有人月面着陸機の真実2018年08月18日 08:27

有人月面着陸機の真実


「宇宙航空研究開発機構(JAXA)が日本初の有人月面着陸機を開発する構想が16日、明らかになった。」

これは、産経のすっぱ抜きで、今のところ、他のメディアに掲載されているのは、全てその二次報道だ。

(日本初の有人月面着陸機 JAXAが構想 米アポロ以来60年ぶり)
https://www.sankei.com/life/news/180817/lif1808170004-n1.html

記事や、添付されている画像を見ると、どうも胡散臭い気がする。

ESAが、月着陸船(人が乗るところ)を作り、カナダが有人月面車を作る。

それらを月まで運ぶロケットは、もちろんNASAが作り、月周回軌道上に配置されたゲートウェイ(宇宙ステーション)に接続したりするかもしれない。

そう、人間が乗る部分は、全て他国の領分なわけだ。

日本は何を作るのか。

「着陸機は4本脚のテーブルのような形状」

「上部に欧州が開発する離陸船を連結」

「カナダの探査車に乗って2日程度滞在」

「帰還時は着陸機を月に残し、離陸船だけが上昇し基地に戻る」

半世紀前に米国が一国で成し遂げたことを、21世紀の現代では、世界の国々が一緒に分担してやりましょうというわけだ。

NASAは、火星に向けて忙しいからな。

月なんて過去の遺物は、他の国や民間に任せておけばいい。

太陽系内探査や、そのうち行われるかもしれない他の恒星系の探査など、最先端の技術と莫大な予算をつぎ込まなければならないプロジェクトが目白押しだ。

いまさら月なんて・・・。

勝手にしてくれ・・・。

で、我が国が、そのどーでもいー(?)月探査で担うのは、ちゃぶ台の様な、宇宙船の土台部分(着陸機)だ。

上に乗っかる宇宙船自体は、この記事では分からないが、何度か使用されるかもしれない。

また、月面車だって、その都度使い捨てにするにはもったいない気がするから、再使用可能な仕様になる可能性は高い。

離れたところの探査を行うなら、数台使用するかもしれないけどな。

月面基地に常駐する感じで、常に使える状態を維持しておくことになるかもしれない。

しかし、ちゃぶ台着陸機は使い捨てだ。

「ほぼ年1回、計5機程度の着陸を見込んでいる」

アポロの時は、一度の打ち上げで月面滞在できたのは2人だけ。

今回の計画では、倍の4人が可能となる。

着陸船(ESAが作る人が乗るところ)は、1.3倍の大きさという。

3乗すると、塩梅よく、体積はほぼ2倍になる。

1.3^3=2.197

まあいい。

5回の探査を行うことになると、搭乗員は全部で20人ということになる。

ESAとカナダは、人が乗るシステムを提供するわけだからな。

まず間違いなく搭乗出来るに違いない。

米国も、大家さんだから、特権を振りかざして乗ってくることは間違いない。

少なくとも、民間の有人月面探査が可能になるまでは、そうなる。

我が国が提供する部分には、人は乗れない。

少なくとも、それだけでは、有人機とは言えない。

その部品に過ぎず、しかも使い捨てだ。

月面基地の構成要素として活用可能な機能があるかどうかは知らないが、素直に考えれば、最適化したユニットをアマゾン(ブルーオリジン?)に頼んで運んでもらった方がいい。

つまり、日本人アストロノーツは、誰一人として、月面着陸できない可能性があるということになる。

何のための着陸機(ちゃぶ台のこと)なのか。

人が乗れるところを作るからこそ、そこに人が乗ることが出来る。

JAXAは、割の合わない部分を押し付けられたといってもいい。

アポロ計画では、合計6機の月着陸船が使用された(11号から17号まで:13号除く)。

その着陸機に相当する部分は、今でも月面にある。

名所旧跡としての意義はあるかも知れないが、それ以上の意味はない。

まあ、アポロ計画では、着陸船(人が乗るところ)は途中で切り離されて、大気圏で燃え尽きてしまったからな(未確認)。

残っているだけラッキーかもしれない。

しかし、有体に言って、着陸機はただの粗大ゴミだ。

JAXAは、NASAとかESAに頭が上がらないからな(そうなのかあ?)。

強く言うことはできないだろう。

浮沈子の大胆な予想では、日本人が月に着陸することが出来る可能性はゼロだ。

月周回宇宙ステーションで留守番しながら、指をくわえて眺めているのがせいぜいだろう。

ひょっとしたら、お情けで一人くらいは混ぜてもらえるかもしれないけどな。

2人分の座席を確保することが出来たら、快挙といっていい。

日本人宇宙飛行士が月面着陸するなら、もう一つの手があるかも知れない。

まだ明らかになってはいないが、ロシアの宇宙船に乗せてもらって、あっちのルートで行くという方法だ。

うーん、それって、どっかで聞いたような話だな・・・。

(秋山豊寛)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E5%B1%B1%E8%B1%8A%E5%AF%9B

「初めて宇宙に行った日本人」

「1989年時点では毛利衛のスペースシャトルでの飛行が日本人初になるはずであった。」

そう、世紀の番狂わせ、想定の範囲外、面目丸つぶれの状況が起こったわけで、月面着陸でも、同じ轍を踏む可能性はゼロではない。

まあ、宇宙飛行と異なり、有人月面着陸の実績は米国だけだからな。

現在、ロシアの宇宙開発は斜陽だしな。

うーん、ここは中国かインドになるかもしれない。

そっちの有人宇宙船を作らせてもらって、バッチリ座席を確保した方がいいかもな。

一番いいのは、わが国独自の有人ロケットを作って飛ばす話だが、その可能性はゼロだ。

まあ、どうでもいいんですが。

月面着陸が花だったのは、20世紀の話。

賞味期限切れ、過去の栄光、歴史の彼方に霞んだ、人類にとっての大きな一歩(今のところ、それっきりだけどな)。

ピンポイントの着陸技術とか言っているが、月の6倍の重力の地球で、遥かに重いロケットを、それこそピンポイントで着陸させる技術なら、とっくの昔に米国の民間企業が実現しているしな。

今更の感が強い。

そんなもんで、月面着陸の座席がゲットできると考えるのは、虫が良すぎる話かもしれないということだけ、今は書いておこう・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック