打ち上げ延期に慣れ2018年02月18日 07:55

打ち上げ延期に慣れ


ファルコン9の打ち上げ延期が繰り返されている。

「Delayed from Jan. 30, Feb. 10, Feb. 17 and Feb. 18. 」

打ち上げスケジュールを確認しているページによれば、既に3回の延期で、さらに21日に延期になっている(日付は、たぶん、現地(カリフォルニア時間)。

太陽同期軌道だから、バンデンバーグからの打ち上げだが、メインの衛星であるパズよりも、オマケで打ち上げられるスペースXの自社衛星の方に注目が集まる(そうなのかあ?)。

パズは、3機一組のレーダー衛星のうちの1機で、合成開口レーダーを使って地上をスキャンするようだ。

(Paz)
http://space.skyrocket.de/doc_sdat/paz.htm

まあ、ごく一般的な衛星だからな。

ちょっとカッコが変わっているくらいだ(六角柱)。

スペースXのインターネット試験衛星は、1機約400kgと意外に重い。

(MicroSat 2a, 2b)
http://space.skyrocket.de/doc_sdat/microsat-2.htm

「Mass: 400 kg」

2機上げられるようだが、地上との交信や衛星同士の通信などが試験されるんだろう。

思った通り、カメラも付いている。

「Equipment: Ku-band transponder, low-resolution imager」

数千機が低軌道にばらまかれて、リアルタイムに地球画像を送るようになると、いろいろ影響が出るかもしれないな。

グーグルアースのリアルタイム版ということになる(スペースXには、グーグルも出資しています)。

(航空宇宙会社SpaceXがGoogleから10億ドルの出資獲得。衛星高速インターネットと火星植民地建設へ前進)
http://japanese.engadget.com/2015/01/20/spacex-google-10/

今回は、低解像度ということになっているようだが、インターネット衛星だからな。

通信容量、命だからな。

これで、リアルタイム映像ばらまかれたら、同業他社はたまらんだろうな。

今回は、たったの2機だからと油断していると、数年後には1万機だからな。

ガンターの記事では、かつてMicroSat 1a、1bというのがあって、キャンセルされたとある。

(MicroSat 1a、1b)
http://space.skyrocket.de/doc_sdat/microsat-1.htm

軌道傾斜角や高度がやや異なる。

今回の打ち上げと同じように、メインの衛星に合わせただけかもしれない。

この間に、仕様変更とかが行われて、最終型に近くなっている可能性があるな。

ボトルネックになっている衛星打ち上げ手段を、自前で持っているからな。

ギリギリまで開発して、一気に打ち上げることが可能だ。

10年掛けて、ちんたら打ち上げていたのでは、商売にならない。

世間は、ワンウェッブとの競合があるんで注目しているのかもしれない。

しかし、打ち上げ手段に注目すれば、もう、勝負はついている。

しかし、衛星重量が400kgというのは気になるところだ。

ワンウェッブは、せいぜい150kgくらいだろう。

運用される高度も異なる。

ワンウェッブでは、高解像度の画像を撮ることはできない。

スペースXのインターネット衛星が、ホントは画像取得が目的ではないのかという記事まで出ている。

(スペースXが1万基以上の衛星群を打ち上げる、「もうひとつの目的」)
https://wired.jp/2017/07/14/spacex-thousands-of-satellites/

「スペースXの人工衛星の重量がおよそ385kgあり、競合するOneWebの衛星の2倍以上ある」

「約7,500基の第2の衛星群は、もっと地表近くに打ち上げられる。」

「面倒かつ電力も消費することをしてまで低軌道に打ち上げるのは、インターネット接続の安定と高速化だけでなく、撮影にも役立つから」

まあ、どうでもいいんですが。

今回の試験衛星の軌道は、約500kmだ。

「Orbit: 511 km × 511 km, 97.44°」

これは、主衛星との関係で決まったんだろうが、逆に、その起動高度の衛星を見繕って相乗りさせているんだろう。

宇宙空間からの映像といえば、ファルコン9の打ち上げ時の中継でお馴染みだが、先日のファルコンヘビーの打ち上げの際は、真っ赤なロードスターの鮮明な映像を送ってきた。

(Live Views of Starman:動画、出ます。)
https://www.youtube.com/watch?v=aBr2kKAHN6M

宇宙空間からのリアルタイム動画を送信する技術は、既に証明されている。

あとは、インフラを確保するだけということだな。

インターネットは、商売の道具に過ぎない。

コンテンツを乗っけてナンボの世界だ。

世知辛い話だが、夢とロマンだけじゃ食ってけないからな。

どっかの国がICBM発射する瞬間の動画が、リアルタイムで見られるようになるのも、時間の問題かもな・・・。

さらば静止軌道?2018年02月18日 11:02

さらば静止軌道?


大量の低軌道衛星をばらまいて、世界中を網で覆うように配置し、相互に通信させて通信インフラを構築しようという話が現実になってきている。

今までは、大企業(通信、放送会社含む)が静止衛星のトランスポンダー(中継器)を使って行うだけだったが、これからは世界中の末端ユーザーが、衛星通信を自由に使えるようになる(金さえ払えば)。

インターネットに繋がる人口が飛躍的に増えて、商機も広がるんだろうが、それ以上に、ますます通信と放送の垣根が低くなる気がするな。

我が国では、それほどの影響はないかもしれないが、世界中で見れば、その効果は絶大だ。

ピザボックスくらいのアンテナを立てる(置く?)ことさえできれば、南極だろうが、砂漠の真ん中だろうが、太平洋上の船の中だろうが、世界中とつながる。

それも、個人が負担できる金額で、だれもが使える。

静止軌道に人工衛星を置いて、限られた通信能力で、超え難い光速に縛られながら、数秒の遅延を我慢しつつ使用する時代は終わりに近づいているのかもしれない。

そんな状況を生み出しているのは、宇宙空間へのアクセス手段が豊富になってきたからだろう。

通信インフラとして考えた時に、たった1機の静止衛星がコケたら全滅するというのはぜい弱だ(まあ、数百機くらいあるようですけど)。

(Satbeams:Home>Satellites>Status=Active:本日現在、359機活動中)
http://www.satbeams.com/satellites?status=active

インターネットは、もともと、スター型のネットワークの結節点が壊れても、別ルートでの通信に自動で切り替えられ、通信網の残存性を高くするために考え出されたものだ(うーん、やや正確性を欠くか・・・)。

(ARPANET:設計目的についての誤解)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ARPANET#%E8%A8%AD%E8%A8%88%E7%9B%AE%E7%9A%84%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%E8%AA%A4%E8%A7%A3

「わが国(米国)にある大規模で強力な研究用コンピュータの数が限られていて、それらを使いたいと思っている研究者の多くは地理的に離れたところにいるという我々の欲求不満が出発点である。」

必要は、発明の母だな(ハハ・・・)。

低軌道を回るインターネット衛星の仕組みは良く知らないが(そもそも、大規模なのはこれからだし)、一度に数百機(!)壊れても、サービスに影響がないように設計されるだろう(そうなのかあ?)。

地上の通信拠点も、百単位以上で整備されるだろうしな。

冗長性は十分だろう。

やられるとしたら、ウイルスとか、ハッキングで、システムを乗っ取られるくらいか(浮沈子は、そういうことはしませんし、できませんので念のため)。

エンドユーザーが、安心して使えるインフラになって欲しいもんだが、そうなると静止軌道上の通信、放送衛星(気象衛星とかも?)無用になるんじゃないのか。

地上のインターネットでは、既にストリーミング放送が始まっているし、文字通りワールドワイドで繋がるインフラが出来れば、それで全部賄えてしまうんじゃないか。

もちろん、一気に進むわけじゃないだろうけど、予想以上に短期間に変わってしまうかもしれない。

使い勝手が良ければ、既存の通信会社が、バックボーンとして衛星を使うようになるかも。

地域のアンテナから、光回線ではなく、いきなり衛星に飛ばす。

定量的に検討していないけれど、現在のインターネットのトラフィックと、放送されている電波のトラフィックくらいは、楽勝でカバーできてしまうのではないか。

建物の中、地下街、水中など、空が見えない特殊な場所については、それなりの対策が必要だろうが、それらは既に個別の通信インフラが整いつつある。

むしろ、問題になるのは、世界中にシームレスに情報を垂れ流すことの方かもしれない。

地上回線のインターネットは、国家によって統制されているからな。

エンドユーザーが、完全に自由に通信するという状況にはない。

衛星を通じた放送も、他国に影響を与えないようなビーム形状で工夫している。

インターネット衛星が、そういう個別事情にどこまで配慮できるかはわからない。

エンドユーザーが、バックボーンから直接受信できるわけだから、なかなか規制対応は困難だろう。

静止軌道衛星が生き残れるとしたら、そういう特殊な需要に対応する媒体としての、限定的なものになる可能性はある。

ブロードバンドを全地球に普及させようという高い志は、まあ、たぶん建て前だな。

もちろん、インターネットの高速接続の需要はいくらでもあるだろうが、多少の遅延を我慢すれば、今だって静止衛星サービスがないわけではない。

回線速度に比して値段が高いので、市場が広がらないだけだろう。

(ipstar japan)
http://www.ipstar.com/jp/

最低でも、衛星放送クラスのパラボラアンテナが必要だ。

それなりの需要があるというのは、都市部に生活していてブロードバンド接続に苦労していない浮沈子には、皮膚感覚としては分かりづらいところだ。

21世紀だからな。

低遅延で高速な接続が、地球上どこでも手に入るようになれば、何かが変わり、世界が住みよくなると思うんだがな・・・。

相次ぐ墜落事故2018年02月18日 20:00

相次ぐ墜落事故
相次ぐ墜落事故


自衛隊ヘリのローターの付け根が吹っ飛んで(たぶん)墜落してからというもの、世界中で墜落事故が相次いでいる(その前には、沖ノ鳥島での米軍機の事故もありましたが)。

ロシアの旅客機、メキシコのヘリに続いて、イラン機が落ちた。

メキシコのヘリはよくわからないが、ロシアの事故は速度計の故障とみられているようだ。

(サラトフ航空703便墜落事故)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%95%E8%88%AA%E7%A9%BA703%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85

「除氷装置の人為的な起動し忘れによるピトー管の結氷が事故原因として浮上した」

「州際航空委員会の2月13日付報告によれば、FDRデータの初期解析結果から、3基搭載されたピトー管の除氷装置が全て切られており、3個ある速度計の表示が不整合を起こしていたことが判明した。」

「1つは増速を示し、1つは減速を示し、残る1つは速度0を示していたという。」

ちょっと言葉を失う。

イランの事故は、何かと問題を起こしているATR-72らしい。

(イランで旅客機が墜落、乗客乗員66人全員が死亡)
http://www.afpbb.com/articles/-/3162969

「乗客60人と乗員6人が乗ったアセマン航空(Aseman Airlines)のATR型機が今朝、レーダーから消えた」

(イラン・アーセマーン航空:保有機材)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%B3%E8%88%AA%E7%A9%BA#%E4%BF%9D%E6%9C%89%E6%A9%9F%E6%9D%90

「機種:機数:
ATR 72-210:3
ATR 72-500:2」

(ATR 72)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ATR_72

「ATR 42のストレッチ型で積載量が増加した。」

「ATR 72-200:
乗員: 2名(パイロット)
定員: 64-72席
動力: プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW124B ターボプロップエンジン、1,790 kW (2,400 shp) × 2」

「ATR 72-500:
乗員: 2名
定員: 最大74席
動力: プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW127F ターボプロップエンジン、 2,475 SHP × 2」

エンジンは多少異なるが、型番の数字ほどの違いはない。

英語版のウィキには、さっそく事故の項目が出ている。

(Iran Aseman Airlines Flight 3704)
https://en.wikipedia.org/wiki/Iran_Aseman_Airlines_Flight_3704

「On 18 February 2018, the aircraft serving the flight, an ATR 72-200, crashed into Mount Dena in the Zagros Mountains near Semirom, Isfahan Province.」(2018年2月18日、イスファハン州セミロム近くのザグロス山脈にある飛行機ATR 72-200がデナ山に墜落しました。)

この記事によると、-200のようだ。

ページの下には、今年になってからの事故リストがあった。

「1月13日 ペガサス航空8622便(死傷者なし)
1月17日 サファイア航空ベルUH-1Hイロコイクラッシュ(ヘリコプター事故:3名死亡、1名重傷)
2月11日 サラトフ航空便703(既出)
2月13日 ユナイテッド航空便1175(死傷者なし)
2月18日 イランAseman航空便(既出)」

民間航空機に限っているようだ。

航空機事故は、余程運がよくないと助からないからな。

ペガサス航空の事故なんて、奇跡みたいなもんだ。

浮沈子は、しばらく飛行機に乗れないけどな。

また乗れるようになったら、ガンガン乗ろうと思ってるんだがな。

それまでは、飛行機の事故は気になるよなあ・・・。

(墜落したイランの旅客機 66人が死亡:追加)
http://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2018/02/18/zhui-luo-sitairannolu-ke-ji-66ren-gasi-wang-912774

「墜落した旅客機は、アーセマーン航空が所有するATR 72-500型機であると伝えられている。」

うーん、どっちなんだあ?。

(18-FEB-2018 ATR 72-212)
http://aviation-safety.net/database/record.php?id=20180218-0

「Type:ATR 72-212」

「First flight:1993-10-26 (24 years 4 months)」

「Engines:2 Pratt & Whitney Canada PW127」

ATR72-500(=ATR72-212A)が認定されたのが、1997年1月なので(英語版ウィキ)、マーケティングネームとしては、-200ということになるんだろうな。

機体は24年以上の運用歴があるけど、昨年レストアされている。

報道の中には、イランに対する輸出規制の影響で、古い飛行機が飛んでいることを指摘する向きもあるようだ。

(イラン旅客機墜落で65人死亡 機体は25年前に製造:追加)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000121196.html

「イランではアメリカなど各国の経済制裁の影響で新しい機体の更新が遅れ、老朽化が重大事故多発の背景になっていると指摘されています。」