7月20日はウナギ記念日2018年07月20日 09:14

7月20日はウナギ記念日
7月20日はウナギ記念日


シラスウナギの不漁で、今年は土用丑の日のうな重の値段が上がっているそうだ。

(ウナギの仕入れ値3割増しの店も どうなる土用の丑の日)
https://www.asahi.com/articles/ASL7K6QGGL7KOIPE02M.html

「背景にあるのが、シラスウナギの不漁だ。水産庁によると、今漁期(昨年11月~今年4月)の国内漁獲量は、海流の変化によって前年同期より約4割減の8・9トンだった。不漁だったので卸値が高騰している。」

まあな、ウナギだからな。

鰻登りは仕方ない・・・。

今日は、フィットネスが定休日で、明日も臨時休業だから、罪悪感を抱くことなく休むことが出来る。

もう、3週間も筋トレしてない。

ダイビングで動き回っているから、実質的には筋トレしてるけどな(この筋肉痛が、何よりの証拠だ)。

今日は、久しぶりに神田詣でにでも行って来ようかな。

竹内さんは、出稼ぎ(本業?)でいないけど。

ちょっと仕入れておきたいものもあるしな。

神田には売ってなさそうなので、MIC21とかで仕入れなければならない。

水面で、ぴーっと鳴らすホイッスルとか。

明日、明後日と予定が入っていて、のんびりできるのは今日だけ。

もう少しで夏風邪とおさらばできそうな雰囲気なんだが、油断していると再度体調を崩してしまいそうだ。

このところの猛暑で、夏バテ気味だしな。

実は、食欲もあまり湧かない。

義務的に食べている気がする。

ここはひとつ、ウナギでも食べたいところだ。

しかしなあ、値上げだからな。

(特うな丼)
http://www.sukiya.jp/menu/in/don/900500/

「うなぎ2枚(ごはん)大盛 1,190 円(1049 kcal)」

カロリー見てビビるが、たまにはドカ食いしたい気分だ。

体重は相変わらずだし、脱水しないように水分補給はこまめにしている。

夏を乗り切る工夫が必要だな。

この時期に体重を減らそうというのは危険だ。

3月から始めてるんだが、ほんのわずかしか減らなかった。

それでも、増え続けていた体重にブレーキを掛けられただけでもいいとしよう。

運動の習慣だけで減らないことは分かっている。

ファンダメンタルズ終わったら、頑張って減らそうかな。

そのころは、食欲の秋なんだがな。

二十四節気では、23日が大暑ということになっている。

(大暑)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9A%91

「快晴が続き、気温が上がり続けるころ。」

「夏の土用が大暑の数日前から始まり、大暑の間じゅう続く。」

やれやれ・・・。

この暑さ、しかし、何とかならないものか。

うなどんでも食べて、元気付けるしかないか・・・。

さらばアンドロイド?2018年07月20日 21:59

さらばアンドロイド?
さらばアンドロイド?


謎のOSフクシアについては、既に書いた。

(謎のOS)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/05/10/8552377

「とすれば、アンドロイドの後継OSとして、満を持して発表される可能性もある。」

今回の報道では、その可能性がますます濃厚になってきた感じだ。

(GoogleはAndroidを新OS「Fuchsia」へ5年以内に置き換える計画か?)
https://gigazine.net/news/20180720-android-to-fuchsia-in-5-year/

「Fuchsiaの開発に携わる関係者の話から、FuchsiaはIoTだけでなくスマートスピーカーやスマートフォン・タブレット、ノートPCにいたるまですべての端末のベースOSとしての役割を果たすことが目指されているとのこと。」

(【追記あり】Googleの新OS「Fuchsia」がAndroidを5年後に置き換えるかも)
https://www.gizmodo.jp/2018/07/fuchsia-5years.html

「Flutterで作られたアプリはAndroidでも走るけどFuschiaでも走ると言われています。」

(Google Fuchsia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/Google_Fuchsia

「FuchsiaのUIとアプリケーションは、Fuchsia以外にもAndroidとiOSを対象とするクロスプラットフォーム開発が可能な、Flutterと名付けられたソフトウェア開発キット (SDK) によって作成されている。」

・音声端末への対応最適化
・動的なバージョンアップ
・JAVA絡みの訴訟対策

もっともらしい理由を並べ立ててはいるが、その実は次世代OSとしての戦略的位置づけをされているのかもしれない。

もちろん、巨大なグーグルの世界戦略の一環だからな。

没にならないで、プロジェクトが進行しているだけでも大したものだ。

IoTを視野に入れ、モバイルに限らず、クロームOSをも取り込み、次世代プラットフォームとしての未来を託されている。

パソコンのウインドウズ、モバイルのアンドロイド、金持ちたちのマック・・・。

そんな固定観念は、たぶん、もうすぐ消えてなくなるんだろう。

OSオリエンテッドな世界から、アプリケーションオリエンテッドな世界への移行が、徐々に始まっている。

白いOSでも黒いOSでも、顧客を捕ってくるのが良いOSというわけだな。

鄧小平もびっくりだ。

今や、個人で使うのはスマホで、パソコン(ノート)は仕事で使う道具というスタイルは定着した。

デスクトップは、ゲーム専用機かローカルサーバーだな。

スタンドアロンで使われるものはなく、全てはインターネットに繋がっている。

世界の人口の半分が、何らかの形でインターネットに接続する時代だ。

今後10年以内に、その割合は9割になるかもしれない。

赤ん坊からジジババまで含めてだ。

衛星回線の普及とIoTの進歩で、能動的に端末に接しなくても、道を歩くだけでネットとつながる。

腹が減ったと呟けば、音声エージェントが発注して、宅配で食事が届けられるようになる。

トイレの中で紙がないと言えば、どこからかペーパーが差し入れられるようになるかもしれない。

そんなマン・マシンインターフェイスや、世の中のデバイスを司るのは、フクシアになるかもしれないな。

まだ決まったわけではないようだが、リークされてくる情報は、真っ直ぐにそちらを指している。

アンドロイドの終わりの始まりが見えてきている。

グーグルの思惑通りに事が運ぶかどうかは分からない。

ひょっとしたら、アップルさえも飲み込んでしまうかもしれないしな。

ネットワークの向こう側のサーバー群が、巨大データをグリグリして、手元の端末やデバイスとやり取りする。

人間の生活はそのままに、その背後で仮想化されたパーソナル情報が管理されていく。

先日、ソロダイビングの講習を受けたばかりだが、陸上でのソロ化は、とっくに始まっているようだな・・・。