人は何故洞窟に潜るのか2018年08月13日 01:35

人は何故洞窟に潜るのか


カバーン講習での問いに対して、浮沈子が出せなかった答の一つ。

なぜ、閉鎖環境に潜りたいのか。

加藤さん的回答は、とてもロマンチックだ。

洞窟の入り口にある光溢れる天国のような世界から、冥土のような洞窟に入り、たっぷりとスペシャル感(高度のトレーニングを経なければらないことや、非日常的であることなど)を経験した後、再び光溢れる世界に戻ってきて幸福感に浸りたいから。

生きてて良かった・・・。

まあ、人それぞれだな。

今回、講習でご一緒するダイバーさんも色々だ。

冒険とか、探検の気分を味わいたいとか、沈船なら、その船にまつわる歴史を感じたいとか。

VR体験では得られない、皮膚感覚のようなものが魅力なんだろう。

しっかりとした目的があってトレーニングした方が身に着くということだ。

曖昧な動機では、モチベーションが保てなかったりする。

効率も落ちるかもしれない。

より上級のコースを目指していれば、その基礎となるコースに取り組む姿勢も変わってくるだろう。

上級コースでは、下級コースでのトレーニングが出来ていることを前提として、それに付加する形で新たな知識やスキルを付与するからな。

そういう意味では、明確な目標があって、それを達成するための手段としてのトレーニングであることが望ましい。

で、浮沈子は、不純な動機(閉鎖環境なんて金輪際行きたくないんだけど、怖いもの見たさで入り口だけ齧ってみたい)で受講するわけで、覚悟は足りないし、モチベーションは低いし、まあ、厄介な生徒なわけだ。

辛いことや苦しいことは苦手で、楽して安易に潜りたい・・・。

出来れば、サイドマウントとかのスキルアップの手段としても楽しみたい・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

カバーン講習は、真っ暗闇で行うわけではなく、洞窟の奥で、どっちが出口か分からなくなるようなこともない。

ただし、閉鎖環境で、直上浮上は出来ないから、器材の冗長性や対応できるスキルは必要だ。

計画的な潜水、チームのコミュニケーションも重要になる。

そもそも、なぜ洞窟潜水したいのかが、浮沈子的にはネックだな。

正直な話、したくないわけだから・・・。

でも、それは、いきなりライトが届かないところに連れていかれて、パニック寸前になったことに対するトラウマかも知れない。

それを克服するためには、正しいトレーニングを受けて、ストレスを無くしていく作業を地道に続けるしかないわけだ。

それでも、そもそも、閉鎖環境が苦手で、狭いところや暗いところに入りたくないわけだから、確固たる動機を持ち続けることが出来る自信がない。

とりあえず、カバーンなら、入り口近いし、知識としてのベースは得られるから、浮沈子にはちょうどいいかもしれないと思って始めたわけだ。

しかし、講習を受けてみると、知識ベースは本格的だし、トレーニングはしっかりと基礎を築くための充実した内容になっているし、先に繋げるための配慮もあって、カバーン講習をちょろっとやって止めてしまうのはもったいない感じもする。

この講習には、もう一つの目的というか、意図があって、閉鎖環境のダイビングに対する向き不向きを自分で判断する機会を与えるコースでもある。

こんなややっこしいことをやるより、ふつーにオープンウォーター環境で潜っていた方が楽しいと思えば、先に進まないというのもアリだ。

やってみなければわからないしな。

それでも、得るものは大きい。

安全に対する考え方や、そもそも、ダイビングを楽しむ心構えのような話もある。

それなりのリスクがあるので、洞窟潜水に安易に誘ってはいけないと言われる。

こういうトレーニングを受けて、それ自体が楽しめたからといって、洞窟潜水に向いているかどうかは、必ずしも分からない。

それは、講習を受けていく中で、自分で判断するしかない。

暗く狭い入り組んだ穴の中を、ライトの明かりと細いラインだけを頼りに、究極の中性浮力と完璧なトリム、フィンワークを駆使し、パーコレーションやシルティングを避けるアウェアネスを発揮して、静々と進む・・・。

リラックスし、しかし、あらゆる感覚を研ぎ澄まして潜る。

これは、どう考えても、浮沈子の南の島的ダイビングとは異なる。

浅く明るく暖かい、そう、加藤さん的表現では、天国の部分だけのダイビングだな。

そういうのが好みだ。

だから、あくまでも洞窟潜水の匂いだけ嗅いでおしまいにしたい。

のめり込まないように、気を付けなければならない。

人間がなぜ、洞窟や沈船の内部に魅かれるのかは分からない。

そこに、何があるかを探検したり、そこへ行くことに冒険的ワクワク感を感じたりすることの魅力が理解できないでいる。

持って生まれた好奇心というのが、方向性を持っていて、そっち向きではないのかもしれない。

通常のダイビングでも、浮沈子は水中生物に興味はない。

できれば、魚はいない方が有難い。

一時期は、水中カメラを持って入っていたけど、ここ数か月は持たない。

もう、持つこともないかもしれない。

一方で、ダイビングするのにカメラ持たないなんてありえないという方もいる。

写真撮るために潜ってるわけだし、そのためのダイビングだったりする。

人それぞれでいいのだろう。

ただ、いずれにしても、ダイビングのスキルや器材の選択は、そのダイビングに合ったものにしていかなければならない。

南の島に行けない間、国内で様々なダイビングを体験しておきたい。

その中で、自分に合ったダイビングスタイルを見つけて行ければいい。

うーん、カバーンがギリギリかなあ・・・。

夏、進行中2018年08月13日 10:50

夏、進行中


今日は、少しのんびりしてから出かけることに。

外は、相変わらず暑い(まだ、出てないので、ネットで気温を見ただけ)。

洞窟潜水については、ちょこっと調べてみたけど、浮沈子的な魅力を見出すことは出来なかった。

浮沈子がよく行っていたロタ島には、ロタホールというカバーンがあって、上から差し込む光が幻想的なところだ。

あのくらいなら、まあ、閉塞感も少ないが、洞窟の行き止まりの奥の方は、あまり行きたいとは思わないな。

カバーン講習の座学では、洞窟潜水に他のダイバーを誘ってはいけないと教えられる。

合う、合わないがあるので、強要してはならない。

カバーン講習は、勧めてもいいらしい。

そこでふるいにかけ、合う合わないを選択すればいい。

ダイビングについての広範な知識が得られるし、向き不向きも分かる。

スキルとして、何が不足しているかとかも、あからさまになる。

TDIのコースでは、イントロケーブダイバーとフルケーブダイバーというのが、その先の上級コースとして設定されている。

(Introductory Cave Diver イントロケーブダイバー)
http://www.dive-evis.com/technicalDiving/tec-course/entry-6152.html

「カバーン・ダイバーコースに直接続くもので、ケーブ・ダイビングに関する安全テクニックを上達させる2番目のレベルである。」

(TDI Full Cave Diver フルケーブダイバー)
http://www.dive-evis.com/technicalDiving/tec-course/entry-6154.html

「このコースの目的はカバーンやイントロ・ケーブ・ダイビングプログラムで到達したスキルを更に拡げ、詳しく評価する事にある。」

TDIのコースでは、最大水深はいずれも40mまで。

フルケーブでは、減圧停止を伴うダイビングを行うことも出来る。

イントロケーブまでは減圧停止不要ダイビング。

今日は、神田詣での予定。

少し遅い時間に行く。

フィットネスは、その後だな。

のんびりとした午前中の時間を、まったりと過ごす。

暑そうだからな。

外に出て、ウロウロする気にはなれない。

さて、そろそろ、レストランの開店時間になるからな。

自転車こいで、飯でも食いに行くか・・・。

サイドマウントはサイドマウントで2018年08月13日 22:41

サイドマウントはサイドマウントで
サイドマウントはサイドマウントで


神田詣でをして、2本目のプライマリーライトを注文する(詳細は後日)。

サイドマウント専用にして使う。

ライトの部分が小さいので素手で扱いやすい(スイッチはバッテリー側に付いています)。

グッドマンハンドルも付属しているから、万が一、何かの間違い(!)でダブルタンクを使う羽目になったとしても、不自由はない。

電池は、基本、26650という、デブになった18650のようなやつを3本使う。

(リチウムイオン二次電池:円筒型電池のサイズ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E9%9B%BB%E6%B1%A0#%E5%86%86%E7%AD%92%E5%9E%8B%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA

「2013年現在、市場に流通している円筒型電池の規格としては、26650/18650/17670/18500/18350/17500/16340/14500/10440のものが存在している。」

単二のアルカリ電池4本や、同サイズのニッケル水素電池も使えるが、電圧が低いので機能に制限がかかる(明るさの段階が減ったり、点滅モードが使えなかったり)。

明るさの落ちも早いそうだ。

18650をアダプター咬ませて使うことも出来るが、ここは素直に26650を買ってしまうのが正しい。

というわけで、本日の神田詣でのメインイベントは、あっという間に終わり、例によって我が国のサイドマウントを嘆く会になった。

えーと、正確には、浮沈子のなんちゃってサイドマウントを嘆く会だったような気が・・・。

結局、ファンダメンタルズが終わるまでは、ノイズを入れずにダブルタンクオンリーで頑張ることにして、合否の如何を問わず(!)、終了後直ちにレギュレーターをばらし、サイドマウント用コンフィギュレーションに変更、速攻で海洋でのチェックダイブを行い、カバーン講習で使い物になるかを見てもらうことにした。

えーと、使い物になるかどうかというのは、器材の方じゃなくて、それを使う浮沈子のスキルの話だがな。

カバーンのプール講習は、ラインワークなどに集中しなければならないから、ああでもないこうでもないと、サイドマウントの設えを弄っている暇はない(たぶん)。

講習で何かを新しく習う時には、そのスキルに集中できる器材に、あらかじめ習熟しておくのが最低限の礼儀だ。

チェックダイブの結果、サイドマウントで行けそうだということになれば、その設えで突入する。

物になりそうもなければ、潔く撤退し、海洋実習含めて、シングルタンク(バックマウント、プレート、ハーネス、ロングホース)で受講する。

それは、カバーンのプール講習の前にケリをつけておく。

忙しくなってきたな。

先を見通すと、いろいろややっこしいが、一つずつ順番にかたが付くように計画する。

日程は詰まっているが、ターゲットとしている講習に対して、トレーニングダイブや慣熟ダイブが重なることはない。

・ダブルタンク3日(大瀬崎)→GUE
・シングルタンク2日(富戸:バックマウント、プレート、ハーネス、ロングホース:レギュレーターはヨーク):ダブルタンクのシミュレーションと水慣れ→GUE
・ファンダメンタルズ本番4日:うちダイビング3日(大瀬崎:ダブルタンク)→GUE
・レギュレーター組み換え&コンフィギュレーションチェック(神田)→カバーン
・サイドマウントチェックダイブ1日(大瀬崎)→カバーン
・カバーンプール実習1日(名古屋)→カバーン
・カバーン海洋実習2日(雲見)。→カバーン

この間、カバーン講習については、プールと海洋との間に、サイドマウントでの補習(シングルタンクでの補習?)が入る可能性がある。

浮沈子のなんちゃってサイドマウントでは、本格的なケーブで使い物にならないことは明らかだ。

そもそも、オープンウォーターですら危うい。

そこを、短期集中(たった1日)でものにすることが出来るかどうかだな。

少なくとも、カバーン講習で使い物になる程度に出来なければ、その設えで実習を行うことはできない。

サイドマウントのコンフィギュレーションは、それ専用で集中して行わなければならないということになった。

そこで見極めて、使い物になるなら、海洋でのスキルのシミュレーションも軽くやってみる(リールワークなど)。

サイドマウントで、縦になったり横になったり、裏返しになったり、自由自在にトリムを変化させて、中性浮力が維持できるかをチェックする。

あるいは、細かいフィンキックによるバランスを取らずにホリゾンタルトリムが維持できるかを見るために、フィンを脱いでみたりもするらしい。

ウエイトと浮力体の完璧な配置が求められる。

そして、体幹を維持する筋力とバランス。

今までの、漫然と潜っていたなんちゃってダイビングから、精密にコントロールされたダイビングへの質的変化の時がやってきたわけだ(そう上手くいくのかあ?)。

ダイビングの基礎。

中性浮力とトリムとフィンワーク。

サイドマウントでのカバーン受講ができるかどうか。

全ては、ファンダメンタルズの後になってからの話だ。

今日は、神田からの帰りに、フィットネスで汗を流す。

テキトーに省略した筋トレと、500mのプール。

明日は、ちゃんとフルコースでいこう。

その辺りは、柔軟なわけだな(単なる、なんじゃくじゃね?)。

まあいい。

段取りを終え、自分で立てた計画を消化することに専念する。

夏真っ盛り。

午後からは、雷が鳴り、神田では雨に降られた。

暖かいシャワーのような雨。

今までのありとあらゆる経験を総動員して、針の穴を通すようなスケジュールで臨む(それ程のことかあ?)。

それぞれのステージで、所期の結果を得られなかった時のバックアップも考えておかなければならない。

ファンダメンタルズが受からなかったら?。

まあ、これが一番影響がないわけだがな(そうかあ?)。

サイドマウントのチェックダイブが悲惨だったら?。

これは、シングルタンクで受講する。

そのカバーン講習が不合格だったら?。

まあ、当分の間、閉鎖環境へのダイビングを断念することになるだろうな。

勿怪の幸い・・・。

(勿怪の幸い)
http://kotowaza-allguide.com/mo/mokkenosaiwai.html

「思いがけないような幸運が舞い込んでくること。降ってわいたような好機。」

なんかなあ、全然バックアップになっていないような気がするんだがなあ・・・。