たかが肘掛けされど肘掛け2018年08月01日 21:44

たかが肘掛けされど肘掛け


自動車のカタログの後ろには、主要装備とか主要諸元とかいわれる表が付いていて、どんな内装になっているかとか、エンジンのパワーとかが一目で分かるようになっている。

そう、アリンコのような、細かい字を読める方には・・・。

「おじいちゃん」呼ばわりされた浮沈子の場合、老眼鏡を掛けただけでは足りない。

さらに、デカい虫メガネを使わなければ分からないのだ(トホホ・・・)。

で、何の気なしに主要装備のインテリアの項を見ていて愕然とする。

「フロントシートアームレスト:Gグレード:ー(なし)」

マジかよ!?。

500Eにも付いてるのに・・・。

まあ、一緒にはならないか。

想定の範囲外の事実を、初めて確認した。

ショックだ。

唯一の救いは、6速マニュアルにすると、上級グレードでも肘掛けは付かないことだな。

シフトレバーの操作に支障をきたすためだろう。

肘掛けがないところだけは、涙を呑んで諦めたマニュアルシフト車と同じだ(全然、救いになってないような気も・・・)。

まあいい。

もう、発注してしまったからな。

電動ドアミラーもない。

まあ、これは必要ないと言えば必要ないからな。

浮沈子以外のドライバーが運転する時は、手動で鏡を動かして調整しなければならない。

畳むときは手動だ。

これは、2台のポルシェと同じだからな。

抵抗はない。

しかし、Gグレードは、とことんベーシックに徹している。

スピーカーも1つ。

充電用USBソケットもなく、車速連動オートドアロックもない。

セキュリティアラーム、PM2.5対応高性能集塵フィルター、助手席サンバイザー、フロントマップランプ、ワークランプ(助手席側開口部)、ハーフシェイドフロントウインドウ、ドアサッシュブラックアウト(センターピラー)、フルホイールキャップもない。

別の物が付いているなど、多少の入り繰りはあるが、車両本体価格で7万3千440円高いLグレードを買えば、これら全てが付いてくる。

浮沈子が欲しいのは、肘掛けだけなんだがなあ。

そのために7万円余りを払う気にはなれない。

気分だけ6速マニュアルということで、満足するしかない。

やれやれ・・・。

クルマの基本性能である主要諸元の方は、GグレードもLグレードも同じだ。

そっちの方は、一応確認してたんだけどな。

たかが肘掛け、されど肘掛けだな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック