宇宙探査の殺し文句2018年06月03日 00:34

宇宙探査の殺し文句
宇宙探査の殺し文句


浮沈子的には、次の3つがそれに当たると考えている。

・地球外生命探査(系外惑星探査を含む)
・ダークマター(暗黒物質)
・ダークエナジー(暗黒エネルギー)

素人的関心も玄人的関心も、十分に満足させてくれる。

これらのどれにも該当しないミッションは、むしろ例外的だろう(じみーなインサイトとか)。

これら3つの要素を併せ持つ、クリーンヒットもある。

2020年代半ばに打ち上げ予定とされている、赤外線宇宙望遠鏡だ。

(広視野赤外線サーベイ望遠鏡)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E8%A6%96%E9%87%8E%E8%B5%A4%E5%A4%96%E7%B7%9A%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%99%E3%82%A4%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1

「2010年に全米科学アカデミーによって”今後10年間で行う天文研究”で最優先計画として推奨された赤外線天文学の観測計画。」

今年の初めころ、トランプの場当たり的(?)宇宙政策のとばっちりで、危うくお蔵入りしそうになったが、議会が反発して復活しているようだ。

(Wide Field Infrared Survey Telescope:Funding history and status)
https://en.wikipedia.org/wiki/Wide_Field_Infrared_Survey_Telescope#Funding_history_and_status

「The Trump administration's proposed FY2019 budget would terminate WFIRST, citing higher priorities within NASA and the increasing cost of this telescope.」(トランプ政権が提案した2019年度の予算案は、NASA内の優先順位の高まりとこの望遠鏡のコストの上昇を踏まえて、WFIRSTを終了させるだろう:自動翻訳のまま(一部訂正):以下同じ)

「However, on March 22-23, Congress approved a FY18 WFIRST budget in excess of the administration's budget request for that year and stated that Congress "rejects the cancellation of scientific priorities recommended by the National Academy of Sciences decadal survey process", and further directed NASA to develop new estimates of WFIRST’s total and annual development costs. Later, the President announced he had signed the bill March 23.」(しかし、3月22日から23日にかけて、議会は、その年度の予算要求を上回るFY18のWFIRST予算を承認し、議会は「全米科学アカデミーの10年調査プロセスで推奨された科学的優先事項の取り消しを拒絶する」と述べ、NASAは、WFIRSTの総予算と年間開発費の新しい見積りを開発する予定である。
その後、大統領は3月23日に法案に署名したと発表した。)

まあ、どうでもいいんですが。

この宇宙望遠鏡が、どういう仕掛けで系外惑星を観測でき、ダークマターやダークエネルギーに関する知見を得られるかは、浮沈子にはよく分らない。

(Frequently Asked Questions)
https://wfirst.gsfc.nasa.gov/faq.html

いろいろ書いてあるが、さっぱりだな。

少し古いが、丁寧に解説している映像があった。

(WFIRST: A Wider Gaze on the Cosmos:動画出ます。)
https://www.youtube.com/watch?v=ER8Lf-deo5w

マイクロ重力レンズ効果、コロナグラフ、1a型超新星の観測、エトセエトセ・・・。

広視野であることの利点を生かして、様々な研究のツールとしての価値があるようだ。

ジェームズウェッブ望遠鏡との違いが、素人には分かり辛いということはあるかも知れない。

どっちも、赤外線領域だしな。

置かれるところも同じだ。

「Reference system:Sun–Earth L2」

まあいい。

ビデオの中でも言っているが、我々がどこから来て、どこへ行こうとしているのかを知るためのツールだ。

望遠鏡自体は、スパイ衛星のために開発されたものらしいが、科学観測に使うことが出来れば好ましい。

「In 2012, another possibility emerged: NASA could use a second-hand National Reconnaissance Office telescope made by Harris Corporation to accomplish a mission like the one planned for WFIRST.」(2012年には、NASAはWFIRST計画のようなミッションを達成するためにHarris Corporation製の中古国家偵察局望遠鏡を使用することができます。)

「・・・this mission is now the only present NASA plan for the use of the NRO telescopes.」(この任務は現在、NRO望遠鏡を使用するための唯一のNASA計画である)

(Frequently Asked Questions)
https://wfirst.gsfc.nasa.gov/faq.html

「WFIRST uses a 2.4 m telescope provided by another government agency as the front-end to two instruments, the Wide Field Instrument and the Coronagraph Instrument.」(WFIRSTは、別の政府機関によって提供された2.4mの望遠鏡を、2つの機器、ワイドフィールドインストゥルメントおよびCoronagraph計測器のフロントエンドとして使用します。)

そう、2.4mの反射鏡というのは、ハッブル宇宙望遠鏡と同じなわけだ。

(ハッブル宇宙望遠鏡:JWST以外の新たな宇宙望遠鏡計画)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%96%E3%83%AB%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1#JWST%E4%BB%A5%E5%A4%96%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1%E8%A8%88%E7%94%BB

「この偵察衛星の主鏡の口径は2.4mあり、ハッブル宇宙望遠鏡と同じであるがよりハイテクで軽量である。視野はハッブル宇宙望遠鏡よりも100倍広く、焦点距離は短くなる。この地上撮影用の望遠鏡を宇宙観測用望遠鏡に改造し、2023年以降に打ち上げる計画。」

国家偵察局は、ハッブルと同じ口径の望遠鏡を、偵察衛星用として作っていたわけだが、たぶん、もっと高性能な奴を開発したので、払い下げ処分したんだろう。

金回りのいいところは違うな・・・。

まあいい。

つーことは、あれだな、このWFIRSTを地球に向けさえすれば、偵察衛星になるのかあ?。

が、L2からじゃあ遠すぎて役には立たない。

やれやれ・・・。

クシャミ連発2018年06月03日 18:06

クシャミ連発


ファルコン9(ブロック4ですが)の打ち上げが延期続きで、宇宙ネタの間が持たない。

今日は、体調が優れず、家でゴロゴロしている。

さっき、連発でクシャミも出た。

先週から、やはり体調不良が続いているのだ。

その中で、フィットネスに通ったり、水泳教室でバタフライしたり、神田詣でをしている。

無理が利かない身体に無理をさせている。

もっと大切にしなくっちゃな(爆食爆睡すりゃあいいというもんじゃない・・・)。

ネットを徘徊しても、浮沈子が興味を持つような記事はない。

(ロケットの噴射ガスは大気の組成を変えて地球の環境に影響を与える可能性がある)
https://gigazine.net/news/20180602-rocket-emission-change-atomosphere/

この記事の中で、唯一目を引いたのは以下の記述。

「今後ロケットビジネスは現在の1000倍レベルで増加することが見込まれます」

現在、衛星打ち上げロケットは、年間100機程度だから、1000倍といえば10万機ということになる。

5分に1機位の打ち上げペースだからな。

ブログのネタ切れなんて言う状況にはなるまい。

最近、鳥嶋さんがニューズウィークに記事を書くようになった。

(宇宙から降ってくる600万ドルを捕まえる! スペースXの次の一手)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/05/600-x.php

「スペースXは、フェアリングにパラグライダーなどに使われる「パラフォイル」を搭載。パラフォイルは空気で膨らむ翼のような装置で、行き先を操縦することができるため、ある程度狙ったところに降りることができる。」

添付されている動画を見ると、一度高速ボートで曳航して、回収船であるミスタースチーブンのネットの上に落とすということだが、曳航するボートの操船とかを考えると、この動画は怪しいな。

無理せず、海に軟着陸させて、ふつーの船で回収するのがよろしい。

前回の打ち上げでは、50m以内の至近距離に落とすことに成功したということだ。

(New photos illustrate progress in SpaceX’s fairing recovery attempts)
https://spaceflightnow.com/2018/06/01/new-photos-illustrate-progress-in-spacexs-fairing-recovery-attempts/

画像を見ると、側面の汚れ具合が異なるので、同じフェアリングかどうか怪しい感じだ。

まあ、どうでもいいんですが。

鳥嶋さんの記事は、マイナビの掲載で読むことが多い。

(中国、月の裏側に通信衛星を打ち上げ - 年末には探査機も着陸)
https://news.mynavi.jp/article/20180601-639992/

幅広い調査と、読みやすい文章で、浮沈子はファンになっている。

「中国は1990年代から「嫦娥」と名付けられた月探査計画を実施。2007年に月を周回する探査機「嫦娥一号」を打ち上げ、探査に成功。2010年には同型機の「嫦娥二号」を打ち上げ、月を探査したのち、小惑星探査にも成功した。」

「2013年には、計画の次なる段階として、月への着陸を目指した「嫦娥三号」を打ち上げ、表側の北西にある「雨の海」に着陸。さらに探査車「玉兎号」(ぎょくとごう)も運用。故障により1か月ほどで走行できなくなったものの、2016年まで観測機器などの運用が行われた。」

ゆくゆくは、独自の宇宙ステーションを国際利用して、イニシャチブを取るといわれている。

(中国、独自宇宙ステーションの科学利用を国際開放へ)
https://sorae.info/030201/2018_05_31_china.html

「中国は2022年からの運用開始を予定している宇宙ステーション「天宮」を、科学目的利用において国連加盟国に開放する方針であると表明しました。」

大統領や議会の意向に振り回される米国と異なり、中国の着実な宇宙開発の進展から目が離せない。

たまに、ビジネス媒体に書くこともある。

(日本発の宇宙船会社「PDエアロスペース」、5.2億円を調達。来年にも無人機が宇宙へ!)
https://hbol.jp/167189

「高度100kmの宇宙空間まで飛行できる「宇宙飛行機」の開発に挑んでいる。」

この媒体に書く時には、どうやら明確に読者層を意識している感じもするな。

「宇宙旅行はもはや、「できるか、できないか」ではなく「やるか、やらないか」という時代に来ている。」

煽る煽る・・・。

まあいい。

バージンギャラクティックは、今年中に宇宙旅行をすると言っているらしいが、話半分で聞いていた方がいいかもな。

この業界は、そういう血の気が多いのがうようよいるしな。

打ち上げロケットは、週に1回か2回しか飛ばないし、ファルコン9は、1段目の回収をたまにしかしていないし、宇宙旅行はどこも実現していない(10億円でISS行くのは別にして)。

5分に1回の打ち上げが実現するのはいつのことやら・・・。