ヴァルター機関の系譜2018年06月14日 00:33

ヴァルター機関の系譜
ヴァルター機関の系譜


ブラッドハウンドSSCの記事を書いていて、先代のスラストSSCとの最大の違いであるロケットエンジンについて、少し調べた。

つーか、よく分らないのだ。

(ブラッドハウンドSSC)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89SSC

「末端水酸基ポリブタジエンと高濃度過酸化水素を燃料・酸化剤とし、その燃焼ガスを推進剤とするNammo製ハイブリッドロケットエンジンを使用する。その他に、高濃度過酸化水素を供給するポンプを駆動するジャガーのV型8気筒内燃レシプロ機関も搭載している。」

これは、いわゆる固体燃料に、酸化剤をぶっかけて燃やすというふつーのハイブリッドエンジンみたいな感じなんだが、英語版にはこんな記述がある。

(Bloodhound SSC:Propulsion)
https://en.wikipedia.org/wiki/Bloodhound_SSC#Propulsion

「In addition Daniel Jubb designed, manufactured and test fired a full diameter 18" monopropellant HTP thruster for the subsonic ground tests for Bloodhound SSC. 」(Bloodhound SSCの亜音速地上試験のために直径18インチのモノプロペラントHTPスラスタを設計、製造、試験しました.:自動翻訳のまま:以下同じ)

「In order to accelerate the car to 800mph, the monopropellant rocket will produce around 40kN (8992 lbf) of thrust and the EJ200 jet engine will make 90kN (20,232 lbf) in reheat. For the 1,000mph runs, the Nammo hybrid rockets will provide a thrust of 123.75kN (27,820 lbf), generating about 212kN (47,659 lbf) in total」(自動車を800mphに加速するために、モノプロペラントロケットは約40kN(8992lbf)の推力を生成し、EJ200ジェットエンジンは90kN(20,232lbf)の再加熱を行います。 1,000mph走行の場合、Nammoハイブリッドロケットは123.75kN(27,820 lbf)の推力を提供し、合計で212kN(47,659 lbf)を生成する)

モノプロペラントスラスターは、一液式のロケットだからな。

ハイブリッドじゃない。

リンクをたどると、解説記事があった。

(MONOPROPELLANT ROCKET TESTING UNDERWAY)
http://www.bloodhoundssc.com/news/monopropellant-rocket-testing-underway

「The early runs of BLOODHOUND SSC will use a monopropellant chamber rather than the hybrid rocket.」(BLOODHOUND SSCの初期運転は、ハイブリッドロケットではなく、モノプロペラントチャンバを使用します。)

ははあ、来年予定されている時速500マイルのテストでは、このロケットエンジンを使うのかもしれない。

(BLOODHOUND 500 – SOUTH AFRICA 2019)
http://www.bloodhoundssc.com/BLOODHOUND500

「In the second quarter of 2019, BLOODHOUND SSC will run for the first time on its specially created race track at Hakskeen Pan, South Africa. The team will be targeting 500mph – a key milestone on the journey to setting a new World Land Speed Record.」(2019年の第2四半期には、BLOODHOUND SSCが南アフリカのHakskeen Panで特別に制作されたレーストラックではじめて走行する予定です。チームは新しい世界陸上記録を設定する旅の重要なマイルストーンである500mphを目標とする予定です。)

引っ張るなあ・・・。

まあいい。

堅実なプロジェクトの推進は、成功の秘訣だからな。

速度記録にチャレンジする時には、本命のハイブリッドエンジンに換装するんだろう。

過酸化水素を使ったエンジンは、古くからある。

(ヴァルター機関)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%A9%9F%E9%96%A2

「1933年から第二次世界大戦末期にかけてドイツでヘルムート・ヴァルターにより主として軍事用に開発された、高濃度の過酸化水素が分解する時に発生する水蒸気や酸素を利用する熱機関の総称である。」

これが、一筋縄ではいかない。

「低温式ヴァルター機関は、この高濃度過酸化水素と触媒とを反応させ、分解時に発生する酸素と水蒸気の混合ガスを作動流体として利用するものである。」

「高温式ヴァルター機関は、発生した酸素と燃料(軽油、メタノール、水和ヒドラジンなど)とを混合して燃焼させ、発生する高温高圧ガスを作動流体として利用するものである。低温式よりも経済的で出力の制御も可能であるため、比較的長時間の使用に適している。また、燃焼ガスの温度は必要に応じて水を加えることにより調整する。」

ブラッドハウンドSSCは、まずは低温式ヴァルター機関で500マイルを狙うわけだ。

んでもって、ブタジエンゴムの燃料を燃やす高温式ヴァルター機関(そうなるのかあ?)で、1000マイルにチャレンジということになる。

過酸化水素の話は、本命のロケット開発の中にも出てくる。

(ブラック・アロー)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%BC

「イギリスの人工衛星打上げロケットである。王立航空工廠でブラック・ナイトを元に開発された。酸化剤として過酸化水素、燃料としてケロシンという珍しい組み合わせの推進剤を使用しており、燃焼ガスが無色となることが特徴的なロケットである。」

この話は、以前にも書いたな。

(英国の選択)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/01/25/8333154

この中に出てくるブラックアロー、007の秘密兵器にまでヴァルター機関は登場する。

「1965年公開の映画『007 サンダーボール作戦』で秘密兵器として登場」(ヴァルター機関より)

ブラックアローに絡んで、ちょっと気になったことがある。

ちょうど打ち上げの頃に公開された「謎の円盤UFO」の中に、「惑星Xクローズ・アップ作戦(原題:CLOSE UP)」というのがある。

英国の衛星を、NASAに頼んで打ち上げてもらうという話だ。

何とも皮肉な話なんだが、ストレイカー司令官(エドビショップ)が、フリーマン大佐(ジョージシーウェル)との会話でひねりを利かせている(そうかあ?)。

フリーマン:衛星の打ち上げはどうかな?。
ストレイカー:どうかな?、専門のNASAがやるんだから、失敗は考えられんよ(ニヤリ)。

ブラックアローの打ち上げを控えた時期に、こういうシナリオを書くというのは、如何にも英国風だ。

まあ、どうでもいいんですが。

ブラッドハウンドSSCのハイブリッドエンジンは、ノルウェーの防衛企業が開発しているらしい。

(Nammo)
https://en.wikipedia.org/wiki/Nammo

「External links:
Nammo Bloodhound hybrid rocket motor, first test firing, 9 December 2014.」

(BLOODHOUND's new 1,000mph Hybrid Rocket - Tested:動画出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=22_4ZGGnb_g

「BLOODHOUND's rocket partner, Nammo, sucessfully fired the new hydrid rocket. This firing lasted for a predefined 16 seconds, producing a maximum thrust of 30 kN (or 3 tonnes). The temperature in the rocket reached 2,500°C and 1,400°C in the plume.

The rocket started instantly after ignition and the firing was terminated in a controlled manner by closing the main oxidiser valve.

BLOODHOUND will use one rocket for high speed testing 2015 and a cluster of three rockets to reach 1,000mph in 2016.」(BLOODHOUNDのロケットパートナーであるNammoは、新しいハイドロッドロケットを成功裡に発射した。 この発射は、30kN(または3トン)の最大推力を生成する、予め定められた16秒間持続した。 ロケットの温度は、プルーム内で2,500℃と1,400℃に達した。

ロケットは着火直後に始まり、主酸化装置バルブを閉じることによって点火は制御された方法で終了した。

BLOODHOUNDは、2015年の高速試験にロケットを使用し、2016年には3つのロケットを使用して1,000mphに達する予定です。)

英国は、ヴァルター機関と縁が深い様だ。

この話、機会があればまた書く。

火星の日2018年06月14日 09:34

火星の日
火星の日


ひょっとして、そんな記念日があるかもと、ググってみたらヒットした。

(11月28日が「火星の日」になった理由)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/113000460/

「11月28日は火星の日だった。これは、1964年の11月28日に火星探査機マリナー4号が打ち上げられたことに由来する。」

「モノクロの不鮮明な画像からわかったのは、火星が月と大して変わらないクレーターだらけの不毛な星ということだったからだ。」

大衆に阿って、莫大な予算を使い続けるNASA(そうなのかあ?)は、大いに期待していたのかもしれないが、結果はその期待を打ち砕くものだった。

「火星は荒涼とした世界であることがわかった」

「マリナーの火星画像によって、地球外生命の可能性を訴えてきたNASAはその後の探査を推し進めることが難しくなった。」

「1967年、アポロ計画とベトナム戦争の予算が膨らみ続けることに不満を持っていた米国議会は、火星着陸計画の予算から3000万ドルを削減した。」

バイキング計画がこれにとどめを刺す。

「ついに1976年、NASAはバイキング探査機を火星に着陸させた。しかし、着陸した探査機が微生物すら発見できなかったため、人々はふたたび興味を失った。」

「太陽系の惑星の中で、地球外生命が存在する確率が圧倒的に高いのが火星でした。しかし、銀河のこの一帯では、生命が存在するのは唯一地球のみであることがほぼ確実になったのです。私たちは夢から覚めました」

こののち、人類は20年余りの間、火星探査を打ち切ることになる。

先日のキュリオシティの話といい、最近、再び火星の生命探査が騒がれている。

もちろん、当時(1960年代)のような、イカタコ星人が火星にいるとかいう話ではなく、微生物が過去に生息していたかどうかという、セコいレベルの話だ。

現在の火星に生命が存在しないというのは、大方の科学者も認めているところだしな。

過去に存在したという話だって、可能性のレベルに過ぎない。

エウロパやエンケラドゥスの話などは、それ以下のレベルだ。

まして、他の恒星系に至っては、確認する術もない。

にもかかわらず、人類は、夢から覚めるどころか、ますます儚い夢を追い求めて足掻くばかりだ。

現在、火星に植民するという与太話が聞かれる。

冗談ではない。

いい加減にして欲しい。

月でさえ、継続的な滞在が出来ないでいるのに、どうやって暮らせというのか。

降り注ぐ隕石や放射線、自給自足とは程遠い生活(つまり、生殺与奪の権を握られる奴隷生活)、乏しい資源、お先真っ暗な未来・・・。

数十億年後、地球も火星も、生存できない状況になることは分かっている。

もっとも、人類がそんなに長期間繁栄し続けるわけはない(たぶん)。

この星で生まれ、この星で栄え、この星で滅びる。

宇宙のどこかには、同じ様に生命を育む惑星や衛星があるかも知れないけど、その生命と我々とは無縁だ(仮にいたとしても、無縁であって欲しいな)。

広大無辺な宇宙の片隅(真ん中でもいいですが)で、孤独に生きる地球生命(人類だけでも70億人以上いるけど)。

それは、気の遠くなるような時間をかけて星屑から生まれ、いっとき繁栄し、やがて元の星屑に還っていく。

それは、近所の惑星に乗り移ろうが、同じことだ。

そして、宇宙の先行きを考えれば、星屑から命が生まれ続けることも、そのうちなくなるだろう。

人間が実感できないほどの、遠い遠い未来ではあるけどな。

ちなみに、我が国には宇宙の日というのもある。

(宇宙の日)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E6%97%A5

「毛利衛が日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して飛び立った9月12日」

まあ、どうでもいいんですが。

人類が他の天体に降り立ってから、もうすぐ半世紀になる。

一人の人間にとっては、決して短くない期間だが、人類にとっては重大な空白というわけではないのかもしれない。

長い目で見れば、いつか火星に行く日が来るかもしれない。

浮沈子は、懐疑的だけどな。

もし、そんな日が訪れることがあれば、その日こそ、火星の日に相応しいと思うんだがな。

小さくない困難を乗り越えて、探査機だけが訪れていた他の惑星に、人類の足跡を残す。

数日で到達できる月とは次元が異なる話だし、そこ(火星軌道上でもいいけど)に留まることになれば快挙に違いない。

やがては、木星圏にも進出するかもしれないしな。

それを成し遂げるために必要なら、遺伝子を改変して、自らを別の種としてしまうことさえやりかねない。

そして、そこに生命がいないということになれば、躊躇うことなく、テラフォーミングを試みたりもするだろうさ。

しかしだな、宇宙を甘く見てはいけない。

やがて、手痛いしっぺ返しを食らって、撤退することになるに決まっている(そうなのかあ?)。

後に残るのは、人類が播種した細菌だけだ。

そのうち、太陽系は、そういう地球由来の生物に満ち溢れることになるだろう。

彼らは、おそらく、人類が滅亡したのちも生き残り、ひょっとしたら、太陽の火が消えてしまった後も、細々と生き続けるかもしれない(木星圏位なら、生存可能かもな)。

そう、宇宙(少なくとも太陽系内)は生命に満ち溢れた世界になるだろう。

それをもたらすのは、我々の行為だ。

探査機や、有人宇宙探査がもたらすものは、地球外生命の発見ではなく、地球外への地球生命のばら撒きであることは間違いない・・・。

まあいい。

いつの日か、遠い遠い宇宙の果てからやってきた宇宙人(浮沈子は否定的ですが)が、太陽系の惑星や衛星を探査して、同じ祖先を持つ生命に満ち溢れていることに驚くかもしれない。

人類の文明の痕跡が、地殻活動などが盛んな地球表面から永遠に失われたとしても、その行為の影響は残り続ける。

宇宙空間に放出した人工物(ロケットや人工衛星)のいくつかは、相当長期間(数十億年)に渡って存在し続けるだろうしな。

人類が、宇宙空間に放った電波も、永遠に消えることはない。

まだ、110光年くらいしか届いていないけどな。

(110光年の音楽)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/12/11/8273451

「110年前のクリスマスイブに、電波は宇宙に放たれたわけだ。」

我々は、何か取り返しのつかないことをしてしまっているのではないか。

やがて、全てが無に還る時がやってくるとしても、それまでの長い長い時間の中で、とてつもない過ちを犯している可能性は高い。

それが、どんな結果をもたらすかを考えもせずに。

生命が生き残るための行為は、延々と続いていく。

それこそが、生命の本質だからな。

地球外生命探査の本当の動機は、自分たち以外にも、過ちを犯す存在を見つけて安堵したいということなのかもしれない(そんなあ!)。

赤信号、みんなで渡ればこわくない・・・。