「合成生物学の衝撃」の衝撃2018年05月18日 13:48

「合成生物学の衝撃」の衝撃
「合成生物学の衝撃」の衝撃


まあ、どう考えても、書籍の宣伝記事としか思えなかったが、まんまとその手に乗って代官山の蔦屋に買いに行ってしまった。

(思うままに「いのち」をデザインする――人工的な生命を生み出す「合成生物学」の未来と懸念)
https://news.yahoo.co.jp/feature/968

ネットで検索して在庫を確認し、念のため電話までして取り置いてもらった。

電車賃をかけ、往復の手間をかけて買ってきた。

プロローグとエピローグ、あとがきだけ読んだが、いくつか思い当たる名前が出てくる。

クレイグベンターや、リサニップについては、このブログでも取り上げている。

(奇跡の惑星)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/12/11/8273383

(宇宙人の作り方?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/03/25/8811112

カズオイシグロの作品についても、書いたような記憶がある。

(わたしをアイランドに連れてって)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/10/06/8695799

浮沈子が気になっている生命のことに関する話題を、纏めてくれているような本だ。

エピローグの中に出てくる、リサニップの講演における聴衆の反応にビビる。

宣伝を兼ねて(?)、一部引用する。

「人間自体の改造はどうだろうか。もちろん、現在は拒否感を持つ人がほとんどだろう。だが、その目的が臓器提供や能力強化ではなく、「火星への移住」だったら?」

「以前、彼女が一般向けの講演で、「意志による進化」という自らのアイデアを生き生きと語ったとき、会場からはヒトゲノムを改変することへの疑問の声など出なかった。」

「代わりに人々は、合成生物学が切り開くかもしれない人類の新たなフロンティアに驚嘆し、盛大な拍手を送った。」

まあ、そういう講演を聞きに行く人々だから、バイアスがかかっていると考えるにしても、浮沈子には衝撃的な話だ。

それは、技術としての合成生物学が与える衝撃よりも、インパクトを感じさせる。

人類は、もう、遺伝子を自在に操り、それを新たな進化として受け入れる準備ができているとでもいうのだろうか?。

電子制御による機械の高度化に違和感を覚え、そのくせ、ECCRを好み、スマホやタブレットやPCに囲まれて生活している浮沈子に、人のことは言えない。

しかし、生命は、単独で進化してきたわけではないし、その形質を獲得し継続するために、何億年もの時間という莫大なコストを支払っている。

そう簡単に弄られてはたまらん!。

以前に、細胞は生命ではなく機械に過ぎないという話について書いた。

(細胞と生命)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/03/01/8796229

「単細胞生物の立つ瀬が無くなる・・・。」

まあ、どうでもいいんですが。

買ってきた本は、週末のダイビングの間に、じっくりと時間をかけて読むつもりだ。

丁寧な取材と、最先端科学に切り込む基礎知識を持った著者が、何を見てどう感じたのかは興味がある。

楽しみだな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック