危なげない打ち上げ2018年04月19日 09:52

危なげない打ち上げ
危なげない打ち上げ


(スペースX「ファルコン9」、惑星探査衛星「TESS」打ち上げ実施 ロケット着陸は成功)
http://sorae.info/030201/2018_04_19_x9t.html

「宇宙開発企業のスペースX社は2018年4月18日(現地時間)、フロリダのケープカナベラル空軍基地から「ファルコン9」ロケットを打ち上げました。また、ロケット第1段のドローン船への着陸に成功しています。」

TESSの打ち上げを、録画で見た。

(TESS Mission:動画出ます。)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=114&v=aY-0uBIYYKk

朝、二度寝したら、寝坊してライブでは見れなかった。

コースティングが長かったので(30分以上)、ちょうどよかったかもしれない。

1段目のドローン船への回収といい、2段目の長時間後の再着火といい、全く危なげのない打ち上げだ。

つまらん・・・。

ビデオの中では、TESSの軌道のアニメが出てくる(T-5分50秒辺り)。

月の軌道面とは、結構角度が付いている。

どうやら、間違って(意図的に?)火星軌道に送り込むことはなかったようだ。

やれやれ・・・。

TESSの運用や、デプロイ後の軌道変更については、以下の動画で確認できる。

(Transiting Exoplanet Survey Satellite (TESS):動画出ます:追加)
https://www.youtube.com/watch?v=mpViVEO-ymc

静止軌道より高い軌道に無事に送り込むことができて何よりだが、打ち上げの遅延以外は何のトラブルもないというのはあっさりし過ぎた感じだ。

(Transiting Exoplanet Survey Satellite (TESS):動画出ます:追加)
https://www.youtube.com/watch?v=mpViVEO-ymc

それでも、久しぶりに1段目の回収の映像を見たような気がする。

2月のファルコンヘビー以来だ。

ファルコン9としては、1月のズーマ以来ということになる。

このところ、1段目の回収はご無沙汰だったわけで、その意味では多少の見応えはあったかな。

回収映像禁断症状が出ていた感じだったからな。

ちょうどいい。

今回、フェアリングの回収を行ったかどうかは知らない。

太平洋側には、専用の回収船は置いてないようだから、6億円は海に消えたかもしれない。

まあ、どうでもいいんですが。

今日は、暖かい日差しが差し込んで、明るい朝になった。

ファルコン9の打ち上げが無事に終わった。

もう二度と、新品のブロック4の打ち上げを見ることは叶わない。

年年歳歳打ち上げ相似たり、歳歳年年ロケット同じからずか。

ブロック5になれば、1段目の回収が常態化して、新品の打ち上げを見る機会も減るかもしれない。

少なくとも、10分の1以下になる。

まあな、打ち上げ回数が10倍以上になるかもしれないからな。

新品の打ち上げ回数自体は、あまり変わらないかもしれない。

しかし、殆どの打ち上げは、再使用(中古?)ロケットで行われるようになる。

2段目の回収についても、記事が上がっている。

(スペースX、ロケット上段の巨大パーティー・バルーンによる回収を実験へ)
http://sorae.info/030201/2018_04_17_x2.html

「ロケット上段の巨大パーティー・バルーンによる回収を今後予定」

「地上に設置されたバウンド施設で受け止めることで軟着陸させる」

冗談(上段?)だろ?。

まあいい。

とてつもない速度になっている2段目を、どうやって減速し、断熱圧縮の熱から守り、ピンポイントで誘導するか。

1段目と違って、余分な燃料積んで、パワードランディングさせるというわけにはいかないんだろう。

グインショットウェルは、いつだったか、2段目の回収はやらないといってたようだがな。

親分が、変な方法を思いつく度に、振りまわされているのかもしれない。

BFRが完成すれば、完全回収になり、怪しげなバルーンなど使わずに済むかもしれない。

10年くらいはかかるだろうから、その間の回収方法として、何らかのチャレンジはするかも知れない。

BFRが試験飛行するまでの間、話題が無くならないようにしているだけか。

フェアリングの回収だけじゃな。

派手さに欠けるからな。

それはそうと、次回の打ち上げは、いつの間にか、5月に延期になっていた。

といっても、2週間程度しかない。

満を持してのブロック5の初登場となる。

中型(3.5トン程度)の通信衛星をGTOに上げるだけのつまらん打ち上げだが、ブロック5は、ほぼ確実に回収される。

有人宇宙船(ドラゴン2:クルードラゴン)を上げるには、このブロック5を使うしかないから、打ち上げの成功は有人飛行にとっても重要なマイルストーンになる。

こっちの方は、是非とも生中継で見たいもんだな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック