アリアン5チョンボ2018年01月26日 23:55

アリアン5チョンボ


(Ariane 5 rocket places 2 satellites into orbit despite telemetry anomaly)
http://www.spaceflightinsider.com/organizations/arianespace/ariane-5-rocket-places-2-satellites-into-orbit-despite-telemetry-anomaly/

どうも、テレメトリーが来なくなって、情況が分からなくなったらしい。

SES14は、なんとかなりそうだが、アルヤー3はどうなるか分からない。

ゴールドとかいう相乗り衛星は、どうなったのかな(相乗り衛星ではなく、SES14に乗っている計器のようです:追加)。

(「アリアン5」ロケット打ち上げ 一時通信途絶するも人工衛星は軌道投入)
http://sorae.info/10/2018_01_26_ari-2.html

「打ち上げから9分後、ブラジルのナタール通信局はロケット上段のテレメトリを失います。打ち上げの可否について世界中から注目が集まりましたが、その後にアリアンスペースは人工衛星が分離され、軌道上に存在していることを確認。今後もミッションが続けられることになります。」

アリアンスペースのCEOは、ゴメンナサイしちゃったみたいだがな。

とりあえず、どっかの軌道に放り込んだことは確からしい。

ロケットの打ち上げは、盤石のアリアンをしても難しい仕事なわけだ。

この件で、続報があればまた書く。

(欧州のアリアン5ロケット、打ち上げ9分後に通信途絶も衛星2基の軌道投入に成功:追加)
http://japanese.engadget.com/2018/01/26/5-9-2/

「GOLDは単独の衛星としてでなく、民間の衛星に組み付けられた「ホステッド・ペイロード」と呼ばれる方式の最初の例。」

「AFPによれば、2つの衛星は正しい場所でリリースされたわけではなく、予定していた軌道に乗っているわけではない模様。しかし幸いなことに、そこから本来の軌道へは再配置可能」

やれやれだな・・・。