休養日に決めた2018年07月12日 13:39

休養日に決めた
休養日に決めた


一連の日程をやっとこなして、今日は休養日。

何もせず、何も考えず、何も書かない(って、書いてんじゃん!?)。

何もしない贅沢を味わうことに慣れていない。

何かをしていないと、罪悪感にすら駆られる。

奴隷の悲しい性だな。

働かざる者、食うべからず。

まあ、動かないで食ってばかりいれば、体にいいことは何もない。

昨日、フィットネスで測った体重は、今朝はしっかり元に戻っていて、脱水による体重減少の幅は2kgくらいになっていたということが明らかになった。

夏は、それだけ水分を失いやすい季節なわけだ。

気を付けよう。

さて、フィットネスをサボると決めて、リラックスしてゆるゆると身支度をしたら、そーいえばあれはどーなったと、気になることが思い出される。

(人類の宿痾(しゅくあ))
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/05/25/8859721

「今月、WHOは、DRC(コンゴ民主共和国)でのエボラ発生を把握した。」

あれから1か月以上、ほったらかしにしていたが、WHOはちゃんと仕事してくれていたらしく、まだ確定ではないけど(最終感染から42日間の未発生)、まあ、終息は確実なところだろう。

(Ebola virus disease – Democratic Republic of the Congo)
http://www.who.int/csr/don/06-july-2018-ebola-drc/en/

「Before the outbreak can be declared over, a period of 42 days (two incubation periods) following the last possible exposure to a confirmed case must elapse without any new confirmed cases being detected.」(アウトブレイクが宣言される前に、確認された症例に最後に曝露された後の42日間(2つのインキュベーション期間)、新たな確認された症例が検出されずに経過しなければならない。:自動翻訳のまま)

42日間というのは、最大潜伏期間の2倍だ。

なんで2倍なのかは知らないけど。

アバウトだからな。

それでいい。

安全係数というよりは、安心係数だからな。

今回のアウトブレイクは終息した(未確定)。

話は変わる。

先日のタイ洞窟救出作戦について、産経が単独取材に成功したようだ。

(極限に達した疲労と体温低下が原因 タイの少年ら救出作業に当たった死亡元隊員の分隊長証言)
https://www.sankei.com/world/news/180712/wor1807120007-n1.html

「海軍特殊部隊の隊員は11日、匿名を条件に産経新聞と単独会見」

「隊員は、洞窟の出入り口から約4キロ先の少年らが避難していた場所まで救出用空気ボンベの運搬を担当していた分隊長。救出作業中に死亡した元同部隊員のボランティア男性、サマーン・クナンさん(38)の元上司」

うーん、これで匿名性が確保されているのかどうかは、浮沈子的にはやや疑問だな。

まあいい。

「サマーンさんの死亡理由は「空気切れではない」と強調した。」

「疲労と潜水時の冷たい水による体温低下が極限に達したことが原因とみられる。」

この記事の内容が、どこまで真実かは分からない。

元上司だしな。

本人の残圧管理ミスによる事故ということになると、遺族への補償の問題とかに影響があるかも知れないしな。

事故時に現場に居合わせたわけでもないようだし(未確認)、一般論として捉えておいた方がいいかも。

映画化の話も早速出ているらしい。

真相は、益々闇の中になっていくんだろう。

昨夜は、妄想に駆られて寝つきが悪かった。

本当は、もう一人、要救助者がいて、今でも洞窟の奥に取り残されているんじゃないかという、悪魔のような妄想だ。

全員が撤退した後に、洞窟の前に1台の自転車が残っていたりするわけだな。

一体、誰のだろう?。

まあいいや、片づけちまおう・・・。

映画にするなら、こっちのストーリーの方が客が入るような気がするんだがな。

まあ、どうでもいいんですが。

搬出時の動画が公開されていて、陸上では担架に乗せられて運ばれている。

(タイ洞窟の救出劇、当局が動画を公開。少年ら13人はこうやって脱出した。)
https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/11/thai-cave-evacuation_a_23480054/

AFPの記事では、鎮静剤を投与されて、意識朦朧とした中を搬出されたともある。

(動画:タイ洞窟、救出劇の映像初公開 少年らは「眠った」状態で搬送)
http://www.afpbb.com/articles/-/3182121?cx_part=top_category&cx_position=2

「救助隊員によると、少年らは鎮静剤を投与された状態で担架に乗せられ、曲がりくねった狭い洞窟内の通路を搬送されたという。」

「少年らは眠っているか、意識のはっきりしていない状態でダイバーからダイバーへと渡されて洞窟を通り抜けていったという。「眠っている子もいれば、ふらふらして(いるかのように)指を動かしている子もいたが、呼吸はしていた」」

まあな、パニック対策としては、これ以上の方法はないけどな。

水中くぐる時は、どうしたんだろうな。

陸上搬送だけ寝てたんなら分かるけどな。

詳細が分かるのは、映画化されてからかもな。

当局が緘口令をしいているのは、そのせいかもしれない。

救出の秘密を知るには、映画館に足を運んでもらうしかないわけだ。

何事も、商売商売・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック