神田初詣2018年01月21日 02:29

神田初詣


少々ズレた年末年始のお休みで、昨日から新年の営業となったEXスクーバに初詣した。

例によって、我が国のテクニカルダイビングを憂える会(会員2名)を一くさりやって、ついでに、世界のCCRダイビングを憂える会までやった。

まあ、新年だからな。

いいことにしよう。

話の中で、JJ-CCRが出てきた。

浮沈子が、固体酸素センサーの話を振った関係で出てきた(先日見た映像で、追加のセンサーのアダブターが出てきたから)。

(スウェーデン語?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/01/14/8769549

「JJやAPユニット(APDのCCR?)に対しても、追加のセンサーとしての適用を考慮している」

JJはシンプルだが、専用の酸素センサーとゲージの確認に難がある。

うーん、ちょっとなあ。

慣れの問題(つーか、運用思想?)が絡むからな。

そこを理解できていないと、取っ付きで引っかかるかもな(ゲージなんて、水中では見ない!?)。

訳が分かっているCCRダイバーが使う分には、いいかも知れないけどな。

もちろん、改造して、ゲージを確認しやすくすることは可能だ。

セルは、仕方ないから、諦めるしかない。

専用品は、それなりに考えられているようだし。

ちっと、初めてのCCRダイバーに勧める機種ではないような気がした。

実際に使ったことはないので、あくまでも聞いた話に対する感想。

(JJ-CCR 2014 CE-EDITION)
http://www.jj-ccr.com/the-jj-ccr/rebreather-2014-ce-edition.aspx

まあいい。

ついでに、キャニスターライト(電池式)の取り寄せをお願いしてきた(個人的)。

ケーブルの付いた奴は初めてだからな。

練習用ということで、初めから高いライトを買って、断念して手放すのももったいないような気がしたから、使用実績があるやつを買ってみることにした。

電池式のキャニスターライトは、ネットで見ると星の数ほどあるが、使えるかどうかは分からないからな。

LEDが普及し、高性能ライトが簡単に手に入るのはいいが、リチウムイオンの充電式の場合、容量がデカイので、空港で引っかかる可能性がある(まあ、しばらく関係ないけどな)。

周りで、苦労している話が多いので、電池式にすることにした。

光量は、十分確保できる。

運用時間、耐圧も十分だ。

手に入れたら、また報告する。

フィンキックの話とか、ウエイトのバランスの話もした。

ちゃんとしたテクニカルダイビングのトレーニングを続けないと、いつまで経っても先に進めない気がする。

まあ、進まなくてもいいんですが。

とりあえず、今年は国内でのダイビングを始める(!)ことに集中しよう。

日帰りエリアに、せっせと通う。

スキルを維持するためにも、機会を増やそう。

動けない時こそ、動ける範囲では積極的に動こうとしなければならない。

去年は、結構頑張ったからな。

その位は、パワー出して頑張らないとな・・・。

みぞれの予報2018年01月21日 16:54

みぞれの予報
みぞれの予報



(雪とみぞれとあられは何が違うんですか?)
https://www.kodomonokagaku.com/hatena/?c47792a20e50870bb20955ddbabc6137

「こたえ:
・雪は氷の結晶の降水
・みぞれは雨と雪が混じったもの
・あられは直径5mm未満の氷の粒」

問題は、この後だな。

「みぞれを予報することは難しいので、天気予報では「雨または雪」、「雪または雨」と表現します。」

東京地方の明日の予報は、夕方からみぞれとなっている。

まあいい。

敢えて、難しい予報をしたんだから、結果を見ることにしよう。

南岸低気圧のコース、発達具合、上空の寒気の張り出しにもよる。

気圧は、今日の昼前からビミョーに下がり始めており、まだ姿を現さない低気圧を予感させる。

季節は、年間で最も気温が下がる大寒の時期(昨日です)。

暖かくして、雪をやり過ごす準備をする。

東京都心は、雪に弱いからな。

流通が止まると、スーパーやコンビニの棚から、食いもんが消える。

既に、おにぎりはゼロだ(日曜で、行楽需要じゃね?)。

カップ麺とかの買い出しをしておかないとな。

(東京の雪 帰宅時や朝の通勤時の影響は)
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/aihara_eriko/2018/01/21/91791.html

「東京都心で雪雲や雨雲がかかるのは、あす(22日:月曜)の昼頃からです。初めは雨で降っていても、次第に湿った雪に変わり、その状態が何時間か続くと積もる恐れがあります。」

「あさって(23日:火曜)の朝はすっかり天気は回復。晴れている所が多いでしょう。ただ、強い冷え込みで、積もった雪が凍っていたり、濡れた路面が凍っていたりする恐れがあります。」

問題は、火曜日の方だな。

水曜からは、最低気温が零下で、最高気温が5度くらいしかない日が続く。

ロシアの内陸よりは暖かいが、寒さが苦手の浮沈子にとっては、十分寒い。

29日にも、降雪の予報が出ている(まあ、当てにはなりませんが)。

べらぼーめ・・・。

日本海側では、低気圧通過後、冬型の気圧配置が強まり、猛吹雪が予想されている。

こっちの方は、確率が高そうだ。

一昨日、ダイビングでご一緒した新潟の方が、今年は、普段積もらないところで雪が積もっているという話をしていた。

雪国は雪国で、大変なようだ。

書いているうちに、新しい情報が出た。

(都心、最大10センチ降雪も…22日「南岸低気圧」接近 気象庁、警戒呼びかけ)
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/180121/lif18012115510011-n1.html

「23日正午までの24時間予想降雪量は多い場所で東北太平洋側で20~40センチ、関東甲信で20~50センチ、関東平野部で10~40センチ、東京都心でも5~10センチとなっている。」

「気温が予想より低くなった場合には沿岸部での降雪量が増える。普段、雪が少ない東京23区で大雪になれば大きな影響が出る恐れもある」

「平成26年2月14、15日には東京都心で最大27センチの積雪深を記録。」

そうだったっけ?。

(船酔・嘔吐・熱発・咳、そして、食欲不振)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2014/02/15/7223641

記憶にないと思ったら、タイのピピ島でダイビング中だったわけだな。

そっちは、しっかり記憶にあるしな。

辛かったからな。

まあ、どうでもいいんですが。

色々検索しているうちに、面白いページを見つけた。

(民間気象事業者等を対象とした気象講習会
雪に関する予報と気象情報について)
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/minkan/koushu121207/shiryou2.pdf

気になった点は2つ。

・関東では850hPaの気温-4℃以下が「雪」の目安とされている。
・関東地方では低気圧が八丈島より南側を通ると「雪」、北側を通ると「雨」になりやすいと言われている。低気圧のコースから「雨」「雪」の判断ができるか?
→低気圧のコースだけでは「雨」「雪」の判別はできないが、低気圧のコースが
1.陸地に近いほど「雨」の可能性が大きい
2.陸地から遠ざかれば「雪」だが、離れ過ぎると降らない

この他にも、色々な要素が絡んでいるようだ。

試しに、高層気象台の指定気圧面の温度を見てみる。

(指定気圧面の観測データ(日ごとの値):館野 2018年1月9時 850hPa面)
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/upper/view/daily_usp.php?year=2018&month=01&day=21&hour=9&point=47646&atm=850&view=

「日:ジオポテンシャル高度(m):気温(℃):相対湿度(%):風速(m/s):風向(°):
・20:1459:-4.0:100:5:270」

雪じゃん!?。

昔、ガッコのセンセから、南岸低気圧の中心が、三宅より近いと雨、八丈と三宅の間で雪、八丈より遠いと降らないと教わった記憶がある。

PDFの資料だと、八丈より南で、余り離れすぎないと雪のような感じだが、もちろん、事例(2001年1月27日:東京都心9センチ,横浜市20センチ,千葉市16センチなど平野部でも大雪)にあるように、例外はある。

予想が難しいところだ。

北西風が吹くと雪、北東風だと雨というのもある。

さまざまな要素を総合的に判断するのは難しいな・・・。

エレクトロン成功(まだテストだけど)2018年01月21日 21:21

エレクトロン成功(まだテストだけど)
エレクトロン成功(まだテストだけど)


イプシロンの打ち上げはスルーして、他国のロケットを記事にする非国民な浮沈子。

炭素繊維素材や、3Dプリンターによるエンジンの製作、何より、その名前のもとになっている電気モーターでポンプを回して燃料をエンジンに送り込むという今風の作りが関心を引く。

イプシロンの、打ち上げシステムが簡素化されている点は注目だが、こう、素人目にピンとこないところがあるしな。

エレクトロンは、その点分かりやすい。

(Electron soars to orbit on Rocket Lab’s “Still Testing” flight)
http://www.spaceflightinsider.com/missions/commercial/electron-soars-orbit-rocket-labs-still-testing-flight/

(Still Testing Launch - 01/21/2018:轟音の動画出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=eg5234BOED8

15分辺りに打ち上げシーンがあるが、なかなかの迫力(音だけ?)。

1段目の分離やフェアリングの投棄もつつがなく行われたんだが、右上の銀色のヤツが、2段目の燃焼中に消えてなくなってるのが気になる(21分36秒)。

ちょこっと調べたら、2段目に3個積んでいるリチウムイオン電池のうち、使い終わった2個を投棄しているんだそうだ。

(Electron)
http://spaceflight101.com/spacerockets/electron/

「Electron’s second stage hosts a total of three Lithium-Polymer battery packs to power the engine during its burn. Two battery packs are jettisoned as they become exhausted during propulsive flight to shed dead weight from the vehicle and increase Electron’s payload capacity. One battery pack is carried into orbit and remains with the second stage until re-entry.」(エレクトロンの第2ステージでは、燃焼中にエンジンに電力を供給するために合計3つのリチウムポリマーバッテリパックが搭載されています。2つのバッテリパックは、推進飛行中に投棄されて車両から死荷重を逃がし、エレクトロンのペイロード容量を増やすために捨てられます。1つのバッテリパックは、再突入するまで2番目のステージに残ります。:ほぼ自動翻訳のまま)

画像を見ると、コイルバネみたいなので弾き飛ばしてる感じだ。

直後には、もう一つのバッテリーが、エンジンノズルの向こう側を通り過ぎているのも見える。

小規模なロケットならではの、細やかな気づかい(そういうことかあ?)。

信頼性と冗長性のバランスを取りつつ、セコく搭載重量を増やそうとしているわけだな。

ホットスワップという呼び方が、如何にもエレクトロンという感じだ。

(ホットスワップ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%97

「ホットスワップに対応することによって、動作中のコンピュータにハードウェアやデバイスを接続すると、即座に認識し使用可能な状態になる。」

この記事によれば、太陽同期軌道(SSO)の場合、150kgのペイロードを、500kmの高度に打ち込めるとある。

まあ、今回はまだテストだからな。

次回以降は、商売になるのかもしれない(未確認)。

民間の小型ロケットが、小型衛星打ち上げ市場に参入してきたわけだ。

そういう需要が、どれだけあって、その中で相乗りでの打ち上げを待てないとか、独自の軌道に入れたいというのがどのくらいあるかということになる。

浮沈子は、ニッチな市場と見ているんだがな。

PSLVみたいなのに、しこたま積んで纏めて上げるのがメインになって、その落穂ひろいをするのがせいぜいじゃないのかあ?。

まあいい。

エレクトロンは、衛星打ち上げロケットとして成立することを実証して見せたわけだ。

信頼性の獲得はこれからの実績次第だが、ターボポンプの代わりに電気モーターだからな。

ロケット版ECCRのようなもんか(この例えが分かる人は少ない?)。

電気仕掛けで燃料送り込むなんざ、もってのほか!。

まあ、どうでもいいんですが。

今後は、1段目の回収にもチャレンジしてもらいたいもんだな・・・。

(世界初の打ち上げ成功 超小型衛星搭載用ミニロケット:追加)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180121/k10011296331000.html

「アメリカのベンチャー企業が開発した超小型衛星を載せるためのミニロケット」

ミニロケットは、固有名詞使わないのかと期待したんだがな・・・。

「このミニロケットはアメリカのベンチャー企業「ロケットラボ」が開発した全長17メートルの「エレクトロン」」

成功すると、固有名詞で紹介してくれるのかもしれない(そうなのかあ?)。

(米超小型ロケットVB、小型衛星打ち上げ成功 宇宙データさらに使いやすく:追加)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25960330R20C18A1TJC000/

表題のVBがベンチャービジネスだと気づくまでに、暫くかかった。

ホントに、産業としての需要があるんだろうか?。

不要不急の外出2018年01月21日 22:23

不要不急の外出


2014年2月の降雪による交通渋滞や、立ち往生に懲りたのか、気象庁と国土交通省が共同で告知をしている。

(大雪に対する国土交通省緊急発表)
http://www.jma.go.jp/jma/press/1801/21a/20180121.html

「不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、チェーンの早めの装着等をお願いします。」

浮沈子は、不要不急の外出しかしないんだがな・・・。

まあいい。

慣れない雪の中、クルマに乗る気はないし、用意しているのは長靴と傘くらいだ。

気象庁の関東甲信地方の最新情報はここ。

(地方気象情報:関東甲信地方)
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/103_index.html

「警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補完するために発表します。」

東京地方の最新の情報をプルダウンメニューから選んで確認する。

(大雪に関する東京都気象情報 第3号)
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/319_02_662_20180121074715.html

「東京23区:5から10センチ」

「次の「大雪に関する東京都気象情報」は22日6時頃に発表する予定です」

ニュースを漁っても、それまでは同じネタということになる。

気象庁の予想が当たるかどうかは別の話だ。

過去の類似例を参照し、妥当な予想しかしないからな。

1m積もります、とは言わない(当然ですが・・・)。

東京の場合、殆どのクルマは雪対策がない。

想定の範囲外。

年に1回あるかないかの積雪のために、チェーンを用意したり、冬用タイヤに履き替えたりするもんか!(まあまあ・・・)。

不要不急の外出を避け、雪に慣れない都心らしく、引き籠るしかないのだ(得意です!)。

雪かき用のシャベルすらない。

長靴と傘だけが頼りだ。

(関東も含めて 太平洋側で大雪の恐れ)
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/kimuken/2018/01/21/91851.html

「東京23区では午後6時までに多い所で3センチの雪が降る予想です。低気圧が近づく夜は、更に雪の量が増えるでしょう。」

問題は、そこからどれだけ降るかだが、積もるようになるとマズいな。

積もった雪が凍って、転倒事故が発生する。

歩行者だって、雪慣れや氷慣れなんてしてないからな。

雪道だって、歩きスマホするに決まってる(そっちは慣れてますから)。

積もったり凍ったりしたら、引き籠りが一番だ。

クルマとか歩行者だけではない。

公共交通機関がやられる。

(羽田便欠航も 国交省、22日の大雪警戒呼びかけ)
http://www.aviationwire.jp/archives/139286

「日本航空(JAL/JL、9201)では、22日午後の羽田-伊丹線、福岡線、那覇線などで、羽田の降雪予報により、欠航が決定している便がある。そのほかの航空会社でも、欠航や遅延の発生が予想」

電車やバスも動かなくなるかもしれない。

地下鉄は大丈夫だろうが、最近は乗り入れしてるからな。

そっちの影響が出るだろう。

物流が止まれば、大事だ。

さてと、少し買い出しでもしとくかな・・・。