ゼロビジIE?2018年03月18日 10:25

ゼロビジIE?


IDC講習のお手伝いに、稲取へ。

本番のIEもやっていて、その傍らでの練習をサポートする(される?)。

海が荒れていて、港の中での海洋なんだが、透視度のなさが半端ない。

テックでは、いい環境(?)という事になるんだが、IEの方はそうはいかない。

大変だな・・・。

IDC講習も、場所を移動したりして、少しでも透視度を確保しようとするんだが、移動する度に、もうもうと水底の沈殿物が舞い上がって視界を奪う・・・。

こういう環境でしか潜れないというのは、浮沈子にとって苦痛以外の何物でもない。

が、いい練習にはなる。

ネオプレンのドライスーツの扱いにも慣れてくる。

今回は適正ウエイトだったので、プールも海洋も、快適に潜れた。

脱ぎ着する際に、首と腕のどちらを先に通すかさえ怪しい状態だったが(!)、最後の方にはいちいち聞かずに分かるようになった(ほんとかあ?)。

まあ、そういうことにしておこう・・・。

天然トラブルを頻発できる生徒役の存在は、IDCにとっては貴重だからな(そうなのかあ?)。

富戸に前泊して、講習が終わったらさっさと帰ってきてしまった。

ご一緒した方から、GUEの講習のお誘いを受ける。

(GUE Fundamentals)
https://www.gue.com/gue-fundamentals

浮沈子なんか、受講生の数合わせ要員にしかならないんだろうが、試しにやってみてもいい。

神田方面でも勧められているコースなので、こっちで受けてみようかな。

テクニカルダイビングとファンダイビングの境目当たりの各団体のコースを梯子して、その種のカードコレクターになりつつある浮沈子だが、そのうち、何かが見えてくるかもしれない(ゼロビジだけど?)。

今回のIDC受講生は、スキルも安定しているし、喋りの方も完成形に近い。

安全管理や実施の際の手順を磨いていけば、チョンボさえなければ大丈夫だろう。

トラブル要員(?)としては、トラブルの出し甲斐があるというものだ(!)。

来月の本番に向けて、追い込み態勢に入りつつある。

コースディレクターである柏崎さんの方針で、後半に向けて盛り上げていくスケジュールなので、今後も可能な限り協力していこう。

その中で、いろいろ参考になることも見えてくる。

殆どゼロビジの中でのデモンストレーションの仕方とか・・・。

まあいい。

何事も経験だ。

3mくらいある港の岸壁から飛び降りたり、フル器材背負って梯子上ったり(装備重量100kg超!)。

こういうところで、フィットネスに通う日頃の鍛錬がものをいう。

しかし、今日は、(もちろん)筋肉痛!。

身動きできない・・・。

日頃の鍛錬が足りないな・・・。

漉し餡に限る2018年03月18日 21:27

漉し餡に限る
漉し餡に限る


今日は春の彼岸の入り。

(彼岸)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%BC%E5%B2%B8#%E5%BD%BC%E5%B2%B8%E6%8A%84

「彼岸(ひがん)とは、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)である。」

「供物:
日本で彼岸に供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は同じもので、炊いた米を軽くついてまとめ、分厚く餡で包んだ10cm弱の菓子として作られるのが一般的である。これらの名は、彼岸の頃に咲く牡丹(春)と萩(秋)に由来すると言われる。」

この解説によると、春がぼたもちで、秋がおはぎという事になるのかもしれないが、浮沈子は、漉し餡がおはぎで、粒餡がぼたもちだと、ずーっと信じていた。

(「おはぎ」「ぼたもち」「あんころもち」の違い)
https://chigai-allguide.com/%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%8E%E3%81%A8%E3%81%BC%E3%81%9F%E3%82%82%E3%81%A1%E3%81%A8%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%82%82%E3%81%A1/

このページは、コピペできないんだが、要するに、いわれは季節だが、現在は季節による呼び分けはなく、大きさや餡の種類(漉し餡か粒餡か)で呼び分けているようだ。

ただし、浮沈子が覚えていたのと逆で、粒餡がおはぎ、漉し餡がぼたもちというのが正解らしい。

収穫期に近い新鮮な小豆が入手できる秋(おはぎ)には、粒のままでも柔らかくなるために粒餡を用い、すりつぶさなければならない春(ぼたもち)には、漉し餡という事になる。

このほか、餅の部分の違いで呼び分けを行ったりしているところもあるようで、逆転もあったりして、全国統一の呼び分け基準はなさそうだな。

まあ、どうでもいいんですが。

というわけで、三日後には、春分が来る。

子供のころには、和菓子が好きだった祖母の影響もあり、しこたまおはぎ(漉し餡)を食べた記憶がある。

食い過ぎで、腹を壊したこともあったような(栴檀は双葉にして芳し:意味違うんじゃね?)。

まあいい。

摘んできたヨモギで、草餅を作って食べた記憶もある(もちろん、作ってくれたのは祖母で、浮沈子は食べただけ)。

(草餅)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E9%A4%85

「蓬に代表される草を練りこんだ餅の一種。和菓子として扱われ、春の季語でもある。」

懐かしいな・・・。

あの頃が、一番幸せだったのかもしれないなどと、爺臭いことを考えてしまう。

爺臭いですが・・・。

春は別れと出会いの季節。

最近は、出会いの方はさっぱりで、別ればかりだがな。

体脂肪とは、早く別れたいんだが、こっちの方は出会ったきりだ。

春分の日になれば、もう、名実ともに春になる。

昨日は、東京地方で桜の開花が宣言されたようだしな。

昔は、4月になって咲いたもんだが、最近は、満開も3月中が多い。

地球温暖化のせいなんだろうか?。

開花から、1週間から10日で満開になるそうだから、今年は3月中に満開で、4月の入学式のころは散ってしまっているだろう。

風情がないなあ・・・。

そんなことを考えながら、春分のページを読んだ。

(春分)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E5%88%86

「2018年 3月20日16:15 3月21日」

「実際には、昼の方が夜よりも長い。日本付近では、年により差があり、平均すれば昼が夜よりも約14分長い。」

日の出と日没の定義や大気による屈折のせいらしい。

今頃は、昼夜の時間の変化が最も大きい時期で、毎日のように日足が長くなっていくのを実感する。

今日も、午後から筋肉痛を押して大井町まで自転車をこいでいった。

悲鳴を上げる筋肉や関節をものともせず、いつものように、最弱の筋トレと1000mの水泳をこなす。

初心者レーンが混んできたので、途中から25m連続で泳がなければならないレーンに移って、ちゃんと泳いできた(いつもは、浮かんでるだけ?)。

帰りは、5時ころになったが、太陽はまだビルの影から光を注いでいた。

夏に向かって、まっしぐらだが、体重の方は一向に減る気配がない。

止まったままで、微動だにしない。

久しぶりのダイビングとフィットネスで、活動的な週末を過ごしたんだがな。

その分、しっかり食った気もする。

出入りが同じなら、バランスして当然か。

帰ってきてから、歩数を稼ぐために、近所の散歩に出かけてきた。

筋肉痛で、ふくらはぎや太ももがメリメリと悲鳴を上げる。

今日も1万歩の大台に乗せて合格!。

金曜日は、ちょっと気が滅入って、さぼってしまったからな。

いつも、手を抜く日曜日に、挽回を期して頑張る。

明日のことは、とりあえず考えない。

温かくして、早めに寝てしまうに限るな。

もちろん、あんころもちは漉し餡に限るけどな。