活動量計バンド応急修理2018年03月19日 22:29

活動量計バンド応急修理
活動量計バンド応急修理


初代ビボフィットを中古で購入して、最近、復活させたのはいいが、手荒に扱うことが多く、とうとうバンドがちぎれてしまった。

ちぎれたところは、ハサミでパチンと切ってしまう。

当然、長さが足りなくなったので、まずは、ためらいもなく真っ二つにして、途中に穴をあけて100均で買っておいた細めのゴムひもを通して結ぶ。

ゴムひもは、少し緩めにして、バンドと手首の間の通気性を確保すれば完成。

ゴムひもの端っこを、ライターであぶって、ほつれないように仕上げる。

今日、1日着けているんだが、なかなか快適だ。

水泳の時に外すことが多く、差し込む穴のところが切れてしまった。

ゴムひもにしたことで、外すときに、差し込みを繰り返すこともなくなったので、しばらくこのままでもいいか。

あまり、見た目は良くないんだがな。

今日は体調不良(昨日の無理が祟ったか)で、1日中、寝たり起きたりを繰り返している。

せっかく応急修理した活動量計の出番はない。

雨が降り出して、散歩にも行けない。

明日は所用があって、歩きは出来そうもないし、雨模様だ。

フィットネスも休みだしな。

明後日も雨・・・。

咲きかけた桜も、雨の中で気温が上がらず、満開になるのが遅れそうだ。

予報では、気温はぐんぐん下がり、明日、明後日はほぼ10度未満で推移しそうだ。

まあいい。

焦らず、じっくりと取り組めばいいのだ。

活動量計が壊れるほど運動したといえば聞こえはいいが、なに、ぞんざいに扱っただけの話だ。

しかも、バンドがちぎれただけ。

天気になって体調が戻れば、また、健康的な生活に復帰すればいいだけだ。

それまでは、不健康な生活を、大いに楽しむことにしよう・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック