ローテク2018年02月21日 18:35

ローテク
ローテク


ファルコンロケットが、フェアリングの回収を試みている話は、以前にも書いた。

(3本の蹉跌?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/09/05/8671124

「フェアリングについても、再使用されたという話は聞かない。」

どうやら、新しいフェアリングが出来たようだ。

(SpaceX Falcon 9 set for PAZ launch with Starlink demo and new fairing)
https://www.nasaspaceflight.com/2018/02/spacex-falcon-9-paz-launch-starlink-demo-new-fairing/

「The launch of Paz had previously been scheduled to take place last Sunday. However, SpaceX announced a delay on Saturday to the next available date: Wednesday.
In announcing this delay, SpaceX confirmed that the rocket would fly with an upgraded payload fairing and that the reason for the delay was to give additional time for checkouts on this part of the vehicle.」(パズの打ち上げは、先週日曜日に予定されていた。しかし、SpaceXは、土曜日に次の利用可能な日付、水曜日までに遅延を発表した。
この遅延を発表したSpaceXは、ロケットがアップグレードされたペイロードフェアリングで飛行することを確認し、遅延の理由は車両のこの部分のチェックアウトに時間を追加することでした。:自動翻訳のまま)

そういうことなら仕方ないか・・・。

このフェアリングについては、パラシュートで回収し、再使用するということになっているようだが、具体的にどのようにするかは分からなかった。

(SpaceX recovery boat spotted with huge claw-like “fairing grabber”)
https://www.teslarati.com/spacex-fairing-grabber-claw-recovery-boat/

昨年の記事だが、回収専用船を作って拾いに行く感じだな。

海上に着水したフェアリングが沈む前に行って、クレーンか何かで拾い上げるんじゃないかと思ってたら、ネットを利用して回収するという、ちょっとクリティカルな方法になった様だ。

空から落ちてくるどでかいフェアリング(2個あります)を、どうやってピンポイントで回収するのかは分からない。

人間が落下傘で降りてくるときだって、風の影響とかを考慮して、ピンポイントで着陸するのは至難の業だ。

空母への着艦を考えてみれば、揺れる船に降りるというのがどんだけ大変かは想像に難くない。

無人のフェアリングに、操作系統付けて、落下傘を操縦しながら降りて来て、ちんけな船のネットに降ろすなんて、1段目のパワードランディングより困難なんじゃないのかあ?。

浮沈子的には、話題づくり以外の何物でもないような気がしているんだがな。

落下傘はいいとして、素直に海上に落として、浮力体を膨張させて、ビーコン出して船で拾いに行くのが正解のような気がするんだがな。

上記の記事では、イリジウムネクスト4で最初に試されるような感じだったが、今回、ひょっとしたら試すんじゃないのか?。

少なくとも、パラシュート降下はやって見せるに違いない。

まさかねえ、積む場所がないから、ネット張って面積広くして、2個積めるようにするとかって落ちにはならないよねえ・・・。

(SpaceX、Falcon 9のフェアリング回収にネット装備艀を準備)
http://jp.techcrunch.com/2018/02/21/2018-02-20-spacex-to-use-a-net-boat-called-mr-steven-to-recover-next-rocket-fairing/

「SpaceXでは昨年フェアリングの回収に成功しているが、今回はさらに信頼性が高く、再利用にも適した新しい方式を開発した。
それがMr. Stevenと名付けられた自動航行艀だ。」

ドローン船にワケワカの名前を付けるのは、スペースXの得意技だが、今回も安っぽいSF小説からとってきたようなチンケな名前が付けられている。

「フェアリングはGPSによる位置制御が可能なパラシュートによって太平洋上に降下し、それをMr. Stevenが待ち構えてキャッチする計画だ。」

さて、生中継でそこまで見られるんだろうか?。

期待しないで待つことにしよう・・・。

(Standing down today due to strong upper level winds. Now targeting launch of PAZ for February 22 at 6:17 a.m. PST from Vandenberg Air Force Base.:追加)
https://twitter.com/SpaceX/status/966313372814749701

なんか、1日延期になったみたいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック