SM-3ブロック2A迎撃失敗2018年02月02日 00:50

SM-3ブロック2A迎撃失敗


気になるニュースだが、失敗したことより何より、標的が気になる。

(SM‐3ブロック2Aが初の迎撃試験に成功:ブロック2Aが持つ2つの意味:昨年2月の第1回迎撃テスト)
http://blogos.com/article/208789/

「試験は、現地時間2月3日午後10時30分、ハワイのカウアイ島ミサイル試験場から準中距離弾道ミサイル標的が発射され、イージス駆逐艦「ジョン・ポール・ジョーンズ」がイージス・ベースライン9.C2ウェポン・システム(BMD5.1)を用いて自身のAN/SPY-1D(V)レーダーにて標的を探知、追跡。SM-3ブロック2Aを発射し、標的を迎撃することに成功しました。」

詳細は不明だが、この記述を見る限りは、かなり実践的な感じに読める。

(THAAD実験成功とSM3失敗 ミサイル防衛の転機:2017年6月21日ハワイでの第2回迎撃テスト)
http://www.thutmosev.com/archives/71762373.html

「2回目が失敗したのは、より難易度が高い標的に挑戦したからだった。」

ロフテッド軌道を描く弾道ミサイルに対応しようとして失敗したんだそうだ。

こういう失敗なら、まあ、気分的には許容範囲だ(浮沈子は専門家ではないので、「気分」でしか判断できない)。

元々、全ての弾道ミサイルを迎撃できると思ってはいないからな。

しかし、今回の失敗は異なる。

(米軍、ミサイル迎撃実験に失敗 日米開発の新型SM3=米当局者)
http://blogos.com/article/274914/

「航空機から発射されたミサイルに模した標的を撃墜できなかった。」

ちょっと待ってくれ。

さっきの記事には、こんなことが書いてあるぞ。

「目標は弾道ミサイルではなく、輸送機が飛行する程度の高度で飛行し、低速で飛んできたと想像できる。」(サードミサイルの標的の話)

「先ほどのSM3ブロック2Aの目標は時速10000キロで落下してきたのに対し、せいぜいその10分の1の速度だったかも知れない。」

「成功して当たり前のぬるい実験であり、実験というよりもデモンストレーションに近かった。」

今回のブロック2Aは、「成功して当たり前のぬるい実験」に失敗したということなのかあ?。

連荘での失敗はまずかろうと、難易度を下げて成功をアピールするつもりが、かえって仇になってしまった感じだな。

もっとも、実験の条件とかは分からないし、ブロック2Aは開発中だから、特異な条件での実験に失敗したということなのかもしれないが、「気分的」には看過しえない大失態に映る。

米国(レイセオン)との共同開発なんだが、重工(三菱)の開発範囲での問題なのかどうかは分からない。

高い金払って買うわけだからな。

ちゃんと当たるやつを作ってもらいたいものだ。

ネットでは、たぶん、大いに盛り上がっているのかもしれないけど、浮沈子は詳しくないし、あまり興味も湧かない。

飛んでくるミサイルに体当たりして落とそうなどという話自体、本当に可能なのかどうか信じられないからな。

撃つ方は、囮弾頭とかばらまくだろうし、迎え撃つ方はそれらを見分けて、本物だけに当てようとする。

盾と矛との終わりなき開発競争・・・。

まあ、浮沈子から見れば、矛と矛みたいなもんだけどな。

それでも、弾道ミサイルは、まだ易しいんだそうだ。

速いと言ったって、弾道だから計算できるからな。

極超音速で飛来する新しい巡航ミサイルは、なかなか迎撃できないらしい。

コース変わるしな。

レーダー映りにくいし。

ステルス化するかもしれないしな。

今回、航空機から発射したミサイル標的が、そういうヤツだったとしたら、まあ、気分的には許容範囲なんだがな。

実際、当たるんだろうか?。

当たるも八卦、当たらぬも八卦・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック