最小と最大2018年02月05日 00:50

最小と最大
最小と最大


N社の表現を借りれば、世界最小クラスのミニロケット(もちろん、ちゃんとした正式名称「SS-520 5号機」というのはありますが)の打ち上げに気を取られているうちに、現役としては世界最大のロケットの打ち上げが迫っている。

(SpaceX's Best Hope for Sending People to Mars Will Launch This Week)
https://gizmodo.com/spacexs-best-hope-for-sending-people-to-mars-will-launc-1822638923

別に、ギズモードの記事じゃなくても良かったんだがな。

まあいい。

あと2日余りでウインドウが開く。

天候次第で、延期される可能性はある。

それでも、適当なタイミングで、今度こそ打ち上げが行われる。

地球低軌道に3kgの衛星を打ち上げるのがやっとの電柱ロケットの直後に、LEOに60トンものペイロードを運べる巨大ロケットの打ち上げがあるというのも、何かの縁だろう。

ペイロードの重量比は、2万倍ということになる。

値段は、20倍くらいだからな。

コスト重量比は、1000倍という計算になる。

電柱ロケットは、金輪際、2度と上がらないので、比較しても仕方ないけどな。

ファルコンヘビーは、今年だけで4回の打ち上げが予定されている。

2日後の試験打ち上げ、アラブサット、空軍の20機の試験衛星、そして、あわよくば、月世界旅行(マジかよ!?)。

有人飛行は、おそらく来年以降に持ち越しになるだろう。

ISSタクシーについて、NASAのお墨付きが出るのが、早くて12月だからな。

しかも、それはドラゴン2だけが共通で、ブロック5については有人飛行を認めるけど、ヘビーについてはどこもオーソライズはしてくれない。

アボートテストだって、ヘビーでは行わないだろう。

一か八かの有人飛行ということになる。

まあ、どうでもいいんですが。

少なくとも、テスラロードスターの打ち上げについては、FAAの許可が下りたようだ。

(SpaceX receives launch license for first Falcon Heavy launch)
http://spacenews.com/spacex-receives-launch-license-for-first-falcon-heavy-launch/

(Commercial Space Transportation License:
License Number: LLS 18-107)
https://www.faa.gov/about/office_org/headquarters_offices/ast/licenses_permits/media/LLS%2018-107%20Falcon%20Heavy%20Demo%20License%20and%20Orders%20FINAL%202018_02_02.pdf

記事によれば、ファルコン9よりも、保険料が高いらしい。

しかし、そんなもんは、屁でもないだろう。

今回の試験打ち上げが成功すれば、前途洋々たる未来が開かれる。

失敗しても、得るものは大きい。

打上げで失われるのは、チェリーレッドのテスラロードスターだけだ。

安いもんだ・・・。

(テスラ ロードスター 新型、米国ベース価格は20万ドル 2020年発売予定)
https://response.jp/article/2017/11/20/302703.html

「Founders Seriesの価格は、25万ドル(2800万円)」

安くないか・・・。

いずれにしても、ヘビーの開発は、火星とか月周回軌道とかいうヨタ話を別にして、スペースXの堅実なビジネスの一環として、独自に行われた。

巨大化する静止軌道衛星を打ち上げるためには、少なくともアリアン5クラスの打ち上げ能力が必要だ。

ファルコン9では、最早対応できない。

その美味しい市場を、アリアンに持っていかれないためにも、是が非でも実現したかったに違いないのだ。

もちろん、米国の大型偵察衛星の打ち上げ需要を取りたいというのもあるだろう。

美味しい商売だしな。

デルタ4ヘビーなんか、言い値で打ち上げてるに決まってる。

浮沈子は、もちろん、本命はインターネット衛星の大量打上げだと思っているけどな。

世界最小レベルのミニロケットに明日はない。

しかし、世界最大級の巨大ロケットは、次々と打ち上げられるに違いない。

1000倍のコスト効率で、安価な宇宙サービスを拓くだろう。

小型ロケットだって、その隙間を埋めるくらいの役割はある。

毎週打ち上げられる大型ロケットに相乗りできない事情があれば、高い金払って、衛星を上げてもらうしかないのだ。

それで儲かるビジネスは、限られたものにならざるを得ない。

メインストリームには成り得ないと思うんだがな。

間違っているかも知れないが、色々調べていくにつれ、確信は深まるばかりだ。

宇宙関連のビジネスの中で、打ち上げロケットが占める割合は微々たるもの(数パーセント)だが、もちろん、それがなければ、他のビジネスは成り立たない。

ロケットで衛星上げてナンボの世界だ。

衛星作成は、ロケットよりも規模はでかいが、全体の中では高が知れている。

衛星がもたらすアプリケーションサービスが、ビジネスの主体だからな。

金儲けは、貧乏人から少しずつというのは、昔からの真理だ。

スペースXが、インターネット衛星に手を出そうとしているのは、そういう垂直統合のメリットを知り抜いているからに違いない。

アットーテキな打ち上げ能力をもって、他社の追随できないビジネスモデルを追求する。

現在、衛星コンステレーションを展開して、グローバルな通信事業を行っているイリジウムを打ち上げているのだって、そういう腹積もりがあるに決まってる(そうなのかあ?)。

まあ、結果が全てだ。

10年後、巨大ロケットが残っているか、ミニロケットが残っているか。

市場の真ん中にいるのは、どっちなのか。

年間数百機の市場にしがみつくのか、数千機の市場に踏み出すのか。

もっとも、勝負は既についている気がするんだがな・・・。

爆発や火災2018年02月05日 17:53

爆発や火災
爆発や火災


えーとですねえ、ファルコンヘビーの打ち上げが近いからといって、そういう筋の話ではない。

昨日、秋葉原に行って仕入れてきた18650サイズのリチウムイオンバッテリーを入れて使う、モバイルバッテリーキット。

電池、ケーブル別で、199円(税別)。

(モバイルバッテリーキット [K-R1C1U-NS])
http://www.aitendo.com/product/12417

「リチウムイオンバッテリーは取り扱いを誤ると、爆発や火災を起こす可能性があり非常に危険です。」

店頭入り口のドアの左側廊下に、段ボールに入れて、無造作に転がっていた。

定価では、400円となっているので、半額セールなのかもしれない。

以前に買ったやつは、上手く作動しなかったんだが、今度はバッチリ充放電を確認できた。

画像では分かり辛いが、コネクターの横に、赤青のLEDによる充放電状態を知らせるインジケーターが付いていて、なかなか親切。

今日は休み(月木休み)だが、明日行って、全色大人買いしてこようかな。

スマホの充電も試してみたが、ちゃんと100パーセントになった(満足!←たんじゅん・・・)。

本体への充電も可能だ。

他店で購入してあったリチウムイオン電池を入れると、暫く青のLEDが「点灯」して消える。

本体からスマホなどに放電する時には、同じく青のLEDが「点灯」して、放電中であることを知らせる。

充電器(別売)から充電する時は、赤のLEDが「点滅」して、充電中であることを確認できる。

充電中は、基盤の辺りがほんのり暖かくなるが、爆発したり発火したりする感じではない(浮沈子は保証しませんが)。

満充電になると、赤のLEDが「点灯」状態になり、充電が完了したことを知らせてくれる。

保護回路が入っているというが、あまり当てにしない方がいいかも知れない。

大電流が流れて、回路が焼き切れればそれまでだ(未確認)。

浮沈子は、電子工作とかしないので、出来合いのを買って来るだけ。

せいぜい、充電器やUSBケーブル、リチウムイオン電池を買いそろえて、安価なモバイルバッテリーキットを構築する程度だ(1500円くらいで出来ます)。

しかしなあ、最近のデバイスは、電池の持ちがいいからな。

出先で充電が必要になることも、あんまないけどな。

仕方ない、自宅でモバイルバッテリーキットから充電するか(いみねー・・・)。

墜落炎上!2018年02月05日 18:35

墜落炎上!
墜落炎上!


モバイルバッテリーキットの記事をアップして、ニュースをチェックしたら出ていた。

(自衛隊ヘリ墜落、民家炎上 小学校近く、乗組員らの安否不明)
http://www.sankei.com/west/news/180205/wst1802050051-n1.html

「墜落したのは自衛隊機で、近くの民家が燃えているという。」

(陸自ヘリ、小学校から300m先に不時着 佐賀)
https://www.asahi.com/articles/ASL255SJ2L25UEHF00M.html?iref=comtop_8_01

「陸自西部方面航空隊所属のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落した。」

「機体は西に向かって飛行中に機首から地上に落下、炎上した」

「整備後の点検飛行中」

あっちゃー・・・。

(AH-64D アパッチ・ロングボウ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/AH-64D_%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9C%E3%82%A6

「陸上自衛隊が導入したAH-64Dは、GEのエンジンをIHIがライセンス生産をしている」

「アメリカ陸軍で運用されているAH-64Dの中には、2000年代後半頃よりエンジンの排気口が上方向になるよう改修を受けた機体も見られる。」(画像参照)

陸自のは、大丈夫なんだろうか?。

もちろん、名護市長選挙の結果には、影響はなかっただろう。

あっちは、米軍だからな。

しかも、陸自の墜落は、整備後の点検飛行中ということだし。

ろくな整備もせずに(?)とりあえず飛ばして、何かあったら予防着陸しようというのとは訳が違う。

我が国の優秀な自衛隊が、念には念を入れて整備した機体だ。

配線を繋ぎ間違って墜落とかいうことは、絶対にないだろう。

一瞬、浮沈子の頭を過ぎったのは、この事故の事だった。

(F-2 (航空機):配線の誤接続による墜落)
https://ja.wikipedia.org/wiki/F-2_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)#%E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%81%AE%E8%AA%A4%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%A2%9C%E8%90%BD

「事故の原因は、機体の縦方向の動きを感知するピッチ・レート・ジャイロと、横回転の動きを検知するロール・レート・ジャイロの配線を相互に誤接続してしまっていたことであった。」

片や固定翼機、此方回転翼機だからな。

そもそも、操縦系統が誤接続されていたら、離陸できないだろうしな。

墜落の前に、爆発音がしたという証言も報道されている。

(陸自ヘリ墜落、真っ逆さまに 「住宅が燃えている」:追加)
https://www.asahi.com/articles/ASL255WQKL25TIPE03S.html?iref=com_alist_8_02

「『ドン』という音がしたので、車の事故かと思ったら、真っ逆さまにヘリが落ちているのが見えて警察に通報した。ヘリが落ちて民家が燃えている。こんなのは今までなかったのでびっくりした」

被害や原因は、やがて明らかになるだろうが、空気より重いものを空中に上げているんだから、何かあれば落ちてくるのは道理だ。

羽田空港の離陸経路の真下にいる浮沈子の近所だって、何が起こるか分からない。

ダモクレスの剣を頭上に戴いて、日々の生活を営むしかないのだ。

名護市民は、その道を選んだ。

目達原駐屯地は、久留米市と目と鼻の先にある。

迂闊な記事は書けないな・・・。