人の噂も2週間2018年01月23日 08:57

人の噂も2週間


謎の衛星ズーマ(もっとも、衛星の名称がズーマかどうかも謎なんだが)が1月8日に打ち上げられてから、2週間が経とうとしている。

(ズマ (人工衛星))
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BA%E3%83%9E_(%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E8%A1%9B%E6%98%9F)

「1月8日に打上げられたものの、軌道への投入に失敗した」

そう、世間では、2段目との分離に失敗したとか、インド洋の藻屑となったとか(?)いわれていて、今、カタログに登録されているUSA280という衛星は、そのうち抹消されると信じられている。

今日現在は、まだ軌道上にあることになっている。

(USA 280)
https://www.n2yo.com/satellite/?s=43098

「USA 280 is classified as:Military
NORAD ID: 43098
Int'l Code: 2018-001A
Launch date: January 8, 2018
Source: United States (US)
Launch site: AIR FORCE EASTERN TEST RANGE (AFETR)」

(BROWSE SATELLITES BY LAUNCH DATE:Launches of January 2018)
https://www.n2yo.com/browse/?y=2018&m=1

「USA 280 2018-01-08 IN ORBIT」

ネットを検索しても、ズーマに関するニュースは徐々に消えつつある。

スペースXは、やることはやったし、うちは悪くないと主張、機密衛星なのでこれ以上は明かせないという。

肝心のノースロップグラマンは、たんまり口止め料を貰っているので、貝のように口を閉ざしたままだ。

米国政府は、もちろん、どの窓口を叩いても、機密については明かせないという。

つーか、どこが窓口かすら分からないのだ(国家偵察局は、うちじゃないっていてるみたいですが)。

謎の衛星USA280だなあ・・・。

ややっこしい話の発端は、WSJが匿名情報でズーマの失敗を報じたことだ。

ご丁寧に、ノースロップグラマンが持ち込んだ衛星分離装置から分離できなかったという、有りそうなストーリーがくっ付いている。

責任分界点の先の話になるので、スペースXには被害が及ばない仕掛けまで作ってあったわけだ。

だが、問題があったとされるフェアリングが正常に投棄されたのか、衛星分離信号がロケット側から正確に送られたのか、スーダン上空で目撃されたのが正常に再突入した2段目なのかどうかは闇の中だ。

世の中には陰謀好きの連中もいて、ミスティがそうであったように、ステルス衛星を打ち上げたのではないかという話もある。

失敗したということにして、衛星追跡者の目をかすめて、打ち上げから想定される軌道とは異なる軌道へと乗り移り、まんまと逃げおおせたのではないか。

USA280は、実は囮衛星で、衛星追跡者によって発見されても、何ら支障ないように準備されていたというわけだ。

いやいや、そもそも、ズーマなんて衛星は存在しなくて、ダミーの重り積んでただけなんじゃないかという話すらある(えーと、浮沈子説なので、当てになりません)。

囮衛星だけ打ち上げて、肝心のメインの衛星はないわけだな。

そんなにまでして、秘匿しなければならない状況とは何だろう?。

CIAの謀略の一環で、機密衛星を打ち上げて、空の一角で何か怪しげなことをしていると思わせたいのかもしれないし、マジヤバの衛星で、存在を知られることすらマズイ話なのかもしれない。

STSSじゃないかという話もあったが、それは大っぴらになってる話だから、なにも存在自体を隠す必要はない。

まあ、隠したっていいんですが。

北朝鮮か、イランか、あるいはもっと別の案件があるのか。

レーザー兵器を宇宙に上げちまったのか、宇宙空間からのレーザー誘導なのか。

秘密にしておくこと自体が、あらぬ妄想を掻き立て、ある状況を作りだす。

そのこと自体が目的なのかもしれない。

闇から闇へ消えていこうとしているズーマ。

匿名報道のとおり、墜落して消えたのか、ダミーを放出して潜んでいるのか、そもそも、元から何もないのか。

50年くらい経って、情報公開とかで明らかになる日が来るのかもしれないし、それ自体が秘匿されるのかもしれない。

えっ?、ズーマなんてミッションは、ありませんよ!。

新聞社のデータベース、ソーシャルネットワーク、ブログ、単なるホームページまで、ありとあらゆるところから、ズーマ関連のデータが消され、そんなものはなかったことにされるのかもしれない。

全ての記録が抹消され、人々の記憶からも消え去り、衛星も姿を現すことなく時は流れる。

<いつもは、ここから妄想が始まるんだが、今日は何となく気が乗らないので締めにしよう・・・>

どの機関が、何のために上げたのか、どんな機能を持った衛星だったのか、何より、打ち上げが成功したか失敗したのかすらも明かされない。

漆黒の宇宙を、永遠に回り続ける謎の衛星。

誰に知られることもなく・・・。

(米空軍、スペースXへの信頼変わらず-軍事衛星の行方不明後:追加)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-23/P2ZSXW6JIJUO01

「米軍当局がこの軍事衛星についてコメントを公表したのはこれが初めて。」

まあ、今後のこともあるからな。

失敗した打ち上げ会社と、なぜ契約を続けるのかという疑問にどう答えるのか。

「空軍は全ての打ち上げから得られるデータの検証を続ける」

うーん、苦しいところだ。

しかし、ズーマの件が長く尾を引きそうな感じもするな。

大雪の翌朝2018年01月23日 09:58

大雪の翌朝


幻想的な大雪が降って、ミステリアスな気分にひたった夜が明け、現実に引き戻された気分で目が覚める。

近所では、おじちゃんおばちゃんが、自分ちの前だけの雪かきに勤しんでいる。

隣のうちの前は、絶対に手を出さない・・・。

歩道部分の雪は、車道に投げる。

クルマが通り過ぎて融かしてくれるのを期待しているわけだ。

サクサクと、雪を踏んで歩く足音だけが聞こえる。

降っている時は、純白で美しいと感じられる雪も、踏み散らされた状態では幻滅だ。

シンデレラの馬車が、カボチャに戻ってしまったような感じかあ?。

気温は低いが、日向の雪は急速に融けてきている。

手すりとかに積もっていた雪は、ほとんど消えた。

空地の雪は残っているが、消えるのは時間の問題だな。

屋根や庇の雪も、だいぶ落ちてきている。

この状況では、さすがに自転車を漕いでいくわけにもいかず、フィットネスに行こうかサボろうかと迷うところだ。

迷ったときは、易きに付く・・・。

何か理由があれば、それでいい。

ぜんぶ雪のせいだ。

(ぜんぶ雪のせいだ。)
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%9C%E3%82%93%E3%81%B6%E9%9B%AA%E3%81%AE%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%A0%E3%80%82

「ぜんぶ雪のせいだ。とは、JR東日本「JR SKI SKI」キャンペーンの、2013-2014シーズンのキャッチコピーである。」

浮沈子の場合は、雪のせいにしてスキーに行かなかったりするかもしれない(ワケワカ・・・)。

まあ、どうでもいいんですが。

日陰の雪が融けるまでは、数日かかるだろう。

明日は、水泳教室だから、なんとか行かなければならないが、今日はサボっても不都合はない。

正当な理由(?)もあるしな。

引き籠り御用達の大雪の翌日。

不要不急のお出かけして、転んだりしたら目も当てられないからな・・・。

草津白根山噴火2018年01月23日 14:30

草津白根山噴火
草津白根山噴火


大雪の後、道路に雪が残っているのをいいことに、フィットネスのサボリを決め込んで、のんびりと過ごそうと思っていた矢先に、火山の噴火!。

マジかよ!?。

第一報では、警戒レベルが2(火口周辺規制)だったのに、1時間もしないうちに3(入山規制)にレベルアップする異例の事態。

(【草津白根山が噴火 噴石や雪崩で少なくとも15人けが 警戒レベル「3」に引き上げ (1/2ページ))
https://www.sankeibiz.jp/compliance/news/180123/cpd1801231158007-n1.htm

「火口周辺警報を発表したほか、噴火警戒レベルを火口周辺規制の「2」から入山規制の「3」に引き上げた。」

予期せぬ噴火による被害といえば、思い出されるのは御岳山の噴火だ。

(2014年の御嶽山噴火)
https://ja.wikipedia.org/wiki/2014%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%BE%A1%E5%B6%BD%E5%B1%B1%E5%99%B4%E7%81%AB

「噴火警戒レベル1(平常)の段階で噴火したため、火口付近に居合わせた登山者ら58名が死亡」(行方不明者5人を除く)

今回も、噴火時点ではレベル1だったからな。

ご丁寧に、去年、レベル2から引き下げたばかりだ。

(草津白根山の火山情報)
http://www.tenki.jp/bousai/volcano/detail-42.html

「2017年06月07日14:00発表 草津白根山に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意):警報解除を発表」

まあいい。

火山のことは、よく分からないのだ。

草津白根山は、東工大が継続して研究対象にしている。

(草津白根山:調査研究)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E6%B4%A5%E7%99%BD%E6%A0%B9%E5%B1%B1#%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%A0%94%E7%A9%B6

「東京工業大学火山流体研究センターは、主に草津白根山を研究対象として、「マグマ中の揮発性成分の挙動」、「火山体内部の熱水系」、「火山ガス放出量の連続測定法」などを研究している」

報道では、1km以上飛来した噴石が同大学によって観測されているという。

建物の屋根を突き破ったり、ロープウェイの窓ガラスをぶち破ったりしているらしい。

関連は未確認だが、近隣のスキー場での雪崩も発生していて、重症者の話もある(後に、雪崩は起きていないと発表。負傷者は噴石による被害:追加)。

現状、十数人の負傷者が出ている模様だが、まだ増える可能性もあるしな。

噴火自体が継続するということもある。

浮沈子は1970年代に湯釜から草津まで歩いて下ったことがあり、その際にはロープウェイで登った。

長じてからは、何度かスキーで訪れている。

振子沢とか、面白かったな。

遥か昔だが、無縁ではない。

スキーシーズン真っただ中だからな。

(麓に降り注ぐ噴石 レストハウスの屋根破る)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26018350T20C18A1CC0000/

「山頂からは噴煙が上り、噴石はレストハウスの屋根を突き破った。」

大雪の後は噴火かあ・・・。

今年は、波乱の年になりそうな予感がしてきたな・・・。

(気象庁、噴火速報出せず 御嶽山噴火で導入:追加)
http://www.sankei.com/affairs/news/180123/afr1801230052-n1.html

「複数の火山で構成される草津白根山の主な火口である湯釜火口に観測態勢を集中しており、今回噴火した本白根山には監視カメラなどがなかった。」

自然は、人間の思惑通りにはいかない。

「観測された火山性微動が火山噴火に伴うものか判断できなかった。残念ながら速報が出せなかった」

警戒レベルを引き上げた午前11時50分の時点では、噴火を確認したことにはなっていない。

「本白根山で噴火が発生したもよう。」

(陸自隊員1人の死亡確認 スキー場で雪崩に巻き込まれる:追加)
http://www.sankei.com/affairs/news/180123/afr1801230053-n1.html

「死亡したのは同駐屯地の男性自衛官。今回の噴火に関係する災害で死者は初めて。」

災害の際には、救助に当たる側なんだがな・・・。

「10人はいずれも草津国際スキー場で負傷し、うち8人が訓練中の自衛隊員という。」

AH-1Z今週の不時着2018年01月23日 23:45

AH-1Z今週の不時着
AH-1Z今週の不時着


(渡名喜島に米軍ヘリ不時着 油圧系統の異常か)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-651897.html

「23日午後8時すぎ、渡名喜村の村営ヘリポートに米軍普天間飛行場所属のAH1攻撃ヘリコプター1機が緊急着陸した。不時着したもようだ。油圧系統の異常を知らせる警告灯が点灯し、着陸したとみられる。」

テールローターが4枚羽根だからな。

AH-1Zに間違いない。

画像では分からないが、メインローターも4枚羽根のはずだ。

標準のAH-1は、どちらも2枚羽根だ。

まあ、どうでもいいんですが。

普天間のヘリコは、このところ故障での着陸が多いな。

整備不良というよりは、老朽化した機体をだましだまし使っているのではないか。

(似て非なるヘリコ)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/01/08/8765693

「なあんて書いている最中に、またもやヘリの不時着のニュースが飛び込んできた。
写真を見ると、戦闘ヘリコのAH-1Zみたいだな。」

今週のとか書いてしまったが、中二週間空いたからいいことにしよう(そうなのかあ?)。

ひょっとしたら、今まで調子が悪いから飛ばしてなかった機体を、調子がいいやつと一緒に飛ばしているのかもしれない。

ダメ出しして、前戦投入できるように、チェックしているとかな。

もう、なりふり構っていられる状況じゃない。

冬季オリンピックが終われば、一触即発に戻る。

避けて通ることは出来ない。

フル出動だ。

今度は不時着できないかもな・・・。