神田詣でと串団子2018年08月10日 07:55

神田詣でと串団子


フィットネスで500m泳いだ後、大井町のイトーヨーカドーで串団子を3本仕入れて神田詣で。

調子が悪かったセカンドを見てもらうため。

幸い、ゴムがずれていただけで、すぐ直った。

工賃はサービス(部品交換とか洗浄とかしなかったし)。

えーと、串団子代は別だけどな。

まあ、どうでもいいんですが。

サイドマウントの設えの話をひとしきり。

やっぱ、ちゃんとしたカッコして潜らないとダメということになる。

なんちゃってサイドマウントが横行している昨今、正しいコンフィギュレーションで潜らないと、本格的なサイドマウントダイビングをしようとした時に、役に立たなくなる。

本格的って、やっぱケーブとかそういう狭いところの話だ。

オープンウォーター環境でも、正しい設えで潜るに越したことはない。

コントロールしやすくするためには、適正ウエイトとかも重要だしな。

水中でのバランスはどんな器材でも重要だが、サイドマウントはバランス命だからな。

オーバーウエイトを避けることを含めて、そこは押さえておかないと・・・。

再来週のダイビングの打ち合わせも。

といっても、浮沈子は自分のことは自分でやって、竹内さんたちに付いていくだけ。

サービスへの申し込みとかも、全部一人でやることに。

いいだろう。

これも経験だからな。

その先の予定は、ちょっと保留かな。

ファンダメンタルズが終わってからのことは、今はちょっと考えられない。

集中しよう。

終わった後は、サイドマウントにしようかな。

CCRも再起動させなければならないしな。

先のことは分からないが、カバーン講習をどんな器材でやるかについても検討しなければならない。

無難なのは、ハーネス付けてバックマウントのシングルタンクだが、チャレンジングな要素は少なくなる(ラインワークなどだけ)。

サイドマウントでやれば、楽しみは増えるけど、苦労も増える(たぶん)。

ダブルタンクも悪くない。

カバーン講習は、ボートダイビングだしな。

タンク交換の手間いらずで、1日楽しめる。

浮沈子単独ならいいけど、ご一緒する方との問題もあるしな。

そこは、明日の座学&ランドドリルの時にご相談だ。

そうそう、名古屋までどうやって行くかも問題だな。

朝一番の新幹線に乗れないことも想定しておかなければならない。

始発の東京駅まで行って、並んで乗るのが正解かもな。

お盆の時期だということを、すっかり忘れていた。

在来線を乗り継いで、前泊に切り替えるという方法もある。

まあいい。

なんとかなるだろう(甘い考え・・・)。

とりあえず、今日は東京での用事が残っているので、午前中は身動き取れない。

ったく、台風が行っちまってホッとしたのもつかの間、今度は帰省ラッシュか・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック