終わってみれば2018年07月03日 05:23

終わってみれば
終わってみれば


いいとこまでいったんだがな。

終わってみれば、勝負については、結果的には当初の想定通りとなってしまった。

前半は両者無得点で、後半は日本が2点を先取。

このままでは終わらないとは思ったが、あっという間に2点を入れられ、終了間際にとどめを刺された。

仕方ない。

これが実力の差であることは、試合の中継を見ていると嫌というほどわかる。

しかし、惜しかったような気もする。

せっかく運が向いてきたと思ったんだがな。

2点取れたことは想定の範囲外だし、失点が3点で済んだことも上出来と言わなければならないだろう。

日本チームの2018ワールドカップは終わった。

その前に行われたブラジル対メキシコ戦も見ていたが、実力の差というのは、プレーの中に出てくるものだ。

勝ち残るチームは、それだけの力を持っている。

番狂わせになることもあるだろうが、実力で不運をはねのける力もある。

日本チームの戦い方を見ていると、やっと食らいついている感じだ。

スピード、技術、パワー(身長も?)、いずれもがベルギーチームの方が数段勝っているように見えた。

4年後は、どうなっているんだろうか。

今回の負けは、次につながる負けだと思うが、繋ぐことが出来るかどうかはこれからのチーム作りにかかっている。

世紀の番狂わせは起きなかった。

サッカーのボールは丸い。

どちらに転んでもおかしくはない。

2点のリードを守り切れず、後半の30分間に3点を失って逆転負けした試合だったが、見物していた人々は満足だろう。

これ以上の負け方はない。

浮沈子が期待していたオウンゴールとか、同点でのPK戦にはならなかった。

まあいい。

明日からは、寝不足になることもない。

通常の日常生活が回りだす。

回りだすと言えば、昨日の朝からのめまいは、完全には治らず、今日も大人しくしていようと思う。

暑いしな。

ちょうどいいかもしれない。

動いたりすると少し吐き気がするが、目をつむってじっとしていれば平気だ。

これもいつものパターンだ。

おかげさまで、食欲だけはある。

食べる時は、じっとしていられるしな。

さて、この記事をアップしたら、ぐっすりと眠るとしよう。

さすがに、2試合続けて見たから疲れたしな・・・。

無回転シュートあるいは眩暈治癒?2018年07月03日 16:05

無回転シュートあるいは眩暈治癒?


ベルギー戦で日本チームの2点目、乾の放ったミドルシュートは、殆ど回転が掛かっていない無回転シュートとなった。

スローモーションの映像では、テルスター18(ワールドカップ公式ボール)の模様が微動だにせず、僅かに揺らぎながらゴールネットに向かって飛んでいくさまが見られた。

スッゲーッ!。

まあ、どうでもいいんですが。

2日前から回転性のめまいに悩まされている浮沈子は、今日も完全回復していない。

じっとしている分には、何の問題もないんだが、動くとだめだな。

半回転から、4分の1回転くらいに減ってはきたけど、まだ動く。

自転車に乗って走ることが出来るくらいだから、それ程の重症ではない。

気になるのは、今までと比べて治るのがが遅いことだ。

こんなに続いたのは、初めてのような気もする。

いつもと違う・・・。

明日までに治まらなければ、医者に行くことも考えなければならない。

症状が出ているうちに行けば、何か原因が分かるかもしれないからな。

まあいい。

徐々に治っては来ているし、日常生活に支障はない。

無回転シュート程度に治まるのも時間の問題かもしれない(そうなのかあ?)。

気温は高く、外に出る気はしないな。

冷房の効いた部屋で、うだうだと過ごす。

明日は、水泳教室だからな。

行けるといいんだがな・・・。