水漏れ2018年08月01日 07:46

水漏れ


こともあろうに、ISSで水漏れが起きているという。

(「きぼう」内で微量の水漏れ=宇宙飛行士に影響なし-JAXA)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018073101227&g=soc

「水漏れは続いているが、JAXAは現時点で宇宙飛行士の安全や実験に影響はないと説明。水漏れ部位の特定を急ぐとしている。」

NHKの報道では、日量20CCから30CCだという。

別の報道では、18日から漏れ始め、30日までの間に400CCが漏れてしまったそうだ。

つまり、2週間の間、水漏れ部位の特定を試みながら果たせず、その間、情報をひた隠しにしていたわけで(そうなのかあ?)、言語道断、許すべからざる大失態だな。

これ以上伏せていたら、後で大きなトラブルになった時に、隠ぺいの責任を取らされると判断して公表に踏み切ったのか、意図せずに情報が漏洩したのか。

情報漏洩なら、こっちも大問題だな。

喝ーっ!。

宇宙での水漏れは、たぶん、ヤバい話に違いない。

漏れ出た水がどこかで配線をショートさせ、それが原因で火災が発生すれば一大事だ。

また、どこかの亀裂に入り込み、凍結して体積が増え、亀裂を広げて構造に重大な影響を与える可能性もある。

水というのは、凍ると体積が増えるというやっかいな物質なのだ。

漏れ出た量が微量であるため、蒸発して水蒸気になり、空調設備で回収されているとしたら、まあ、一安心だが、原因が特定されていないため、長期的には問題が残るし、今後、漏洩箇所が拡大して大規模な漏水になる可能性もある。

ISSは、リブーストして軌道を押し上げたり、補給船などがドッキングする際に衝撃を受けることになっているからな。

また、機械的な振動や流体の挙動による振動などによって、配管その他への攻撃も想定される。

廃炉が決まった高速増殖炉もんじゅのナトリウム漏洩事故も、何かのセンサーの取り付け部分が振動によって機械的に破壊されたことによると記憶している。

(高速増殖原型炉もんじゅの2次系ナトリウム漏洩)
http://www.shippai.org/fkd/cf/CB0011005.html

「漏洩の原因は、温度計のさや(ウェル)が流体振動によって疲労破壊し、さやが折損した結果であった。」

うーん、記憶とはビミョーに異なるな。

まあいい。

こういう分かりやすい漏洩なら、直ちに対応できるんだろうが、微量の漏れは逆に難しいだろう。

日量30CCだと、1時間に1CCくらいだしな。

配管の接合部からにじみ出ている程度の漏れだ。

どういう接合方法をしているのかは知らない。

溶接個所に亀裂が入り、そこから漏れているとすると厄介だな。

亀裂の進展を止めることが出来るのかどうか。

最悪、冷却水を全て抜き取り、実験を止めて、きぼうをISSの倉庫として使用せざるを得ない事態も想定される。

構造部分に懸念があれば、ハッチを閉じてISSの与圧空間から切り離すことになる。

NASAやボーイングは、そういう事態も想定しているに違いない。

衛星放出で金儲けしようとしていた矢先だからな。

我が国のきぼうだけではないだろう。

建造後、10年を経て、そろそろガタが出てくる時期だからな(ISSへのドッキングは、2008年3月)。

浮沈子的に気になるのは、もんじゅもきぼうも、どちらも文科省所管施設という点だな。

まあ、どうでもいいんですが。

国際宇宙ステーションは、ソ連が元気だった時代に構想された、西側結束の象徴的存在だ。

その政治的役割は、すでに消滅している。

運用だけで莫大な経費を飲み込む事業だからな。

さっさとやめて、太平洋のど真ん中にでも落とすのがよろしい。

人間を、宇宙空間に留めておく必要などないのだ。

民間企業は、宇宙ホテルで金儲けしようとしているけど、屋台骨が腐っているような宇宙ステーションに泊まりたいんだろうか?。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック