水泳大会申し込み2018年08月01日 22:55

水泳大会申し込み


活動的な日常を送るために、今回はフィットネス主催の水泳大会に参加することにした。

前回も誘われたんだが、人と競うのは余り好みではないので断った。

今回、参加しようと思ったのは、フィンスイムの種目が出来たから。

以前もあったらしいが、暫くなくなっていたようだ。

ただし、50m泳がなくてはならない(短水路往復、飛込なし)。

フィン付きだからな。

そのくらいは、問題ないだろう。

そのほかには、25m平泳ぎにも出る予定だ。

さらに、お店対抗のリレーもあるみたいで、泳法はご相談ということになる。

競技会ということで、一応タイムは取るけれど、参加した方の話を聞くと、お祭りのような感じだそうだ。

昔、三味線を習っていた浮沈子は、発表会が普段の練習の励みになっていたからな。

それと同じようなもんだろう。

腕を磨き、人前で披露するというのは、芸事を習う上での楽しみの一つだ。

浮沈子は、水泳にしても、ダイビングにしても、三味線と同じような芸の世界だと思っている。

スポーツという感じではない。

そもそも、スポーツというのは、軍事訓練の一環だからな。

つまるところは、他者との戦いなわけだ。

格闘技とかは、もろ、戦闘の代償行為だ。

南米では、サッカーの勝ち負けを巡って、本物の戦争になったという話も聞くが、本末転倒だな。

まあいい。

浮沈子の参加する水泳大会は、お稽古ごとである水泳の発表会のようなもんだ。

本番の前には、普段は行わない飛込を練習する機会も何回かある(参加は有料ですが)。

参加するかどうかはビミョーなところだ。

遠いしな。

めんどくさいしな。

そんなことではいけないと分かっていても、何かをやるということが、おっくうになってきているのは確かだ。

何もせずにボーっとしているのが、一番楽ちんだしな。

そんなことでは、活動的な日々を送ることはできない。

今月2回、来月2回行くことが出来る飛込練習会にも、是非参加しよう(どこかで、1回だけ練習すれば十分だろう)。

さて、フィンスイムの泳法は何にしようかな。

何でもいいそうだ。

クロールか、バタフライか、背泳ぎか。

まさか、フロッグキックで平泳ぎかあ?。

足、壊しそうだな。

潜水禁止(真ん中の12.5mまでは、いいらしい)だからな。

フィンを使って効率よく進むには、バタフライの方が有利かも知れない。

スタートやターンの壁蹴りの後は、水中をドルフィンキックで進むわけだしな。

そのまま、水面に出て第二キック咬ませて腕を搔いていけば、スムーズにバタフライに入れる。

まあ、バタフライそのものがスムーズかどうかは、また別の話だがな。

まあ、どうでもいいんですが。

たぶん、クロールにするだろうな。

ターンとか、覚えているだろうか。

何十年もやってないしな。

年寄りの冷や水とか言われないように、気を付けよう・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック