トリトン見っけ!2018年07月12日 23:30

トリトン見っけ!
トリトン見っけ!


CCRフリークである浮沈子の目から逃れることはできない。

タイ海軍が公開した動画の中に、一瞬だけ映っていた水色の蛇腹ホースを見逃すわけはないだろう?。

(タイ洞窟の救出劇、当局が動画を公開。少年ら13人はこうやって脱出した。)
https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/11/thai-cave-evacuation_a_23480054/

リンクが張られている動画の初めのところ(残り時間4分48秒辺り)で、そのシーンが出てくる。

蛇腹ホースだからな。

しかも、水色・・・。

フロントマウントのような感じだ。

どっかで見たような気がする・・・。

(トリトン)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/06/24/8603679

「タイに行くと習うことが出来るらしい」

世界はどこかでつながっているのだ。

約1年前に、このブログでも取り上げている。

フランス製のmCCRというやつだ。

記事にして以来、全くフォローしていない。

映像を見る限りだが、左サイドに1本ディリュエントタンク(80キュービックフィート?:たぶんエア)だけ付けている感じだ。

酸素は本体ユニットの下に付いているんだろう。

隘路では、本体を前に放り出して通過しているのかもしれない。

このタイプなら、そういう使い方も想定されているだろう。

昔、サンクタムという映画では、センチネル(デカいです!)を前に放り出して、隘路でゴリゴリ擦って蛇腹ホースをぶち切ってしまうという大技を出してたけどな。

(サンクタム)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%A0

「2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を受け、4月15日に予定されていた公開は延期された」

まあ、どうでもいいんですが。

洞窟で天地が狭いとなると、キッスのサイドキックくらいしか適用がないと思ってたんだが、この手があったか・・・。

オープンサーキットとサイドマウントばっかしの今回の救助活動の中、機械式とはいえ、CCRが登場して、一矢報いてくれた気がする(そういうことかあ?)。

まあいい。

実際の運用で、どの程度の適応性があったかどうかは分からない。

水深が極端に浅く、潜水時間が長大になるような特殊な環境だ。

メンテナンス性や、ダイビング環境を考えると、軍隊が大量にハンドリングできる呼吸ガスに頼った方がいいような気もするしな。

酸素の親瓶が山積みになっていたから、そっちは充分あったにしても、ソフノライムとか予備の酸素センサーとか、なんだかんだと物入りだからな。

組織的に動くには向かないかもしれない。

本当かどうか知らないけど、器材の宣伝をするために持ち込まれたものもあると聞いた。

まあ、最終段階では、そういうのは弾かれていったに違いないが、トリトンは生き残ったわけだ。

映像の初めのところでは、2本差しのサイドマウントが登場している。

ぱっと見だが、タンクのバルブ側の取り付けは、いわゆるリングバンジーのような感じだ(画像が不鮮明なので、断言はできませんが)。

最近は、バンジー回して引っ掛けるのと、人気を二分しているらしい。

(つじつま合わせの700m、そして・・・:画像のみ参照)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/05/25/8859662

また、ハッキリとは分からないけど、バルブはヨークみたいな感じで、アダプター付けてるようにも見える(ヨーク専用品かも)。

洞窟潜水ではありえない選択だが、贅沢は言っていられないのかもしれない。

専門のダイバーが見れば、他にもいろいろ気付く点がありそうだ。

とりあえずは、トリトン見っけということで、いいことにしよう・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック