またまた霙2018年02月22日 12:41

またまた霙
またまた霙


昨夜、夜更かしをして、いつもより数時間遅れて目が覚める。

外を通るクルマの音で目覚める。

あれっ?、なんか雨の日のような音がしているぞ・・・。

外をのぞけば、小雨が降っていて冷え冷えとしている。

こりゃあ、フィットネスはパスだな。

人は転ぶと石のせいにする・・・。

いや、違うか。

石を見て、転んだふりをするだけか。

まあいい。

いずれにしても、今日はサボりと決めた。

昨日は、女子団体パシュートの中継をらじるらじるで聞きながら、1万歩以上歩いたからな。

しかし、運動量は貯金できない。

貯め込めるのは脂肪だけだ・・・。

筋肉はすぐ落ちるのに、脂肪は落ちにくい。

どっちにしても、今日はサボり。

らじるらじるを歩きながら聞くのに、アイポッドタッチを使ってみた。

ブルートゥースも繋がりが良く、ヘッドホンからの音が途切れにくい。

豊かな夜の散歩を楽しむのに、暫く使ってみようか。

しかし、本当の豊かさは、国営放送を聞きながらは味わえない。

モバイルルーターを経由して、どこでもインターネットを享受していても、冷え切った夜気を感じながら、夜のしじまに耳をそばだてて、リアルな自然の音を聞きながら歩くことに比べれば、貧しい体験だ。

えーと、ソニーのヘッドホンの音は、お世辞にも褒められたもんじゃないがな。

(MDR-AS700BT)
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-AS700BT/

そういう意味じゃなくって、リアルな体験は貴重だと言いたい。

最近、またバルカン星人の動画をネットで見た。

(ルシアン・ウォーコウィッチ: 夜空のためにできること:動画出ます。)
https://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20180216-00001363-ted

どこにバルカン星人がいるかってえ?。

このスピーチしてるおばさん(おねーさんというには、ちょっと・・・)、以前にも記事にしている。

(パーティーは救命ボートの上で)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/01/07/8765085

「騙されないぞ、バルカン星人め!。」

妄想のままにキーボード(筆?)が滑りまくるこの手の記事のノリの良さは、浮沈子のこのブログの真骨頂だな。

まあ、どうでもいいんですが。

今回のTDEでは、テクノロジーの進歩でハイテクな観測と解析が行われていく一方、「生の自然そのものを 体験することの美が 欠けている」と指摘している。

「テクノロジーや デジタルを介した 星空の体験は 私には動物園の動物を 見ているような感があります ちゃんとした体験を 与えてはくれます 檻の中にいても 本物のライオンに違いはないし ハッブルの画像だって本物です 動物園なら野生のよりも 近くまで行けます それでも何かが欠けています」

「空を見上げ 今見ている空は 我々の知る宇宙の命のすべてを 包んでいると自覚するというのは とても深い体験です」

違いない。

夜空を見上げながらの散歩は、その宇宙の包括性と日常生活との繋がりを、感覚として教えてくれる。

いつものレストランの開店を待って、自転車に乗る。

雨は霙になって、寒さは一段と増したような気がする。

11時の東京地方の気温は1.9度だそうだ。

べらぼーめ・・・。

21世紀の地球人類は、ある時はインターネット経由で、衛星画像を見たり、テレメトリーで収集された観測点の気温を確認したりしながら、リチウムイオンバッテリー付き電動アシストママチャリに乗って、寒さに首をすくめながら走るようになった。

しかし、それらハイテクの粋を尽くしたガジェットから離れて、宇宙へとつながる身の回りの自然に目を向けたり、耳をそばだててみることも重要だ。

梅の花が咲いていたり、木の芽が膨らみ始めたり、春の兆しも見え隠れしている。

自転車の移動速度でも、十分に目が届かない。

歩くに限るな。

しゃにむに息せき切って歩くんじゃなく、ちんたらちんたら、時々立ち止まりながら歩くのがよろしい。

カロリーの消費とか、脂肪の燃焼とか考えたら、効果は薄いかもしれないけどな。

バルカン星人の言うことも、たまには聞いてみるもんだな・・・。

1000mまたは1万歩2018年02月22日 22:53

1000mまたは1万歩
1000mまたは1万歩


2018年春のダイエット(時期ものかよ!?)に取り組み始めてから1週間。

(活動量計復活?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/02/16/8789225

「今日は、とりあえず、仕掛けが整ったので、ほっと一安心だ。」

1年半ぶりに活動量計の電池を入れ替え、クラウドへの転送環境を整え(アイポッドタッチ復活)、データが反映されているのを確認したところで三日坊主・・・。

浮沈子のは、初代ビボフィットなので、万歩計代わりにしかならない。

水泳教室とか、プールで泳いだりとか、自転車こいでも、何も反映されない。

クラウドの画面から手入力で入れることはできるが、アホくさくてやってられない。

シンクロさせるために、活動量計のボタンを長押しするのさえ面倒なのに・・・。

1日、最低1万歩は歩こうと心がけているが、いったり行かなかったりしている。

今日は1万1千歩超え。

今日も書いたが、運動というのは貯金が効かない。

まとめてやっても、効果がない。

まとめて食うと、抜群の効果があるんだがな。

ちょっと、不公平な気がする。

まあいい。

前回のダイエットで分かったんだが、運動で痩せることはできない。

摂取するカロリーを抑えるしかない。

体に必要なものは摂らなければいけないので、必然的に糖質を減らすことになるが、それは脳との関係で難しい。

せめて、そこで折り合いをつけた分くらいを、運動で解消する程度しか減らせないのだ。

当然、減量効果は限られ、長期間の取り組みが必要になる。

そこで無理すると、結局挫折してリバウンドする(得意です!)。

肥満は、脳の生活習慣病だからな。

報酬(エサ?)を与えながら、手なずけていくしかないのだ。

自分の脳という猛獣と戦って勝てる人間はいない。

テキトーに折り合い付けて、一生付き合うしかないのだ。

泳いだ日には、歩かなくていいことにするとか、歩いた日には、泳ぐ距離を短くするとか。

一週間に1日は、少し糖質を多めにとることを認めるとかしないと持たない。

当面は、1万歩または1000mの水泳を継続することを目標にしよう。

昨年、夏前から秋にかけて、1日2000m泳いだりしてたからな。

それに比べれば、楽勝な感じだ。

一昨年のダイエットの時には、2万歩だったしな。

今回は、半分しか泳がないし、半分しか歩かない。

それでも、たぶん、3日しか続かない。

で、1日か2日休んで、また、3日続ける。

それで十分だろう。

間の日だって、寝たきりなわけではないからな。

夜の散歩のルートも、道を1本ずらしたりして、飽きが来ないように工夫している。

さらには、1日おきに逆回りしたりして、バリエーションを増やしている。

有難いことに(?)、もの忘れが激しくなって、同じ道を歩いていても道に迷うくらいだから(!)、飽きることはない。

季節が移ろえば、塀越しに見られる木々や花々の様子も変わり、空気の匂いにも変化がある。

緩い感じで始めて、効果を確認しながら強度を調節していこう。

体が動くうちに、動かし方のコツをつかんでおかないとな。

今日は、ちょっとまとめて歩き過ぎて、ふくらはぎが筋肉痛になっている。

せっかく、小雨にかこつけてフィットネスをサボったのに、逆効果になってしまった。

明日も、朝方は冷えるようだしな。

ゆっくり目に行って、軽く流す程度にしよう。

3日坊主のペースを堅持しなければならない。

春の声を聴くまでに、ころあいを掴んでおきたい。

今年の冬は、ひどい風邪をひかずに済んでいる。

完全に寝込むまではこじらせていない。

それだけが救いなのに、これで風邪ひいたら救いがたいことになる。

もう少しの辛抱で、体を思い切り動かせる季節になる。

冬ごもりから覚めて、蝶になって羽ばたく。

いいじゃないの、どーせ、イメージだけなんだから・・・。