エアコンもない。

それでも、乗って楽しく、走って嬉しい。

楽ちんではないかもしれないが、いろいろ工夫しながら走るのが苦にならない。

据え切りとかできないハンドルも、少し動かしてやれば、それ程力は必要ないし、慣れないと苦労するクラッチも、アイドリングで繋いでやることさえできるようになれば、緩い坂道ならサイドブレーキを使わないで発進できる(急坂とかは、ちゃんとサイド引いてます)。

ギア鳴りさせないで、スムーズに入れたり、回転を合わせて変速ショックを押さえてシフトダウンしたり。

楽しい!!。

踏めば、それなりに加速し、スピードが乗ればさらに楽しいが、下道をふつーに流れに乗って走らせていても、何の苦痛もない。

今日は、道が空いていたしな。

中途半端な時間に出かけて、中途半端な時間に帰る。

これに限るな・・・。

次に、いつ乗ることになるか分からないので、とりあえず、バッテリーのキルスイッチを回しておく。

落ち込んだときとか、何か気分が晴れない時に、静かに転がしてやるだけでいいのだ。

機械のためにも、その方がいい。

鉄と、ガラスと、ゴムと樹脂とで出来た機械。

AIもなければ、自動運転もない。

人間が動かしてやることを大前提した機械だ。

手足の延長であり、目と耳と肌と匂いで感じるクルマ。

暖かくなったら、屋根開けて走ってやっからな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック